人気ブログランキング |

アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

The Band その4   The Band

久しぶりのザバンドのネタです、ようやく探してもらっていたセカンドアルバムのオリジナルが手に入りました(もちろん高いお金出せば簡単に手に入るのですが僕の出せる予算は思いのほか低いのです)

別名「ブラウンアルバム」とも呼ばれ、あの歴史的名盤である「ミュージックフロムビッグピンク」(以下ピンク)の次に出されたセカンドアルバム。

当初、デビュー盤のピンクを出した後に普通のアーティストであればお披露目ツアー等をやるのが常套ですが、ザバンドはマネージャーのアルバートグロスマンの方針で一切ツアーに出ずに次のアルバムの作成に取り掛かったのです。(ウッドストックとかには出演)

ロビーがこの間にさらに曲作りに励み、このセカンドも素晴らしい曲ばかりに仕上がりました。一般的にザバンドの最高傑作と言われています。(自分的には愛聴盤は断然ピンクですが)

木を打ち倒すようなサウンド、または土の香りがするサウンドと形容されるあまりにも(いろんな意味で)有名なジャケ。


d0335744_18455740.jpg
少しエンボスがかった上品な紙質。昔持っていたUS再発盤はたしかツルツルの紙質だったような覚えがあります。



本当にこれがロックバンドのジャケなのだろうか(笑)。とてもまだ20代とは思えぬ髭面の人たち。写真はエリオットランディー、デザインはおなじみボブカトーさんです。一応左からリチャードマニエル、レボンヘルム、リックダンコ、ガースハドソン、ロビーロバートソン。(この頃までリチャードは髭が無いです)


d0335744_18462376.jpg


さらに裏ジャケ、どこぞの売れてないカントリーグループ、のような写真。

d0335744_18464138.jpg


メンバークレジットにプロデューサーのジョンサイモンも楽器で参加していることが判ります。


ゲイトフォールドの内ジャケです。

d0335744_18465765.jpg



各メンバーの写真をちりばめております。確か日本初盤はピンク同様にスリーブジャケであったと思われます。


さて内容ですが、相変わらず地味です(爆)しかしこのアルバムからライブで定番になる曲が4曲も生まれ、さらにそれ以外も目立たないけど素晴らしい。といった感じの楽曲がひしめき飽きない内容です。そしてファーストではこのバンドは一体何人が歌っているのか判らないような感じでしたが今回はしっかりと3人が各曲でリードボーカルを分けているのが良く分かります。(特にピンクの最初のTears of Rageは誰のボーカルか全く謎だった)

レコーディングはカリフォルニアのサミーデイビスJrの邸宅を借り切って行われています。


曲順です
A面
-1 Across the Great Divide
-2 Rag Mama Rag
-3 The Night They Drove Old Dixie Down
-4 When You Awake
-5 Up on Cripple Creek
-6 Whispering Pines
B面
-1 Jemima Surrender
-2 Rockin' Chair
-3 Look Out Cleveland
-4 Jawbone
-5 The Unfaithful Servant
-6 King Harvest (Has Surely Come)

A-1 今回もリチャードが歌うあまりにも無防備なこの曲が1曲目、イントロのさりげないロビーのテレキャスターの音がパキパキしていていいんです。オブリガードぎみに入る簡素なギターもイカしてます。ただギターソロという代物ではなく、あくまでさりげなく。

-2 ここから2曲はもうレボン以外のボーカルは考えられないです、ラグタイム風のピアノも最高。

-3 そして南北戦争の事を歌ったこの曲。レボンの真骨頂です。ただし僕は後半のライブで演奏されるイントロにホーンセクションが入るバージョンが完全型だと思っています。ザバンドの楽曲の中でも間違いなくBest5に入ります。サビのコーラスの裏声はリックかな。

-4 曲はリチャード&ロビーなのだが歌うのはなぜかリックダンコ(笑)。ここら辺がこのバンドの良く分からん所です。まぁ二人で作ったのはイイが、どーもKeyが合わんかったんでリックに歌わせよう。こんなところかな(笑)。その選択が正解だったのかイイ雰囲気の曲です。

-5 この後ライブでのオープニングに起用されることになるこの曲、スタジオバージョンではおとなしい感じです、ガースのキーボード(クラビネット?)が面白い効果を上げています。ラストワルツのライブでは短縮版で演奏されていると思います。

-6 最後を飾るのはリチャード渾身のバラード、アルバム毎に1曲はこーいうバラ-ドが必ず入るのですが、この人の裏と表のどちらともいえないスレスレの声は本当にしんみりときますね。

B-1 A面に比べていささか地味なB面、レボンの歌で始まります。サビの部分はハモというより二人リード(得意の全員主旋)。

-2 なんか日本の四畳半フォークが真似してるようなイントロ(かぐや姫係)が泣かせます。この曲は誰が歌ってるのか非常に判りづらいぶんリチャードがメイン、サビでリックと思うんだけど。

-3 得意のロックンロール、久しぶりにロビーのギターが前面に出てきます(といっても弾き倒す、という感じではなく、さりげない感じ)リードボーカルはリックかな

-4 いかにもリチャードが歌ってるという感じ、あまり全体に変な曲です(笑)

-5 いかにもザバンド風のロッカバラード、ボーカルはリック。B面では際立っています。エンディングでようやくロビーの泣きのギター(ただしアコ)がここで炸裂。渋いの一言。

-6 リチャードが歌う最後の曲、ライブではロビーが弾きまくりますね。定番の定番となる曲で幕を閉じます。


レーベルです、キャピトルのグリーン(またはライムグリーン)のオリジナル。


d0335744_19171612.jpg

カタログ番号はSTAO-132 マトは両面とも2、 RLの刻印があります。



久しぶりに聴きましたが、やはり地味な印象は変わりません。まぁもともとザバンドは派手なバンドではないから仕方ないですが、やはりB面の印象は薄いです。

この盤の再発のレッドレーベルは良く見かけますがこのオリジナルのグリーンはなかなか見かけなくてヤフオクでも出ると必ず5~8千円くらいの落札になりますので
今回非常に安く買えたのがラッキーでした。これでようやくザバンドのすべての(ラストワルツは除く)オリジナルアルバムがUS(一部UKもあり)オリジナルで揃いました。


購入レコ屋  ナカシマレコード

購入金額   1800円



 
 







by naruru-kato | 2017-11-25 20:54 | The Band | Comments(2)

Joe Cocker その1  With A Little Help Of My Friends

ジョーコッカーのファーストアルバムの日本盤(再発)です。メチャ安く購入できたので紹介します。ジョーと言えばほとんどの日本人はあの「ウッドストック」での元祖エアギターでのたうちまわるように歌う姿を想像してしまうのではないでしょうか(笑)
僕も初めてこの映像で彼を知ったのですが、ジミヘンと同じくらいの衝撃を受けたのもです、しかも演奏しているのはビートルズのWith A Little Help Of My Friends。

はっきり言ってこの歌がリンゴの歌うあの歌だと知ったのはかなり後の事です。たしか映像では「心の友」と出ていた記憶があります。ほのぼのとしたリンゴが歌うこの曲とは似ても似つかぬアレンジだったのです。そしてエアギターという謎の動作(その頃の話です)その後日本でもショーケンが同じ動作を取り入れています(爆)

さらにその後何年もたってやっと一般的にエアギターというものが認知されました。
ジョーは50年以上先端を行っていたのです(笑)

そしてこのファーストのジャケ。  しかしなんだよなーこれ(笑)

d0335744_20451365.jpg

デビューして、これから売っていこう。という雰囲気は微塵もありませんな。
「ジャケ買い」という言葉がありますが、これは間違いなく「ジャケ買わない」ですわ。僕も安かったから買いましたが、オリジナルは要りませんねー



しかしこのデビューアルバムは「クレジットで買い」という言葉があるわけではないですが、ゲストで買う価値が十分にあります。



なんと、ジミーペイジが4曲でギターを弾き、スティーブウィンウッドがオルガンを弾いているのです!



d0335744_20460061.jpg

流石にこれだけの有名人がゲストだと写真も載せないといけないと思ったのでしょうか?裏ジャケはゲストの写真満載です、しかしここでのジョーもこんな写真です。悪役プロレスラーにこんな人いたよなー。



d0335744_20461816.jpg


うーん、若き日のジミー。今と全然違う(あたりまえだろー)。



ゲイトフォールドの内側

d0335744_20472821.jpg


曲ごとの解説が非常に丁寧に書かれています。解説は大森廣雄さん。確かラジオのパーソナリティーやっていた人だと思う。



ちなみに調べたところ、日本初盤は定価1750円で、今回の再発(2000円)とはなぜかA面B面が逆になっています。もしかしたら本来A面最後のアイシャルビーりりースドをザバンドのファーストと同じように最後の曲にしたかったのではないだろうか?

内容はほとんどが他人のカバー、この人もロット、リンダと同じく、インタブリーダーなのです(自分の曲も若干ありますが)。そして解釈歌手としての才能ですが、はっきり言ってイイ曲ばかりやってくれます。でもロッドのような爆発的な人気は得られなかったのです。それはジョーがあまりにも男臭い人だったからではないでしょうか?声もかすれ声ですがロッドのような色気は感じられないです。



d0335744_20491355.jpg

ゲストはギターにジミーペイジ、その後グリースバンドのヘンリーマックロウ、キーボードにスティーブウィンウッド、などです。

曲順です
A面
-1 With a Little Help From My Friends
-2 Sandpaper Cadillac
-3 Dont Let Me Be Misuunderstood
-4 Do I Still Figure In Your Life ?
-5 I Shall Be Released
B面
-1 Feeling Alright
-2 Bye Bye Blackbird
-3 Chainge In Louise
-4 Majaorine
-5 Just Like a Women

見事な選曲です
A-1 これがあの曲だとは、ジョーのアレンジ能力の凄さよ。間奏のギターはジミーペイジ。少し変わったトーンです。ギターはレスポールなのだろうか?

-2 ジョーの作品、ここでもジミーはギターを弾いています。

-3 アニマルズの「悲しき願い」なのですが、いかんせん原曲を知らないんでなんとも言えませんが、でもどこかで耳にしているようでサビの部分で「あっーこれかー」という感じで分かりました。

-5 ほとんどザバンドのアレンジと同じです。ヘンリーマクローのギターがイイです。そしてウィンウッドのオルガンも最高。盛り上がり方はザバンドよりもはるかに盛り上がります、感じとしてはザバンドのラストワルツのようです(笑)

B-1 云わずと知れたスワンプを語るに外せないこの曲、もちろんデイブメイソンの曲です。スワンプ系はみんなこの曲をやりたがりますなー(笑)

-2 こーいったミディアムスローなナンバーがジョーの真骨頂です、ジミーのソロも大きくフューチャーされています

-5 A,B面両方の最後の曲がディランというのも凄いなぁー 壮大なオルガンがイントロです、このバージョンは間違いなくリッチーヘイブンスのバージョンを参考にしていると思います(もしかしたらリッチーがジョーのバージョンを参考かもしれないけど、資料が無いので分かりません)。ここでのジョーは最高の声を披露しています。ディランの2曲だけ聴くだけでこのアルバムの価値はある。






レーベルです、日本盤なんで特にどう、という事はありません。


d0335744_20485661.jpg



この後セカンド(これも選曲がイイ)そしてあのリオンラッセルと共演したジョーのとっては思い出したくもないツアーのライブ「マッドドック&イングリッシュメン」を発表します(なぜ思い出したくないかというと、ほとんど主役の座をリオンの乗っ取られたツアーだった)。

ジョーが一般的に有名になるのはそれから何年か後の映画「愛と青春の旅立ち」でジェニファーウォーンズとデュエットでしたタイトル曲が大ヒットした時まで待つのです(しかしこの映像久しぶりに見たが、美女と野獣そのものです)。


70歳でガンで亡くなってしまうジョーですが生涯では何枚もレコード出しているのですがやはり69~70年代の頃がイイですね。


購入レコ屋  グレイテストイヒッツ

購入金額    300円


by naruru-kato | 2017-11-20 20:05 | Joe Cocker | Comments(4)

Eric Clapton その4 There's One In Every Crowd

エリッククラプトン(以下EC)の長年にわたる沢山のソロアルバムの中では、たぶん人気の無さではベスト5に入るであろう(笑)ソロ3作目の There's One In Every Crowd です。邦題は「安息の地を求めて」

しかし、僕はこのアルバムがかなり好きで、というよりソロのECの中では一番好きかも知れない。

このアルバムは1970年代のECの枯れた歌中心で、ギターはこれと言って凄く弾いているわけではないのです、461オーシャンブルーバードで「あれ?」と思わせといてさらにダメ押しで「なんやーこのアルバム」となった人は多いのではないでしょうか?それが証拠にRCOはギターを弾かないクラプトンに危機感を感じこの次に(ブルース色が非常に濃い)ライブの「EC was Here」を急遽出したのです(実際はセカンドギタリストのジョージテリーの株があがったアルバムでもあります)。


UKオリジナルのジャケです。ECはけっこう犬好きなんだなー。


d0335744_21282447.jpg


なぜかUS盤も持っています、ジャケ的にはほとんど変わりませんが、音の方は断然UK盤の方が出ています。


d0335744_21284771.jpg

左US盤  右UKオリジナル。色合いが若干違います。UK盤は相変わらずのペラペラスリーブ。




このアルバムはジャマイカで録音され、大ヒットした前作の「アイシャッドシェリフ」のレゲエのリズムをさらにレイドバックされたようなユルーい感じの仕上げになっています。バックメンバーは前作とほぼ同じです、コーラスのマーシーレビィが加わったくらいでしょうか。
演奏はリラックスした中にもこの頃の最先端(笑)であるレゲエのリズムを多く取り入れさらアメリカの土着的なレイドバックした演奏でスリリングなギターソロなど全くないアルバムです。
僕はそこがイイのですけど(笑)



ECが描いた良く分からん絵が描かれた付属品、US盤ではこのままインナーバックになっています。



d0335744_21295066.jpg
裏はクレジットです。



d0335744_21303042.jpg

US盤はそのまんまアルバムスリーブになっています。



d0335744_21311875.jpg



メンバーはECの他にギター、ジョージテリー。ベースはカールレイドル、ドラムス、ジミーオールディカー、キーボード、ディクシムス。イボンヌエリマンとマーシーレビーのボーカルです。

ジャケの写真です。


d0335744_21315352.jpg




あまりにも有名になったギブソンのエキスプローラの後ろがカットされたモデル。
これはECが手にした時ボディーの後ろ側がダメージを受けていてギターショップが切ってしまったという曰くつきなギター。第一回目の日本公演で披露され「あっ」と言わせたギターです。しかしこのカットされたエキスプローラはバランスが非常に悪くてヘッドがついつい下がり気味になり非常に弾きにくいのです。

なぜ判るかというと、実は僕はこのモデルのグレコのコピーモデルを持っていたからわかるのです(爆)あまりに弾きにくいのですぐに売ってしまいました。




A面
-1 We've Been Told
-2 Swing Low, Sweet Chariot
-3 Little Rachel
-4 Don't Blame Me
-5 The Sky Is Crying
B面
-1 Singin' the Blues
-2 Better Make It Through Today
-3 Pretty Blue Eyes
-4 High
-5 Opposites

A-1 いきなりアコのイントロ、これ凄く好きなんですよねー、ドブロのスライドギターのソロをはさんでマーシーレビーとイボンヌエリマンとのデュエット。クリーム時代が好きな人はもう面くらっちゃいますよー。トラディショナルな黒人霊歌です。

-2 これもトラディショナル、もう思いっきりレゲエです。確かシングルカットされたと思います。これもゆるーいコーラスがイイです。真昼間にビール飲みながら聴きたい。コーラスのマーシーが途中でリードボーカルも取ります。ギターソロもスライドでゆるーく流れます。

-3 これはブルースのカバーかな?しかしレゲエ調、 もうこの辺でギタリストクラプトンの好きな人はブチ切れっですわな(笑)。

-4 ECとジョージテリーの作品ですが、これも思いっきりレゲエのリズム。

-5 ようやくエルモアジェイムスのカバーであるこの曲、この後ライブでもよくやっています。

B-1 マーレイマクラーレンの曲です、やはりこれもレゲエっぽい。ここで少しギター弾きまくりが出てきます(笑)

-2 これは問題の曲です、以前の461オーシャンブルーバードの時に書きましたがUS再発盤の461の2曲目になぜか入っているのです(本来はギブミーストリングスなのです)USのRCOはよほどこの曲が好きなんでしょうねーという僕もこの曲が大好きです。っーかこのアルバムで一番好きです!バックのディクシムスのオルガンが最高です。ギターソロもかっこよくて最高!

-3 アコで始まるオープニングと同じような曲、このアコはやはりマーチンD28かな?枯れたECのボーカルの真骨頂が聴けます。最後のアコのリードギターもイイです。これはどちらが弾いているのだろう?

-4 これもまたしてもアコのイントロ、レイドバックしたナンバー。 

-5 最後飾るにはあまりにも無防備なこのレイドバックされた曲。本当にこれでお終りか?と疑いたくなるような作品ではあるのですが。最後までアコのリードです。


レーベルです。


d0335744_21362272.jpg

UK RCOの赤ベコマーク。カタログNOは2479 132 A//1 V420 03 1 6 6 B面は最後が1 1 1
良く分かりませんけど(汗)




この後、初めて日本に来日し、先ほどのライブを出し劇的ギターソロなぞお構いなしにやらなくなったECはさらについに念願のディラン、ザバンドと共演アルバムのNo Reason to Cryを出しさらに土着化しますが、その後スローハンドで少し盛りかえしたりして1970台を乗り切きるのです。その後80年代はお洒落路線に身を投じ僕は嫌いになっていくのです。


まぁその辺は「それはお前の勝手だろうが」という事ですけど。


購入レコ屋
UK盤   ナカシマレコード
購入金額  1200円

US盤   ヤフオク  faceレコード
購入金額   500円程












by naruru-kato | 2017-11-12 17:35 | Eric Clapton | Comments(4)

Jim Croce その1  You Don't Mess Around with Jim

秋になると、ため息が出るほど奥深いSSWを聞きたくなります、例えば昨年はジェームステイラー(JT)エリックアンダーソンなどを聞き返しました。基本的にはバリトンの声の持ち主が多いのです。


今年の11月は悲運のSSWである、ジムクロウチを良く聴いています。しかし、今回再度調べ直そうとして検索してみたら日本語版Wikkは存在していませんでした。
(かろうじて息子のAJクラウチが僅かな紹介文のみ存在しています)
そーなのか、もうジムクロウチは日本では存在さえも忘れられてしまったのか(涙)


超簡単に説明すると、ジムは1943年にフィラデルフィア生まれ、若い頃フォークグループ(ザ・スパイアーズ)に参加し、レコードデビューもしますが、その後中近東などを旅して帰国。その後道路工事工、溶接工、運転手、塗装工など仕事を変わりながらもSSWとしてのデビューを狙います。そして奥さんになる女性とディオを組みキャピトルと契約、しかし全く売れずに再度運転手をしている時にある人の計らいでABCと3枚のアルバムを出すことで契約します。

シングルのYou Don't Mess Around with Jimがまあまあ売れて次のセカンドアルバムからBad,Bad Leroy Brown が大ヒットするもサードアルバム発売直前にツアーの途中で飛行機事故に遭い相棒のギタリスト「モーリーミューライゼン」と共にこの世を去ってしまうのです。


日本でも少し遅れて飛行機事故で亡くなったSSWとして有名になり洋楽ヒットパレードのラジオで何度も曲がかかったものです。僕と同世代以上の人は知っている
人も多いのではないでしょうか?



d0335744_08290076.jpg

これはセカンドプレス、このアルバムから死後にシングルになった「Time in a Bottle」の文字が入っていますが初回盤は入っていません。


d0335744_08302551.jpg


しかしこの全く冴えない顔、スターになるような顔立ちでは決してないのですが(オイッ)流石はショービジネスの本場、楽曲、声その他が素晴らしければレコードデビューできるのです、ガキの大所帯グループみたいなのしか売れない日本とは大違いです、ABCレコードは素晴らしい仕事をしたと言えます。


d0335744_08293241.jpg


さらに、建築現場風労働者にしか見えないおっさんがギターに腰をおろしている、この写真。JTのような顔立ちなら写真ばえもするのですがねー。(ちなみにジムのセカンドは顔のドアップです)


d0335744_08294864.jpg


ゲイトフォールドの内ジャケです、歌詞とクレジット。

ところで久しぶりにこのアルバムを聴いて思った事は、ジムを聴くという事は同時に専属ギタリストのモーリーミューライゼンのアコの素晴らしさも味わう。という事なんだなー、と今更ですが思いました。

モーリーの詳しい事は知りませんが、ジムとはほとんど一緒に行動していたようですが実はソロアルバムも出していてこれがまた素晴らしいのです(YouTubeで聴いただけですが)。声が弱弱しくてジムとは対極なのが面白かった。

曲順です

A面
-1 You Don't Mess Around with Jim
-2 Tomorrow's Gonna Be a Brighter Day
-3 New York's Not My Home
-4 Hard Time Losin' Man
-5 Photographs and Memories
-6 Walkin' Back to Georgia

B面
-1 Operator (That's Not the Way It Feels)
-2 Time in a Bottle
-3 Rapid Roy (The Stock Car Boy)
-4 Box #10
-5 A Long Time Ago
-6 Hey Tomorrow

A-1 邦題は「ジムには手を出すな」ですがニュアンス的には「ジムの事は放っておけ」という感じでしょうね。セカンドバースから入るモーリーのアコのカッコいい事。スマッシュヒットした曲です。

-2 印象的なイントロ、ジムクロウチ的な曲。とでもいいましょうか(笑)ところどころでJTと間違えそうになる声がまたイイです。

-3 NYは僕の故郷ではない。と歌われるこの曲。感動的なアコのイントロ、溶ろけそうになります、A面の白眉です。

-5 これも-3と同じような素晴らしい曲。涙が出そうになります。

-6 イントロのアコ、ウーハモから入るジムの歌。単純などこにでもあるような展開の曲ですが、ジムが歌うとなぜこんなに泣けそうになるのか?

すべてが素晴らしすぎるA面です。

B-1 またもや素晴らしいアコのイントロ、この歌もスマッシュヒットです。

-2 大ヒットしたナンバー、日本でもヒットしました、ほとんどの日本人はこの歌を聞いて初めてジムを知ったと思います、しかしすでに彼は亡くなっていたのです。USでは彼が亡くなってから(3枚目のアルバムを出す直前)この曲をシングルで出したのです。この時ビルボードではジムの曲がベスト10に3曲も入ったのです。この曲はなかなか子供に恵まれなかったジムに妻が初の子供ができたと彼に伝えたその夜に書きあげた曲です。「もし瓶の中に時を貯めておけるなら永遠の時が終わるその瞬間まで 日々の時を貯めておきたいと思う」と歌われいます。涙なしには聴けません。

-3 いきなりチャクベリー風のロックンロールですがアコでやってるとこが凄い。

-5 歌詞の内容は判りませんが、説得力のありそうな曲です。

-6 明日に向かっていくような最後を飾るにふさわしい曲です。なんか意味解らずとも「そーだよな、そーなんだよな」と思うてくるから凄いです。


ABCダンヒルのレコードスリーブ

d0335744_08310774.jpg

割愛した曲もありますが、全曲素晴らしすぎます。こんな素晴らしいアルバムが時代に取り残されて、忘れられていくのが納得いかないので今回は記事にしたのです。

なぜこんな素晴らしい楽曲を作れる人材がなかなかデビューできなかったのか不思議です。ただ言えることはジムは運が悪かった。という事だけです。
長年の下住み生活でようやく手に入れた成功も僅か2年で事故で死んでしまうのです
。しかもせっかく生まれた長男は生まれながらに全盲だったのです(それでもミュージシャンとしてある程度は成功していますが)。


レーベルです。

d0335744_08312357.jpg




ABCの黒レーベル。セカンドプレス?




ジムのアルバムは単純なフォーキィーな弾き語りでは無く、モーリーのリードアコをアクセントにし、あくまで小編成なバンドサウンドです。そこにバリトンの声がのっかりフォークソングの中にブルース、オールドタイム、ラグタイム、ロックンロール、などの音楽が上手く溶け込んでいますがあくまで変化球ではなく、ストレート勝負という感じです、しかし、そのストレートには労働者の心、最愛の家族、などが魂となり乗り移っている重く深いストレートなんだと思います。





購入レコ屋   忘れました。

購入金額    1000円程

参考文献 Webのコラム
Top Of The Pop「 ジム・クロウチの名を永遠にしたタイム・イン・ア・ボトル」
を参考にしました。
 






by naruru-kato | 2017-11-03 20:56 | Jim Croce | Comments(4)

大好きな1963~76年くらいのUS、UKロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。ジャケットもいろいろと楽しめるので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシング、市民マラソンが大好きでいろんな大会に出ています。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30