アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:CCR( 2 )

Creedence Clearwater Revival その2 Same

以前の記事で「CCRはオリジナルはいりません、ワンコインの日本盤でいいのです」。
と書いていましたが、それが大変,大きな間違いであった事を報告します(涙)

CCRの日本でのデビュー盤は本国ではセカンドの「Bayou Country 」です。これが日本初回盤ではUSオリジとはジャケが裏表反対になっており、さらにA,B面が逆に成っていて価値的には持っていてもいい代物です。(確かにオリジナルのUS盤のジャケでは、日本で売り出そうにも辛いもんがありますので、裏面を使いレットイッビー風にしたかったのは十分理解できますが)

そしてセカンドで発表された本当のデビュー盤は「スージーQ」というタイトルでこれも音はBayou Country同様に、かなり音もイイと思っていたのです。

しかし行きつけのレコ屋さんにオリジナルのファーストプレスが入り、以前からファンタジーのオリジは爆音。という話を聞いていたので、自分が持っている日本初盤と比べる為に、持って行って聞き比べたら「まったく凄い爆音」であった為、そのまま連れて来てしまったのです(笑)


d0335744_20502249.jpg

これがUSファンタジーのオリジナルファーストプレス(たぶん)です。セカンドプレスからは左に「スージーQ」の宣伝が入ったジャケになるのです。


メンバーの写真、左からダグクリフォード、ジョンフォガティ、スチェクック、トムフォガティ(トムとジョンは分かりにくいがたぶんそうでしょう)。いつも思うのですがCCRのジャケはダグが必ず目立つ位置にいますなー。


d0335744_20504392.jpg

そしてこれが日本初回盤、まん中に69NEW ROCK SERIESという宣伝が入って台無しにしております(汗)東芝音工のデザイナーは本当に理解に苦しむセンスです、せめて右下くらいに入れとけっつーの。


d0335744_20510516.jpg
USセカンドプレスからは上の盤と同じ赤いFncludes SUZIE Qのマークが入ります。



全体の色合いは日本盤のほうがイイですが、これは経年変化でしょうかねー。
d0335744_20512196.jpg

裏ジャケです、オリジナルはたぶんバンドの歴史などが描いてあると思う。
ぱっと見、3人しか写っていないようですが、下の方にダグがいます(笑)これが目を凝らしてみないと分からなくて幽霊的でもあってけっこう怖い。

d0335744_20514275.jpg


日本盤は思いっきり解説になっています。 解説は桜井ユタカさん。

d0335744_20515894.jpg



一般的にCCRはカントリー、スワンプ路線で3分間で終わる分かりやすいメロディーでヒット連発したバンド。のイメージが強いですが、この1968年作のファーストではそんなイメージは全くなく、ブリティシュスタイルのブルースバンド風のイメージです。
もし、ジョンの天才的ヒットメーカーの才能が開花(すでにしていたかも知れませんが)が無かったら、このバンドは歴史に埋もれていたかも知れません。そのくらいここではヒットには無縁なブルースが多いのです(スージーQはヒットしてますが)しかも時代はまだヒッピー、サイケブームの時代です。
68年と言えばザバンドが「Music From Big Pink」を発表した年です。CCRのメンバーもこの作品を聞いて自分達もアメリカのルーツでもあるスワンプ、カントリー路線に進んでいったのかもしれませんね。

曲順です

A面
-1 I Put A Spell On You
-2 The Working Man
-3 Suzie Q
B面
-1 Ninety-Nine And A Half
-2 Get Down Woman
-3 Porterville
-4 Gloomy
-5 Walk On The Water


A-1いきなりの弩ブルース、トムのサイドギターが結構不気味感を出し、ベースがグイグイ引っ張る、そしてジョンのあの迫力の声と泥臭いリードギター。その後のCCRでは見られなくなる激しいブルースでカッコいいです。ニーナシモンなんかも取り上げています。

-2 ジョンのオリジナル曲、ここではギターの音が本当にアンプから出ているように聞こえる、オリジは凄い音です。ボーカルも日本盤にくらべてオリジは迫力が全然違います。ギターのテクはオーソドックスなものでヘタウマ的か(笑)まぁボーカルとりながらなんで、しゃーないかな。

-3 1957年のヒット曲のカバー、アメリカでは有名なスタンダードです。全米11位まであがる大ヒットです。ここでもオリジは全然だれることなく単調な曲を一気に8分半の熱い演奏で突っ走ります。

B-1 ウィルソンピケットのナンバー、上手く白人っぽくアレンジしています。

-2 日本盤の解説ではシカゴブルース的、と書いてありますがイントロからしてモロにそんな感じです。セカンド以降こんなブルースはやっていないと思います。でもカッコいい。ピアノも入っていて雰囲気は抜群。ここから残りの曲はジョンのオリジナル。

-3 CCR以前のゴリヴォックス時代の再演。いまいち今後にも繋がらないような曲で、なぜ再演したのか?

-4 「スプーンフル」を意識したようなナンバー。テープの逆回転など使っていますがそれほど効果は上がっていないかな、でも後半の展開は面白い。

-5 少しだけ今後のCCRっぽところもあるけど、やはりブルース的なナンバー。
  




レーベルです。
ファンタジーのオリジナル カタログNo8382マトは両面ともHと記されていてます。 そしてマスターテープ番号はF-2695 2696と刻まれている。

d0335744_20523818.jpg


これが日本初盤、ここの送り溝にF-2695 2696と機会打してある。これはファンタジーの原盤を使った。という事だろう。でも音はいまいち。


d0335744_20525574.jpg

実はこのデビュー盤は日本盤で聞いていた時はそれほど好きではなかったのですが、オリジナルを聞いて考えが変わりました。この泥臭くて、ブルース色が強いバタ臭いギターフレーズ。これもCCRの魅力と考えると後年のヒット連発したアルバムの中に入っているワンパターンギターリフも凄く魅力的に思えてきます。




購入レコ屋   SORC(新しいレコードシステムを導入しましたので、是非
            行って聞いてみてください)

d0335744_20141090.png

購入金額    2800円

参考文献    レココレCCR特集。





[PR]
by naruru-kato | 2018-05-12 18:47 | CCR | Comments(6)

Creedence Clearwater Revival その1 Pendulum

いつかは取り上げようと思っていたクリーデンスクリアーウォーターリバイバルです。
以後CCRとしますが、日本ではこの呼び名が一般的です。しかし本国USAではクリーデンス。と呼ばれています。
ちなみに有名どころで未だ取り上げていないが今後予定するのはUSAではジャニス、リンダ、アメリカ、シカゴ。UKではストーンズ、フェイセス、フリー、ジェフベックくらいかな。ジミヘン、ドアーズ、ビーチボーイズ、プログレ系 ハードロック系はあまり聴かないので取り上げる事は無いと思います。(高校時代は鬼聴きでしたが)しかしマイナーな人たち(バンド含む)は今後ともどんどん行くつもりです(汗)

なぜCCRをいままでやらなかったかというと、アナログはすべて日本盤だったからです。で、なぜ今回取り上げたかというと「CCRは安い日本盤でもいいや」と割り切れたからです(爆)、ファンタジーのオリジナルはあまりに高くて買えないのです。
しかし日本盤でもなるべくワンコインで買える初回盤を探してはいます。

ペンディラム(振り子)と名付けられた4人組のCCR最後の作品。この後トムが脱退し3人になりますがその後は尻すぼみとなり解散となります。

なんか自身に満ち溢れている輩達のジャケです。

d0335744_20180329.jpg

一般的にCCRの聴き方は?と考えると「ベスト盤だけ聞いておけばいいや」という人はものすごく多いのではないでしょうか?僕もそうでした(笑)
僅か4年くらいの活動期間でヒットを連発しアメリカを代表するバンドとなるも、あっというまに解散。しかし時代に取り残され忘れられること無くいつにの時代も常にCM、ラジオでかかり続ける不思議なバンド。もうこれはジョンフォガティのヒット曲を作る天才的なセンスがもの言う訳ですが、僕はこのCCRには「潔いバンド」。というイメージが常にありました。CDとかはすべて持っていたのですが今回アナログで再度聴く機会ができて、じゃCCRはヒット曲以外はどーなんだ?
という事を初めて検証することにしたのです。

d0335744_20182371.jpg


どうってことない裏ジャケ。



その前に、ゲイトフォールドの中ジャケです、たぶんアンコール前後の熱狂を写したのしょうが、この観客の中に凄く不自然、どー見てもこの人だけ合成ではないだろうか?、どーみても幽霊っぽい、廻りの人に比べて顔がでかすぎる。などなど不思議な観客が写っています。


d0335744_20200182.jpg

それはどの人か?というような事を書きだすと話が変な方向に行ってしまうので割愛しますが(笑)。


d0335744_20202342.jpg

でもやっぱ不自然な人が4人くらいいるんだよなー。



d0335744_20211768.jpg

インナースリーブはUS仕様のものとなっています。


曲順です。
A面
-1  Pagan Baby
-2  Sailor's Lament
-3  Chameleon
-4  Have You Ever Seen The Rain?
-5  Hideaway
B面
-1 Born To Move
-2 Hey Tonight
-3 It's Just A Thought
-4 Molina
-5 Rude Awakening #2

A-1, ボーンオンザバイユー、とかの系列の単調であるが印象的なリフで始まる長尺ナンバー。いゃーもうドロドロの暑さ、完璧にスワンプです。歌は得意のAメロのみ。いやー潔いわ(笑) 途中のギターソロ、何回おんなじフレーズ弾いとんの?これはたぶんトムかな(笑)その後ジョンの怒涛のギターソロ。絶対イギリスのバンドではこんなギターソロないだろうな。しかし1曲目からこんだけ熱いの持ってこられてもねー、という感じです。すでにノックアウト。

-2 これも単調なギターリフで始まり、またも歌のメロディーがAメロ、A”メロしかない、サビは無いんか? 今回珍しく管楽器も出てきます、ジョンが吹いているらしい。女性コーラスも珍しいです。劇的な展開があるのか?と思わせといて何もなく終わります(笑)

-3 これもホーンから入ります、いかにもジョンの楽曲らしい感じですが、ホーンがかなり効いていて今までのCCRとは違う感じです。 

-4 おそらく日本で一番有名なCCRの曲ではないでしょうか?フジロックで観客がみんなで歌っている映像見ましたが涙でました。このアコのイントロはロック史に残る見事なものです、もちろんThe Rainはナパーム弾の事です。

-5 熱唱のジョンです。一応Bメロ、サビらしきものもあります。オルガンが効いてますねー


B-1 これまた長尺系、今度はキープオンチョーキンっぽい。そしてA-1と同じようにジョンの「これでもかぁーギターリフ」ライブで盛り上がりそうですが、でもこのバンド、A-1もこの曲もライブではやってないと思います。オルガンが今回はかなり出てきます。

-2 大ヒットナンバー、イントロのこの有名なギターリフ、改めて聴くと、よくぞこんなハイポジとローポジを行ったり来たりするバタ臭いの考えたもんだ(爆)コンサートの後半のお約束の盛り上がり曲です。

-3 すこし黒っぽいスワンピーな曲、今回改めて聴いて、この曲は凄く気に入りました。

-4 Hey Tonightとなんら変わらない曲(笑) ギターソロがホーンに変わっているだけの違い。メロディはほぼ同じ。ほとんど焼きまわしのこの曲を入れてしまうところが潔い。

-5 最後は珍しくしんみりとしたイントロ。ここらへんが今回のアルバムの今までとの違いなのだろうか?しかし必要以上にイントロが長い。いつになったら歌が始まるのだ?なんかいろいろ実験的な事(テープの逆回転?)もやっていますが全くCCRらしくない。今までCDで何度も聴いてるこのアルバムですが、こんな事やっていたんだ。全く気がつかなかった。という事は全く印象に残らなかったという事です。と思ってたら結局インストでやんの(爆)CCRにこれはいらんわ。レーベルです。
d0335744_20214185.jpg
日本初回盤です、再発はレーベルもからし色の物に変わります。日本盤のカタログ番号はLP-80166、再発のからし色レーベルではLFP-80586に変わります、送り溝にはF-2819と刻印がありこれはファンタジー原盤のカタログNoです、再発盤にもあるはずです。

この日本盤もザバンドの日本初盤と同じく音はかなりイイ音です。たぶんオリジと変わらないと思います(比べていませんが)という事でアナログで再度検証しました、CDとかではあまりわかりませんでしたがスチェのベースがバンドをグイグイ引っ張っているのが感じられました。しかし、あくまでCCRはジョンとそのバックバンド。という図式が一番の印象であることは変わりありませんでした。さらにいえば、やはりCCRはベスト盤聴いているのがやはり一番なのでは?という印象も変わりないかなー。
d0335744_20220050.jpg
今回は実質上ラストのアルバムから紹介したので今後は年代をさかのぼっていくことにします。

購入レコ屋   グレイトフルヒッツ


購入金額     500円

[PR]
by naruru-kato | 2017-07-28 20:32 | CCR | Comments(8)

大好きな1965~76年くらいのアメリカン、ブリティシュロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30