人気ブログランキング |

アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Boz Scaggs( 2 )

Boz Scaggs その2    Moments

本当は、ウエストコーストの有名ではあるがマイナーでもある(どっちやねん?)SSW系ピアノ弾きの投稿にしようと思っていたのですが、ボズがせっかく来日している(もう帰っちゃったかな?)ので急遽差し替えです。

ところで、ボズは今回も名古屋に来てくれましたが、自分は行っていません。行く気もなかったのですがそれには深い訳があります。

今から30年近く前のボズのコンサートに行って不愉快な気分で帰ってきたからです。それはコンサートの終盤に起こりました。
ボズがあの、「We're All Alone」を歌った時に前に居たカップルが突然抱き合ったのです、そしてキスまでしているではありませんか!
その時一人で見に行った僕は「お前らなにやってんねん」という怒りを覚え、悔しさにワナワナと震えたのです。
(怒るとなぜか関西弁になります)

それ以来二度とボズのライブには行くまい、と。 (ボズ、全然関係ないやん。と思いの方、確かにそーなんですが、あの曲を作った事が罪作り、と無茶ぶりで思ってしまって)。  

まぁそんな事知るか?というような戯言ですが、とにかくそれ以来コンサートにはいってません(笑)。

あの有名な坂道ジャケのアトランタからのメジャーデビュー盤の次にコロンビアに移籍してバックバンドを固めて再出発?したこのアルバム。

d0335744_07340010.jpg


なんか雲と太陽の上部とボズの下部が合成っぽいのだけど(汗)。一応ファーストが売れなかったので再起を図りたい感がありありと出てます。(しかしファーストはその後名盤として再発などされてます、ディアンがギターだし)


d0335744_07341893.jpg


同じようなジャケですが、裏はバックバンドの人たちと映ってます、ちなみに次のサードは表ジャケでもバックバンド全員で写真を撮り、バンド感を出しています。

バックバンドのメンバーは知らない人ばかりですが(汗)、ゲストでのちのドゥービーで活躍するジョンマクフィーがスライドで、コーラスはリタクーリッジです。プロデューサーはグリンジョーンズ。1STはメンフェスのマッスルショーズ録音でしたが、今回は地元のサンフランシスコ録音、ただしミックスはロンドンのアイランドステジオで行ってます(たぶんグリンジョンズがイギリスに居たのだろう)


d0335744_07343554.jpg

今週はほとんどボズ聞いてますが、ソウル、ブルース、カントリーなどスワンプ度も高いアトランタ盤からわずか1年後のセカンドでは、かなり都会的に洗練せれた音作りになっています。コロンビアがそうさせたのか?ボズの心境が変わったのか不明ですが、のちのAOR路線の前夜という感じです。このアルバムを出して3~4年後にはボズを頂点とするAORの嵐が来ますが、ボズはその前の71年頃からすでにそーいう路線で音作りしていたのです。つまり時代がボズに追い付かなかったのでしょう。(1971年頃は弾き語り系のSSW全盛でしたから)

という事でボズが自分の音楽としてのブルーアイドソウルを発展させていった完成形がシルクディグリーズなのであり、それが当たったということでしょう。

そーいうことで、以前の投稿にも書きましたがAORで一番「今更感」を食らったのはボズだったのかもしれません。(まぁお金持ちになったんでイイと思いますけど)そしてミドルマン以降お金の心配が無くなったので、本来自分の好きなソウル路線に戻ったりブルースに戻ったり、ジャズもやったりしてるのではないでしょうか?。


曲順です
A面
-1 We Were Always Sweethearts
-2 Downright Women
-3 Painted Bell
-4 Alone.Alone
-5 Nere You
B面
-1 I Well Forever Sing (The Blues)
-2 Moments
-3 Hollywood Blues
-4 We Been Away
-5 Can I Make It Last (Or Will It Just Be Over)

A-1 ホーンのイントロ、ギターのコードカッティング、ベースライン。どれを取っても素晴らしいオープニング。ボズのボーカルもノリノリ。間奏のフルート?も凄い。

-2 ピアノのイントロ、オブリガードが素晴らしい、AORの先駆け的な曲。ファーストでは全く見れなかった洗練された音です。

-3 いきなりのストリングス、ソウルバラード風。この美しいの流れがSlow Dancer~We'er All Aloneにつながっていくのだろうか?かなりの素晴らしい作品です。

-4 これはカントリー風、スチールギターはジョンマクフィーでしょう。-5 リタのコーラスが効いてます、ピアノ、オルガンが主体の曲です。

B-1 洗練されたA面とは逆にブルージーなブルースっぽいナンバーで幕開け。ブルースやるボズはAORで好きになった人にはどう写るのだろうか? メンフェスっぽいアレンジでもあり最高ですね。

-2 タイトル曲。これもAORっぽい味付けがなされたバラード。中間部のリタのコーラスが都会的です。

-3 今度はまたカントリーロック風、ただしホーンセクションも加わりサザンソウル風でもある。しかしギターソロはもろカントリー、面白い曲です。

-5 最後は珍しいインスト。ジャケのイメージっぽい。


はっきり言ってこのアルバムかなりイイです、ただしヒットはしませんでした。日本でもシルクディグリーズでブレイクした頃に初めて発売されたと思います。AORに移る前のまだスルース、カントリー、ソウルも含んだ少し大人のロックが聴けます。


レーベルです、コロンビアの多分セカンドプレス以降かな? 初回はKC規格だと思います。 カタログNoBL30454、マトは両面共1です。


d0335744_07363158.jpg


今回の来日でのセットリストは新曲のブルースが多かったですが、シルクディグリーズからは7曲もやっています。そして、やっぱあの曲もやってます。でも観客層はかなり高いとレポートにありましたので僕が昔目撃したようなことは無いとは思いますが、もしあったとしたら(初老のカップルとか)、それはそれで怖い物見たさで興味がわきます(どーいう終わり方してんねん!)


購入レコ屋   ナカシマレコード




by naruru-kato | 2019-05-17 17:03 | Boz Scaggs | Comments(6)

Boz Scaggs その1    Same

学生時代、死ぬほど聞いたボズです。あの頃はAOR全盛期。たいしてRock聴かないやつらも車の中のカセットケースには必ずボズのシルクディグリーズ、ダウントゥーゼンレフトがユーミン、達郎などと交じって入っていたものです。
もちろん、僕もそーいう輩を軽視しながらもボズは入れてましたね(笑)

一番のお気に入りはダウントゥーゼンレフトの1曲目「ハードタイムス」のちのTOTOになるメンバーのタイトな演奏がバックで後半のボズのギターソロがたまらんかったです(今でも大好きな曲ですけど)

その頃、勿論サザンロックも聴いていましたのでボズのファーストにはディアンオールマンが参加しているという情報を仕入れ今回のファーストを買いましたが、AOR全盛期に聞いたので僕にはあまりにもいまいち、ディアンもABBのような豪快なスライドを聴かせるわけではなく・・・結局すぐに売ってしまったのです。

あれから何十年ぶりに「もう一度アナログで聴きたくなった」ためにオリジは高いので再発でOKで、取り寄せてもらいました。ちなみにジャンルはSSWというのも変だし本当はサザンソウルなんですが、ひとまずブルーアイドソウルにしています。

懐かしいセピア色のジャケです。

d0335744_16342394.jpg

いかにもサンフランシスコっぽい坂道でのボズの写真。めちゃいいです。

記憶ではオリジナルはザラザラのテクスチュアーだったと思いますが、今回の再発盤はツルツルの写真です(笑)


録音はマッスルショーズです。実はボズは以前に本当のファーストアルバムをある国で(スゥエーデンだっかな?)出していて。厳密にいえばこれはセカンドなんです。もちろんその盤は聴いた事ないので何をやっているかわかりません。ちなみにステーブミラーバンドに在籍していた頃のアルバムも聞いたこと無いので、本当のファンからみれば僕は完璧なAORからのエセファンという事になります。
(しかしAOR全盛時代以前からずーとボズを追いかけていた人って日本に何人ぐらいいるんだろう?)


裏ジャケです、こちらも渋いですねー

d0335744_16354483.jpg


ゲイトフォールドの内ジャケ、マッスルショーズの腕利きスタジオマンらの写真。
ほとんど知りませんが、コーラスの一番左がジェニーグリーン、この人のソロは凄くイイです。その右の写真は旦那のマーリングリーン、プロデューサーですが、二人揃ってバングラでコーラス隊もやってましたね。


d0335744_16360739.jpg


そして問題はこの人、なんでいつも脱ぎたがるのか?ABBのアルバムでもこのように裸の写真載せてるし。よくわからんギタリストです(爆)


d0335744_16395465.jpg

ちなみに発見がありました。クレジットには、ディアン(スカイドッグ)オールマンはあくまでドブロ&スライドギター。ただのディアンオールマンはギターとクレジットされています。洒落ています。スカイドックというあだ名はスライドの時だけなのです。


d0335744_16422396.jpg

曲順です
A面
-1. I’m Easy
-2. I’ll Be Long Gone
-3. Another Day
-4. Now You’re Gone
-5. Finding Her
-6. Look What I Got
B面
-1. Waiting For A Train
-2. Loan Me A Dime
-3. Sweet Release

A-1  まさにソウル、ばっくのホーン、コーラス、最高のスワンプでもあります。マッスルショーズって感じがバリバリです。

-2  黒っぽいオルガンに乗って黒っぽいボーカル、ブッカーTのようだ。ボズのボーカルって本当にソウルフルです。

-3  これもじっくり歌い上げます、バックのホーンがいかにもサザンソウル。

-4 すこしカントリー風、微かに聞こえるディアンのスライドもイイ感じ。

-5 イントロのピアノが凄く物哀しげな雰囲気で続くディアンのスライド。このころのボズの楽曲ってのちのAORのような雰囲気は全くないですね。なんか、日本の四畳半フォークにもつながるような、そんな曲です。

-6 これもイントロのさりげないスライドがいいわ。

B-1 スライドとボーカルが絡み合う、これも少しカントリー風な曲。途中でボズのヨーデルがイイ雰囲気を出してます。それもそのはず、ジミーロジャーズの作品です。

-2 このアルバムの最大の聴きものかな、12分にも及ぶサザンソウルバラード。なんかオールマンのブルースのライブ聴いているような錯覚にとらわれます
  
-3 最後も6分以上の曲で締められます。アルバムの最後にふさわしい歌い上げ系。


久しぶりに聴きましたが、サザンソウルまたはスワンプの名盤ですねー。


レーベルです

d0335744_17092825.jpg

オリジナルは4000円以上、再発は1500円くらいだったので再発にしました(笑)

Wマーク入りの70年後期頃のアトランタです。


ひとまずこのアルバムの次はマイタイムまでは買い直そうと思っています。

スローダンサー以降はワンコインで日本盤がいくらでも売っていますので、聴きたくなったら買う。というスタンスです。

AROを代表するアーティストという代名詞がボズには付いて回っていますが、最近の作品はブルース、ソウル風な作品も多くAORというのは本人が一番面くらってしまったのではないだろうか(しかし金は死ぬほど入ったとおもうけど)



僕はやはりサザンソウルなボズが好きですねー


ところで、今でもコンサートの最後はWe're All Aloneを歌ってるのかな?

クラプトンのレイラみたいに(笑)


購入レコ屋  ナカシマレコード

購入金額   1500円程

       
 




by naruru-kato | 2017-07-14 20:32 | Boz Scaggs

大好きな1963~76年くらいのUS、UKロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。ジャケットもいろいろと楽しめるので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシング、市民マラソンが大好きでいろんな大会に出ています。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31