人気ブログランキング |

アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Bobby Whitlock( 2 )

Bobby Whitlock その2    Rock Your Sox Off

ようやく梅雨らしくなってきてムシムシするので、今回はさらに蒸し暑くなるスワンプ系のボビーホイットロックの4枚目のアルバムです。
ボビーの経歴は前回の投稿に簡単にかいてますのでこちらまでどうぞ。

ファーストソロは素晴らしく愛聴盤になっているのですが、セカンドアルバムはドロドロ系がさらに泥沼状態でイマイチ好きになれないのですが、その後サードアルバムでレーベルを変わりサザンロックの代名詞ともいえるキャプリコーンに移籍、多少レイドバックして聞きやすくなってきた4枚目なのです。

しかし、この人はいつまでもドミノスの「レイラ」を引きずっているようでセカンドアルバムの1曲目は、あの「テルザトゥルース」を非常に仰々しいハードロック+スワンプでやっていて(レイラセッションズというボックスで同じようなアレンジの同曲も聴けます)それがもの凄く自分には喧しくて「無理ー」という感じでした。

この4枚目、またしても1曲目に「恋は悲しきもの」をやっていてレコ屋で聴かせてもらうまでは「たぶん無理かなー」感があったのですが、思いのほか気持ちよかったので買ってしまったのです。

d0335744_22365281.jpg


最初このジャケを見たときは「使用済みのアレ」かと思いました(アレとはアレです、それ以上の詮索はやめてください)。しかしタイトルにSoxとある。そーか靴下か、驚かせやがって(汗)しかしこの幾何学的なイラストはやはり意味がわからないです。

d0335744_22370678.jpg

ちなみにこのタイトルのRock Your Sox Offを調べたところ、「誰かがとても凄い事をする」というようなスラングでした。まぁ本人曰く、凄いアルバムということなんでしょうか?


d0335744_22372180.jpg



その割にボビーの靴下を洗う写真、よくわかんないですわ。

d0335744_22373688.jpg

プロデュースはキャプリコーン御用達ポールホーンズビー、バックはほとんど知りませんが間違いなくキャプリコーンのスタジオミュージシャンであろう。ゲストでオールマンからチャクリーベル。そしてスライドであのレスデューディックなどです、ちなみにサードアルバムではデッキーベッツも参加してます。

d0335744_22375235.jpg

スワンプ度満載の曲は相変わらず熱く、熱唱のボビーですがスローな曲は、流石元ゴスペルシンガー。聴かせます。本当にこの人歌が上手いです。しかし、トムジョーンズとかそっち系の人の歌にも聞こえる時もある。なんとなくですけど(笑)



曲順です
A面
-1 Why Dose Love Get To Be So Sad
-2 If You Only Knew Me
-3 Sweet Mother's Fan
-4 The Second Time Around
B面
-1 Brand New Song
-2 Bottom Of The Bottle
-3 Long Long Time
-4 Make It Through The Night

A-1 デレク&ドミノスのレイラでも代表曲といえるこの曲を始めに持ってきてます。作者はクラプトンとボビーなんで勿論問題ないのですが。レイラではそれほど感じなかったサビのメジャーセブンス系のコード感がここでは本当に気持ちいいです。ギターもクラプトンほどでは無いですがそこそこ弾きまくりしてます。もしかしたらこの曲はほとんどボビーが作ったのかも?

-2 スライドがいかにもサザンロックっぽい作品。以前のダンヒルレコード時代ではこーいう曲は無かったです。

-3 カリプソ風、またはレゲエ風な曲。リラックスして聴けますが彼の声ではすこし場違いなアレンジかも。

-4 やはりこーいうスローな熱唱系バラードでボビーの真骨頂が見られます、レスとチャックが客演。この1曲聴くだけでもこのアルバムの価値はある。と断言します。

B-1~2 この2曲は以前のスワンプ度満載、すこし疲れます(爆)。オールマンよりレイナード好きな人にはイイかも。

-3 渋いイントロからほぼA-4と同じような唄い回し。この人のパターンはほぼ同じです。まぁ多少はサビを変えてる程度です。ギターのオブリガードが後期オールマンっぽいところが笑える。

-4 チャックの美しいピアノから最後は渾身のバラード、ボビーは必ず各面の最後にはこんな感じのバラードをいれますね。たぶんレイラでの「庭の木」で癖がついたのでしょう(笑)




レーベルです。

キャプリコーンの有名なGoatレーベル、カタログNoはCP-0168 マトは両面ともA、STRRINGの刻印あるので録音は素晴らしくイイです。


d0335744_22380738.jpg


ところで、ボビーはこの頃からメイコンに移住し、この後いろんなバンドで失敗し失速して行ってしまうのですが、このアルバムから24年後に突然5作目のソロを発表します。なんとそこでもこの「恋は悲しきもの」を再演(再再演)して、さらに「ベルボトムブルース」もやっているのです。(未聴ですが)。たぶん今でも現役らしくてステージではこの辺りの曲やっているのでしょうな。ちなみに今はナッシュビルに居るらしい。


レイラではクラプトンと数曲クレジットされているので多分莫大な印税が入って居るだろうから悠々自適なのでしょうね。羨ましい限り。



梅雨時はドロドロ系をもう少し続けようか、と思ってます。



購入レコ屋  SORC







by naruru-kato | 2019-06-28 21:38 | Bobby Whitlock | Comments(12)

Bobby Whitlock その1    Bobby Whitlock

ボビー・ウィットロックのデビュー作です、誰だそいつは?という人に超簡単に説明すると、デラニー&ボニーらに見出されデラボニ&フレンズの一員となってクラプトンらと共演しその後クラプトンと二人で作品を作り出し、カールレイドル、ジムゴードンを仲間に入れてデレク&ドミノスを結成。デレクとはもちろんクラプトンの事です。そしてロックの金字塔 Layla を発表するもその後すぐ解散。そしてこのソロアルバムが発売されたのです。



d0335744_19204702.jpg


ドミノスではキーボードでしたが、このアルバムではアコを弾いている写真が多く使われています。なかなかシンプルでカッコいいジャケですねー。


この人、幼いころからゴスペルやったりして、ソウルフィーリングもあふれる歌は、クラプトンよりはるかに歌は上手いと思うし、ソングライティングも素晴らしいと思うのです、レイラでは、I Looked Away、Keep on Growing、Tell the Truth、Anyday、Why Does Love Got to Be So Sad?、をクラプトンと共作し、しかもほとんどの曲でクラプトンが主旋、ボビーが高音のパートのコーラスという感じになっています。そしてアルバムの最後のThorn Tree in the Garden(庭の木)は完全にボビーの曲で彼が歌っています。

(ちなみにこの曲はメンバー全員とディアンオールマンで、せーの で一発録りしたそうです。カッコエーなー。)



このようにほぼクラプトンと対等レベルでレイラを作ったのですが、なぜか脇役的な扱いを受け、解散後はあまりパッとしなかったようですが、このソロは本当にイイです。




d0335744_19210632.jpg

裏ジャケです。本当にこのアルバムはレイラの延長線上にあるアルバムだと思うのです。ただしボーカルはクラプトンもうらやむスワンプ全開の気性の激しそうなスタイルなんですが、スローな曲はもうほとんどレイラの「庭の木」と同じレベルの素晴らしさ。


じつは僕はレイラではこの「庭の木」が一番好きな曲なんです。

d0335744_19265349.jpg


ゲイトフォールドジャケの内側、アコの弾き語り写真です。そして左には恋人か奥さんでしょうか、ツーショット写真です。


d0335744_19282408.jpg
基本的にLAスワンプの主要メンバー全開で作られているようですが、ジョージとクラプトンも沢山の曲に参加しています。

ただしジョージっぽいギターの音はあまり聞こえてこないのですけどねー


曲目です
A面
-1 Where There's a Will
-2 Song for Paula
-3 A Game Called Life
-4 Country Life
-5 A Day Without Jesus

1曲目はジョージとクラプトンがギターを弾いてます、2曲目もジョージが、ベースはクラウスボァマン。 4曲目はブラムレット、ボニーレイトが共演。

B面
-1  Back in My Life Again"
-2  The Scenery Has Slowly Changed
-3  I'd Rather Live the Straight Life
-4  The Dreams of a Hobo
-5   Back Home in England

2曲目のクラプトンのソロは最高です、ハーフトーンのストラトが満喫できます。

とにかく激しい曲調はスワンプ爆発大会、ソローな楽曲はすべて「庭の木」と同じ感じ、捨て曲は1曲もありません!

少し気になる文を見つけました。A-2のSong for Paulaなんですが、この曲はなんとパティーボイドの妹であるポーラボイドにささげる、という文献を見つけたのです。Written for Paula Boyd, the sister of models Pattie Boyd and Jenny Boyd.

もちろんパティーボイドとはジョージの嫁でクラプトンが恋してレイラを作ったのは言うまでもありません。



しかし、いったいこれはどーいう事なんだろう?


 
d0335744_19551024.jpg

この女性がポーラなのだろうか?謎は深まるばかりです。


しかしかわいいなぁ  (爆)



レーベルはダンヒルです。


d0335744_19561086.jpg


実はドミノスのメンバーはクラプトン以外はレイラ以降あまりパッとしないです。

カールレイドルは5年ほどクラプトンとともに活動しますが30代半ばでガンで死んでしまいます、ジムゴードンは実の母親を殺してしまい無期懲役に、そしてボビーは4枚程アルバムを出しますが、そのうち忘れられた存在に。ついでにいうと客演したディアンオールマンはバイク事故で死んじゃうし・・・


しかし、2008年頃にクラプトンと共演したビデオがUPされました、ベルボトムブルースをボビーが歌っています。

https://www.youtube.com/watch?v=fZNL0wvIj78#t=20

感慨深いです。

やはりレイラの共作された楽曲はボビーにとっては勲賞なんでしょうねー



この次にセカンドも凄くいいですよー


購入レコ屋   ナカシマレレコード

購入金額    3000円


      
 








by naruru-kato | 2016-03-26 17:54 | Bobby Whitlock | Comments(0)

大好きな1963~76年くらいのUS、UKロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。ジャケットもいろいろと楽しめるので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシング、市民マラソンが大好きでいろんな大会に出ています。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31