アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:CSN&Y 関係( 2 )

Crosby, Stills& Nash   その2  Same

久しぶりにこのアルバム聞きました。ついついYが入ってる方を良く聴くので(笑)
元バッファロースプリングフィールド、元ザバーズ、元ホリーズのメンバーで作られた超スーパーグループ。事の話はジョニミッチェルだか、ママキャスだかの家に3人が集まってコーラスしたら凄い事になってしまいグループ結成に至ったという伝説的なお話。アコーステックロックとしては元祖的なグループです、発売は1969年5月。前々回に紹介したBatdorf & Rodneyとはやはり格が違います。西海岸ロックを語るには避けて通れないグループです。

今回は日本盤ですがパイオニアP8000番台、音はかなり良いです。オリジナルと同じようなテクスチャー加工されたゲイトフォールドです。


d0335744_08270408.jpg


Wikkで調べたところ、3人にピッタリの廃家をハリウッドで見つけひとまずジャケ用に写真を撮ったのがこの写真。この時点でまだグループの名前は決めておらず、後日CS&Nになった。所がジャケ用の写真は左からNS&Cになってしまうように座っていたので改めてCSNの順番に座るようにとりなおしに行ったところこの廃家は取り壊されて無かったとのこと。なんともトホホな話ではありませんか(笑)

そんならグループ名もこのジャケの順番通りに Nash , Stills&Crosbyにしても特に歴史は変わらんかったと思うけどなー(どーでもいいことですけど)


d0335744_08272016.jpg


裏側にはドラムのダラステイラーが写っています、これは後から嵌めこんだ模様。
少しゴースト的な写真です。


ゲイトフォールドを広げると


d0335744_08273580.jpg


やはり、ダラステイラーの写真が幽霊みたいで怖い。


内ジャケです


d0335744_08275352.jpg


ここでは、ほぼ球体といえるクロスビーが笑えます、ナッシュとおそろいのような毛皮のコートをきていてその後の二人のディオに発展していく前触れのような写真(そんなわけないやロー)

その後コーラスの分厚さを求めたか、ライブでのリードギターの為だか色々議論があるようですが、ヤングを加えさらにビッグになっていくのです。(ナッシュの発言ではスティファンは凄いリードを弾けるが、さらにもう一人ライバルがいればもっと凄いギターバトルが出来る、と言ってます)
一般的にロックの歴史の中ではセカンドの(CSN&Yではファースト)のデシャブが語られてこのファーストはあまり語られていませんがやはりアメリカンロックの歴史上で重要な位置を占めていると思います。

このアルバムでは随所にスティファンのエレキも聞こえてきますが、やはり主体はアコ、それに3声のコーラスの見事さ。これに尽きます。ちなみにベースもスティファン。発売の1969年のアメリカのロックといえば、サイケデリックは終焉、CCRの大ブレイクなどが主だった項目。そこにアコ主体のこのグループの衝撃的なデビューがあったわけです。

オリジナルと同仕様の歌詞カード、この盤には日本語の解説が無いのですが、たぶん最初はついていたと思います

d0335744_08281264.jpg

参加メンバーはDrダラステイラーの他にジムゴードンも叩いています、コーラスでママキャスも歌っています

曲順です
A面
-1 Suite: Judy Blue Eyes (Stills)
-2 Marrakesh Express (Nash)
-3 Guinnevere (Crosby)
-4 You Don't Have to Cry (Stills)
-5 Pre-Road Downs (Nash)
B面
-1 Wooden Ships (Crosby, Stills, Paul Kantner )
-2 Lady of the Island (Nash)
-3 Helplessly Hoping (Stills)
-4 Long Time Gone (Crosby)
-5 49 Bye-Byes (Stills)

A-1 邦題は有名な「組曲 青い目のジュディ」もちろんジュディコリンズの事を歌っています、スティファン作。しかし・・なんだな。デビュー盤の1曲目にこんな大作持ってくるなんて、1ラウンドKO勝ち!って感じでノックアウトです。3部構成になっていて僕はやはり最後のパートが一番好き。もうなにも言う事は無いロック史上を代表する曲です。
-2 大作の後はナッシュの優しい声に癒されます。スティファンのオブリガードのギターの音色が凄く面白い

-3 クロスビーの楽曲、脱退前のバーズでも見せていた、不思議な感覚の曲です。このままソロアルバムも同じような感覚のアルバムとなっていくのです。イントロのアルペジオの不思議感といったらないです。

-4 スティファン作、絡み合う2台(3台?)のアコ、そして3声。地味な曲ですがこれも素晴らしい

-5 ナッシュ作、-2と同じように後ろでリードギターが面白くなっています、コーラスはママキャスがつけています。

B-1 これも代表作となります。クロスビーとスティファンが語り掛け合うような有名なバース。その後の見事なBメロ、そしてギタープレイ。どれをとっても最高傑作であることは間違いありません。

-2 ジョンレノンの「ジュリア」のような曲。最後のコーラスの所が凄くいいんです。

-3 スティファンの隠れ名曲と僕は思っていますが、Am7 C G Dと廻る循環コードが素晴らしい。自分的にはこの曲がこのアルバムで一番好きなんです。邦題も素晴らしく「どうにもならない悩み」となっています。

-4 クロスビー作、映画「ウッドストック」でも使われた曲、カッコいです。

-5 最後にふさわしいなだめるような曲。

すべての楽曲が素晴らしいですねー。駄作は一切ありません!


レーベルです、日本盤なんで特にコメントはなし


d0335744_08282613.jpg


CSNのアルバムはこれ以外聞いたことがないのです。つまりCSNY解散後に出た再結成の作品はまったく聞いていません。レコ屋で非常に安く売っているので聞こうと思えばいつでもワンコインで買ってきて聞くことが出来るのですが、「がっかりした」感があるとやなんで(笑) 

ただ、3年前の来日公演が行けなかったのが心残り(同時期のジャクソンブラウンでお金使ってしまい行けなかった)せめてJBから2月遅れの来日なら行けたんですけどねー(笑)


購入レコ屋    不明


購入金額     不明











[PR]
by naruru-kato | 2018-03-12 19:48 | CSN&Y 関係 | Comments(6)

Crosby, Stills, Nash & Young   その1  deja vu

ウエストコーストロックの金字塔、Crosby, Stills, Nash & Young のファーストアルバムである、deja vuです。何回目かの買い直し(笑)。今度買うときはオリジナルプレスを買おうと思っていたところ、夏のレコード市で発見。その時は日本盤1ST、US盤UK盤の再発が1枚づつありましたが、このUS盤のレコードジャケのエンボス加工があまりにでこぼこで他と全く違うイメージでしたので、これは間違いなくオリジナルだろうと決めつけ一番高価でしたが買ってきました。

d0335744_20231493.jpg

この、ゴールドレコードのステッカーが貼ってあるのでセカンドプレスくらいか?と思いますが、このアルバムは予約だけで100万枚売った、というとんでもない代物なので最初から貼ってあった可能性もあります。マトは両面ともCCとしてあります。これがマトかどうかは分かりませんけど。



d0335744_20355237.jpg


日本盤の初盤もこれと同じエンボス加工がされていますが、US、JPとも再発はただのブラウンの色のみになってしまいます。UK盤は最初からエンボス加工がしていない感じです。




なかなかこの肌触りがいかしてます、裏面はなにも記されていません。



d0335744_20365906.jpg

1970年のこの時期、ZEPに対抗できる唯一のアメリカンスーパーバンドと騒がれたようですが、日本的に例えると、卓郎と用水と泉谷にエンケンが加わったような感じか(笑)

CS&Nまでは解るのだけど、なぜバッファロースプリングフィールド時代に、スティルスと犬猿の仲になったヤングが参加したのかは今もって謎らしい、たぶんリードギターが自分以外にも欲しかったのだろう、という考えが一般的ですね。



そんなグループ上手くいくわけないです。当然このアルバムの後にライブが出て自然消滅、その後2~3度再結成しアルバムを出ました。その後は大きなイベントでは4人でステージに上がったりしてます。




ずーと昔、ライブエイドの生TV放送でこの4人がいきなり出てFind The Cost Of Freedom をうたった時の感激が忘れられません。初めて4人が動く映像を見たのもこの時です、確か司会の南こうせつが涙ぐんでたと思います(笑)





d0335744_20575584.jpg

ゲートフォールドジャケットの内側、メンバーの他にドラムのダラステイラー、ベースのグレッグリイビスも写ってます、ほぼメンバーといっていいでしょう。(しかし最初の再結成ライブには呼ばれてません)しかもゲストのガルシア、ジョンセバスチャンも写ってます、大サービスとしか言いようのない扱いです。


d0335744_21072435.jpg

スリーブはアトランテック純正、この中で右上の解るのはZEPだけです(汗)。




曲目

A面
-1 Carry On        (Stephen Stills)
-2 Teach Your Children   (Nash)
-3 Almost Cut My Hair   (Crosby)
-4 Helpless         (Young)
-5 Woodstock       (Joni Mitchell)
B面
-1 Deja Vu  (Crosby)
-2 Our House  (Nash)
-3 4 + 20  (Stills)
-4 Country Girl   (Young)
-5 Everybody I Love You (Stills, Young)


このアルバム全体ではスティルスが元気がなく、クロスビーの持ってきた歌が素晴らしいと思います、僕的にAlmost Cut My Hairは彼の最高傑作かなー。

ニールヤングの2曲はソロでやってる感じ、もちろんHelplessは超代表曲です。僕もよくギターで弾き語りしてますよ(笑)


それとジョニミッテェルのWoodstock。妖気ただよう彼女のバージョンとは全く違い4声コーラスが素晴らしいですが、やはり彼女のバージョンのほうが好きだな。



d0335744_21170473.jpg

カタログNOはSD7200、レッド&グリーンのブロードウェイの住居表示です。



1曲目のCarry Onで出てくるアコの音は感動的なくらい音抜けがいいです。


この後の再結成スタジオアルバムはあまりパッとしなかっただけに、このアルバムが最初で最後の傑作なんですね。


しかし、2年ほど前に出た、74年の再結成ライブの4枚組CDが出てしまい、僕としてはそちらの方が最高なんだな(笑)




d0335744_21333968.jpg


ジャケもカッコいいし、これはCDしか出ないと思うけど。




d0335744_21342988.jpg



この次から少しの間、メジャーな人ではないけど名盤と呼ばれる作品を作った人たちの特集をやろうかと考えてます。









[PR]
by naruru-kato | 2015-12-12 20:26 | CSN&Y 関係 | Comments(2)

大好きな1965~76年くらいのアメリカン、ブリティシュロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30