アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Van Morrison その2 His Band and the Street Choir

ヴァンモリソンの東海岸3部作と言われる最後の作品、通算ソロで(ワーナー時代)3作目となるストリートクワイヤー、1970年作です。前作からウッドストックに住むようになり、この地でザバンドらと親密にもなり、サウンドもかなり土の匂いがするアーシーな感じになっています。アルバムカバー、内ジャケともにこれまた雰囲気抜群のいかにもウッドストックっぽいというか、都会っぽさが全くなくアルバムのサウンドと統一されている気がします
大体、この人のアルバムカバーデザインは秀逸なものが多く(たまに訳わからんのも出ましたが)素敵な写真が多いのです。


d0335744_21341518.jpg


苔の生えた大木(だと思う)にアップのヴァンの顔をダブらせさらにヴァンの身体全体の写真も被せた見事なデザイン、カバーデザインはジャネットと書いてあります。もちろん奥さんの名前、しかし全体のデザインはまたもやボブカトーさん。


裏ジャケです、曲順とバンドのメンバーの写真。

d0335744_21350348.jpg
バンドのメンバーと顔はさっぱり知りません、調べれば分かりますが気が無いんで(汗

ゲイトフォールドの内ジャケ、バンドのメンバーを中心にいかにもファミリーと言う感じを打ち出していて素晴らしい、しかも少しテクスチャーがかっていて雰囲気も抜群です。この写真を見るとなぜかザバンドのミュージックフロムビッグピンクを思い出してしまう。



d0335744_21362220.jpg
このアルバムを最後にヴァンはウッドストックを離れ西海岸に向かいます(ザバンドのメンバーと同じように)


d0335744_21443139.jpg
ところでアルバムタイトルのHis Band and the Street Choirですが、彼のバンドは分かるとしてthe Street Choirというのは一体何の役目なのだろうか?バックコーラスは別にクレジットされているし?メンバーの中には奥さんのプラネットも入っている。直訳すれば「街の聖歌隊」というところですが、やっぱコーラス隊の一種なのだろうか?謎だ。

前作同様に結構売れて全米ではベスト40以上に上がります、何度聞いても深い味わいのある内容。
ちなみに彼のアルバムでは74年の MoondanceからVeedon Fleece までしか持っていませんが(Astral Weeksは探し中)この中では一番好きです(っーかほとんど甲乙つけがたいのですが)


曲順です
A面
-1 Domino
-2 Crazy Face
-3 Give Me a Kiss (Just One Sweet Kiss)
-4 I've Been Working
-5 Call Me Up in Dreamland
-6 I'll Be Your Lover, Too
B面
-1 Blue Money
-2 Virgo Clowns
-3 Gypsy Queen
-4 Sweet Jannie
-5 If I Ever Needed Someone
-6 Street Choir



A-1 ファッツドミノに捧げた曲です、テレキャスターっぽい乾いたカッティングがジョンホールっぽい。まぁウッドストックに住んでいれば自然と影響しあう事でしょうね。シングルで出て最大のヒットをしています。もちろんヴァンの代表曲です。

-2 続いてこの感動的な曲。この1曲聞くだけでも価値はあると言い切ります。前作のCrazy Loveの延長線上にあるような曲です。ヴァンのサックスも凄くイイ

-5 なんとなく、ここでのバックがStreet Choirなんだろうなーと感じるご機嫌な曲です。

-6 この後のアルバムからよく出てくる言葉でたたみかけるようなナンバー。もちろん何を歌っているのか判りませんが、ジーンとくる作品。Wikkによるとムーンダンス時のアウトテイクでその時は11分に及ぶ大作だあった。との事。是非ともそのテイクを聞いてみたい。

B-2 多少カントリーっぽいけどまたそれがいいんだな。アコの音も抜けが良くて気持ちいい。

-3 得意の(笑)裏声を主体とした曲です。サックスがここでも効いてます。

-4 快適なR&Bナンバー、もちろん奥さんの事を歌っています。

-6 アルバムのラストを飾るにふさわしくStreet Choirとじっくり歌い上げる曲です。


多少曲を省きましたが全曲素晴らし出来で飽きることは無いでしょう、このアルバムも前作同様にA面が素晴らしすぎる。




レーベルです、ワーナーUSオリジのグリーンです。
カタログNoはWS1884 マトは両面とも1E STERINGの刻印あります。



d0335744_22164932.jpg


実はこの盤はヤフオクで個人の出品者から落札したのですが盤の評価はVG++だったのですが届いて聞いた見たら傷が多いしプチノイズも酷くてどう考えてもVG-くらいだろう!と思うような酷い盤でした。文句を言いたいですが「私の評価ではこれはVB++です」と言われればそれまでなんで泣き寝入り。


ただし嫁用の安いプレーヤーでは傷はあまり拾いません。出品者のカートリッジは安物のチープな代物だったんでしょうな(泣)


購入レコ屋   ヤフオク


購入金額    2000円




[PR]
# by naruru-kato | 2018-06-20 06:56 | Van Morrison | Comments(2)

Free その2    Highway

第1期フリーのオリジナルメンバーでの最後のスタジオ盤であり、自分的には最高傑作であるとは思いませんが彼らの作品で一番好きなアルバムです。
なぜ一番好きかと言うと、このアルバムはブルースから踏み出し、ザバンド的なアーシーな作品が多く自分的に一番フィットするのです。
アンディーがインタビューでも答えていますがクラプトン同様にザバンドの影響を受けていると話していますし、この頃のブルースから出たアーティストは皆、歌物に魅かれて行ったのでしょう。たぶん「これでもか、これでもか」のギターバトルの応酬に疲れたのでしょうな(笑)

d0335744_20092736.jpg


フリーのアルバムジャケは秀逸なものが多いと思っているのですが、このジャケもパット見た感では判りませんが、いろいろ凝っているのです。

CDのジャケでは絶対に判りませんがメンバーの後ろの青い部分は実は物凄く小さい字でFREEと書かれていたのです。アルバムを手にとってじっくり見るまでは判らなかった(汗)

d0335744_20130057.jpg
コソフの後ろにはFの文字 アンディーはR、サイモン ロジャースはEの文字が何百個という感じで並んでいるのです。

そして裏ジャケ、メンバーの写真の部分は浮き出ている加工(通称なんていうか知らないので知っている人教えてください)

d0335744_20100989.jpg
ライオン丸と呼ばれる事も多いポールコソフですが、そのまんまです(笑)

d0335744_20131810.jpg

大ヒットした前作から僅か半年の1970年末に発表されたこの作品は前作からは見られない作品が特にB面に多いのですが、元々のファンからは不評でアルバム自体も売れませんでした。実際ザバンド的ではあるのですが、ロジャース、コソフの両ポールはブルース色が薄れた事に不満があったようです。


アルバムはUKパテントマーク入りのインナースリーブが入っています。


d0335744_20201083.jpg

曲順です
A面
-1 The Highway Song
-2 The Stealer
-3 On My way
-4 Be My Friend
B面
-1 Sunny Day
-2 Ride On Pony
-3 Love You So/Bodie
-4 Soon I Will Be Gone

A-1このバンドにしては珍しくメジャーコードっぽい緊迫感ないあまりに無防備なオープニング(笑)。これがこのアルバムを象徴しているかのようでアーシーな楽曲です。中間にコソフの泣き節が入ります。

-2 前作のオールライトナウの次を受けシングルになりますが売れませんでした。
自分的にはMrビッグのようでかなりカッコいい曲と思います。サイモンカークの超後のりのドラム、アンディーの跳ねるベースが最高です。

-3 歌の合間のコソフの遅れて入るギターのカッコいい事。地味な曲ですが好きな曲です。

-4 ロジャースがじっくり歌い上げるナンバー。FREEを代表するソウルフルなロッカバラードです。しかしなぜコソフのギターソロは中学生でもコピー出来る程簡単なフレーズなのにこんなにエモーションなのだろう?

B-1 B面からさらに雰囲気が代わります。まさに土の香りがするザバンド的なナンバーで始まります

-2 これも代表曲になります、ビデオではアンディーが体を左右に振ってノリを出してますねー。マーシャルアンプを瀬に口をパクパクさせるコソフのカッコいい事

-3 ロジャース節全開のスローなナンバー、若いのに男の色気を感じずにはいられません。

-4 これも同じくロジャースが歌いあげます。このアルバムに捨て曲は自分的には無いと思っていますが、ブルース主体の初期のフリーマニアには物足りないのでしょうね。


レーベルです。アイランドのオリジナル。ピンクリムです。


d0335744_20242735.jpg

カタログNoはILPS 9138 マトはA面、B面共1U です。


一旦このアルバムでバンドは解散し別々の道を歩むのですが、ポールコソフのドラック癖が深刻になり、再度1972年に再結成されますがそこでオリジナルメンバーでのFREEは終了してしまいます。

このアルバムも1年くらいのインターバルを置けば売れたかも知れません。もう少しマネージメントがしっかりしていれば(メンバー達も後日そう語っています)もっと素晴らしアルバムが出せたのではないでしょうか?


次回は最大のヒットアルバム「Fire&Water」の予定です。


購入レコ屋   ヤフオク  忘れました

購入金額    2000円程


参考文献    レコードコレクターズ  FREE特集







[PR]
# by naruru-kato | 2018-06-10 18:24 | Free | Comments(4)

Eric Kaz その2  AmericanFlyer/Same

エリックカズの参加したバンド、幻のバンドであり渋すぎるバンドであるアメリカンフライヤーのデビュー盤です。カテゴリーは「エリックカズ」にしました。このバンドはセカンドアルバムもあるのですが、たぶん中古で見つけるには不可能に近いくらいレアであると思われ(値段はそんなにしないと思うけど)この後バンドを解散しカズとフラーはユニットを組みますが、それも今後紹介したいので、エリックカズが、かかわっているものはすべて彼のカテゴリーにします。

前置きが長くなりましたが、カズがファーストソロ、セカンド(これもいいのでそのうち取り上げます)を発表後にこのバンドに参加しました。
メンバーは エリックカズ(ピアノ、ボーカル)。グレッグフラー(元ピュアプレイリーグ、ボーカル ギター)スティーブカッツ(元 BS&T ハーモニアカ) ダグユール(元 ベルベットアンダーグラウンド ボーカル ベース)です、事の成り行きはグレッグとスティーブ、ダグがセッションしていたら、たまたま通りがかった(笑)カズがその音を気に入り、そのまま参加しグループとなったらしい。

d0335744_09581485.jpg


この素晴らしいジャケのデザインは、あのボブカトーさん。
この人には珍しく凄くまともなジャケです(汗)
グループの結成は1976年。イーグルスがホテルカリフォルニアを出し、ボズスキャッグスがシルクディグリーズを出した年。そしてSSWは下火になりAORが流行りだす前夜と言う時期。

d0335744_09582858.jpg
裏ジャケです、広げると一枚の絵になるのですが、残念ながらスリーブジャケなので広げれません。こーいうのはぜひともゲイトフォールドにしてもらわないとねー

あまり話題性のないデビューだったのであろう、予算がなかったのねー(笑)


d0335744_16032460.jpg
メンバーは全員東部の人達ですが、音は完璧に西海岸のお洒落系路線。聞いていて物凄く気持のいいあの時代の音。まさにアサイラムの音です。

が、しかしプロデューサーはあのジョージマーチン。なぜなんだ?
と言う事で結構ストリングス等も入っています、この人選は意図的だったのでしょうか?

d0335744_16033713.jpg

バックはラリーカールトン、ラスティーヤング、リーランドスカラー、ジョーサンプル等、有名どころで脇を固めていますので安心して聴けます。


ただし、やはり決定的な楽曲が僅かに1曲(Love Has No Pride)だけで、後はいい曲なんだけどパンチが足りない。という感じでいまいち印象に残らない。アルバム通して聞くと「まぁまぁよかったかな」くらいのイメージで、やはりそれほど売れていません。

d0335744_16035315.jpg

左からフラー、カズ、カッツ ユール(カッツ、ユールに関してはたぶん)

曲順です

A面
-1 Light of Your Love
-2 Such a Beautiful Feeling
-3 Back in '57
-4 Lady Blue Eyes
-5 Let Me Down Easy
-6 M
B面
-1 The Woman in Your Heart
-2 Love Has No Pride
-3 Queen of All My Days
-4 Drive Away
-5 Call Me, Tell Me
-6 End of a Love Song

A-1、アルバムの最初を飾るにはもってこいの雰囲気のある曲です。フラー&カズ作
歌はフラーです。イントロのピアノが物哀しげですがその後はカズの楽曲っぽいかな。
-2 カズの曲。これも歌はフラーか? セカンドのバースが凄くイイです。ベースラインも凄くノリがいい。

-3 カッツの曲。この時代のSSWがよく作りそうなナンバー、歌はカッツ?
でもイイです。

A面はこんなところです。

B-1 フラーの曲、これも同じような楽曲。なんかすべて同じに聞こえる(笑)

-2 カズとリビータイアスの曲で、リンダなんかが歌っています。カズのとっては最大の売れた曲ではないでしょうか? リンダが取り上げるのですから曲の構成、雰囲気すべて最高レベルです。

-3 すこしイメージが違いますがユールの曲です。なんかJDサウザーがやりそうな楽曲です。

-4 カズが歌っています。しかしこのバンドのボーカルはみんな同じような声ばかりだなー

-5 ジョージマーチン節炸裂(笑)のストリングスから入る大フィナーレ。これぞジョージマーチン、中期ビートルズっぽい。

-6 最後もストリングスのみの小作品。

レーベルです。

d0335744_16233122.jpg

ユナイテッドアーティスト、UA-LA650.マトは両面1です。


このバンドは時代に乗りきれなかったのですかねー。イイ作品なんですが、いまいちインパクトに欠けます。でも聞き流すには最高です。


購入レコ屋   不明

購入金額    たぶん1000円くらい。







[PR]
# by naruru-kato | 2018-06-03 09:25 | Eric Kaz | Comments(2)

Delaney & Bonnie その2 On Tour

蒸し暑い日がやって来ますねー。こーいう夜はやはりスワンプ!、しかも熱いライブがいいですなー。
スワンプの名盤ライブといえば、ジョーコッカーのマッドドックス・・・、リオンライブ、ドンニックスのアラバマステイト・トゥルーパーズ、またはジョージのバングラ辺りでしょうが、すべて2~3枚組。通して聞くのは大変にしんどい(汗)特にリオンのライブなどは絶対に体力的に無理(笑)。ということでシングルレコードでホットになり、体力的にも限界ぎりぎりの線で聞けるこのアルバムを紹介します。
本当の題名は「DELANEY & BONNIE & FRIEENDS ON TOUR With ERIC CLAPTON」という非常に長ったらしい名前です。スワンプどころかロックの歴史上でもまあまあ有名な盤です。

d0335744_21282959.jpg


かなり雰囲気の良いジャケです、再発の重量盤ですのでそれを示すステッカーがシュリンクについています。

前作が渡米中のジョージの耳に触れ、イギリスに持って帰りクラプトン(以下EC)に聴かせたところ、すぐに気に入ったECはブラインドフェイスの全米ツアーの前座にデラニー&ボニー(以下デラボニ)を起用。デラボニはメインを喰ってしまう活躍を見せ、ツアー終了頃にECは次第にフレンズのステージにも出るようになり、そのままブラインドフェイスを解散させます。ECはこのバンドをイギリスに呼び自身もメンバーになり(ジンジャーベイカーも入りたかったそうです)さらにデイブメイスン、ジョージらも巻き込んでこのライブ盤が生まれたのです。


d0335744_21284400.jpg


裏ジャケです、なぜか砂漠の中をメンバーで歩いています、がここにはメイスンもジョージも写っていません、ツアーの最初のなのでしょうかね?
そーいや リタクーリッジも写ってないな

d0335744_21285712.jpg



左から二人目がEC、一人おいて後ろにベースのカールレイドル、そしてデラニーブラムレットとボニーの夫妻。その後ろにサックスのボビーキース、キーボードのボビーホイットロック、ドラムス、ジムゴードン、トランペットのジムプライスです。プロデュースはジミーミラー。


レココレに当時の写真が載っています。ボニーはカツラかぶっています、もともとツアー始まる前はそれほど人気も無かったデラボニなんで、ECの名前で集客を強めた事は事実でしょう。しかしこのライブ見た人達はこのバンドの熱さ、僅か25歳のボニーの弩迫力なボーカルに圧倒されたと思います。

d0335744_21291558.jpg


このツアーはまず最初にEC&フレンズ(カール、ボビー、ジムら)が演奏します。まさにデレク&ドミノスそのまま。その後デラボニとリタが登場して大スワンプ&ゴスペル大会が始まるのです。ツアーの途中でデイブメイソンも加わり、最終日にはジョージも(ミステリオーソという変な仮名)でスライド弾いてます。わずかにビリープレストンらしき人もう写ってるのですが?ジョージが連れてきたことは十分考えられます。未確認ですが。

d0335744_21293071.jpg
どーみてもプレストンだよなー?


ライブの内容は、ジムゴードンの弩迫力のドラムとカールレイドルのベースがグイグイバンドを引っ張ってるのが判りますが、オリジナル盤ではもっとゴードンのドラムが出ているような気がするのです(聞いてませんが)。

2010年にこの時のライブの5回の公演の完全盤が出ました、購入はしていませんが中古で巡り合えば欲しいのですが、たぶん一気に聞くと即死するくらいなんでしょうねー(ここではボビーウィットロックのボーカルも聞ける)


曲順です

A面
-1 Things Get Better
-2 Poor Elijah
-3 Only You Know and I Know
-4 I Don't Want to Discuss It
B面
-1 That's What My Man Is For
-2 Where There's a Will There's a Way
-3 Comin' Home
-4 Little Richard Medley: Tutti-Frutti/The Girl Can't Help It/Long Tall Sally/Jenny Jenny


A-1 フェイドインがデラニーの「come on eveybody」から入り、一気にボルテージが上がります。もう最初からストレートの連打。ECとデラニーのギターも炸裂(たぶんメイソンはこの曲は居ないとおもう)

-3 メイソン作のスワンプの弩定番、しかし歌は歌わさせてもらえずデラボニとリタクーリッジ(デラボニも、彼女もソロで取り上げてます)

-4 ECの間奏のアドリブがストーンズのCan't You Hear Me Knockingでミックテイラーがパクったのではないのか?とレココレに書いてありましたが、全く同感。完全にパクってます(笑)


B-1 これは弩ブルース、

-3 デラニーとクラプトン共作です、ここで渋いというか変なスライドを弾いているのがジョージでしょう。

-4 最後は観客全員ノックアウトであろうリトルリチャードメロディー。これで何人も死者が出るわけです(ウソ)
しかしアメリカ人はアンコールでよくR&Rメドレーやりますなー。ブルーススプリングスティーンとか(笑)


レーベルです、オリジのカタログNoはSD-33-326ですが、これは再発なんで違ってます。


d0335744_21300351.jpg


この後フレンズは、リオンによりジョーコッカーとのツアーの為にバックメンバーを持って行かれ、あえなく解散してしまうのです。しかし、デラボニはディアンオールマンらをバックに使い次のアルバムを制作するわけです、その辺は次回。


実は、このレコは下記のレコ屋に1年以上ずーと餌箱の中に埋もれていて、いつ行っても売れ残っていたので、「しゃーないなー。俺が買うか」と言う感じで連れてきたのです(笑)  本当はオリジが欲しいのでそのうち出遭ったら入れ替えかな。


購入レコ屋  バナナレコード金山店

購入金額    2000円くらい

参考文献   レココレ1998 8号  2010年 8号



[PR]
# by naruru-kato | 2018-05-26 20:19 | Delaney & Bonnie | Comments(2)

Danny Kortchmarその2   Jo Mama/J Is For Jump

今年72歳になったらしいダニーコーチマー(以下クーチ)。今最も旬なギタリストですね(笑)。だって昨年に引き続き今年もやって来るのです。そして今回も最高のバック(リースカラー、ラスカンケル、そしてワディワクテル)達が脇を締め、さらに日本から佐橋さん五輪真弓、奥田民夫、小坂忠らが。司会は萩原健太さんのスペシャルナイトの1日あるのです。
しかしながら、今年も東京、大阪のビルボードのみ(涙)。我が町には(厳密には隣町)来てくれません、だいたい名古屋にビルボード無いし、ブルーノートでやるわけないし、物凄く嫌悪感があります。ボトムラインでやってくれよー(血の叫び)

と言う事で、今回は1年ぶりにジョーママです。セカンドアルバムであり、最後のアルバムでもあります。

d0335744_20515530.jpg


アルバムテーマにそってフロントマンがジャンプ!
左からピアノRalph Schuckett、ベースCharles Larkey 、ボーカル Abigale Haness 、ドラムJoel OBrien ギター Kootchです。ピアノなのでジャンプ出来ないラルフは片足上げている所がオチャメ。


クーチのギターはテレキャスターシンラインを改造して3ピックアップにしています、JTとのセッションにもよく写っているギターでこの時期の愛器です。

d0335744_20540824.jpg

裏ジャケ なんかほのぼのしていて良いです、アビゲイルがなにやらラーキーにちょっかいだしている所が笑える。
プロデュースはトムダウト、と言う事でレイラ、オールマン的?でアーシーな曲作りがされていますが、基本はジャズ、カントリー、など基本のソウルフルな演奏とボーカル。今の時代でも通用するご機嫌なサウンドです。ゲストにキャロルキング。「タペストリー」もこのメンバーで参加していますので、キャロルのレコーディングに参加してついでにジョーママもやっていたかもしれません。


ちなみに今月のレココレもセッションギタリスト特集。クーチは最大に大きく取り上げられています。レココレではこのような渋い企画は初めてではないでしょうか?

d0335744_20552018.jpg


今回クーチのインタビューがありましたが、ジョーママが解散したのはボーカルのアビゲイルがもうやりたく無くなったから、という理由だそうです。他のボーカルを入れて続きる気は無かったのでしょうね。それが証拠にこの後クーチはインストバンドのセクションを結成しますからねー。

d0335744_20553654.jpg

さらに驚いたのは、クーチとアビゲイルはジョーママ時代は結婚していたのです、そして音楽業界に嫌気がさした彼女はシアトルの帰っていったのです。
その後アビゲイルが音楽シーンに出てくることがあったのか?どうかは分かりませんがソロもなさそうだし。引退したのでしょうね。


曲順です。
A面
-1. Keep on Truckin
-2. Back on the Street Again
-3. Smack Water Jack
-4. If I Had a Billion Dollars
-5. My Long Time
-6. When the Lights Are Way Down Low
B面
-1. Love Is Blind
-2. 3 A.M. In L.A
-3. Sweet and Slow
-4. Have You Ever Been to Pittsburgh
-5. Sho 'Bout to Drive Me Wild

A-1からパワー全開のアビゲイルの懐の深い熱唱、そして中間部のクーチのクリアーなギターソロが炸裂します、クーチのソロはたまにわざと音を外しているようですが、ほとんどの音をピッキングしているように見える。凄いソロです。

-3 キャロルキングのタペストリーからの1曲。歌い手が変わればこうも違うものか?と思わせます、ファンキーなナンバーに仕上がってます。

-6 これはDrジョンの曲です、現曲知らないんで何とも言えませんが、このバンドにピッタリです。A面はこんなところ

B-1 バラードです。バックのコーラスと掛け合いのような感じで進んでいきます。
ここでもアビゲイルの熱唱が聞けます。

-2 印象的なイントロ、次のギターソロもわざと音を外しているのか?はたまた変わったスケールで弾いているのか良く分かりません。歌部分に入るといきなりジャジー、まったく別の曲になります。タイトルから深夜のLAという事なのでジャズっぽいのか?最後はまた最初のインストに戻ります。 インスト部分はそのままセクションに移行していくようだ。

-3 ここでもジャズっぽい演奏が、ほとんどボーカル、ベース、ドラムスだけしか聞こえてきません。

-5 全体にB面は地味ですがジャジーな曲が並びます。A面はファンキーかな




レーベルです
アトランティクのレッド&グリーン 住所はブロードウェイ表記です。
カタログNoはSD-8288 マトはよく判りません。


d0335744_21041334.jpg

このバンドはこれで終わりになりますが、ライブとかやったのであろうか?そこの所が物凄く気になる。検索してもそこらは全く出てこないので?

どちらにせよ、歴史に埋もれてしまうにはあまりにも惜しいバンドです。発売等当初は日本盤も出ていたのですが、どれほどの認知があったのか気になります。

クーチが来日したら誰かそこらを詳しくインタビューしてくれませんかね?


購入レコ屋   ナカシマレコード

購入金額    2000円くらい


参考文献    レコードコレクターズ 2018年6月号






[PR]
# by naruru-kato | 2018-05-16 07:33 | Danny Kortchmar | Comments(4)

大好きな1965~76年くらいのアメリカン、ブリティシュロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30