アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

2018年 10月 02日 ( 1 )

Judee Sill その1     Same

初めてこの幻のSSWの画像(静止画像)をYOUTUBEでアルバムをフルに聴いた時の感動は今だに忘れません。
まさに神がかった清楚な声、教会音楽のような厳粛さ、そして曲作りの見事さ。しばし呆然となったのです。

アサイラムレーベルの第一回配信アーティスト(最初の契約はジャクソンブラウン)としてかなり以前からこのジャケは知っていて、レーベル最初ということで気にしていたのですが、いかんせんあまりにも相場が高価で手が出ないので特に買う気もおきずスルーしていたのですが、ママキャスがここから1曲取り上げていて、その楽曲があまりに素晴らしいので改めてジョディシルはどうしても欲しい。なんとか安く手に入れれないだろうか?と模索しだしたのが今から2年前の事です。


そしてさらに、「アサイラムとその時代」という本で彼女の経歴を知って愕然としました。以下その本から抜粋。

「両親がアルコール中毒で15歳で家出、17歳でギャングと結婚して武装強盗で捕まり少年院送り、出所してから大学に行くがヘロイン中毒になり、お金欲しさに様々な犯罪に手を出し今度は刑務所送り、少年院内でのオルガン奏者となり、刑務所で教会音楽、ゴスペルなどを覚え彼女の曲がタートルズに取り上げられ、そのうちデビットゲフィンにも注目されデビューに至った」そうな。



d0335744_16421070.jpg

とんでもない人生を送ってきたのです。本には「しかし彼女には音楽があった」と書いてありますが、いくら刑務所でオルガンなどと出会ってマスターしたとしても、いきなりこんなすごい曲は作れません。彼女は天才だった。というしかないです。そしてグラハムナッシュの目に留まります。ホリーズでも彼女の歌が取り上げられます(ナッシュ脱退後ですが)
アサイラムにはデビットゲフィンがCSNのマネージャーもやっていてグラハムナッシュからジョディを紹介されたのではないかと僕は思っています。


d0335744_16422991.jpg


通販、ヤフオクは高くて諦めていたところ、まったくノーマークのレコ屋の餌箱で出会った時は完璧に手が震えました。しかも値段は樋口一葉1枚とちょっと(笑)。ジャケの下部分がダメージがありVGくらいですが盤はEX-くらい。お店で全曲試聴して購入に至ったのです。
(それでも自分のレコ最高購入価格をこの時点で更新)

d0335744_16431725.jpg

ジャケのシルの後ろの模様は何なんだろう? 蛇のようだがでかすぎる(笑)。裏ジャケを見て初めて木だということがわかりました。さらに裏ジャケのシルの左側の大木が表ジャケにもシンクロして(木の枝が裏と表でつながっている)表ジャケのシルの写真が合成で(たぶん)かぶさり非常に秀逸なジャケとなっています。




d0335744_16430526.jpg

ゲイトフォールドを広げると2枚の写真がつながっているのがわかります。


先の本でもこのジャケの写真を撮った人の文章があり、ゲフィンからシルのジャケ写真を依頼され、シルの住んでいるトパンガキャニオンに赴き丘の上に木の下に座らせマリファナ吸ってリラックスさせて、ギターを弾いてもらい写真を撮った。と証言しています。ちなみにこの写真家はアサイラムのレコード写真を何枚も撮っていてイーグルス、ジャクソン、JD、ネッドドヒニーなど沢山の写真を撮っています。


d0335744_16441273.jpg


内ジャケです、新人のデビュー、しかもレーベル最初のアーティストです。かなり凝ったジャケです、レコは通常の入れ方ではなく内ジャケの左側から入れるものになっています、歌詞カードも印刷されています。


d0335744_16442816.jpg
アサイラムの第一回配信なのでゲフィンも気合入れたのでしょう、しかし評論家受けはするものの全く売れません、セカンドに至ってはシルがゲフィンがホモであることを暴露し激怒したゲフィンは全く宣伝しなくてさらに売れませんでした。


彼女の評価が上がるのは21世紀に入ってから、しかしその名声を知ることはありませんでした。


セカンドを作ってから音楽から遠ざかり、またしても今度はコカインに手を出しどこか知らない町で数年後にオーバードーズで死んでしまうのです。



今までいろいろな女性SSWを聞いてきましたが、シルの音楽はどれも似た人がいない。アシッドフォークのようでそうではない、奥深いものがあります。時たまローラニーロ的でもあり、ジョニミッチェル(初期)のようでもありますが。キャロルキングとかカーリーサイモン的なところは見受けられないんです。


彼女が影響された音楽家はバッハ、ピタゴラス、純粋に最近の音楽系ではレイチャールズ(笑)です。しかしバッハなんて聞いたことないし(顔は音楽室に肖像画あったんでしってますが)ピタゴラスに至っては「キリスト」に影響を受けていると同じ感覚なのかな?、と一応調べたらなんと数学者、哲学者ではあるが音階の理論も突き詰めていたことがWikkに書いてありました。彼女の自分でつけているコーラスは4度が多いのですが、なるほどなー。


曲順です。

A-1 あまりに無防備に始まります。しかしこれが犯罪を数々犯してきた人の歌声なのだろうか?信じられません。本当にこの1曲目を初めて聞いた時の衝撃は忘れられません。セカンドバースの後のアコでのダブルベンディング(というのかな?)が素晴らしいです。

-2 サビの部分の美しいこと、バックではオーケストラも入ります。彼女は指揮者でもあります(セカンドアルバムに写ってます)

-3 なんて読むのだろう?調べたところ「原型的な男」と出てきました(笑)。途中のコーラスがいかにもバッハ的(よく知らんけど)こんなSSW系でコーラスする人聞いたことありません。

-4 初期のローラニーロのような楽曲、これも美しい曲です。爪弾くアコの美しいこと。

-5 この曲がタートルズが取り上げた曲です。 イントロのアコの調べ、格別です。この人本当にアコ上手いです。サビでの一人コーラスは雲の上にのっどかかに行ってしまいそうな、そんな感じがします。この曲のみナッシュが製作に加わっています。

-6 ママキャス、ホリーズが取り上げた曲。初めてママキャスのアルバムでこの曲を聴いた時、「なんという素晴らしい曲なのだ」と思ったものです。この曲は当時付き合っていたらしいJDサウザーとの別れ(どんだけの女と付き合ってんねん)を歌ったのです。「彼は行ってしまった」と歌っています。最後のコーラスでは4度、9度(間違ってたらごめんなさい)のコーラスを自分でつけてます。


B-1 エレクトリックスライドギターがいい味出しています。クレジットにはギターはシルしか載っていません、彼女がやっているのだろうか? 峰を渡るライダー、馬馬車の事かな? ゆるーい雰囲気がいいです。

-2 印象的なアコのイントロ、母性本能をくすぐるようなほのかな温かさがある曲です。リタクーリッジもコーラスに加わっているのですが、この曲なのでしょうか?

-3 これも全体の印象から外れることなく他の曲と同じように歌い上げています。ここではストリングスが美しく効いています。

-4 珍しくホンキートンク風ピアノから始まります、もちろん彼女が弾いています。ホーンも導入されてニューオリンズ風ですがあくまで歌はしっとりと聞かせます。


-5 アブラカタブラ、という曲。小作品ですがアルバムの最後を飾るに相応しい見事なオーケストラが最後に入ります。まさにフィナーレという感じです。まさに極上の音楽です。


曲目紹介の文章書いてる時点で、両面とも3回聞いてしまいました(笑)。youtubeで全曲聞けますので興味ある人はどうぞ。

レーベルです。

d0335744_17294369.jpg

アサイラム初期の白レーベル、僕の予想ではその後再発はないと思うのでクラウズレーベルはないかも、ただし再評価後はどこからかで再発リプロ盤で出ているはずです。


カタログNoは栄光のアサイラム初ナンバーSD5050(ちなみに5051はジャクソンブラウンのデビュー盤5052はデビッドブルーの名盤ストーリーズ)マトは両面ともAです。



当初はジョディーシルをブログで取り上げるつもりはなかったのですがセカンドアルバムも破格の安さで入手し、ついでにCDのライブ音源も手に入れたので取り上げることにしました。


d0335744_17331551.jpg


ちなみに、このライブは一人でギター、ピアノやりながら歌っていますが、彼女のギターの腕前は相当なものです。やはり天才なのでしょう。彼女の作品はそんなになくて幻のサードアルバムが何年か前にCDで出ています。たぶんこれを探して(普通にタワーレコードで新品で売ってる気がしますが、タワー行かないんで)終わりになると思います。



セカンドアルバムの日本盤の解説で宮本さんという方が「彼女は僕らの知らないところでひっそりと生きているんじゃないだろうか?」と書いてあるそうですが、実は僕もそんな気がしてます。



今月は幻の(またはマイナーな)女性SSW特集をやります。



購入レコ屋   バナナレコード岐阜店


参考文献    「アサイラムとその時代」音楽出版社。

[PR]
by naruru-kato | 2018-10-02 20:03 | Judee Sill | Comments(2)

大好きな1965~76年くらいのアメリカン、ブリティシュロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31