アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

2017年 04月 28日 ( 1 )

Kate Taylor その1      Sister Kate

奇跡の音楽一家、ジェームステイラー兄弟の3番目でありジェームスの妹ケイトのデビュー盤です。ちなみにリブは弟です。
ジェームス、リブのようにソングライターとしての才能はあまり無かったようですが、しかしそこはテイラー兄弟、歌を歌う才能は素晴らしくカバーの選曲センスもなかなかのものです。

僕には珍しくUK盤、オリジナルはコティリオンですがUKはアトランティクです、今回の盤は赤紫レーベル。なんかこのレーベルはものすごく昔風なんでカッコいいです。

d0335744_12273394.jpg
このアルバムはまず参加者が凄い。
ジェームス人脈総出演です。
ギターはダニークーチ、ベースにチャールズラーキー、ドラムスにジョエルオブライエンのジョーママ軍団。ピアノはキャロルキングが中心メンバー。これだけでも凄い!他にはギターにイーグルスのバニーレドン、ベースにリースカラー、ドラムスにラスカンケル、そして兄ジェームスもアコなどで参加、コーラスはキャロル、ジェームス、そしてリンダロンシュタット。  


新人としては異例の豪華メンバーです、もちろんジェームスの妹なんでこれぐらいのサポートは当然ですね。


そして選曲は、キャロルキング、エルトンジョン、ジェームスにリブの兄弟の曲を中心に選んでいます。

はっきり言って。これだけの要素があれば素晴らしいアルバムになるのは当りまえです(笑)


d0335744_12363633.jpg

裏ジャケ、なんとなくリブよりジェームステイラーに顔が似てる。UK盤なのでペラペラです。



肝心の歌唱力はどーかというと、流石ジェームス兄弟の紅一点。かなりのもんです。女性にしては低めの声ですがキャロルキングの曲なんかは本家よりもはるかに出来がいい(汗)ジェームスやリブと違って純粋なフォーキーではなくR&Bとかが好きでゴスペルなんかも好きなのではないかと思わせるファンキーっぽいアレンジです。

曲目です
A面
-1 Home Again
-2 Ballad Of A Well Known Gun
-3 Be That Way
-4 Handbags And Gladrags
-5 You Can Close Your Eyes
-6 Look At Granny Run, Run
B面
-1 Where You Lead
-2 White Lightning
-3 Country Comfort
-4 Lo And Behold / Jesus Is Just Alright
-5 Do I Still Figure In Your Life
-6 Sweet Honesty

A-1 キャロルの名曲です、本人も参加してます。低音の安定感がやはりジェームス兄弟らしく抜群。本家よりもイイです。

-2 ほとんどジョーママかっ というファンキーなナンバー。エルトンジョンの曲ですが本人がやっているかどうかは不明。クーチのギターが炸裂します。

-3 弟のリブの曲、まぁリブの曲やってれば間違いないね(笑)

-4 ロッドスチュアートもやってます。多くのアーティストがカバーしている曲です。ここでもケイトは完璧に歌ってます。

-5 ジェームスの曲、リンダもやっていますねー。 ここではジェームスの女番って感じかな




B-1も最初はキャロルの曲です。

-3 エルトンの曲、カントリータッチな曲です、リンダがコーラス付けてます。
 こーいう曲にリンダのコーラスは抜群ですね。実はこれもロッドがやってます。

-4 メデレー風にやってます、Jesus Is Just Alrightはもちろんバーズで有名になった曲ですがドゥービーもやっていますね、ここではケイトのブラック風なソウルフルな声が聴けます

-6 最後はほとんどセクションか?というくらいクーチのギターが炸裂。凄まじいギターソロが聴けます。


こんな感じで、豪華バックの演奏に引けを取らないケイトの歌唱力はたまらんなー


レーベルです


d0335744_13364272.jpg

もちろんUK独特のインナーバックに入っていました。


d0335744_13372596.jpg

この後すこし間をおいて2枚のアルバムを発表するのですが、そちらも円熟味が増して凄くいいのです、その後家庭に入り音楽から引退したケイトですが、YouTubeで最近のライブ画像も発見したので、子育てが終わってまた復帰しているのですねー



購入レコ屋   ミュージックファースト

購入金額    2000円くらい


参考文献    レコードコレクターズ   ジェームステイラー特集号





[PR]
by naruru-kato | 2017-04-28 20:16 | James Taylor&Family | Comments(0)

大好きな1965~76年くらいのアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30