人気ブログランキング |

アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Boz Scaggs その2    Moments

本当は、ウエストコーストの有名ではあるがマイナーでもある(どっちやねん?)SSW系ピアノ弾きの投稿にしようと思っていたのですが、ボズがせっかく来日している(もう帰っちゃったかな?)ので急遽差し替えです。

ところで、ボズは今回も名古屋に来てくれましたが、自分は行っていません。行く気もなかったのですがそれには深い訳があります。

今から30年近く前のボズのコンサートに行って不愉快な気分で帰ってきたからです。それはコンサートの終盤に起こりました。
ボズがあの、「We're All Alone」を歌った時に前に居たカップルが突然抱き合ったのです、そしてキスまでしているではありませんか!
その時一人で見に行った僕は「お前らなにやってんねん」という怒りを覚え、悔しさにワナワナと震えたのです。
(怒るとなぜか関西弁になります)

それ以来二度とボズのライブには行くまい、と。 (ボズ、全然関係ないやん。と思いの方、確かにそーなんですが、あの曲を作った事が罪作り、と無茶ぶりで思ってしまって)。  

まぁそんな事知るか?というような戯言ですが、とにかくそれ以来コンサートにはいってません(笑)。

あの有名な坂道ジャケのアトランタからのメジャーデビュー盤の次にコロンビアに移籍してバックバンドを固めて再出発?したこのアルバム。

d0335744_07340010.jpg


なんか雲と太陽の上部とボズの下部が合成っぽいのだけど(汗)。一応ファーストが売れなかったので再起を図りたい感がありありと出てます。(しかしファーストはその後名盤として再発などされてます、ディアンがギターだし)


d0335744_07341893.jpg


同じようなジャケですが、裏はバックバンドの人たちと映ってます、ちなみに次のサードは表ジャケでもバックバンド全員で写真を撮り、バンド感を出しています。

バックバンドのメンバーは知らない人ばかりですが(汗)、ゲストでのちのドゥービーで活躍するジョンマクフィーがスライドで、コーラスはリタクーリッジです。プロデューサーはグリンジョーンズ。1STはメンフェスのマッスルショーズ録音でしたが、今回は地元のサンフランシスコ録音、ただしミックスはロンドンのアイランドステジオで行ってます(たぶんグリンジョンズがイギリスに居たのだろう)


d0335744_07343554.jpg

今週はほとんどボズ聞いてますが、ソウル、ブルース、カントリーなどスワンプ度も高いアトランタ盤からわずか1年後のセカンドでは、かなり都会的に洗練せれた音作りになっています。コロンビアがそうさせたのか?ボズの心境が変わったのか不明ですが、のちのAOR路線の前夜という感じです。このアルバムを出して3~4年後にはボズを頂点とするAORの嵐が来ますが、ボズはその前の71年頃からすでにそーいう路線で音作りしていたのです。つまり時代がボズに追い付かなかったのでしょう。(1971年頃は弾き語り系のSSW全盛でしたから)

という事でボズが自分の音楽としてのブルーアイドソウルを発展させていった完成形がシルクディグリーズなのであり、それが当たったということでしょう。

そーいうことで、以前の投稿にも書きましたがAORで一番「今更感」を食らったのはボズだったのかもしれません。(まぁお金持ちになったんでイイと思いますけど)そしてミドルマン以降お金の心配が無くなったので、本来自分の好きなソウル路線に戻ったりブルースに戻ったり、ジャズもやったりしてるのではないでしょうか?。


曲順です
A面
-1 We Were Always Sweethearts
-2 Downright Women
-3 Painted Bell
-4 Alone.Alone
-5 Nere You
B面
-1 I Well Forever Sing (The Blues)
-2 Moments
-3 Hollywood Blues
-4 We Been Away
-5 Can I Make It Last (Or Will It Just Be Over)

A-1 ホーンのイントロ、ギターのコードカッティング、ベースライン。どれを取っても素晴らしいオープニング。ボズのボーカルもノリノリ。間奏のフルート?も凄い。

-2 ピアノのイントロ、オブリガードが素晴らしい、AORの先駆け的な曲。ファーストでは全く見れなかった洗練された音です。

-3 いきなりのストリングス、ソウルバラード風。この美しいの流れがSlow Dancer~We'er All Aloneにつながっていくのだろうか?かなりの素晴らしい作品です。

-4 これはカントリー風、スチールギターはジョンマクフィーでしょう。-5 リタのコーラスが効いてます、ピアノ、オルガンが主体の曲です。

B-1 洗練されたA面とは逆にブルージーなブルースっぽいナンバーで幕開け。ブルースやるボズはAORで好きになった人にはどう写るのだろうか? メンフェスっぽいアレンジでもあり最高ですね。

-2 タイトル曲。これもAORっぽい味付けがなされたバラード。中間部のリタのコーラスが都会的です。

-3 今度はまたカントリーロック風、ただしホーンセクションも加わりサザンソウル風でもある。しかしギターソロはもろカントリー、面白い曲です。

-5 最後は珍しいインスト。ジャケのイメージっぽい。


はっきり言ってこのアルバムかなりイイです、ただしヒットはしませんでした。日本でもシルクディグリーズでブレイクした頃に初めて発売されたと思います。AORに移る前のまだスルース、カントリー、ソウルも含んだ少し大人のロックが聴けます。


レーベルです、コロンビアの多分セカンドプレス以降かな? 初回はKC規格だと思います。 カタログNoBL30454、マトは両面共1です。


d0335744_07363158.jpg


今回の来日でのセットリストは新曲のブルースが多かったですが、シルクディグリーズからは7曲もやっています。そして、やっぱあの曲もやってます。でも観客層はかなり高いとレポートにありましたので僕が昔目撃したようなことは無いとは思いますが、もしあったとしたら(初老のカップルとか)、それはそれで怖い物見たさで興味がわきます(どーいう終わり方してんねん!)


購入レコ屋   ナカシマレコード




by naruru-kato | 2019-05-17 17:03 | Boz Scaggs | Comments(6)
Commented by 240_8 at 2019-05-18 23:15
こんばんは。
シブい1枚ですね。
先日、お酒を酌み交わした音楽仲間は、東京にボズを見に行ったらしく、シルク・ディグリーズからなんと7曲もやったそうです。最後はデビューアルバムから「Loan Me A Dime」を演奏と、なかなかのライブだったみたいです。私も名古屋、誘われたのですが、結局行けませんでした。今回、ボズは日本に2週間くらい滞在していたんじゃないでしょうかね。
ボズのコンサートでの思い出…、私もそうされたら、同じように感じるでしょうね(笑)。
Commented by naruru-kato at 2019-05-19 07:31
> 240_8さん
おはようございます、なんだかんだでボズはクラプトン並みに日本に来てますねー
今回のセットリ見ましたがこのアルバム~スロウダンサーまでの曲は全く無いですね。

ステージ画像も見ましたがシンプルなステージで好感が持てました。次来たら行ってみようかな?

Commented by カマニャン at 2019-05-19 14:01 x
こんにちは。
だいぶ前の仙台のステージですが、オープニングナンバーが、なんとこのアルバムのB-1。渋いブルースの幕開けに歓喜したのは私だけか?(笑)
本人が演りたいんだよね。
多分 “We Are…” は日本に来た手前、仕方なく演ってる(笑)
Commented by naruru-kato at 2019-05-19 19:15
> カマニャンさん
こんばんは、そんな渋いオープニングがあったのですねー。ビックリです。
今回のオープニングはJOJOのようでした。

昔の大ヒットナンバーを常に演奏しなければならないのは辛い人も多いでしょうね。お客も納得しない人多いだろうし。
今回のボズの“We Are…” は一人でアコの弾き語りだったようです。
クラプトンのレイラも同じでしょうかね?

そういえばロッドのブロンディーツアーの時「セイリング」やってくれないので数人で見に行った僕らは、ブチ切れて折りたたみ椅子蹴り倒して帰ってきた事を思い出しました(汗

Commented by 実験鼠 at 2019-05-19 23:40 x
ボズ、名古屋に来てたんですね。全く知りませんでしたw まあ、知っていても行かなかったと思いますが・・・。

『モーメンツ』は廉価版CD5枚セットで入手しました。確かに時系列で追うと、本作がAOR路線の始まりに位置するようですね。それまでは泥臭いR&Bやってましたから(さすが元スティーヴ・ミラー・バンドだけあって)。で、確かにこれはいいアルバムだと思います・『シルク』よりいいんじゃないかな? 個人的には。

前のカップル・・・文章を読んだだけで、ハリセンで頭はたきたくなりましたw
Commented by naruru-kato at 2019-05-20 06:49
> 実験鼠さん
おはようございます。コメントありがとうございます。

僕もボズのコンサートの件、5月に入ってから知りました(汗。

先日、ワンコインでシルク買い直したのですが、昔聞いていた頃より良く感じました(多分ステレオが昔と今では違うからだと思いますが)。でも僕もこの頃の方がいいです。理由は実験鼠さんと同じかな。

カップルの件、邦題が当初「二人だけ」だったのでそー言うことが起こるのですね(泣

大好きな1963~76年くらいのUS、UKロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。ジャケットもいろいろと楽しめるので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシング、市民マラソンが大好きでいろんな大会に出ています。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30