アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Bonnie Raittその2      Takin My Time

ボニーレイットのサードアルバムです、プロデュースは当初ローウェルジョージだったのですが意見が合わずジョンホールに交代、結果オーライの出来です。いたるところでジョンのギターがいい味出してます。

まず、このジャケが凄くいいんです。当初はホテルのロビーかな?と思ってましたが裏ジャケでどうやら古い駅舎の待合室のような雰囲気。そこに佇むボニー。横に座っている女の子が効いています。

d0335744_21183840.jpg

色づかいがセピアっぽくて雰囲気は抜群です。

裏ジャケではその待合室でテンガロンかぶって寝ているボニー。まだこのころ23~24歳のはず、すでに姉御の雰囲気。ここに詳しいクレジットが描いてあります。

クレジットを紐解くと今回のアルバムではボニーはさほどギター(スライド)を弾いている訳ではなく(4曲のみ)ギターはジョンホール、ローウェルらに任せて自分は唄に専念しているようです。少しさみしい感もありますがゲストギタリストの素晴らしい演奏でそんな事は忘れてしまいます。


d0335744_21185543.jpg



今回はウッドストックから離れてLAでの録音、メンバーはギターがジョン、フィートからはローウェル&ポールバレル。ピアノにビルペイン、ドラムにサムクレイトン、ベースはいつものフリーボ、その他ジムケルトナー、タジマハール、達の凄い面ツ。いいに決まってます。

でも売れませんでした。ボニーが売れるのはその何年後も後なのです。


d0335744_21194076.jpg

曲ごとに詳しく書かれたクレジットです。

ゲイトフォールドの内ジャケ

d0335744_21191764.jpg

とても20台前半とは思えない(汗、貫禄な表情。このあまりにも若くて渋すぎる女性を売るには時間が必要だったのでしょうね(笑)


選曲は相変わらずシブくて、ジャクソンブラウン、クリススミザー、エリックカズなども取り上げていますが、他の人はあまり知りません。


曲順です
A面
-1 Youve Been In Love Too Long
-2 I Give My Love A Candle
-3 Let Me In
-4 Eveybodys Cryin Mercy
-5 Cry Like a Rainstom
<br>
B面<br>
-1 Wah She Go Do
-2 I Feel The Same
-3 I Thought I Was A Child
-4 Write Me A Few Of Youe Lines/Kokomo Blues
-5 Guilty


A-1 フリーボのご機嫌なフレットレスベース、ビルペインのエレピ、そしてジョンホールのギターカッティング。今までのウッドストック色とはかなり違い都会的なスタート。

-2 ボニーのアコが聴けますがスライドはやっていません。SSWっぽいアレンジ(原曲知りませんが)イイ曲です。

-3 ボニーっぽくないニューオリンズジャズ風なナンバー。

-4 タジマハールがハープで客演するブルースナンバーですが、スライドはここでも聴けません(涙

-5 エリックカズのいかにもカズらしい代表曲です。カズが取り上げるのはソロではなく、アメリカンフライヤーのあとのユニット、Craig Fuller/Eric Kazというアルバムで聴けます。あの名曲Love Has No Prideにも匹敵する素晴らし曲をボニーが歌い上げる、A面では白眉です。

B-1 いきなりホーン導入でカリブ海風。

-2 孤高なSSW、クリススミザーの曲、ボニーとローウェルのスライドカッコイイ
。スミザーの曲らしい暗いアレンジが非常にイイです。

-3 今度はジャクソンブラウンの曲。今度はジョンホールがかっこいいオブリイ入れながら、これまたJBの雰囲気そのままのアレンジ、素敵です。やはり歌物のバックで聴けるホールのギターは最高。

-4  ボニーのドブロがようやく聴けるご機嫌なナンバー、このメドレーはずーとライブでやっていますね。

-5 今度はランディーニューマンの曲。しっとりと聞かせるラストナンバー。



全体に取り上げているアーティストの雰囲気を大事にして原曲通りのアレンジで仕上げている感じです。


レーベルです。
ワーナーのWマーク入りのセカンドプレスでしょうか。


d0335744_21203275.jpg




全体の印象はシブい作品といえますが、ジョンホールとローウェルジョージのギターがいたるところで聴けてご機嫌な作品です。

今回、ボニーはスライドをあまり弾かず唄に専念している感があるのは、前回の作品が名作と言われるほど素晴らしい作品でったのに全く売れなかったので、スライド姉ちゃんから、歌で勝負する女性ボーカリストで売ろう。としたのではないだろうか?でもこのアルバムも売れません。

ボニーがブレイクするのはここからまだ数年先の事なのです。


購入レコ屋  忘れました。




[PR]
by naruru-kato | 2018-09-08 21:23 | Bonnie Raitt | Comments(2)
Commented by 240_8 at 2018-09-09 11:31
こんにちは。
このアルバムは知りませんでした。ジャケも見たことないですね。ボニーってファーストを聴いて、ちょっと無理だなあと思って、以降あまり聞いてません。本作、ジョン・ホールなら聞いた方がいいかもしれないアルバムですね。
Commented by naruru-kato at 2018-09-10 08:45
>240_8様
決して歌が上手い訳ではなくて、あくまでスライドギタリストなのがボニーだと思います。

とっつきにくい印象は自分にもあります。
ずーと先のライブCDを買ってから、やはりこの人はギタリストなんだなー。とさらに思ったので初期の歌で売ろうとしていた頃のアルバムはやはり難しいかも、ですねー

大好きな1963~76年くらいのUS、UKロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。ジャケットもいろいろと楽しめるので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシング、市民マラソンが大好きでいろんな大会に出ています。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31