アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Danny Kortchmarその2   Jo Mama/J Is For Jump

今年72歳になったらしいダニーコーチマー(以下クーチ)。今最も旬なギタリストですね(笑)。だって昨年に引き続き今年もやって来るのです。そして今回も最高のバック(リースカラー、ラスカンケル、そしてワディワクテル)達が脇を締め、さらに日本から佐橋さん五輪真弓、奥田民夫、小坂忠らが。司会は萩原健太さんのスペシャルナイトの1日あるのです。
しかしながら、今年も東京、大阪のビルボードのみ(涙)。我が町には(厳密には隣町)来てくれません、だいたい名古屋にビルボード無いし、ブルーノートでやるわけないし、物凄く嫌悪感があります。ボトムラインでやってくれよー(血の叫び)

と言う事で、今回は1年ぶりにジョーママです。セカンドアルバムであり、最後のアルバムでもあります。

d0335744_20515530.jpg


アルバムテーマにそってフロントマンがジャンプ!
左からピアノRalph Schuckett、ベースCharles Larkey 、ボーカル Abigale Haness 、ドラムJoel OBrien ギター Kootchです。ピアノなのでジャンプ出来ないラルフは片足上げている所がオチャメ。


クーチのギターはテレキャスターシンラインを改造して3ピックアップにしています、JTとのセッションにもよく写っているギターでこの時期の愛器です。

d0335744_20540824.jpg

裏ジャケ なんかほのぼのしていて良いです、アビゲイルがなにやらラーキーにちょっかいだしている所が笑える。
プロデュースはトムダウト、と言う事でレイラ、オールマン的?でアーシーな曲作りがされていますが、基本はジャズ、カントリー、など基本のソウルフルな演奏とボーカル。今の時代でも通用するご機嫌なサウンドです。ゲストにキャロルキング。「タペストリー」もこのメンバーで参加していますので、キャロルのレコーディングに参加してついでにジョーママもやっていたかもしれません。


ちなみに今月のレココレもセッションギタリスト特集。クーチは最大に大きく取り上げられています。レココレではこのような渋い企画は初めてではないでしょうか?

d0335744_20552018.jpg


今回クーチのインタビューがありましたが、ジョーママが解散したのはボーカルのアビゲイルがもうやりたく無くなったから、という理由だそうです。他のボーカルを入れて続きる気は無かったのでしょうね。それが証拠にこの後クーチはインストバンドのセクションを結成しますからねー。

d0335744_20553654.jpg

さらに驚いたのは、クーチとアビゲイルはジョーママ時代は結婚していたのです、そして音楽業界に嫌気がさした彼女はシアトルの帰っていったのです。
その後アビゲイルが音楽シーンに出てくることがあったのか?どうかは分かりませんがソロもなさそうだし。引退したのでしょうね。


曲順です。
A面
-1. Keep on Truckin
-2. Back on the Street Again
-3. Smack Water Jack
-4. If I Had a Billion Dollars
-5. My Long Time
-6. When the Lights Are Way Down Low
B面
-1. Love Is Blind
-2. 3 A.M. In L.A
-3. Sweet and Slow
-4. Have You Ever Been to Pittsburgh
-5. Sho 'Bout to Drive Me Wild

A-1からパワー全開のアビゲイルの懐の深い熱唱、そして中間部のクーチのクリアーなギターソロが炸裂します、クーチのソロはたまにわざと音を外しているようですが、ほとんどの音をピッキングしているように見える。凄いソロです。

-3 キャロルキングのタペストリーからの1曲。歌い手が変わればこうも違うものか?と思わせます、ファンキーなナンバーに仕上がってます。

-6 これはDrジョンの曲です、現曲知らないんで何とも言えませんが、このバンドにピッタリです。A面はこんなところ

B-1 バラードです。バックのコーラスと掛け合いのような感じで進んでいきます。
ここでもアビゲイルの熱唱が聞けます。

-2 印象的なイントロ、次のギターソロもわざと音を外しているのか?はたまた変わったスケールで弾いているのか良く分かりません。歌部分に入るといきなりジャジー、まったく別の曲になります。タイトルから深夜のLAという事なのでジャズっぽいのか?最後はまた最初のインストに戻ります。 インスト部分はそのままセクションに移行していくようだ。

-3 ここでもジャズっぽい演奏が、ほとんどボーカル、ベース、ドラムスだけしか聞こえてきません。

-5 全体にB面は地味ですがジャジーな曲が並びます。A面はファンキーかな




レーベルです
アトランティクのレッド&グリーン 住所はブロードウェイ表記です。
カタログNoはSD-8288 マトはよく判りません。


d0335744_21041334.jpg

このバンドはこれで終わりになりますが、ライブとかやったのであろうか?そこの所が物凄く気になる。検索してもそこらは全く出てこないので?

どちらにせよ、歴史に埋もれてしまうにはあまりにも惜しいバンドです。発売等当初は日本盤も出ていたのですが、どれほどの認知があったのか気になります。

クーチが来日したら誰かそこらを詳しくインタビューしてくれませんかね?


購入レコ屋   ナカシマレコード

購入金額    2000円くらい


参考文献    レコードコレクターズ 2018年6月号






[PR]
by naruru-kato | 2018-05-16 07:33 | Danny Kortchmar | Comments(4)
Commented by カマニャン at 2018-05-21 17:27 x
ジョーママは2枚とも好きで、今でもときどき聴きます。
クーチも良いけど、大好きなのがチャールズ・ラーキーのベース。奥方C.キングのバックでも、惚れ惚れする様なベースラインを奏でてくれます。このアルバムでは、黒のジャズベースを手にしていますね。
Commented by naruru-kato at 2018-05-21 20:56
> カマニャン様
文章に書き忘れましたが、たしかにラーキーのベースラインは最高ですねー

ただ、このバンドの後あまり表に出てこないのかなー なんて思ってますが

僕の研究不足かもしれませんが(汗)
Commented by rollingwest at 2018-05-26 10:28
このバンドは知らなかったですね~。レコードコレクターという雑誌が愛読でしたか?人気ギターメーカーギブソンが破産申請したことに時代の流れを感じます。
Commented by naruru-kato at 2018-05-26 14:09
> rollingwest様
僕も知ったのは2年前です
初めて聞いて1970年前後にこんな洗練されたバンドがいたのが信じられませんでした。
今聞いても全く古さは感じないです。
レココレはいつも中古のバックナンバー(100~300円ほど)のを購入しています、新刊で買ったのは本当に久しぶり(笑)

大好きな1963~76年くらいのUS、UKロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。ジャケットもいろいろと楽しめるので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシング、市民マラソンが大好きでいろんな大会に出ています。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31