アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Janis Joplinその2 I Got Dem Ol' Kozmic Blues Again Mama!

ジャニスのセカンドアルバムのUK盤が手に入りましたので紹介します。 I Got Dem Ol' Kozmic Blues Again Mama! と題されたアルバムですが一般的には「コズミックブルース」で通ってますねー。
このアルバムは一般的にはジャニスの3枚目ですが厳密にいうと前回の「チープスリルズ」と「ファーストレコーディング」はあくまでビッグブラザー&ホールディングカンパニー(以下BBH)のボーカリストでの作品。BBHを脱退しソロになって最初の作品がこのコズミックブルースなんです。さらに厳密に言うとこの作品が生前発売されたジャニスの唯一のソロアルバムです、自作のパールはジャニスの死後に発売されたのですから(ほとんど出来上がっていたけど)。とまぁ誰でも知っているうんちくでした(笑)

d0335744_20341005.jpg


なぜこのUK盤が欲しかったかと言うと、ジャケに思いっきりカッコいい字体でタイトルとジャニスの文字が入っているのです。これはかなりカッコいい。日本初盤のUS盤と同じデザインの同タイトルもあるますが断然UK盤。

d0335744_20342466.jpg


左UK初盤、右日本初盤(定価1800円)同じ写真ですがバックの色とかでかなり印象が違います。UK盤の方がメリハリがはっきりしていますが、日本盤はジャケにコーティングがしてありツルツルです。どちらにせよタイトルがあるのと無いのではかなり印象が違いますね。

UK盤に関しては、イギリス人はジャケにタイトルが無いと売れない。と思っている節があります。あのザバンドのデビュー盤もせっかくのディランの描いたジャケに思いっきりアルバムタイトルを被せていて台無しにしていますが、しかしこのコズミックブルースは文字の配置もイイ感じ。断然UK盤やなー(あくまで個人趣味)


d0335744_20343794.jpg


裏ジャケは日英ほぼ同じ、USオリジも同じです、ジグゾーパズル風な写真が色々。ジャニスはあまり写っていませんねー。おもにバックの人たちだろうと思います。


d0335744_20345101.jpg


これが日本盤の歌詞カードです。解説は水上はる子さんです。



このアルバムは彼女のソウル好き(オーティスレディング)な所が全開。分厚いホーンセクションがほとんどオーティスか!という感じでほとんどの曲で絡んでいます。僕はこのアルバムが大好きなんですが一般的にはそれほど高い評価はされていません。「本当にこれがジャニスのやりたかった音楽なのだろうか」ともレココレには書いてあります。しかもバックバンドは雇われのスタジオミュージシャンの寄せ集めで統一感もない云々。

でもソウル系が好きな人にはこのアルバムはたまりません。何と言ってもオーティスの使っているホーンセクションがそのまんま演奏してるし、ソウルフルなジャニスの声も全開で素晴らしい。B面ではサマータイムの焼きまわし的な曲もありますがそれでも僕はこのアルバムがターンテーブルに乗ることが一番多いです。

録音はマッスルシューズ、サザンソウルのメッカです、ジャニスのソウルへの敬意を払った心の叫びが凄いです。

一つ難点はギターのサムアンドリューの音のトーンがBBHと同じように嫌なとこくらいでしょうかねー(笑)。
ジャニスの曲はわずかにA-3 B-2の2曲のみ、あとは本家ソウルのカバーです。
ギターに関して唯一の救いはこの中でマイクブルームフィールドがゲストで2曲演奏しているところくらいです。(逆にこの2曲はソウルっぽくない)


曲順です
A面
-1  Try (Just a Little Bit Harder) 
-2  Maybe 
-3  One Good Man  
-4  As Good As You've Been to This World 
B面
-1  To Love Somebody  
-2  Kozmic Blues  
-3  Little Girl Blue Lorenz Hart  
-4. Work Me Lord   Nick Gravenites 6:45

A-1 Tryとはオーティスの「Try A Little Tenderness」をどうしても思い出してしまいます。ベースラインから始まる曲ですが曲の中ほどから分厚いホーンが入りジャニスのシャウトも凄さまじくなります。

-2 印象的なイントロから、もうほとんどオーティスか(笑)というホーン、このアルバムでは大好きなナンバーです。

-3 ジャニスのオリジナル曲。ここでマイクブルームフィールドのギターが聞けます。曲調はブルース。泥臭いスライドギターです。途中のギターソロでも泥臭いブルースギターが聞けます。

-4 ずーとホーンセクションのみで始まる曲。これは果たしてインストなのか?と針を上げようとする頃ジャニスのボーカルが入ってきます。ホーン長すぎ(笑)

B-1 完璧なまでのソウルナンバー。これもホーンがオーティス(笑) ニーナシモンも歌っていたナンバーです。

-2 タイトル曲です、ちなみにKozmicとは造語のようです、サマータイム的なところもありますが、いい曲です。でも、ここでのサムのギターが嫌なんです(笑)
でもサビのメジャーな感じの所が凄くイイですが曲の最後でマイナーになる所もサマータイム的。

-3 昨年公開されたジャニスの映画のタイトルにもなった曲です。しっとり歌うジャニスがまたいいんですよねー。

-4 最後の曲もホーンによるイントロ、このアルバムを象徴しているナンバーで終わります。

レーベルです。UKオリジナル カタログNOはS63546 マトは両面1

このころのCBSはレーベルのCBSを隠していたようです。

d0335744_20353531.jpg

日本初盤のCBCSony1800円盤  この後の赤いレーベルは音が最悪に悪いらしいがこの初盤はかなりいい。というかUK盤よりもホーンとかは出ているような気がします。全体の奥行き感はUK盤かな? どちらせよこの日本初盤はなかなかのものです。

d0335744_20421522.jpg

この後、このバンドを解散しいよいよフルティントブギーバンドを結成しパールの録音準備にかかっていくのです、それと同時に死への旅立ちの序曲も始まっていくのです。

フェスティバルエキスプレスのDVDが手元にありますが、ここでのジャニスは本当に楽しそうでかわいいです。この数か月後に居なくなってしまうなんて信じられません。列車の中でガルシア、ウェア、ダンコとセッションしている姿が大好きです。


購入レコ屋  UK盤   ラジオディズレコード
       日本盤   不明

購入金額   UK盤    1400円
       日本盤   忘れました


参考文献  レココレ  ジャニス特集


[PR]
by naruru-kato | 2018-03-25 20:13 | Janis Joplin | Comments(4)
Commented by rollingwest at 2018-03-28 21:04
来ましたね~、ジャニス!小生も今年1月にレポートしましたが、このアルバムはライブの騒々しさとは一歩距離を置き、自分の人生を振り返った歌が多いアルバムでしたね。サックス展開の豪快なバラード「メイビー」など心に染みいる名曲が多く癒されます。
Commented by naruru-kato at 2018-03-30 07:53
> rollingwest 様
ジャニスで一番好きなアルバムのUK盤がずーと欲しかったのです。 メイビーは心打たれますね。しかし僕はB面を良く聴きます。最高です
Commented by 240_8 at 2018-04-01 19:14
こんばんは。
ジャニス!アルバムを買っては、売って…を繰り返してしまっているアーチストです(苦笑)。今もチープ・スリルズを買ったはいいけど、放置状態。なんとなく暗いブルース調が合わないのでしょうかね。ジミは大好きなんですが。
ところで小生、今週末に異動の辞令を拝受予定。再び(念願通り)名古屋単身赴任生活となりそうです。赴任地等はもちろん全く分かりませんが…。
Commented by naruru-kato at 2018-04-01 20:20
> 240_8様
僕も同じです、買っては売り を繰り返しています(笑)
ただ、若い時買って良くなくて売って、この歳になって良さが判り再度購入。といったミュージシャンも多いです。
ジャニスもその一人です。

希望通りの名古屋赴任ですか。単身となると大変でしょうね。
赴任地等判ればまた教えてください。

大好きな1965~76年くらいのアメリカン、ブリティシュロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31