アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Carly Simon その3   Playing Possum

カーリーサイモンの5作目、1975年作のPlaying Possumです。翻訳ソフトで調べると「空寝、死んだふり」などと出てきますがなぜか邦題は「人生はいたずら」。
ジェームステイラー(以下JT)と結婚しHotcakesという幸せ感満載のアルバムを出し子供を産んで母親になった時のアルバムです。

このエロいジャケ写真はノーマンシーフが撮っています、本当にこの人は白黒っぽい写真が素敵です、この他にはガスリートーマスのファーストとかも同じモノクロ感で素晴らしいのです。

d0335744_08501513.jpg


大ヒットしたNo Secretsでは有名な胸ポチジャケで天真爛漫なアメリカの女子学生風の写真でしたが、今回はぐッーと大人の色気で迫ります。本作のあとBoys in the Trees、Torchといったアルバムで気合いの入った色(エロ)気ジァケが後に続きます。
ちなみに僕はジャズのスタンダード集のTorchをかなり好んで聴きますが、それはまた後日。


d0335744_08503010.jpg


裏ジャケです、多少ぼやかしている個所がリアルにくっきりと見てみたいもんです。(変態かっ・・・)


ところで、このアルバムは日本盤ワーナーP8000番台で非常に素晴らしいくっきりとした輪郭の音が楽しめるのですが、ひょんなことからUSのQuadraDisku(4チャンネル盤)を入手しました。


d0335744_08504638.jpg

そのいきさつは、先月行きつけの名古屋市覚王山のSORCさんに遊びに行った時、新入荷のコーナーにこれがあって、比較的安価(英世1枚でお釣りがある程度)だったため日本盤と比べたいので買います。とオーナーのOさんに話したところ「これ差し上げます」と言われました。「?」どーいう事?と聞き返すとOさんは「実は先日、naruruさんのブログを見て、うちに関西から来てくれたお客様がいて、たくさんレコを買ってくれたので、間接紹介料という事でお礼がしたい」と言われるではありませんか。「えっー」そんな嬉しい事があったのですか! 

お礼に商品のレコをプレゼントしてくれるなんて! 覚王山のSORCさんはなんという素晴らしいお店なんだ!

という事で遠慮なく頂いてきちゃいました(笑) それがこの4チャンネルのレコです。


早速聴き比べました。しかし、音のレベルが日本盤とかなり違い(ボリューム2目盛り程低い)日本盤と比べても多少見劣り(音劣りというのか?)するのです。

でもこれは4チャンなのです、僕のステレオでは真価を発揮していないのです。本当に比べるのなら4チャンのシステムにしなければなりません。
しかし、今以上オーディオにお金掛ける気はとーぶんないので、本当の聴き比べはいつになるか判りません。その時までこのレコはサブラックに入れておこうと思います。


d0335744_08511629.jpg


歌詞カードとクレジット。このアルバムはJT人脈だけにとどまらずカーリーの独自の人脈でしょうか?沢山のミュージシャンが参加しています。主だったところでは。
ギター。リーリトナー、アンドリューゴールド、ジェフバクスター、スヌーキーピート、もちろんJT。
ベース。クラウスボァマン、ウィーリーウィークス、リースカラー。
ドラムス。リンゴスター、ラスカンケル、ジムゴードン、アンディーニューマーク。
ピアノ。Drジョン。管弦楽も有名人(あんまり知らないんで・・汗)
コーラスにリタクーリッジ、キャロルキング、アビゲイルヘイネス(ジョーママ)
など。スティーリーダンかっ(笑 最近聴きまくってるもんで)


d0335744_08513367.jpg


相変わらず口のデカイ歌詞カードの裏側の写真。顔の半分が口というイメージかな、ちなみに最新のカーリーの写真を見たらこのデカさが災いして凄い事になってました(涙)見なければ良かったよ。


曲順です
A面
-1 After the Storm
-2 Love Out in the Street
-3 Look Me in the Eyes
-4 More and More
-5 Slave
B面
-1 Attitude Dancing
-2 Sons of Summer
-3 Waterfall
-4 Are You Ticklish
-5 Playing Possum

A-1 いきなりピアノがジョンのイマジンっぽいのイントロ、その後アルトサックスが入る。カーリーの声は管弦楽に凄く合うと僕は常々思っているのです。(だからTorchを良く聴くのです)曲の感じはいかにもカーリー節です。
  
-2  抜けのいいアコのイントロ、これはアンドリューゴールド。コーラスはリタ

-3  JTのアルペジオのイントロがいいです。サビ前のウーハモのマイナーコードここがこの曲のポイント。コーラスをやってみると判りますが、これはもの凄く難しいです(僕的に)

-5  ここもサビがいかにもカーリー節。ここではリタとキャロルキングのコーラスが聴けます。同じマイクで同時にコーラスつけてたら凄い組み合わせですね-。

B-1 このアルバムで一番彼女っぽいナンバー。コーラスで全く違う歌詞で歌われていて、ここではキャロルとアビゲイルのコーラスです。考えてみればこの二人の共演というのはダニークーチ関連で凄く面白い。

-4  ピアノの弾き語りでジャズっぽいアレンジです。

-6  最後に表題曲、コーラスにJT。すこしカントリータッチです。

今回はこれと言った決定的な出来の曲は見当たらないのだけれども、カーリーサイモンの楽曲って必ず彼女の曲だと判る仕掛けがあるのです。
上手く言葉で説明できませんが、メジャーコードから突然マイナー7thまたは9th系のコードが入るコード感とかサビの転調とかで必ずすぐに分かります。これはローラニーロにも通じる所ですが、やはり有能なミュージシャンは違いますね。

レーベルです

日本盤

d0335744_08515251.jpg

US QuadraDisku

d0335744_08520620.jpg

比べてみました。


d0335744_08522053.jpg
左US QuadraDisku、右日本盤ワーナーP-8567

送り溝の幅がまるっきり違います!これは何を意味しているのか?
さっぱり判りませんけど。


このアルバムも当然売れてUSベスト10入りはしましたがシングルは伸び悩みました。これ以降プロデューサーのリチャードベイリーと決別しテッドテンプルマンと組みバックもドゥービーを中心にしたアルバム、スタッフなどのフュージョン系などのアルバムと続きジャズのアルバムに向かって行きます。さらにその後は・・・あまり聴いていないので良くわからないですが、大ヒットは無かったかも。


僕にとってのカーリーはやはりジャケで買ってしまうミュージシャンかなー


購入レコ屋  日本盤    忘れました。
        US QuadraDisku  SORC

  
購入金額   日本盤    たぶん1000円程
        US QuadraDiskuk プレゼントで頂きました!


       
           








[PR]
by naruru-kato | 2017-10-21 16:51 | Carly Simon | Comments(4)
Commented by 240_8 at 2017-10-22 17:59
こんばんは。
カーリー・サイモンって、実はあんまり聞きかじっていないんですよね。このアルバムも知りませんでした。カーリーというと、例の胸ポチジャケのアルバムが有名で、私もそれしか聴いたことがないもので(苦笑)。でもこのアルバム、あまり名盤紹介でもみたことがないのですが、内容はやっぱりいいんですか??
でも参加メンバーみただけで、聴きたくなってきました!
Commented by naruru-kato at 2017-10-22 19:24
>240_8様
早速コメントありがとうございます。
今回は内容より、レコをもらった事を記事にしたかったので(笑)
内容は例の胸ポチの「ノーシークレット」に比べるとかなり弱い楽曲と言えると思います。
もともとこの人,SSWの中では曲作りという観点からみると同世代のキャロルキング、ローラニーロ達と比べると,やはりいまいちですよね。声も綺麗過ぎて逆に個性が無い。というか(汗)だからエロジャケで勝負しているのかな? 

と,ここまで書いて今はっきり判りました。本文に書きましたが「だから僕はジャズのスタンダード集のアルバムを一番聴いていたのか」ということです(笑)
Commented by rollingwest at 2017-10-28 20:33
カーリーサイモン、唇もエロイですが歌も素晴らしいですね!中学3年生の頃(1972年)、深夜ラジオから流れてきた「うつろな愛」を初めて耳にした時に「何といい曲だ~!」と感銘したことが本当に懐かしいです。大柄・グラマーでスタイル抜群、分厚い「たらこ唇」でセクシー容貌の女性だな~と思っていましたが、何とこの年にジェームス・テイラーと結婚してビックリさせられたことをよく覚えています。でもカーリー・サイモンは恋多き女性と呼ばれており、「ミックジャガーとも恋仲だったのでは?」との噂もありましたね。実際に「うつろな愛」でバック・ボーカルに参加しているのは間違いなくミック・ジャガー・・、今から思えば「たらこ厚唇」の大物アーティスト同士のコンビではないか~!
Commented by naruru-kato at 2017-11-08 19:45
> rollingwest 様
すいません、コメント頂いていたの気が付きませんでした。
口でいえばエアロのスティーブンタイラーに近いかと思います(笑)
日本ではこーいうセクシーで歌の上手い歌手はなかなかいないと思うのです。ただカーリーは歌がうますぎて逆に個性的ではないかな?というのが僕の思うところで、実はあまり聴かないのですがジャケがいいので、それだけでネタになるのでついつい取りあげてしまうのです(笑)

大好きな1963~76年くらいのUS、UKロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。ジャケットもいろいろと楽しめるので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシング、市民マラソンが大好きでいろんな大会に出ています。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31