アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Joni Mitchell その4   Clouds

ジョニのセカンドアルバムでSSWの大名盤とも言われるClouds です、ほとんど一人で弾き語りでやっていて他の参加メンバーはクレジットにのっていません。がスティーブンスティルスがベースを弾いているのは有名な話です。

一般に初期のフォーキーな頃のジョニの最高傑作は4作目の「ブルー」というい事になりますが、自分的には次作の「Ladies of the Canyon 」が一番好きです。特にB面の金縛りにあうような緊迫感がたまりません。




d0335744_10102593.jpg



そして、この2作目のCloudsですが、音数が少ないせいもあり基本的にシンプルで暗いイメージです。ジャケはもちろんジョニ、自画像です。印象的というよりは衝撃的と言った方のがいい。そんな迫力のジャケです。




d0335744_10104202.jpg



ところでCloudsとは単純に「雲」という意味ですが、日本盤は「青春の光と影」という邦題が付けられているのですが最後の有名曲「Both Sides, Now」にも「青春の光と影」という邦題曲が付けられていて、うーん辻つまが合わんぞー。という事になっていますね、まぁいいんですけどね。




d0335744_10105701.jpg


ゲイトフォールドを広げるとこんな感じ、後ろの湖と雲の感じがナイスな絵です。




d0335744_10111016.jpg



内ジャケです、歌詞と制作者のクレジットのみですが真中に意味が深いようでこれまたジョニの絵です。これは大昔の地球の絵ではないか?このアルバムのイメージ的な絵なのか?ジョニ画伯に聞いてみたいです。




d0335744_10112989.jpg



このアルバムをリアルタイムで聞いた人に尋ねたいのですが、1969年にこのアルバム出しても誰も理解できなかったのではないでしょうか?売上的にはパッとしなかったようですが、ただ単にギター、ピアノの弾き語り。では収まらない不思議なアルバムです。フォークといえばフォークなのだろうけど、一般的なフォークシンガーとはまったく違う独自の世界です。異様ともいえます。そしてとにかく暗い。


そらに、この作品も引きずりこまれる恐怖感があります。ジョニの初期の作品はすべてB面が終わると身動き取れなくなりますが、これもまた「いったい何なのだ?」という感じでしばし動けません。




曲順です
A面
-1 Tin Angel
-2 Chelsea Morning
-3 I Don't Know Where I Stand
-4 That Song About the Midway
-5 Roses Blue
B面
-1 The Gallery
-2 I Think I Understand
-3 Songs to Aging Children Come
-4 The Fiddle and the Drum
-5 Both Sides, Now

A-1Tin Angel オープンチューニングのアルペジオ、そして暗すぎる歌声(笑) 
いきなり首根っこ捕まえられる感じ。こんな楽曲ジョニ以外で聞いたことありません。マイナーコードの中に時たまメジャー7th的な音が入る所が凄い。

-2 ロックミュージシャン御用達のホテル、チェルシーホテルの朝を歌った曲。
映像で確認しましたがカポを1フレットに付けて変幻自在のコードワーク。もー理解できまへん。これは代表曲になりますね。フェアポート、ジュディコリンズ、ジェニファーウォーレンらが取り上げています。Wikkではクリントン元大統領の娘はこの曲から名前を取って「チェルシー」としているそうです。

-3 これもアコのアルペジオの弾き語り、物凄く変わったコード進行。もーさっぱりわかりません、がこれまた素晴らしい曲。この曲のジョニの声は凄く可愛い。

-4 これも同じような曲です。3曲目と繋がっている感じがしますね。

-5 これまた独自の変則コードワークによるアルペジオ、凄く怖い。バックで流れるマンドリンっぽい音がさらに怖さを増す。どこかに連れ去られる恐怖感。そんな感じです。しばしレコードを裏返すのを忘れてボっーとしてしまいます。

B-1 盤を裏返し「あっーこの曲で良かった」と素直に感じる明るい曲。サビからのジョニのハモが本当に美しい。

-2 これもじっくり歌い上げる味わい深い作品。

-3 いきなりサビから歌うナンバー。しかもジョニのハモから始まります。
  特に高音のジョニの華麗さ。なんともいえん幸せ感を感じます。

-4 これは問題作です。無伴奏です。UKトラッドの影響を受けているのでしょうか

-5 1番の歌詞にCloudsという言葉が沢山出てきます。タイトルとシンクロしているのでしょう。ジョニの代表曲ベスト5には入るこの曲、何人もがカバーしています。アルバムの最後を飾るにふさわしい素晴らしい曲です。


レーベルです。オリジナルのツートーン。



d0335744_10114892.jpg


カタログ番号はRS6341 マトは両面1Cとなってます。



ジョニの初期では地味ですがアルバムカバーのせいで圧倒的に有名なこの作品。
捨て曲無しの本当に味わい深いアルバムですよー。

購入レコ屋  ナカシマレコード

購入金額   3000円くらい


  



[PR]
by naruru-kato | 2017-05-21 08:42 | Joni Mitchell | Comments(0)

大好きな1963~76年くらいのUS、UKロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。ジャケットもいろいろと楽しめるので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシング、市民マラソンが大好きでいろんな大会に出ています。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31