アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Sandy Denny その1  The North Star Grassman And The Ravens

とうとうブリテッシュフォーク&トラッドの世界に足を踏み入れた僕です。前回のマリアンシーガルで耳がだいぶ慣れたせいか、そろそろ有名なフェアポート、サンディーデニーも聞いてみようかと思いレコを探しましたが、いかんせんあまりにも高いのです。
オリジの英国盤は2~3万で流通しているのです。そこでひとまずサンディーのCDのベスト盤を中古で英世1枚で購入、入門用にはピッタリでした。
なんどもこのCDを聞いているうちに完璧にこのカスレ声の歌姫の虜になり、どーしてもレコードで欲しいと思っていた矢先、今年から出入りするようになったナカシマレコードさんでUS盤ならそんなにしないから探してあげる。という話がでました。


d0335744_17491409.jpg

とうとう手に入れたソロデビュー盤、日本盤の題名は「海と私のねじれたキャンドル」あまりよくわからないのですが・・・ (汗)

このレコもブラックホーク99選に選ばれていますね。

ここで超簡単にこのソロデビューまでの流れを説明します。
1967年ロンドンでフェアポートコンベンション結成、その頃のレパートリーはジェファーソンエアプレン、ジョニミッチェルなど、

1968年 初代Voのジョディーダイブルに変わりサンディーデニーが参加
1969年 参加後初のアルバムディラン、ジョニミッチェルなどのカバーなど
1969年 初めてUKトラッド(伝承歌)をエレクトリックアレンジする「アンハーフ                                 ブリッキンング」発表
1969年 UKトラッドを全面的にカバー、歴史的名盤 リッジ&リーフ発表。
1970年 サンディー フェアポートを脱退し恋人のトレバールーカスとフォザリンゲイを結成。アルバム1枚残す。
1971年 初のソロであるこのアルバムを発表

ひとまずここまで、わずか1年でフェアポートコンベンションの歴史的名盤3枚を発表し脱退してしまうのです、本当は最初にフェアポートのアルバムを紹介しなければいけないと思うのですが、なにぶんサンディーありきなんで。フェアポートもサンディー在籍時しかレコードもってませんので。


d0335744_18042963.jpg

写真家キーフさんの印象的なアルバムカバーです。
これは何をやっているかというと、紅茶の葉っぱで占いをやってるらしい。

ゲイトフォールドの内ジャケです。


d0335744_18063713.jpg

左側に参加メンバーの写真、基本的にフォザリンゲイのメンバーにフェアポートの悶絶ギタリスト、リチャードトンプソンが参加。

左側のサンディーの写真ですが・・・


d0335744_18114437.jpg


昭和40年代の女子高生のようだ(爆)。

サウンドは、英国の深い森の中をさまよっている感じのアルバム、この後3枚のアルバムを出したサンディーですが、ここではまだそんな感じです、次第にアメリカ的な音になってジャズ、カントリーもこなして英国史上最高の女性ボーカリストとなっていくのですが、ここではまだ森の中です。それが非常に心を打たれます。


ただし例外的にディランの「Down in the Flood 、堤防決壊」もやってます。またしてもこの曲だ。なんでみんなこれをやりたがるか不思議でしょうがない。


曲順です
A
-1 Late November
-2 Blackwaterside
-3 The Sea Captain
-4 Down in the Flood
-5 John the Gun
B
-1 Next Time Around
-2 The Optimist
-3 Let's Jump the Broomstick
-4 Wretched Wilbur
-5 The North Star Grassman and the Ravens
-6 Crazy Lady Blues

A-1から深い森に入っていきます、-2のトラッドはZEPのブラックマウンテンサイドの元ネタは有名は話、白眉は-5でしょうね。

B面も最初から最後まで深い霧に包まれた感じです、すべて聴き終わると深い感動が訪れます。

レーベルです。


d0335744_18322062.jpg

US盤はA&Mです、UKオリジは勿論アイランドレコード、これは1~2万以上はしますね。

この後すべてナカシマレコードさんでサンディーのレコは揃いました。評価のほうはセカンドが一番最高傑作と言われていますが僕的にはサードが一番かな。

しかし、ジャケの美しさはこれにかなうものは無いですね。


1978年4月21日、事故で僅か31歳で生涯の終わるサンディーです。しかしその軌跡は素晴らしく71年72年には英国メロディーメーカーの最優秀女性シンガーに選ばれ、あのZEPのThe Battle of EvermoreではZEP史上初のゲスト扱いでクレジットされロバートプラントと渡り合ってます。

なんとかソロの4枚とフェアポート参加の3枚は揃いましたので今後紹介していく予定です。





購入レコ屋   ナカシマレコード

購入金額     2800円

参考文献     レコードコレクターズ1991年5号


[PR]
by naruru-kato | 2016-11-13 17:51 | Sandy Denny | Comments(2)
Commented by カマニャン at 2016-11-15 18:17 x
楽しみにしています。
Commented by naruru-kato at 2016-11-15 23:03
>カマニャン様
コメントありがとうございます。

毎週末アップを目標にやってます。

拙いブログですがよろしくお願いいたします

大好きな1965~76年くらいのアメリカン、ブリティシュロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30