アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Bob Dylan( &The Band) その4  Planet Waves

ようやくノーベル賞について口を開いたボブさんです、賞は受け入れるコメントしていましたので一安心です、出来たらゲスト呼んで記念ライブやってほしいです。

さて、今回は発表時、公式には初めてザバンドとの共演アルバムであり、長年所属したコロンビアからアサイラムに移籍し初めて全米NO1になったアルバムであるPlanet Wavesです、日本題名はこのままでしたが「惑星波」となずけてほしかったですね。


d0335744_18335434.jpg
ディランが描いたジャケです。セルフポートレイトに次ぐ自作画。

実はこのアルバム、CDで持っていますが録音が悪く、ザバンドの演奏が霧がかかってるようで良くわからなく、アコの音、ガースハドソンのオルガンなどほとんど聞き取れないくらいで、最悪の印象の作品であったのです。

録音も僅か3~4日スタジオに入ってほとんど数テイクでOK出したそうな。

という訳で楽曲もいまいちが多く、演奏もデモテープか?くらいの詰めの甘さが目立ち、ザバンドの特有の木を切るような重たいサウンドが全く聴けませんでした。



しかし、オリジナルならアナログ買ってもいいかな、というくらいの安さで売っていたのでジャケ目当てで購入しました。オリジは凸凹のテクスチャー加工なのです。ちなみに日本盤、UK盤、US再発盤はタダのペラ紙なんです。


d0335744_18405862.jpg

改めて聴いてみると、アナログでは目の前の霧が晴れた如く、ザバンドの音の輪郭がはっきりとわかります、ディランの声の伸びも素晴らしいのです。レコードとCDでこんなに違う作品は初めてでした。(僕の持っているCDがUS盤のナイスプライス盤であるので音も悪いのかも)


d0335744_19093242.jpg

ジャケ裏、ディランの自筆のライナー、曲目、パーソナル等です。ライナーは解りませんが、最初の一言は解ります「最初に戻る」と書いてあります。




d0335744_19365473.jpg

オリジにしか付属していないインナーはこういう収まりになっています。


d0335744_19372980.jpg



曲目です
A面
-1 On a Night Like This
-2 Going, Going, Gone
-3 Tough Mama
-4 Hazel
-5 Something There Is About You
-6 Forever Young
B面
-1 Forever Young (Continued)
-2 Dirge
-3 You Angel You
-4 Never Say Goodbye
-5 Wedding Song

A-1、この曲はCDでは最悪の曲なんですがレコでは音の広がりが素晴らしかったです-2、ロビロバのタメの効いたギター。その後の名盤「南十字星」のギターを思い出しますね。-4、-6は名曲です。特にForever Young はその後ラストワルツの時の感動的なギターソロは無いのですがアコでさりげないソロがあります。

B-3はもっともザバンドらしい楽曲にアレンジされています。ディランの声も凄くザバンドに溶け込んでますね。


レーベルです。


d0335744_19454421.jpg

Wマークのないアサイラム初期盤。No1になりデビットゲフィンはしてやったり。というところでしょうか。


この後ディランはザバンドとツアーに出てあの有名なライブ「偉大なる復活」を「出すのですが、やはりディラン&ザバンドはこのライブでしょう。という人が多いと思うのですが、アナログで聴くとPlanet Wavesも結構いいぞ。というのが僕の感想です。

ちなみに「偉大なる復活」ではここからの演奏は1曲も無く、ツアーでやったかどうかも分かりません。

僕的にはこの時のライブの完全盤が出てほしいのですけどねー。


しばらく続いたディラン特集も今回でひとまず終了。


次回はなんと! ブリティシュフォーク&トラッド特集を2カ月程やります。ほとんど聞いてこなかったジャンルなんですが、昨年ひょんなことで泥沼にハマりました。しかし片足突っ込んでもう抜け出してきましたのでたいしたのは持ってません。王道のみですがいいとこだけ買いましたのでご期待ください。











[PR]
by naruru-kato | 2016-10-30 18:35 | Bob Dylan | Comments(0)

大好きな1965~76年くらいのアメリカン、ブリティシュロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30