アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Neil Young その2   Rust Never Sleeps  

ニールヤング先生の79年の傑作アルバム、Rust Never Sleeps です。パンクロックが大ブームを巻き起こしている時にジョニーロットンへのアンサーソングでもある名曲を含み、A面がアコースティク、B面がエレクトリックサイドに分かれニールの両極を見ることが出来る作品です。

この作品のあと前回紹介した怒涛のライブを発表しその後古巣リプリーズを離れゲフィンに移籍後、迷走の80年代に突入していきます。僕的にはこのアルバムはニールの作品の中ではベスト5には入っています、まぁなかにはベスト1という人もいるでしょうねー


d0335744_19052401.jpg


このバカでかいフェイクな機材、後年この機材はいまだにニールの倉庫のようなところに置いてあることが分かりました、なんかのプロモビデオで写っていました。



しかし、この写真好きだなー。バカでかいステージの真ん中にクレージーホースとこじんまりした空間の中だけでライブしているショット。武道館でのグリーンデイルツアーの後半のステージを思い出します。


d0335744_19090096.jpg


ジャケ裏も同じような写真。インナーはカンパニースリーブでは無くこの作品の為の特別製なものですが、

d0335744_19103995.jpg


特にどーてことない写真です、ライブルーストの時も同じステージ写真でした。



d0335744_19100300.jpg

この頃のニールの髪型はパンクっぽくて好きだな。


ところでこの次のライブも前半はアコで弾き語り、その後怒涛の爆音サウンドです。このスタジオ盤と対をなしているように感じます。



A面のアコバージョンは前作のComes A Time の流れをそのまま汲んでいるかのように流れていきます。ニコレットラーソンも今回は1曲だけですが参加しています。
B面の怒涛のバージョンはこれ以降ライブの定番になっていく曲が多く一度針を落とすと微動だに出来なくなる音圧です。


曲目です


A面
-1 My My, Hey Hey
-2 Thrasher
-3 Ride My Llama
-4 Pocahontas
-5 Sail Away
B面
-1 Powderfinger
-2 Welfare Mothers
-3 Sedan Delivery
-4 Hey Hey, My My


d0335744_19275652.jpg

A面すべてに流れるアコの音はこのころ良く使っていた、ギルドの12弦でしょうか?
3~5曲目の流れるような美しい楽曲。たまりません

B面の1曲目、ニールの楽曲の中で間違いなく私的ベスト5に入ります、僕はかなり意見が出ると思いますがギタリストとしてのニールヤングはこれまた世界屈指のベスト5に入れています。情熱のヘタウマギター、どこで聞いてもそぐにニールだとわかる音色。これほど判りやすいギター弾きはロック界でオンリーワンな存在であると思ってます。

アルバムの冒頭とラストを飾るテーマ曲ももちろん素晴らしい事は言うまでもありません。



d0335744_19285666.jpg


レーベルはWマーク入りのリプリーズ カタログNoはHS-2295マトはA面4、B面が8です。


カメレオンのように次から次へといろんなアルバムを出すニール先生ですが、このアルバムのようにA面、B面きっかりと分けて聴けて、そのうえですべて素晴らしいというのはこの作品だけですね。


今回何十年ぶりに久しぶりに腰を据えてじっくり聞きましたが、やはりこれは名盤です。

購入レコ屋    不明

購入金額     不明






[PR]
by naruru-kato | 2016-06-27 19:18 | Neil Young | Comments(0)

大好きな1965~76年くらいのアメリカン、ブリティシュロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31