アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Laura Nyro その3 Season of Lights


ローラニーロの1976年のライブ盤です。1977年発売、録音会場はコロラド大学カレッジホールでの公演、マサセーチェシュの野外公演、他です。ミュージシャンは本拠地ニューヨークの一流のジャズメン達、ジョントロペイ、マイクマニアリ、らです。
メチャ上手い人達ばかりですので聴いていてものすごく気持い良くなります。
ローラは数年のブランクののち1976年に「smile」という非常に聴きやすいアルバムを発表しそのお披露目ツアーという事のようです。



d0335744_07581910.jpg

このアルバムが僕の初めてのローラ体験でした、この人だけは全く前情報(事前に音源を聞いていない)無しに購入。どんな感じの音楽家も知らなかったのですが、すんなり入ることが出来ました、最初のアルバムが「イーライ」とか「ニューヨークテンダベリー」でなくて良かったです。最高傑作と呼ばれるこれらの2,3rdアルバムは少し難しすぎて入門者には合わないですね(笑)


ところでこのアルバムは当初、2枚組16曲でプロモまで作られたそうですが発売直前になり曲も差し替えられ1枚のアルバムになってしまったのだそうな。日本盤のCDのデラックスバージョンでは16曲入りになっているらしいのでそちらも欲しいです。

d0335744_08034221.jpg


ステージ写真のウラジャケ。このアルバムは日本贔屓のローラが日本の画家の作品をあしらっています。

調べたところ谷内六郎という画家の作品です。もうすでに無くなっている方でした。週刊新潮の創刊から表紙絵を担当していたそうで、なんとなく見たことある感があったのはそのためでした。


d0335744_08085991.jpg


使われている作品はすべて日本のふるさと的な絵ばかりですね。ほのぼのした作品ばかりです。


インナーはこれも同作者の絵が使われた特製のものです。



d0335744_08153896.jpg


夏の絵と

d0335744_08175870.jpg
冬の絵ですね。

曲順です
A面
-1 The Confession
-2 And When I Die
-3 Upstairs By A Chinese Lamp
-4 Sweet Blindness
-5 Captain St. Lucifer
B面
-1 Money
<-2 The Cat-Song
-3 When I Was A Freeport And You Were The Main Drag
-4 Timer
-5 Emmie

ウェデイングベルブルース、キャリフォルニアシューシァンボーイ、とかは入っていませんがほぼベストな選曲。この時点の新作であるsmileからがやはり多いかな。

それにしても、バック陣の上手い事上手い事、さすがNYのセッションマン、ギターのジョンのテレキャスターと思われる音色は艶々でたまりません(写真で確認するとテレキャスターデラックスかな?)それにローラのピアノが絡み極上の音を作り出してます。

最後を飾るEmmieですが、発表以来生涯歌われ続けたと言われる歌です。本当にこの曲は素敵です。

レーベルです


d0335744_18551320.jpg

コロンビア盤 オレンジ6アイです。カタログ番号はPC 34786 マトは1A 1Bとありますが、いつ頃の盤かはさっぱりわかりません。

この盤の他に本家ボトムラインのライブとかも出ているのでいずれ出会えば欲しいアイテムです。


購入レコ屋  サンオブスリーサウンズ

購入金額   忘れました 2000円台かな?

参考文献   レコードコレクター2008年 2号



[PR]
by naruru-kato | 2016-06-12 08:06 | Laura Nyro | Comments(0)

大好きな1965~76年くらいのアメリカン、ブリティシュロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30