アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Don Nix その1   Hobos, Heroes And Street Clowns

スワンプの中でもかなりの重要度の高いドンニックスのサードアルバムです。一連のスワンプミュージックの中でもドンニックスは楽曲の良さ、歌のうまさで完璧に頭一つ抜けてると思うのです。

実はこの人、お恥ずかしい話ですが、つい最近知りました。でもスワンプの文献を見てみると必ず紹介してあるし、沢山のアーティストが彼の作品を取り上げています。



d0335744_10024227.jpg

この人、すべての写真でこのテンガロンハットをかぶってます。実はこれもつい最近知ったのですが、ジョージハリソンのあのバングラコンサートにもコーラスで参加していました。写真集の中で2枚程写っています。この時もこの帽子をかぶってます。(この時の奥さんもコーラスで参加)

メンフェス出身でステーブクロッパー ドナルドダックダンと同級生であり、一緒にバンドもしていたようです、その後ブッカーTのMGズに入りプロデュース能力にもたけていていろんな人にアルバム制作にかかわっています。




d0335744_10171637.jpg


このアルバムはロンドン、マッスルショーズ、フランスと意味なく3カ国で録音されています。

スワンプ&ゴスペル音楽の王道のアルバムですが、ソウルフルバラードが数曲ありすべてが切なくてたまらんです。


このアルバムを初めて聞く前にすでに2曲はよく知っていました。

なんとジェフベックがBBAでやっていたのです。しかもプロデュースまで行っています。

d0335744_10211428.jpg

イギリス人のベックがこの人の歌をやるのはおかしいなー。きっとボガード&アピスが勧めての事だろう。と思っていたのですが、結構ベックはモータウンとかも好きでこのアルバムではスティービーワンダーもやってるしと思って調べてみると、


d0335744_10224083.jpg


じつはやはり違っていて、ベックは第2期ジェフベックグループでドンニックスの「ゴーイングダウン」をやっています、ドンとは面識もありBBAのアルバムではジェフの判断で2曲も彼の作品を取り上げたようです。BBAライブのインナーに書いてありました。プロデュースもべックが頼んだようです。



d0335744_10255858.jpg


意味がよくわからんゲートフォールドジャケの内側の写真です。

レーベルはスタックスの内部レーベルであると思われる Enterprise レコード1975年の作品です。ファーストはリオンラッセルで有名なシェルターから、セカンドはエレクトラからそして今度はこのレーベルです。この次のアルバムはクリームというレーベルから出ています。毎回1枚だけの契約だったのでしょうかね?


d0335744_10334227.jpg


ちなみにこのレーベルは、この前ヤフオクで入手したレーベルガイドブックには載っていません。かなりマイナーなレコード会社ですね。

インナーバックもスタックスのオリジナルでしょうか? 黒人の人のアルバムばかりです
d0335744_10432677.jpg
曲目です
A面
-1. She's A Friend Of Mine
-2. The Train Don't Stop Here No More
-3. Black Cat Moan
-4. Rainy Night In Paris (Memphis Reject)
-5. When I Lay My Burden Down
B面
-1. Sweet Sweet Surrender
-2. We Gotta Move (Keep On Rolling)
-3. Miss Eleana
-4. I Need You
-5. Look What The Years Have Done

A-1,2ですでにノックアウト、ロッカバラードが素晴らしい。

A-3とB-1はBBAがやっています。当然こちらのオリジナルをあとから聞きましたがどうやらジェフベックはオリジナルに忠実に演奏しています。

-5ではトラデショナルのカントリーをやっています。この人のアルバムはこれがお約束のようです。

B-3~5も素晴らしいバラードです。このアルバムも捨て曲は無しです。

ちなみにセカンドも持っていますが、これもまた素晴らしいです。いずれ紹介したいですね。



今月いっぱいはスワンプ特集を続ける予定です。



購入レコ屋   サンオブスリーサウンズ

購入金額    たしか1500円くらい


参考文献    BBA LIVE の解説



[PR]
by naruru-kato | 2016-04-03 10:05 | Don Nix | Comments(0)

大好きな1965~76年くらいのアメリカン、ブリティシュロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30