アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Carly Simon その1    1St  &  Anticipation 

今月は女性アーティスト特集です、なぜかというと「ただ、なんとなく」それだけの理由ですが、昔は女性ボーカルなんて聞く耳持たんわ、とへんな思い込みがあり全く無視していたのですが、キャロルキングを聞くようになり女性特有の深みにはまってきたのです。


今回は女性ポップボーカルのベスト5人に選ばれている(僕が選んでるんですけど)一人のカーリーサイモンです、他の4人はキャロル、ジョニミッチェル、リンダロンシュタット、そして最近はローラニーロですね。そして、まったく別のところで一人君臨しているのがジャニスです。


まずカーリーのファーストアルバムです。もともと裕福な家庭に育った人ですのでハングリー精神は無いはず、たぶん持って生まれた歌の才能だけで歌手になったと思われます。

d0335744_08380604.jpg

グレヒのバーゲンで発見、かなりシミがついたボロジャケですが、今まで一度もこの盤を見たことがなかったので歌詞カード無し、のダメ盤ですが激安で購入しました。プチプチノイズがかなり出て聞きづらいところも沢山ありますが渾身のクリーニングメンテで半減することができました。



d0335744_08403543.jpg

この裏表紙の顔、先ほど持って生まれた。と書きましたが、この大きな口はそのことを意味しています。ボーカリストは口が大きくなければならないのです。ミックジャガーしかり、スティ-ブンタイラーしかり。

しかしこの写真はミックとスティ-ブンをたして2で割ったような・・・似てるなー

曲目です
A面
-1 That's The Way I've Always Heard It Should Be

-2 Alone

-3 One More Time

-4 The Best Thing

-5 Just A Sinner
B面

-1 Dan, My Fling

-2 Another Door

-3 Reunions

-4 Rolling Down The Hills

-5 The Love's Still Growing


d0335744_09021326.jpg

JPプレスの見本盤、日本ビクターはものすごくカッティングが上手らしく3作目の出世作であるノーシークレットなんかはUSオリジナル1stプレスよりも音がいいそうです。

歌の方は、まだロックボーカリストの域ではなく、かなりフォーキーな出来です、1曲目は邦題「幸せのノクターン」という題名でかなりヒットした曲です。この曲は飛びぬけて完成度が高いですねー。歌のうまさはデビューからずば抜けてます(この前に姉妹でサイモンシスターズという名でデビューしていますが)。

購入レコ屋  グレイテストヒッツ
購入金額   288円 



続いてセカンドアルバムも紹介します。


Anticipation(アンテシペイション)と名付けられたこのアルバム。訳すると「予想、予感、または先手を打つ」という意味ですが、ここでは大物の予感、そんな感じでしょうかね?

d0335744_09002727.jpg

なんか、そんな感じのジャケですが、スカートが透けているところがミソです、ここから次回からの怒涛のエロジャケシリーズにに向かっていくのです(爆)


しかしこのジャケの色合いは無いよなー  この色彩、海賊盤かと思いましたよ(笑)


d0335744_09062503.jpg

今回のセカンドはかなり手を抜いたジャケとしか言いようがないです、音のほうもファーストと同じく1曲目の表題曲は白眉ですがあとはかなりフォーキーな作品が並びます、ただしところどころにジャズ的な音づくりがされたりで少し楽しめます。

プロデュースは元ヤードバーズのポールサュエルスミス、それがどうしたんだ、というような人選ですが。


曲目です
A面

-1 Anticipation

-2 Legend In Your Own Time

-3 Our First Day Together

-4 The Girl You Think You See

-5 Summer's Coming Around Again
B面

-1 Share The End

-2 The Garden

-3 Three Days

-4 Julie Through The Glass

-5 I've Got To Have You

d0335744_09122266.jpg


今回は解説歌詞カード付き、彼女のプロになるまでの経歴が面白おかしく書いてあります。


d0335744_09131491.jpg




US盤と同じバタフライマークのエレクトラレーベルです。この盤もバーゲンでしたのでパイパチノイズがひどいのですが、日本盤は割かしきれいな盤面でもノイズが多いような気がするのです。材質の問題でしょうか?


両方とも1971年の作品、そして1973年に世界中の男を虜にする例のジャケでNo1をとるのです。次回はそのアルバムの予定(いつになりかわかりませんが)です。

お楽しみに!


購入レコ屋    忘れました

購入金額     たぶん1コイン





[PR]
by naruru-kato | 2016-02-07 08:40 | Carly Simon | Comments(0)

大好きな1965~76年くらいのアメリカン、ブリティシュロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30