人気ブログランキング |

アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Laura Nyro その1    The First Songs 

ローラニーロの1967年のデビューアルバムです、これを血眼になり捜していました。通販で売っていましたがあまり気が乗らないし、いつか出会えると思っていましたが、またまたサンオブスリーサウンズさんで、「ローラニーロ探しているんですけど」と話したところ「なかなか入ってこないんですよ」と店長。あきらめて餌箱をあさっていると「これですかねー、あまり売りたくないけど」とまたまた奥から出してきてくれたのがこのファースト。「まさにそのアルバム探していたのですよー」と僕。

「ジャケの痛みが激しいしオリジナルではないのでので○円ですけどいいです?」と店長、「まったく問題ないです」という事で、適正価格で譲ってもらいました。

d0335744_14543756.jpg


実は、このお店で以前ローラの後年のライブ「Season of Lights」を購入したのですがあまりの素晴らしさにハマってしまい(いまさらですが)インターネットですでに全曲聞いてましたけど、どうしてもファースト、セカンドがレコードで欲しくなってしまいました。


僕的に、このアルバムは女性SSWの代表的な3枚に入れています、あとはジョニミッチェルのブルー、キャロルキングのタペストリーです。



フォーキーなジョニ(その後ジャズに傾倒)、ソウルフルなキャロル、ジャジーなローラ、というところでしょうか。楽曲の良さではキャロルキングのタペストリーにかなわないと思いますが、歌のうまさではローラかな?




しかしこのファーストは全く売れなかったようです、ファーストプレスは More
Than A New Discoveryという題名でヴァーブから発表されたのですが、今回手に入れた69年代初期の再発は題名がThe First Songs に変わり曲順も変わりました。その後70年にコロンビアに移籍するとなんとジャケまで変わってしまった作品です。



d0335744_14553329.jpg


JAZZ系レーベルのヴァーブのSSW,フォーク系を扱うヴァーブ・フォアキャスト・レーベルです。特に変わったマークではありませんね(笑)。他の所属アーティストはジャニスイアン、リッチーヘイブンスなどで東海岸系で固められているようです。



さて、なぜ売れなかったか?と考えると67年頃はサイケデリックの真っただ中、女性ではジャニスがモントレーで絶賛された年です(ちなみにローラもモントレーに出ているそうな)そんな時代にこのアルバムはあまりにミスマッチでしたね。ドラッグカルチャーのドロドロとした時代背景に凄くさわやかな歌声、ジャジーな曲調では時代に合わなかったのですょうか?




71年に出されたキャロルのタペストリーはベトナム戦争に疲れたアメリカを癒すにはもっともふさわしい楽曲のようでモンスター級に売れたのを考えるとこのアルバムも後年にもっと売れてもよかったのではないでしょうか?





曲目です
A面
-1 Wedding Bell Blues -
-2 Billy's Blues
-3 California Shoe Shine Boys
-4 Blowin' Away
-5 Lazy Susan
-6 Goodbye Joe  
B面
-1 Flim Flam Man (Hands Off The Man)
-2 Stoney End 2:41
-3 I Never Meant To Hurt You 2:49
-4 He's A Runner 3:37
-5 Buy And Sell 3:34
-6 And When I Die 2:37




d0335744_14550921.jpg


ジャケ裏に歌詞カードです。SSWの女性の場合たいてい歌詞カードがついてるような気がします、歌詞を大事にしているのでしょうね。





一曲目Wedding Bell Blues、67年ではこんな感じの歌は売れなかっただろうと想像付きますが、今聞いてもまったく素晴らしい曲です、そして2曲目、5曲目、B面2曲目、5曲目ではジャジーなバラード、サックスがたまらん。バーで酒飲むのにぴったり。A、B面とも捨て曲なしの素晴らしいアルバムです。




あまりに遅すぎた私的発見アーティスト、いままで一体僕は何を聞いてきたのだと自問自答してしまいます。




もうすでにこの世にはいないローラニーロです、しかしこの素晴らし作品があるだけで満足です。先ほどのライブは後日ブログにアップする予定ですが、セカンド、サード、その他、探さなければならない長い旅が始まりましたね。


追記 2018年12月6日
先日、念願のオリジナルでタイトルが手に入りました!と言いたいところですが、ジャケ、背表紙だけが初期のMore Than A New Discoveryで裏は上の再発と同じ、盤も同じ、という不思議な盤を入手。

勿論買った直後は曲順が違うオリジだ!と喜んでいたのですが、車の中で信号待ちの時に嬉しくて曲順を再度みていたら、「あれー、これウェディングベルが1曲目じゃん、再発じゃん」と愕然としました(涙)


d0335744_17190061.jpg

すでにレコパックしてしまいましたので光ってます。


返品しようかと思いましたが、間違いなくジャケはファーストプレス、不思議な盤だな?ということで家の棚に入閣。音は再発と全く同じ。

d0335744_17194648.jpg

紛らわしいです(涙)


参考HP  Wikipedia

参考資料  レコードコレクター   シンガーソングライター特集


by naruru-kato | 2015-12-20 14:27 | Laura Nyro | Comments(0)

大好きな1963~76年くらいのUS、UKロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。ジャケットもいろいろと楽しめるので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシング、市民マラソンが大好きでいろんな大会に出ています。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30