アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Joni Mitchell その1  Ladies Of The Canyon


初めてこの人を見た(聴いた)のは、今から38年前。ザバンドのラスワルツの映画でゲストに出てきたのを見たときです。

その時の印象があまりに悪く、演奏した曲もコヨーテという変な曲で(のちに大好きになりますが)、たぶん今思うとあの曲はザバンドの演奏に全く合っていなかったのでしょうね。


ところがレコード収集再熱してから女性アーティストを集中して聴くようになり、改めてジョニさんのあまりのすごさに圧倒され今では泥沼にハマってます。



d0335744_18045702.jpg

今回、取り上げたのは3作目のLadies Of The Canyon。初期の名盤です。ほとんど彼女のアコとピアノの弾き語りですが、曲のよってはホーンとか入ってます。


彼女はよく知られているように、自分で考えたアコの変則チューニングで全曲を弾き、非常に心地のいいカッティングを聴かせてくれてます。



d0335744_18092486.jpg

画家でもあるジョニがジャケも描いてます。


僕が特に好きな曲は、A面のFor Free、Ladies Of The Canyon、B面のラスト3曲ですね。 


ツェッペリンのジミーペイジがジョニのことを思ってカリフォルニアという曲を書いたそうですが、この表題曲のLadies Of The Canyonを聴きながら作ったんじゃないだろーか?


全編にわたり、彼女のボーカルが初々しい。他のアルバムと比べてもこのアルバムの声が一番気持いい。


あとでCS&Nが取り上げた,WoodStockなどは極限に神々しく,このままアルバムが終わってしまったら異次元に連れ去られそうな怖さがある曲ですが,


なんとか最後のThe Circle Gameで意識が戻ってきます。


初めてビートルズのサージェーントペパーズを聴いたときと同じ感覚です。



d0335744_18163786.jpg


すべて手書き風な歌詞カード。 この人は歌詞を大切にしているのでUS盤でもほとんど歌詞がついてます。



d0335744_18164542.jpg

レーベルはおなじみのリプリーズ、タンと呼ばれる時代のもので第3期のレーベルマークです、ちなみに1975年から84年までこのマークが使われてます。


ということでこの盤は何枚目かのプレスです、マトリックスはA面がRS-1-6376 LW3。B面はLW6です。


音のほうはジョニの高音の声の抜けが素晴らしい、聴いていると本当に気が遠くなっていき全曲終わってもボーとしている自分に5分間ぐらい気がつかない(笑)

そんな感じですね。
A面
-1.  Morning Morgantown
-2.  For Free
-3.  Conversation
-4.  Ladies of the Canyon
-5.  Willy
-6.  The Arrangement
B面
-7.  Rainy Night House
-8.  The Priest
-9.  Blue Boy
10. Big Yellow Taxi
11. Woodstock
12. The Circle Game

この後ジョニはフォークとジャズ系のミュージシャンの融合を行っていき、ジャコパストリアス、チャーリーミンガスなどと共演していきますが、

その頃のアルバムはまた次回に。


参考文献   The DIG  50号
       レコードコレクターズ 1998年12月号

参考HP    LABEL GUIDE
       http://homepage2.nifty.com/recordcollectors/labelguide.html















[PR]
by naruru-kato | 2015-08-30 18:01 | Joni Mitchell | Comments(0)

大好きな1963~76年くらいのUS、UKロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。ジャケットもいろいろと楽しめるので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシング、市民マラソンが大好きでいろんな大会に出ています。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31