アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Jackson Browne その1  Same

第一回目のアルバムは、メインブログとともにこのブログにも彼の作品から名前を頂いてます、ジャクソンブラウンです。僕の大好きな3大アーティストの一人で、あとの人はボブディランとニールヤングなんですが、ボブとニールさんはほとんどCD持っていて新たに重複するレコードを増やしてもなぁー。という感じで今後増えるかどうか判りません。


ちなみにこのブログのタイトルは浜田省吾さんが、自分の事務所の名前にしています。


浜省さんも大ファンなんですねー、ただし彼の事務所はTheを無にして「Road&Sky」にしてるとおもいましたが。


話がそれましたが(汗)  本題に入ります。

記念すべき第一回目の記事はジャクソンブラウンの1972年のデビュー盤です。

d0335744_08434695.jpg

盤は本国USA盤です。レコード番号はSD 5051 、ジャケはキャンパス地っぽい質感です、超初期盤はレコを上から出す仕様になっています。ちなみに以前持っていた再発盤はツルツル質感のジャケ。


d0335744_08445522.jpg

セカンドプレスからは通常の出しかた。両方とも揃えました。


左ファースト、右セカンドプレス。セカンドがピカピカなのはレコパックしているからです。


ジャケを比べると裏のクレジットの配置がけっこう違うことが分かります。

d0335744_08463958.jpg
こちらファーストプレス、

d0335744_08470929.jpg

こちらセカンドプレス、曲の書きかが違っていますね。どーでもいい事かもね。


インナースリーブはラジエター冷却袋をイメージした水の写真。レーベル発足後の二人目の新人に(最初の配信はジョディーシル)いきなり専用スリーブ。デビットゲフィンの期待がうかがえます。


d0335744_08481635.jpg


一曲目、 Jamaika Say You  Will  SSW時代到来の幕開けにふさわしい。 ちなみにjamaikaというのは女の人の名前でこれはラブソングです。

2曲目、A Child In These Hills。すでにJBワールド炸裂。その後に作られる名曲「悲しみの泉」の序曲のような感じですでにイメージができてるかな。

3曲目、Song For Adam。これもこの後名曲の「青春の日々」のような感じ

4曲目 Doctor My Eyes 今でもステージで良く演奏されていますね。

いろいろあって9曲目、Rock Me On The Water、リンダロンシュタットがカバーして有名になった曲ですが、コーラスはデビットクロスビーです。

レーベルです、アサイラム初期仕様のホワイト。カタログNoはSD5051マトはファーストがAAAセカンドがAAですが音は変わりません


d0335744_08503754.jpg



クレジットのアップです。ラスカンケル、リーランドスクラー、などその後のJBのアルバムには欠かせない有名どころもすでに参加してます。ジェシデイビス、ジムゴードンなんかも演奏していますね。
ところでこのアルバムジャケで凄い話が判りました。当初アルバムの上にある、

「Saturate Before Using」がアルバムのタイトルと思っていたのですが、

これはこのジャケットに使った水入れ袋に書いてある注意事項なのです。

訳すと「使う前に良く水につけること」という意味なんです。この袋は、昔の車のラジエターなどを冷やす為のもので、水に浸すと膨張して袋から水が染み出ないものなのです。


JBがこの袋を気にいり、袋に自分の顔を印刷しジャケットにしたのですが、注意事項もそのままにしたようで、後日CDで出た時もレコード会社がアルバムタイトルと思いわざわざ載せています(笑)





ジャクソンのインタビューに書いてありました。ですからこのアルバムの正式名称はJACKSON BROWNEです。


このアルバムカバーはSSWの中では有名なんでTシャツなんかによくプリントされます。


d0335744_18422534.jpg


先日の来日公演の時に買ったキャンパスの袋。出来たらここにもSaturate Before Usingと入れてほしかったな(笑)




参考文献  アサイラムとその時代 ㈱ 音楽出版社

参考HP   record correcterrors LABEL GUIDE 
http://homepage2.nifty.com/recordcollectors/index.html


[PR]
by naruru-kato | 2015-08-23 13:15 | Jackson Browne | Comments(0)

大好きな1965~76年くらいのアメリカン、ブリティシュロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30