人気ブログランキング |

アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Don Nix その3  In God We Trust

スワンプ史上、最高傑作とも呼ばれるドンニックスのファーストアルバムです。大抵のスワンプ特集号(そんな特集最近ないけど)では巻頭を飾る名盤中の名盤。と呼ばれています。

前回のセカンドアルバムの投稿では自分的にファーストよりもセカンドの方が好き!と書きましたがその時点ではファーストはペラジャケの日本盤しか無かったのですが、オリジナルを手に入れ聞き直すと「やはり名盤の誉れ高いアルバム」という感想になりました(笑)。

このアルバム発表時点ではすでにマッスルショーズのプロデューサーとして活躍していて、リオンのすすめでLAに趣きシェルターの旗揚げに参加し、リオンの後にシェルター2番目の配信となったのです。

d0335744_19271043.jpg


絹目のテクスチャーの味わい深い、いかにもスワンプっぽい感じのジャケ。ちなみに日本盤はテクスチャーで無かったので質感は全く違います(すでに日本盤は譲渡)

d0335744_19272413.jpg

裏はクレジットとファニールイス(多分そうだろう)と肩を組む写真。これもまた感じいいです。バックメンバーは多分マッスルショーズのスタジオマンだと思います。
サンクスクレジットにはマリーン&ジェニーグリーン夫妻(多分コーラスと、エンジニア)リオン、シェルター社長のデニーコーデル達。


d0335744_19273853.jpg


そしてゲイトフォールドを開けると、このいかにもアメリカな写真。この写真が欲しくてズーとオリジナルを探していたのです(安価で)。日本盤にはとうぜんこの写真はどこにもありませんでした(名盤探検隊とかいうシリーズだった)。もしかしたらリアルタイムの日本初盤(あるかないか知りませんが)ではオリジと同じゲイトフォールドだったかもしれません。


d0335744_19275358.jpg


ギタースクールかなんかの渋い建物の前で座るドンニックス。星条旗は合成っぽいですけどね(汗)



改めて聴くと、やはりニックスの声はイイです。この声がスワンピーな男達の指標のような気もします(後のアランガーバー、ロジャーティリソン、ジョンヘンリーカーツとか、ただしリオンは別格)。ただスワンプっぽいのは一歩間違うと、ゴスペルにもなってしまうので、そこらの塩梅が難しい。ということで声が重要だと僕は思うのですが。
デラボニとか先回のボビーホイットロックなどはゴスペルと思わなければ聴いていられないですから(悪い意味ではないですが)

曲順です
A面
-1 In God The Trust
-2 Golden Mansions
-3 I'll Fly Away
-4 He Nevere Lived A Day Whthout Jesus
-5 Nero My God To Thee
B面
-1 Amos Burke
-2 Long Way To Nowhere
-3 Iuka
-4 Will The Circle Be Unbroken
-5 I've Tried (Trucker's Lament)

A-1 いかにも「今からスワンプロックが始まります」という幻想的なイントロ、まずこの一発でやられます。そしてギターよりはピアノ主体のオブリガード、間奏。スワンプとはこーいうモノなのでしょう(笑)

-2 お次もピアノのイントロ、教会音楽そのもののロッカバラード、しかしニックスは声がいいなー。女性バックコーラスは間違いなくジェニーグリーン。そーいえばスワンプ御用達シャウターのクラウディアレニアはクレジットされていません。ニックスの奥さんなのに何故だ?

-3 どっかで聴いたことあるなー?と思っていたらやはりトラッドのゴスペルです。もう、こういうのはこの人の大得意な楽曲ですね。

-4 これも得意のロッカバラード。癒やされる感じではないけど、コーラスがもの凄く気持ちいい。

-5 ファニールイスをフィューチャーしたトラッドのインストの小作。

B-1 ファニーのスライドから分厚いコーラス。同じような曲ばかりといえばそれまでですが、これもいい曲です。

-2  以前このアルバムはスタジオの奥行き感が凄い!と和久井さんが言っていたけど、まさにそんな感じのリバーブ感が凄いマイナーな楽曲。

-3  リオンがやりそうなロックンロール。この人にこーいうのは似合わない気がするのですが(汗

-4  カントリー怒定番の「永遠の絆」うちの嫁が参加しているカントリーセッションで嫌というほど聴いてますが、アレンジはかなり原曲とは違ってます。

-5 各面最後は小作で終わります、これもいい曲です。




レーベルです。シェルターオリジナル。 カタログNoはSHE8902。マトは両面ともZ-1です。





d0335744_19280866.jpg



前回の投稿にも書きましたが、この後、ニックスはファニールイス、ジェニーグリーンと組んでアラバマステイトトゥルーパーズという名前の、リオン&ジョーコッカーのマッドドッグスのマネでパッケージショウを行うのですが興行的に失敗(レコ買いましたが良くなくて速攻で売却)。まぁスワンプな人たちは皆、わずかの活動期間しか旬で無くて、そのうち忘れられた存在になっていきます。
ドンニックスは声と楽曲はいいのですが、やはりプロデューサー又はソングライターの方が合っているのかもしれません。

自分的にドンニックスはこれで最終回なのですが、一応サード以降もアルバム出しているのでもしかしたら(メチャ安ければ)買うこともありますが、多分無いでしょう。これにて、スワンプ系はしばし休憩にします。


仕事の方は今週はまさに地獄。今までの社会人生活でこれほど追い込まれたことは2回目くらい、なんとか光が見えてきてますがまだまだわかりません。

改めて、こーいう精神状態の時にロック聴いてて本当に良かった!と思いました。本当の事を書くと、実は今週ほとんどディラン、ビートルズ(ジョンのソロ)スプリングステーンを聴いてました。英語の意味はわからずとも「頑張れ俺!」みたいな気持ちになりました。特にライクアローリングストーン、イマジン、サンダーロードなどを何回も聴いて助けてもらったのです。

こんな経験って皆さんありますよねー。


購入レコ屋  ラジオディズレコード

# by naruru-kato | 2019-07-20 18:18 | Don Nix | Comments(6)

Leon Russell その2      And The Shelter People

先週から仕事上のトラブルに巻き込まれ、辛い日々が続いてます。まさに泥沼、悪い方、悪い方に話が進み好転の兆し、きっかけがなかなか出来ない。凄く苦しいのですがなんとかブログだけはやらなければ(というよりこの時間とレコ聴く時間のみ忘れられる)。ということでドロドロも佳境にはいりスワンプの総元締めであるリオンのセカンドです。

題名もそのままリオン&シェルターピープル。まさに気の合う仲間達と作ったアルバムで、リオン史上最高傑作という評価が一般的(売り上げでは次作のカーニーですが)

サングラスのところのスポットが当たり非常にカッコイイ写真となっているジャケ。

d0335744_19465236.jpg


このアルバムは4つの違うバンドで録音されているのです。


d0335744_19473479.jpg


1 The Shelter People  ドンプレストン(G)カールレイドル(B)チャックブラックウェル(D)クラウディアレニア、キースマクドナルド(Vo)他

2 Tulsa Tops ドンプレストン(G)カールレイドル(B)ジェシエドディビス(G)ジムケルトナー(D)

d0335744_19475111.jpg
3 Muscle Shoals Swampers  しらない人ばっか(汗

4 Friends In England クリススタンション(G)ジムプライス(Or)カールレイドル(B)ジムゴードン(D)




d0335744_19481184.jpg

上の写真のメンバーはたぶん1のバンドでしょうね。ボビーキースもサックスでいますね。4のバンドにはクラプトンも参加しているようです。


一般的には1のメンバーでの演奏が一番リオンらしいという事ですが、僕にはどれでも同じにしか聞こえません(汗




まぁどこを切ってもあの泥沼の声しか出てこないんで、当たり前と言えば当たり前か?


d0335744_19581569.jpg



専用のスリーブはシェルター専用の卵のパック、なぜにシェルターが卵のマークなのかイマイチよくわかりません。



曲順です
A面
-1 Stranger In A Strange Land       
-2 Of Thee I Sing               
-3 Its A Hard Rain Gonna Fall         
-4  Crystal Closet Queen
-5  Home Sweet Oklahoma
-6  Alcatraz
B面
-1  The Ballad Of Mad Dogs And Englishman
-2  It Takes A Lot To Laugh,Takes A Train To Cry
-3  She Smile Like A River
-4  Sweet Emily
-5  Beware Of Darkness

A-1 リオンのアルバムらしくピアノのイントロからの序曲的なナンバー。 中間部の語りのように流れるサビは見事、まさにリオンです。

-2 これもリオンの得意のロックンロール。ほとんどライブのノリで録音されたのでは無いだろうか? バックのコーラスがクラウディアらしさ満開。

-3 1作目に続きディランナンバー。この録音が唯一のバンド2です。しかしディランの歌って結構リオンに似合うのではないだろうか?ステージでも定番です。ジェシのスライドが最後にきけます。

-5 これは3のバンド、マッスルショーズ録音です。リオン得意のマイナーコードのロッカバラード。なんとなく南部っぽく仕上がってる(かなー?)

-6 ジェシも自身のソロで取り上げているます。これが結構ギターが分厚い、ここに本当にエリックがいたのだろうか?

B-1 あのジョーコッカーにとっては思い出したくもないツアーをタイトルにしたピアノ弾き語りバラード。ストリングスアレンジはニックデカロ。なんとなく初期のランディーニューマンを思い出す曲です。

-2 なんと、またしてもディランの曲の「悲しみは果てしなく」です。ディランの原曲にけっこう忠実にやっていますが、リオンの声なんで、やはり全然ちがう曲に聞こえる。スライドが原曲にも感じられるブルースフィーリングがありありと出てナイスカバーです。

-3 その後のカントリーカバーのアルバムを思わせるカントリー風な曲。これもマッスルショーズ録音。

-5 最後はジョージの楽曲。この歌をバングラでジョージが歌い、3番をリオンが歌うのですが、その時がリオン初体験。こんな声だったのか?と思いました。アレンジはイントロ部分が16ビート?歌部分が普通のオリジナルバージョンという訳のわからんアレンジになっていて、なぜそうしたのか全くの謎です。


レーベルです。シェルターオリジナル。カタログNoはSW8903  マトは両面共F6


d0335744_19583156.jpg



この後、カーニーでシェルター最高のヒット。さらに続けて3枚組ライブ(まず一気に聴くことが出来る人はいまい  笑)と怒濤の勢いを放つも次第にリオンの人気は下降線をたどるのです。そしてその後シェルターを離れる事によりレーベルは崩壊していきます。

リオンの凄い時はやはりカーニーまでなのでしょうか?


ところで僕も冒頭の理由で最悪の場合少しブログ休憩になるかもしれません。ひとまず来週が一つの山場です(泣)



購入レコ屋    サンオブスリーサウンズ

 



# by naruru-kato | 2019-07-13 18:54 | Leon Russell | Comments(12)

Jesse Ed Davis 最終回    Keep Me Comin'  

まさにドロドロの季節。そんな季節にピッタリ(かどうかわかりませんが)なこの男の最後の1枚です。レコ屋のホームページとかで書かれてましたが「昔から非常に探しにくい」となってました。たぶんプレスが少ししか無かったからではないでしょうか?

Keep Me Cominと題されたこのアルバム。直訳するならば「私を招いて」ですが、「次から次にやってくる」という意味もあり、この場合は後者のような気がします。

ストーンズの「メインストリートのならず者」を思わせるジャケですが、バックの写真パネルは卑猥でエロで趣味が悪い。その前に自信満々で立っているジェシエドディビス(以降ジェシエド)。ピンボケの後ろのパネルがもっとはっきり見たい。もっといえばジェシエドがピンボケで後ろのパネルにピントが合っていればなぁー。と思うのは僕だけでしょうか(オイオイ)。

d0335744_10294673.jpg
じっくり目をこらすと、かなりヤバい写真も多数ありそこらが非常に悔しいというか残念なのです。一番ヤバそうなところをピックアップしてみました。どーですピンボケが悔しいでしょう(笑)


d0335744_10304341.jpg


しかし、このデザインのコンセプトは誰なんや?各国で表ジャケでは発売できない国は裏ジャケが表になっているようです。日本ではどーだったのだろう?っーか日本盤あるのかな?


d0335744_10310221.jpg

これがそうです。なんかこの人はレンガの前で写真を撮るのがすきなようですね(セカンドのジャケはこちら

インナーの歌詞カード


d0335744_10311867.jpg

ゲストはボブグラブのベースにジムケルトナーのドラムなどで無難な線でまとめています。なにか本で読みましたがこのアルバムは、ジェシエドの本拠地であるLAの北西のトパンガキャニオンのライブハウスでセッションしている雰囲気を出したかったそうで、インストも結構入っているのです。


d0335744_10313468.jpg


ジェシエドはファーストからここまで立て続けに3枚アルバムを発表しますが(1970~73年にかけて)その後はソロアルバムは全く出さず、1988年にドラッグのオーバードーズで亡くなるまではセッションギタリストとしていろんなところで彼のギターは聴けます(参加アルバムは80枚くらいあるらしい)。

ソロ以前はデラボニに参加、タジ・マハールのギタリスト。以降、有名なところではジョージの「バングラライブ」に参加。ジョンの「心の壁、愛の橋」「ロックンロール」に参加。ジャクソンブラウン、マークベノ、その他多数。プロデューサー&ギターでロジャーティリソン、ジーンクラーク、ジムプルティなどのアルバムを作ったりしてます。一番の有名なソロはやはりジョンの「スタンドバイミー」の間奏のギターですね。

「だれもジェシのようには弾けない」とは有名な誰かが言った言葉ですが、まさにその通り、上手下手を通り越して感情を絞り出すようなスライドギター、どこで聴いてもすぐにジェシとわかる手癖など、まさにエモーショナルなギタリスト&ボーカリストでした。

ちなみにジェシ本人はこのサードアルバムが一番気に入っているとの事です。


曲順です
A面
-1 Big Dipper
-2 She's A Pain
-3 Where Am I Now
-4 National Anthem
-5 Who Pulled The Plug?
B面
-1 Ching,Ching,Ching Boy
-2 Bacon Fat
-3 No Diga Mas
-4 6:00 Bugalu
-5 Keep Me Comin'

A-1 ドロドロロックンロールの始まり、インストです。ボブグラブのベースがブイブイひっぱります、ギターは間違いなくテレキャスターでしょう。

-2 イントロからここでもドロドロ、さらに被さるようにジェシエドのほとんどリオンラッセルのような歌い方。バックコーラス含めまさにスワンプです。

-3 これもエモーショナルな歌、バックのギターもアコ的でどうやって弾いているのか全くわからない。

-5 ほとんどジャムのようなインストを挟みアコベースのカントリーワルツっぽい曲。A面の白眉でしょう。絞り出すような歌声がたまらない。

B-1 けっこうイイ感じの曲です。ストーンズのステッキーフィンガーズに入っていてもおかしくない土臭い曲。

-2 誰かのカバーソング(汗 なんか余興で「せーの」でやった感があります。

-3~4 またインスト。これもライブハウスで即興演奏しているような雰囲気です。

-5 最後にタイトル曲。非常に出来の良い曲です。これも、まさにスワンピー。カッコいい曲で終わります。

レーベルです、今回からエピックに変わりました。KE-32133の番号はオリジナルであると思います。マトはA面1B,B面1Aです。

d0335744_10315000.jpg


実はこのレコードにはインタビュー付きのシングルが当初入っていて(初回限定かどうかは不明)僕が入手下盤にはありませんでした。タダ単に無くなってしまったのかもしれません。完オリでは無いためかなり安い値段で入手したのです、逆に完オリ中古レコ屋でも見たことありますが、そちらの値段は高くて無理でした。
どーせインタビューあっても聴かないし、そのぶん安価なこの盤は自分には都合が良かったのです。



購入レコ屋   ディヴァインレコード





# by naruru-kato | 2019-07-06 08:47 | Jesse Ed Davis | Comments(6)

Bobby Whitlock その2    Rock Your Sox Off

ようやく梅雨らしくなってきてムシムシするので、今回はさらに蒸し暑くなるスワンプ系のボビーホイットロックの4枚目のアルバムです。
ボビーの経歴は前回の投稿に簡単にかいてますのでこちらまでどうぞ。

ファーストソロは素晴らしく愛聴盤になっているのですが、セカンドアルバムはドロドロ系がさらに泥沼状態でイマイチ好きになれないのですが、その後サードアルバムでレーベルを変わりサザンロックの代名詞ともいえるキャプリコーンに移籍、多少レイドバックして聞きやすくなってきた4枚目なのです。

しかし、この人はいつまでもドミノスの「レイラ」を引きずっているようでセカンドアルバムの1曲目は、あの「テルザトゥルース」を非常に仰々しいハードロック+スワンプでやっていて(レイラセッションズというボックスで同じようなアレンジの同曲も聴けます)それがもの凄く自分には喧しくて「無理ー」という感じでした。

この4枚目、またしても1曲目に「恋は悲しきもの」をやっていてレコ屋で聴かせてもらうまでは「たぶん無理かなー」感があったのですが、思いのほか気持ちよかったので買ってしまったのです。

d0335744_22365281.jpg


最初このジャケを見たときは「使用済みのアレ」かと思いました(アレとはアレです、それ以上の詮索はやめてください)。しかしタイトルにSoxとある。そーか靴下か、驚かせやがって(汗)しかしこの幾何学的なイラストはやはり意味がわからないです。

d0335744_22370678.jpg

ちなみにこのタイトルのRock Your Sox Offを調べたところ、「誰かがとても凄い事をする」というようなスラングでした。まぁ本人曰く、凄いアルバムということなんでしょうか?


d0335744_22372180.jpg



その割にボビーの靴下を洗う写真、よくわかんないですわ。

d0335744_22373688.jpg

プロデュースはキャプリコーン御用達ポールホーンズビー、バックはほとんど知りませんが間違いなくキャプリコーンのスタジオミュージシャンであろう。ゲストでオールマンからチャクリーベル。そしてスライドであのレスデューディックなどです、ちなみにサードアルバムではデッキーベッツも参加してます。

d0335744_22375235.jpg

スワンプ度満載の曲は相変わらず熱く、熱唱のボビーですがスローな曲は、流石元ゴスペルシンガー。聴かせます。本当にこの人歌が上手いです。しかし、トムジョーンズとかそっち系の人の歌にも聞こえる時もある。なんとなくですけど(笑)



曲順です
A面
-1 Why Dose Love Get To Be So Sad
-2 If You Only Knew Me
-3 Sweet Mother's Fan
-4 The Second Time Around
B面
-1 Brand New Song
-2 Bottom Of The Bottle
-3 Long Long Time
-4 Make It Through The Night

A-1 デレク&ドミノスのレイラでも代表曲といえるこの曲を始めに持ってきてます。作者はクラプトンとボビーなんで勿論問題ないのですが。レイラではそれほど感じなかったサビのメジャーセブンス系のコード感がここでは本当に気持ちいいです。ギターもクラプトンほどでは無いですがそこそこ弾きまくりしてます。もしかしたらこの曲はほとんどボビーが作ったのかも?

-2 スライドがいかにもサザンロックっぽい作品。以前のダンヒルレコード時代ではこーいう曲は無かったです。

-3 カリプソ風、またはレゲエ風な曲。リラックスして聴けますが彼の声ではすこし場違いなアレンジかも。

-4 やはりこーいうスローな熱唱系バラードでボビーの真骨頂が見られます、レスとチャックが客演。この1曲聴くだけでもこのアルバムの価値はある。と断言します。

B-1~2 この2曲は以前のスワンプ度満載、すこし疲れます(爆)。オールマンよりレイナード好きな人にはイイかも。

-3 渋いイントロからほぼA-4と同じような唄い回し。この人のパターンはほぼ同じです。まぁ多少はサビを変えてる程度です。ギターのオブリガードが後期オールマンっぽいところが笑える。

-4 チャックの美しいピアノから最後は渾身のバラード、ボビーは必ず各面の最後にはこんな感じのバラードをいれますね。たぶんレイラでの「庭の木」で癖がついたのでしょう(笑)




レーベルです。

キャプリコーンの有名なGoatレーベル、カタログNoはCP-0168 マトは両面ともA、STRRINGの刻印あるので録音は素晴らしくイイです。


d0335744_22380738.jpg


ところで、ボビーはこの頃からメイコンに移住し、この後いろんなバンドで失敗し失速して行ってしまうのですが、このアルバムから24年後に突然5作目のソロを発表します。なんとそこでもこの「恋は悲しきもの」を再演(再再演)して、さらに「ベルボトムブルース」もやっているのです。(未聴ですが)。たぶん今でも現役らしくてステージではこの辺りの曲やっているのでしょうな。ちなみに今はナッシュビルに居るらしい。


レイラではクラプトンと数曲クレジットされているので多分莫大な印税が入って居るだろうから悠々自適なのでしょうね。羨ましい限り。



梅雨時はドロドロ系をもう少し続けようか、と思ってます。



購入レコ屋  SORC







# by naruru-kato | 2019-06-28 21:38 | Bobby Whitlock | Comments(12)

Crosby& Nash   その3   Wind On The Water

クロスビー&ナッシュのセカンドアルバム、カテゴリーのくくりは「CSN&Y関係」にしてしまいました。ヤングとスティルスは単独のカテゴリーにしているのにそれはないぜ!とお怒りの人も居るかも知れませんが、やはりこの二人はソロでは少し弱い、二人で一人という気持ちがあり、CSN&YもC&Nも同じでいいやろーという暴挙ではありますが、あくまで僕個人的な判断です。クロスビーとナッシュが好きでたまらん。というファンの皆さんごめんなさい。

今回取り上げる前に、ふっと思ったのですが、60年台から活躍しているロック系のメジャーバンド、ユニットで全員が死んでいない、しかもひとまず現役。というバンドはCSN&Y以外は無いのではなかろうか?しかも、つかず離れず。時たま全員集合。ロック界の歴史の中でも希有な存在のバンドです。

その中でもこの二人はやはりソロアーティストとしては少し個性が弱い?、のかスティルス、ヤングにくらべ地味です。そして一番のポイントは二人ともリードボーカリストでは無いことです。あくまでコーラスボーカルで威力を発揮するタイプ。(クロスビーのソロは結構好きですけどね)

あと、不思議なのはCSN&Yからの発展型として、クロスビー&スティルスとか、ナッシュ&ヤングとか、CN&Yとかが作品として無いこと(笑)。これだけ長い活動歴なのであっても良さそうだけどねー。(スティルスヤングバンドは良かったよなー。一瞬で終わったけど 汗・・・)。

CSN&Yのライブ発売後、二人はジャクソンブラウンのファーストにコーラスで参加、その1年後初めてクロスビー&ナッシュというユニットでアルバムを発表。そしてまたCSN&Yとして再度集まり大規模なスタジアムツアーを1974年に敢行。スタジオに入りアルバムを録音するもまたしてもエゴのぶつかり合いで決裂。その後75年にABCと契約しこの傑作アルバムを発表するのです。


d0335744_21240495.jpg


日本盤はごく普通の印刷でしたがABCオリジナルはピカピカのコーティングジャケ。いかにもわだかまりの原因を作る二人がいなくてリラックスしている感じのフォト。タイトルもアーティスト名も入っていません(まぁ写真見ればわかるけど)

しかし、こーやってまじまじとこのジャケ見ると二人ともそれほど今と変わっていないですよね、クロスビーの体型以外(笑)。

d0335744_21242570.jpg



裏ジャケはクロスビーがバーズ時代から愛用しているのではないか?と思われるグレッチがカッコいいですね。

このアルバムは参加ミュージシャンが凄くよくて(自分好み)、ギターにダニークーチ、デビットリンドレー、ジェームステイラーもアコで参加。ベースはリースカラー、ティムドラモンド、ドラムスはラスカンケル、レボンヘルムも1曲叩いてます。ピアノにクレッグダーギ、そしてキャロルキングも。ほぼJT、キャロルキングのアルバムと同じセクションのメンバーで鉄壁といえます。

d0335744_21245783.jpg


不思議なのがドラムス、Russell Kunkelと Russ Kunkelという二つの表記があること(笑)。まぁこれも毎回おなじみのどーでもいい事です。

歌詞カードのインナーバックの裏側。

d0335744_21244981.jpg


二人で寄り添って瞳を閉じてもらってもねー。男同士だし、あまり気持ちのいいショットではないです。

この傑作を聴くと、CSN&Yのハーモニーの基本はやはりこの二人なのだろう、ということが再確認出来ます。しかもバックは完璧なのでアンサンブルは申し分ない。曲によってはクーチがニールヤング風のアレンジ見せたりしていて二人では足りないところをカバーしていて安心して聴いていられるのです。もう一つ言わせてもらえば実は僕はかなりクロスビー好きで、たぶんニールと同じくらい彼の声は好きなのです。

曲順です
A面
-1 Carry Me
-2 Mama Lion
-3 Bittersweet
-4 Take Me A Money And Run
-5 Naked In The Rain
-6 Love Walk Out
B面
-1 Low Down Payment
-2 Cowboy Of Dream
-3 Homeward Though The Haze
-4 Fieldworker
-5 To The Last Whale A Crtical Mass
-6 Wind On The Water


A-1ジェームステイラーのアルバムか?と思わせるアコのイントロからクロスビーの声が、これまた気持ちイイ。しかし気持ちの良さとは裏腹、安楽死をテーマにした重い内容です。クロスビーの母親の事を歌っています。

-2 ママライオンといえば、おっぱい丸出しの衝撃的なジャケで有名なロックバンドしか思い出せない(爆)クーチのギターが粘っこくてイイです。ボーカルはナッシュ。

-3 クロスビーの不思議な浮遊感がある曲。かなり好きですこーいうの! クロスビーってまさにこんな感じです。

-4 イントロがサザンマンかっ?ほぼ同じリフです。バックでクーチがそれなりのギターを弾きますが、いかんせんナッシュの声にこのアレンジはないわ。

-5 これもまたクロスビー独特のジャジィーな感覚。この感覚は本当に彼独特です。 

-6 ここまでは1曲ごとに見事にかわりばんこでリードボーカルが変わるのですが、この曲はツインボーカル。CSN&Yのデシャブに入っていても良い、と思うナンバー。ここでもクーチ大活躍ギターもニール的(笑)

B-1 Bメロのコード感が凄く不思議、サビのメロディーも凄く変わってます。

-2 ニールの事を歌ったいかにもナッシュらしい歌。カントリー風ワルツ。

-3 このアルバムで一番クロスビーらしさが出たナンバー。自分的には白眉のナンバーです。ここでピアノにキャロルキングが参加!もちろんハーモニーも、都会的。

-4 ドラムスにレボンヘルム。前編にリンドレーのスライドが悲しく鳴ります。

-5 アカペラナンバー、というかウーハモ、アーハモの繰り返し。「何なのこの曲」と娘がまた言ってる(笑)

-6 最後は捕鯨に反対するタイトル曲です。これは二人で歌い上げアルバムは幕を閉じます。

基本的に自分の曲は自分で歌うという姿勢で、行ってみれば二人のソロが合体したアルバムともいえます(それを言ったら元も子もないだろう)

レーベルです。

 ABCのオリジナル。カタログNoはABCD-9002。マトはA面18! B面5です。(マト18ということはかなり売れたということでしょうね)

d0335744_21251955.jpg

この後、さらにサードアルバムを出し、CS&Nでまた発表し、そのうちCSN&Yでアメリカンドリーム、さらにはその後もう一枚。その後はもう訳がわからん状況でいろいろ出て、冒頭に書いた、誰も死んでいないバンドは未だに活発に動いてます。

しかし前回の来日公演の写真を見ましたが、風船のようになってしまったスティルスと、クロスビーは結構心配です。(どんな終わりかたや)



購入レコ屋 グレイテストヒッツ

# by naruru-kato | 2019-06-22 16:56 | CSN&Y 関係 | Comments(10)

大好きな1963~76年くらいのUS、UKロック、SSW、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。ジャケットもいろいろと楽しめるので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシング、市民マラソンが大好きでいろんな大会に出ています。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31