アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Neil Young その1   Live Rust   


やっと大御所のニールヤングを取り上げます、最近ライブアルバムづいてますので、自分的には御大の最高ライブである、ライブラストです,日本語にすると「錆つくライブ」という感じでしょうか?発売は1979年。アルバムの表紙はCrazy Horseとの連名になってます。

初期の名作、After The Gold Rush,Harvestと続きその後も名作を作り続け問題作ともいわれるRust Never Sleepsを作ったあとにツアーに出たときのアルバム、当然ビデオも出てます。

d0335744_08260102.jpg
2枚組のファーストサイドはアコ、ピアノの弾き語りで一人で演奏、ここから始まる怒涛の1時間半。聞く側に有無を言わせない存在感。

「今から始めるからなー心して聞け」そんな自信に満ち溢れた弾き語りです。

この10年後に来日公演があったのですが、名古屋市公会堂のステージで同じように一人で出てきて、ハーモニカホルダーにマイクを仕込み、マイクスタンド無しでギター弾きながらステージを動き回り歌った衝撃は忘れられません、ある意味不気味でした。この時もMCなしで「俺は勝手にやるから勝手に聞けー」という雰囲気でした。後にも先にもあんな凄い弾き語りは初めて見ました。

d0335744_08314507.jpg

カンパニースリーブはなくてすべてライブの模様が写っているレコードスリーブです。

ニールが弾く12弦ギルドギターの抜けのいいこと、マーチンとはかなり違うドンシャリの音です。マーチンよりも低音もよく出て、ギブソンと中間のような音。

残りのレコードスリーブです。


d0335744_08351532.jpg
このツアーではローディーがすべてスタウォーズに出てくる小人の恰好をしています。ギターアンプは当然フェイクの大型のものがステージに並びます。


d0335744_08373369.jpg
なぜか、ゴジラっぽい表情のニール先生です。


d0335744_08382396.jpg

1枚目のSecond Sideからエレクトリックステージとなり、バックのクレイジーホースとの爆音演奏が始まります。


I can Lealy Loveから始める爆音コーナーですが、3曲目にはThe Needle and the Damage Done、Lotta Loveとスタジオ録音ではアコで演奏されていた名曲を緩急つけて織り込み、その後僕の大好きなPowder Finger、さらにとどめのLike A Hurricaneになだれ込みます。まさに怒涛のライブ、スピーカーの前から離れることができなくなります(笑)

この曲を聞くと、2003年の武道館公演最終日をアリーナの前から10列目くらいで見たとき、ステージ終盤ニールが天井に指をさして、上からこの曲専用のオルガンが降りてきてそのままこの曲を演奏した時の興奮を思い出します。涙が出ると思いましたが実際は震えが止まらなくなったのを思い出します。


d0335744_08564797.jpg


ジャケの内側です、この写真では結構ステージを広く使ってるように見えますが、ビデオを見ても、武道館のステージでも真中にみんな集まってライブハウスのステージくらいの範囲で演奏してます(笑)


d0335744_08590521.jpg

USリプリーズのオリジナル盤ですが、初盤ではないです。でも本当にライブの臨場感が伝わる素晴らしいカッティングです。CDよりも音は断然レコードのほうがいいですね。


d0335744_09015476.jpg

ジャケ裏のジミヘンバッチが泣かせます、僕はこのギターストラップが欲しくて欲しくて、どこに売ってるのだろう?


ニールヤング先生に関してはこのブログで沢山取り上げるつもりです。(この人あまりにもネタが多すぎるんで)


この後にさらに「お前ら聞けー」的なWeldという途中下車不可能の猛烈爆音列車的なライブも発表しますが、ひとまず最初はやはりLive Rust これでしょう。







[PR]
# by naruru-kato | 2015-11-03 08:35 | Neil Young | Comments(0)

Marshall Tucker Band その1  Where We All Belong

オールマンブラザースバンドの次はサザンロックのもう一つの雄、マーシャルタッカーバンドです(以下MTB)。出身はノースカロライナです。
1973年にオールマンの次にキャプリコーンレーベルが売り出し、弟分的な売り出され方をした感がありますが、ブルースジャムバンド系のオールマンに比べてMTTはベースにカントリーがあります。

今回はオールマンと全く同じく3枚目のアルバムで2枚組のうち1枚はライブを収録している、Where We All Belong(邦題 アメリカンロックの鼓動)です。僕的にはこのアルバムが最高傑作であると思ってます。発表は1974年です。

d0335744_07083149.jpg
ABBのようなブルース系ネバネバサウンドではないので、あくまで音作りはノースカロライナのからっとした乾いた空気のようなすがすがしさがあります(行ったことはないですがたぶんそんなだろう)


1枚目はファースト、セカンドよりも若干リラックスした中で作られたカントリーロックという感じですべてにブルーグラスの父、チャリーダニエルズがゲストで演奏してます。

2枚目はライブです、ここでキャプリコーンのバンドらしく本領を発揮。ギターとフィドルが絡み合い凄いバトルを繰り広げてます。

d0335744_08025337.jpg

ABBと同じように兄弟でバンドをやっていて兄のトイコールドウェルがギター、弟のトミーがベースです。トイのギター奏法は独特でピッキングはすべて親指のみです。スライドはほとんどやりませんが、とんでもない早弾きもやったりします。

d0335744_07592632.jpg
このライブでもやってます。24 Hours At A Timeの14分にも及ぶ血わき肉躍るような熱演、ギターソロが十分に楽しめるアルバムです。


MTBはABBと同じく呪われたバンドです、このアルバムを発表したあと、弟のジミーが交通事故でこの世を去ります。まさにオールマンの呪われたれ歴史と同じです、しかしバンドはその後も続き1977年には最大ヒットした「キャロライナの夢」をリリース見事にグラミーを獲得したのです。


d0335744_08093559.jpg

カンパニースリーブはもちろんキャプリコーンのシンボルの山羊のマーク。


d0335744_08103591.jpg

レーベルマークも同じマークです。この後の再販では山羊の方向が左向きになり手抜きのデザインに変更されてしまいます。

キャプリコーンレコードはこの他に、エルビンビショップ、シーレベル、ボビーウィツトロックなど男くさいアーティストばかりと契約しますが、オールマンの第一期解散と同時の77年くらいからサザンロックも下火になり80年初頭には終焉を迎えます。


しかし、MTBは80年90年もメンバーチェンジしながら生き抜き、今でも活動しているようです。(たぶん初期のメンバーは誰もいないと思いますが)


アメリカ以外ではあまりにも人気がないようなイメージですが(カントリーなんてアメリカしか受けないからか)我が日本でもABBの人気に比べてあまりにも人気がありません。

しかし間違いなく本国ではABBと人気を二分していたバンドです。CDも6枚くらい持っているのですが、徐々にレコードも揃えて行きたいと思ってます。



参考文献  LABEL GUIDE  

http://homepage2.nifty.com/recordcollectors/capricorn.html


[PR]
# by naruru-kato | 2015-10-30 06:58 | Marshall Tucker Band | Comments(0)

The Allman Brothers Bandその1  at Fillmore East


アメリカを代表するバンド、The Allman Brothers Band(以下ABB)の最高傑作。まさに歴史的名盤である「フィルモアイーストライブ」のピンクレーベル盤を入手しました。このジャケットほど有名なライブアルバムはないのではと思ってます。

d0335744_07533236.jpg


このライブは古今東西、数あるロック系ライブアルバムで僕的に間違いなくベスト5には入りますね、その他のアメリカのバンドで考えると、ザ・バンドのロックオブエイジスとか、リトルフィートのウェイティングフォーコロンブスとか、ニールヤングのライブラストとか,がベストです。

サザンロック、レイドバックなどという言葉を知ったのはたぶん1973~1974年ころ。ABBのアルバムはその頃の最新アルバムであるBrothers&Sister'sを最初に手に入れジェシカに感動したのものです。

初めてのライブ番経験は、その後に出た「熱風 - Wipe The Windows, Check The Oil, Dollar Gas」でした、先にこのアルバムを聞いてしまいその後に初めてこのアルバム「at Fillmore East」を聞いたのです。



d0335744_07280057.jpg

初めて聞いたとき、そでに他界しているディアンオールマンのスライドギターに圧倒されつつも、デッキーのカントリー系の歌に感化されていた僕はこのアルバムになじめませんでした。1曲1面という長い曲が2曲もあるし、ブルースが根底にある初期のABBはジェシカを聞いて喜んでいる僕には全く違うバンドに思えたのです。


そしてこのat Fillmore Eastはすぐに売ってしまったのです。


僕の興味は完全にBrothers&Sister's以降でしたので、その後の作品を追いかけ、2度の来日公演も見ることができました。


d0335744_07405389.jpg


ABBも何回もメンバーチェンジを繰り返し、デッキーはクビになりデレクトラックス、ウォーレンヘインズのダブルギターでの初期のような編成になじんできたので
改めてディアンがいた時代のABBにもすんなりと受け入れる体制が僕の中に生まれてきました。



ようやく、何年もたってこのCD「デラックス・エディション盤」を購入し、当日のほぼ全曲の内容を把握、僕も歳をとって枯れてきたので、改めてこのブルースジャムバンドのライブの凄さが多少ですが分かるようになってきたのです。




全体的にデッキーのギターはおとなしいイメージが強いです、やはりカントリー好きな人ですからブルースはあまり得意ではないのだろうか?



ベリーオークレーのベースが全体をブイブイ引っ張っているのがよくわかります。ディアンはまさにスカイドック。天に昇天していくかの如くという感じのスライド爆発ですね。
d0335744_07462197.jpg
写真家ジムマーシャルが撮った有名なジャケ裏のクルーの写真、ジム本人が写っているのもあります。

実はこのat Fillmore Eastに関してとんでもなく詳しく記されたHPを見つけました。


zappapaさんという方の、「Fillmore And More」いうHPです。

http://www.fillmore-and-more.com/cn14/cn8/cn9/20.html




この方のHPはたぶん世界で一番詳しくこのアルバムを検証され圧倒されます。

d0335744_07544292.jpg


今回手に入れたレコードはsecondプレスくらいのピンクレーベルです。その後有名な山羊のマークに変わっていきます。


この盤がどこの工場でプレスされたのかとか、ものすごい情報が先のHPで分かりました。


盤面の状態はあまり良くなかったのですが2000円を切る値段でしたのでゲットしました。


d0335744_07563791.jpg

ピンクレーベルはここにキャプリコーンの文字が、その後の再発では文字プラス山羊のマークも入るので区別がつきます。


d0335744_07575559.jpg

カンパニースリーブも純正のもの。アサイラムレーベルも同じアトランテック傘下に入りジャクソンやジョニミッチェルも紹介されています。


[A]
1. Statesboro Blues
2. Done Somebody Wrong
3. Stormy Monday

[B]
1. You Don't Love Me

[C]
1. Hot 'Lanta
2. In Memory of Elizabeth Reed

[D]
1. Whipping Post


アメリカのロックの歴史を語る上で、必要不可欠のこのアルバムです。

今更ながらレコードで入手しましたので今後さらに聞き込みCDとの音の違いを発見し楽しみたいです。


参考文献  レコードコレクターズ  
参考HP   Fillmore And More
      LABEL GUIDE


[PR]
# by naruru-kato | 2015-10-26 07:50 | The Allman Brothers | Comments(0)

Ry Cooder その2   Ry Cooder 1st


ライクーダーの1971年に発表された、ファーストアルバムを入手しました。

日本語題名は「ライクーダー登場」 これしかないんか? 


しかし、なんという自信に満ちあふれた素晴らしいジャケットなんだろう。

d0335744_06532807.jpg

朝焼けのドライレイク エルミタージュにキャンピングカー。その車の横に立ってる主人公のライ。ジャケ上部にはネオン管で作ったような RY COODERの文字

調べたところ、この場所はLAから2時間くらいで着く干上がった湖とのこと。

ここでよくドラッグレースなど行うらしいです。

よく蜃気楼が見えるそうなんでエルミタージュ(蜃気楼)というそのままの名前がついたそうです。




まさに満を持してのデビューアルバムのカバーといえますね。

d0335744_07064019.jpg
今回は日本盤ですが、カタログ番号はP-4705R レコードに刻印してあるNOはP-8060R マトは両面とも1Aです。定価は1.500円となってます。

国内初盤はカタログNOがP-8060になっています、という事はこれはいつの盤なのだろう?

8000盤の後は10000台になっているようなので全くもってこの盤は謎です。

しかも定価は1500円、国内初盤は2000円のはず。

何年か後に出た原価盤ということなんだろうか?

今のところこれ以上分かりません、調べて分かったら追加随筆します。


※ 調べたところ、この盤はロック・フォーエヴァー1500という原価盤シリーズでした。 いずれUS初盤を手に入れたいと思います。

僕の予想としては、ロック・フォーエヴァー1500シリーズというのは初回盤のリリース時に売れ残った商品を集めて再度定価を下げて売りつくすための手段のシリーズであったのでは?と思います。

だからレコードに刻印してあるNOは初回盤のナンバーなのかな?

と考えてます、違っていたらすいません。



小倉エージさんのライナーにローリングストーンズとの逸話が記してあります。


d0335744_07070162.jpg



有名なレットイットブリードのセッションに参加したライですが、、ストーンズ側はスタジオに入っても遊んでばかりで録音する気が全くなく、ひと月ほど同じ状態が続き、その間にライは自分の得意のスライドギターのフレーズなんかを披露したいらしいのですが、

実はストーンズ側はすべてライの弾いていたフレーズを録音していたのです。

それをキースがこっそり練習してライのフレーズをパクって曲作りをしているところをライが目撃、ライは怒ってそのままイギリスを離れた云々・・・・

「あのスタジオで僕がやったことがレットイットブリードに化けたのさ」

「ホンキートンクウーマンは僕の持っていたフレーズだよ」


とライは言ってるのでした。


その後のキースのあのオープンGのカッティングは、実はライの影響だったのかも知れませんねー。そー考えるとライがいなかったら、ブラウンシュガーとかも生まれなかったのだろうか?

d0335744_07101323.jpg

楽曲は1曲のみ自作のインスト、あとはすべてカバーです。

ウッディーガースリー、ランディーニューマン、から戦前戦後のブルース、スリーピージョンエスティス、ブラインドウィリージョンソンなどの曲をやってます。

プロデューサーはアメリカ再発見、バーバンクサウンドの仕掛け人であるレニーワロンカーとヴァンタイクパークス。

先にセカンドを買ってしまったのですが、このデビューアルバムはアコとエレキを半分づつくらい使ってスライドで演奏してます。


はっきり言ってライのへたうま的なボーカルが、このアルバムではただ単に下手という感じですが、それも味わいがあってグッドですね。


ラスト2曲のブルースのカバーは本当に素晴らしいと思います。

今更ながらまたまたライクーダーにハマってしまいました。



[PR]
# by naruru-kato | 2015-10-24 06:42 | Ry Cooder | Comments(0)

Joni Mitchll その2  For The Roses


前から一度行ってみたいと思っていた中古レコ屋、サンオブスリーサウンズさんに初めて訪れ、Joni Mitchllの五枚目のアルバム、「For The Roses(邦題、バラに送る)」をUS盤のアサイラムオリジナルプレスで入手しました。

d0335744_13170957.jpg
実は、この盤は今までレコバーゲンの会場で何度も目にしていました。しかし価格があまりに高いため躊躇していたのです。
いずれここのお店を見つけて、その時まだ売れ残っていたら考えようと思っていたのです。

この盤を出店したいた、サンオブスリーサウンズさんをようやく発見しオーナーさんと少し話をしてみて「やはり、この盤は買って」おかなければ」と確信し思い切って英夫4枚はたいて購入してきました。



d0335744_13250877.jpg

この金額は今のところ僕のレコード購入金額の最高レベルです
ところで、このアルバムがどうしても欲しかったその理由は、これです。
ゲートフォールドジャケットのさらに真中にもう一枚ページがありそこにはジョニのオールヌードの後ろ姿の写真が載っているのです。

d0335744_13260016.jpg
これです、この写真が見たかったから買った、といっても過言ではないのですが。

d0335744_13265663.jpg
実はCDも持っていますが、やはり同じ写真でも迫力が違いすぎる。ところで肝心の音のほうはというと。
1972年作のこの5枚目は前回紹介した3枚目の「Ladies Of The Canyon」よりもさらにピアノとジョニのギター、歌声に浮遊感がまして、聞いていると気を失いそうになります。前作の名作と呼ばれる「Blue」(未購入、現在物色中)からさらにピアノの演奏が多くなり、今回からトムスコットのホーンが絡み合い妖気のようなものが漂ってきます。
今まで車の中でCDで何度も聞きましたが、やはりこの作品は落ち着いて家のステレオでじっくり聞くと全く違う印象のアルバムになります。
このアルバムから、フィージョン系のミュージャシャン、トムの他にウェルトンフルダーらも参加して、この後にフォーク&フュージョン路線の伏せんとなり、名作「Coat & Spark」(これも未購入、現在物色中)へと続くのですね。


リプリーズからアサイラムに移籍して最初の作品です。初期のアサイラムレーベルで一番ビックネームの移籍です。もちろんまだイーグルスもジャクソンブラウンも有名になる前です。
d0335744_13303999.jpg
レーベルはオリジナルのホワイト、カタログNOはSD5057、マトは両面とも、1です。


SIDE-A
1.Banquet
2.Cold Blues Steel And Sweet Fire
3.Barangrill
4.Lesson In Survival
5.Let The Wind Carry Me
6.For The Roses

SIDE-B
1.See You Sometime
2.Electricity
3.You Turn Me On I'm A Radio
4.Blonde In The Bleachers
5.Woman Of Heart And Mind
6.Judgement Of The Moon And Stars (Ludwig's Tune)

サンオブスリーサウンズのオーナーさんと話をした内容は、1970年代のロック、特にリトルフィートが大好き。レコードはすべてアメリカの信頼のおけるディーラーより取り寄せてます、とのことでした。



まさに僕に趣味にビンゴ!これから当分通うことになりそうです。




参考文献  レコードコレクターズ 1998年12月号  ㈱ミュージックマガジン

      アサイラムレコードとその時代      音楽出版社



[PR]
# by naruru-kato | 2015-10-11 13:22 | Comments(0)

大好きな1965~76年くらいのアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30