アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Gene Clark その2     No Other

元バーズのジーンクラーク、実質上のサードアルバム、1974年発表の「No Other」です。プロデューサーは前作のホワイトライト(以下WL)はジェシ・エド・ディビスでしたが今回はトーマス・ジェファーソン・ケイ。WLはSSWの名盤の一つに数えられて有名ですが、このアルバムも双璧をなすという評価がありますし、いまいちという評価もあります。

僕はWLよりも先にこちらを購入していたので、逆にこちらの方がよく聞きます、自分的にはNo Otherのほうが好きですね。


d0335744_18350067.jpg


このアルバムはハリウッド映画の栄光と衰退をテーマにしているようで、SSW的な音よりも実験的で前衛的な作品もありそれが評価を落としている原因のようです。


ジャケも昔のハリウッド映画を意識しているようで、SSWのアルバムとはとても思えませんね。逆にロックのアルバムの中では凄く目立つので餌箱から「何だこれは?」と抜き出し元バーズのジーンクラークの作品と書かれたプライスカードだけで速攻購入したレコードです。


d0335744_18583477.jpg
左上にけばけばしく化粧したクラーク、下で手を振っている人がプロデューサーのケイでしょうか?

本当はこのアルバムは2枚組で出したかったそうですが、レコード会社に却下されたそうです。しかしYouTubeでこのアルバムのFULL ALBUMというのが出ていて、ここで残りの曲が聞けます(たぶん)本篇8曲が終わってもまだ他の曲が続いているのです。たぶんアウトテイクでしょう。そして別テイクも入ってます。興味のある方はこちらです。

d0335744_19004307.jpg
インナースリーブは歌詞カードとパーソナルが載ってます、これによるとコーラスは沢山の人がやってますが知らない人ばかりでした(汗)

ドラムはラスカンケル、オールマンのブッチトラックス(意外)、ベースはリースカラー。元同僚のクリスヒルマンが1曲だけマンドリン弾いてます。

そしてギターは、バジーフェートン、ジェリーマギー、ダニークーチ、そしてジェシエド、さすがの人脈ですねー。


d0335744_19084787.jpg


ポスターです、特にいらないけど(笑)

曲目です。

A面
-1 Life's Greatest Fool
-2 Silver Raven
-3 No Other
-4 Strength of Strings
B面
-1 From a Silver Phial
-2 Some Misunderstanding
-3 The True One
-4 Lady of the North

B-4はディラードとの共作、あとはすべてクラークの作品。
1曲目からジェシエドのギターがさく裂、ソロの出だし、トリル3連打で1音づつ下がる3連譜、たまりません(言葉でこのニュアンスを書くのは難しい 笑)。2曲目はジェシの手癖フレーズのチャララララーン(これまたしかり)が入りこれまたたまらんです。
3,4曲目が実験的な作品であまりよくわからないのですが、B面はWLの路線をバンドスタイルで演奏している感じで最高です。
B-1のジェシのギターソロはジョンレノンのウォールズ&ブリッジズでソロを弾いた時と同じようなフレーズです(ちなみにこのアルバムでは全曲参加しています)
ジョンのアルバムも1974年作なんでほぼ同時期にスタジオに入っていたことになりますね。


ジェシエドの事ばかり書いてますけど(汗)


クラークの歌も素晴らしいです。B-2のバジーフェイトンのスライドも最高です。


レーベルはアサイラムのクラウズのWマークなし、オリジナルです。


d0335744_19452801.jpg
マトはA-2 B-5でした。


実はこのアルバムをそのまま全曲ライブでトリュビートしている映像をYouTubeで発見しました。しかも2014年にです!

今の若いミュージシャンが入れ替わり立ち替わりで全曲通しで演奏しているのです。
The Gene Clark No Other Band

これは必見ですよ!(ファンじ無ければいいけど)


もしかしたらこの「No Other」はロックの歴史上で再評価され始めているのではないでしょうか?


購入レコ屋   バナナレコード大須店
購入金額    英世 1.2枚くらい

参考文献    アサイラムとその時代 音楽出版社


[PR]
# by naruru-kato | 2016-01-30 18:27 | Gene Clark | Comments(0)

Eric Andersen その1    Blue River

USシンガーソングライター(SSW)のアイコン的なエリックアンダーソンの8作目、CBSに移籍しての1作目で大傑作アルバムBlue River です。

もともと僕はこの人はずーとスルーしてきた人で存在は当然知っていましたが、聴いたことが一度もなくここまで来てしまい、いまさら感が邪魔して音源聴くことも有りませんでした。でも一応ブラックホーク99選に選ばれているし安いレコードがあるば買ってみようと思っていたのです。



d0335744_17064528.jpg


ちょうど手ごろな価格のUS盤が売っていましたので昨年の夏頃購入。
僕の変な先入観でこの人の声は甲高い声だと思ってたのでレコードに針を落として聞こえてくるバリトンボイスにびっくりしました。
なぜ甲高い声だと思っていたかというと、イエスのジョンアンダーソンと名字が同じだから、ジョンみたいな声なんだろうという超安易な理由でした(爆)アホか。


買った当初は全然よくないじゃん、と思っていたのですが秋から冬にかけて聴くとその温かいボイス(ボーカルという感じではないな)が凄くよくて、暖炉のある部屋でバーボン飲みながらロッキングチェアに座って聴くには最高な感じがします(もちろん我が家に暖炉もロッキングチェアもありませんので妄想です)。

もともとジェームステイラーなどのバリトン系の声はあまり趣味ではないのですが少し考え方が変わってきました。以前記事にしたデビッドブルーも同じような感じで聴きこむと好きになりました。たぶん僕が歳をとってきたからでしょう(汗)



ジャケットの裏側です。ザラ紙のジャケが非常に彼に合うような気がしまうすが、オリジナルのUS盤はピカピカの紙質のジャケもあるようです。



d0335744_17175749.jpg


曲目です
A面
-1 Is It Really Love
-2 Pearl's Goodtime Blues
-3 Wind and Sand
-4 Faithful
-5 Blue River
B面
-1 Florentine
-2 Sheila
-3 More Often Than Not
-4 Round the Bend

ゆったりと流れる川のようなそんな味わいあるアルバム、それが表題のBlue Riverかどうかはわかりませんが、1曲目からそんな感じです。そして奥さんのデボラアンダーソンのバックコーラスがたまりません、浮遊感あふれる声が彼のバリトンの声にぴったり合うのです。



このアルバムはナッシュビルで録音されていてバックはエリアコード615の人たちで固められているようですが、タイトル曲のA-5はジョニミッチェルがコーラスをつけていてこのアルバムのハイライトになっています。B面はかなりカントリーロックっぽくて僕は聞きやすいのです。一番の白眉はWind and Sand かな。


d0335744_23392660.jpg
この盤はオレンジ6アイと呼ばれるレーベルです。カタログ番号はC-31062、オリジナルはKC-31062なのでこの盤は再発になるのでしょう? いつ頃のプレスかは今のところ不明です。
歌詞カード付きの内袋が付いているUS盤の写真も見たことがあるので、この盤は完璧とはいかない状態ですね。



一般的にもこのアルバムが最高傑作であるとされていますが、LAのミュージッシャンとの共作でもある、Be True To Youという75年のアルバムも聴いてきたいと思ってます。



購入レコ屋  ミュージックファースト

購入金額   忘れました

参考文献   レコードコレクターズ  シンガーソングライター特集号













[PR]
# by naruru-kato | 2016-01-23 17:05 | Eric Andersen | Comments(0)

Jesse Ed Davis その1    Ululu

ジェシ・エド・デェイビス(以下ジェシエド)のセカンドアルバムのウルルです、1STアルバムとともにLAスワンプの名盤の一つとして数えられています。

実はこのアルバム、10年くらい前にCDで買ったのですが、何がいいのかさっぱり分からず1回聴いただけですぐ売ってしまいました。
昨年からアルバム収集しだして、初期のライクーダーのさりげないスライドとへたうまなボーカルに今更ハマり、もしかしたらジェシエドももう一度聴くとハマるか?と思ってずーと探していました。


しかしどこのレコ屋に行っても「なかなか見つからないよー」といわれ続け、通販で高いお金出して買うしかないのかな?とあきらめていたところ、初めて訪れたバナレコ岐阜店で発見した時は「うわぁー」と店の中で叫んでしましました。


d0335744_08063303.jpg
日本盤のサンプル盤です、もはやUSオリジナルなんて言ってられません、速攻でゲット。少しエンボスかかった渋いジャケですねー。


初めてジェシエドを知ったのはほとんどの人と同じように、ジョージハリスンのバングラコンサートです、クラプトンと並んでギタリストとして参加しメンバー紹介の時ジョージに紹介されたました。その時初めて名前を知りました。

この時はクラプトンが一緒でしたからほとんどソロは弾かせてもらえなく、リオンラッセルのように歌わせてもらえるわけでもなく、ひたすらバックを務めてた感じですが、その後ジョージ、ジョンのソロアルバムでもギターを弾くことができた感じですね。

マイスイートロードの時、クラプトンとツインリードのスライドを弾く姿が一度も映らないのが非常に残念です、ここでしっかり映っていれば彼のギター人生も多少は変わったものになったかも、と思うと映画のプロデューサーを恨みます(笑)


d0335744_10493783.jpg
このアルバムのゲストプラーヤーですが、リオン、Drジョン、等がゲストでやってます、ドラムスはすべてジムケルトナー、ベースはカールレイドル。LAスワンプのおなじみのメンバーです。



d0335744_10473641.jpg


ゲートフィールドジャケの内側の写真。生粋のネイティブインディアンのジェシエドの横顔アップ。顔がかなりでかいとライナーに書いてあります(笑)


ところで、ジェシエドの魅力は?と考えると。

歌は決して上手くなく、ねちっこい声でキースリチャーズと同じような感じかなー。ギターは泥臭く、早弾きなどは決っしてなく、同じフレーズをこれでもか、これでもか、とこれまたねちっこく繰り返すのです。麻田さんのライナーにも書いてありますが、これがスルメのように聴けば聴くほどハマってしまうのです。


d0335744_10533682.jpg


これがライナーです。麻田さんの他にも渡辺さん、山崎さん、そして増渕英紀さんのライナーが載っていますが曲目の解説やら詳しい事は何も書いてなくて風変わりなライナーとなってます、そのうち山崎、増渕両氏の文はジェシエドに会っちゃたー、といううらやましい内容です。もしかしたら日本人で会って話したことのあるのはこの二人だけかもしれません


話は脱線しますが、レココレの人気漫画「レコスケくん」


d0335744_10583239.jpg


ここでレコスケが初めてレコガールと電車の中で出会い


d0335744_10591184.jpg


その時レコガールが読んでいたのがこのウルルのライナーなのです(笑)



d0335744_10595884.jpg
ウルルなんて聴いてる女の子、普通はいねーっーの(爆)

作者が好きなだけだろーと思いますが、実はこの漫画で、このウルルを再度聴いてみたいなーと思ったのです。

ちなみにこの超マイナーな漫画は幼稚園児の娘の愛読漫画でもあります。意味解るの?と聞くと解らないけどなんか面白い、と言ってました。


曲目です
A面
-1 Red Dirt Boogie, Brother
-2 White Line Fever Haggard
-3 Farther on Down the Road
-4 Sue Me, Sue You Blues Harrison
-5 My Captain Davis

B面
-1 Ululu Davis
-2 Oh, Susannah
-3 Strawberry Wine
-4 Make a Joyful Noise
-5 Alcatraz


1曲目のギターソロの頭「チャララララーン」という彼の手癖(音を貼り付けていないのでわかりにくいですけど)たまりません。

この手癖のフレーズはジーンクラークのソロなんかでもよく出てきます。

4曲目はジョージの曲、バングラのお礼にもらったという定説の曲です。


他にもザ・バンド、リオンの曲もやってますが曲ごとの詳しい解説は他の人のブログに沢山書いてありますから省略。




d0335744_11124746.jpg


これが見本盤の証、青レーベル。これもたぶん音は凄くいいのかな。
レスリーアンプ(どんなのか知りませんけど)を使ったテレキャスターサウンドがたまりません。



このアルバムの他には2枚のアルバムしか出ていなくて、他人のプロデュースはジーンクラーク、ロジャーティリソンなども3枚くらい、しかしセッションはそこらじゅうでやってましたから、彼の音源はまだまだ沢山あります。タジマハールのバンドでやってるステイツボローなんてほんとにカッコいいし、集めなくてはならないレコードは沢山あります。(オールマンそのまんまコピーしてます)


実は遺作となった3枚目のアルバム、Keep Me Comin' のUSオリジナル、プロモ7インチ付きという凄いレアなレコードを持っている市内のレコ屋さんも知っているのですがなかなか高額で勇気が出ません(それでも通販よりかなり安い)

2ケ月に1枚だけしか買わない月間を設ければなんとか買えるのですが・・・・

今のところそれは絶対に無理っぽいのでどーしたもんかと悩んでるところです。


購入レコ屋  バナナレコード岐阜店

購入金額   たしか英世3.5枚


参考文献   レコードコレクターズ1994No7号スライドギター特集

        ウエストコーストロック



[PR]
# by naruru-kato | 2016-01-17 07:48 | Jesse Ed Davis | Comments(0)

Stephen Stills その2     STEPHEN STILLS MANASSAS

スティファンの最高傑作、1971年発表のマナサスです。このアルバムは本当に素晴らしいアルバムです。2枚組で各サイドにテーマが添えられ、それにあった曲が並んでます。このアルバムはアメリカンロックのすべてがある!というと言いすぎなんで2/3はある!という事にしておきます。



d0335744_21235922.jpg


ステファンの3枚目のソロ作成中にスタジオに集まった、クリスヒルマン、アルパーキンスらとそのままグループを作ったのは有名な話、後のメンバーはご覧の通り。
ダラステイラーはCSN&Yでもおなじみ、ジョーララは再編後のCSN&Yでもパーカッション叩いてます。

ところでアルバムタイトルですが、STEPHEN STILLS MANASSASが正解なのか、MANASSASだけなのかよくわかりません、場合によりMANASSASがタイトルの文献も多くあります、しかしこの人必ずアルバムタイトルに自分の名前を付けないと気が済まない人なんでもしかしたら・・・・といろいろ考えてしまいます。


どーでもいい事と言えばそれまでですが(笑)



アルバムは4面すべてに各タイトルがつけられそれに合わせた楽曲が並んでます

A面は「The Raven」となってます。メドレー形式に流れるように曲が進み気づくと終わってます、最高に気持ちいいサイド。


B面はカントリーサイドです、ここではヒルマンとパーキンスの独演場、でもしっかりスティファンもカントリー好きなところを見せて、これまた気持ちいいサイドです。FBBよりもこちらの方が素敵です。


d0335744_21392603.jpg

「Consider」と名付けられた3面はスティファンのソロという感じ、白眉は2曲目、3曲目あたりでしょうか。このサイドが一番僕にはしっくりくるかなー



最後は「Rock & Roll Is Here To Stay」で大ロック大会はあるは、ラテン系はあるは、最後の曲はアコでしっとりとジミヘンやデュアン・オールマンにささげられています。この面はあまり聞かないけどそれは個人的な趣味ということで。



d0335744_21502885.jpg


ゲイトフォールドジャケの全体像です。柱のアーチがアーリーアメリカンぽくっていいけど、日本(名古屋)だと大須とか円道寺のアーケードで撮ってる感じでしょうか?(爆)。



d0335744_21560628.jpg


ポスター件歌詞カード付き、かなりバカでかい。


d0335744_21553591.jpg

歌詞カードのアップです。



d0335744_21564548.jpg


確か、ニールヤングの初期のライブもこんなのついていたなぁー、しかも手書き風でこれと全く同じ手法です、こんなところにもライバル意識が働いたのでしょうか?どっちが先か知らんけどね(笑)


ところで内ジャケの写真をじっくり検証してみると


d0335744_21593549.jpg


ヒルマン、スティファンともグレッチ系のギターを弾いてます。ヒルマンの後ろ、フェンダーのデラックス系?のアンプの間にもディオジェットが、パーキンスの隣にはローズ指盤のストラト、スティファンの後ろにはCSNでも使っていたホワイトファルコン、その横はブラックファルコンか? そしてレスポール。さすがコレクターだけのことはある。

こりゃギター好きにはたまらんライブだったのでしょうねー。確かにA面のギターの音はたまらん音ですよ。



インナースリーブですが、すべてスティファンの同じ写真です。

d0335744_22084449.jpg

これがオリジナルかどうかはわかりませんが、本当にこれが純正ならもっとメンバーの写真載せてほしいです。


曲目です

A面  The Raven
-1 Song of Love
-2 Rock and Roll Crazies
-3 Cuban Bluegrass
-4 Jet Set
-5 Anyway
-6 Both of Us
B面  The Wildness
-1 Fallen Eagle
-2 Jesus Gave Love Away for Free
-3 Colorado
-4 So Begins the Task
-5 Hide It so Deep
-6 Don't Look at My Shadow
C面  Consider
-1 It Doesn't Matter
-2 Johnny's Garden
-3 Bound to Fall
-4 How Far
-5 Move Around
-6 The Love Gangster
D面  Rock and Roll Is Here Ro Stay
-1 What to Do
-2 Right Now
-3 The Treasure [Take One]
-4 Blues Man


レーベルはアトランテックのオリジナルです。

d0335744_22145924.jpg

マトはよくわからないのですが、この音の良さは間違いなく初期プレスだと思いますね。


スティファンの持っている能力をすべて使い切った感がある大傑作です、当時どのくらい売れたか、話題になったかは知る由も有りませんが、各面にトータル性を持たせたこのセンス、楽曲の良さ、全21曲すべてが駄作無くおさめられています。CDでは1枚に収められているそうで、各面のトータル性が全く伝わらないのでは?

アメリカンロックの大名盤といっても過言ではないこのアルバムは、やはりオリジナルのレコードで聴かなくてはなりませんね。



購入先  グレイテストヒッツ 
購入金額 英世3枚


参考文献  レコードコレクター1992年2月号









[PR]
# by naruru-kato | 2016-01-11 21:26 | Stephen Stills | Comments(0)

Gene Clark その1    Gene Clark (White Light)

あけましておめでとうございます、今年も本ブログをよろしくお願いいたします。

頑張って毎週末UPを目指していきたいと思うのですが、購入するLPがそれ以上のハイペースなので、ついていけないのが現状ですが(笑)。

今年から自分の管理のため購入レコ屋、購入金額も書き入れていこうと思います。

新年の最初の1枚は地味なアルバムです、がSSWの記念碑的な元バーズのジーンクラークの実質上のファーストソロ、有名な通称White Lightと呼ばれる黒いジャケットを紹介します。


d0335744_06202708.jpg
シュリンク付きのため、光って上手く写真が撮れませんでした(汗)。

このアルバム、半年間ずーと探し求めていました、もともとこの人についてほとんど知識がなく、バーズにいたことも知りませんでした。しかもバーズの楽曲はすべてロジャーマッギンが歌ったいると思っていたのです、なんという情けない事だ。

今更ですが、バーズを聞きだしてようやくジムクラークのメランコリックな歌声の素晴らしさに目覚め、どうしてもこの大名盤を聞いてみたかったのです。しかし運の悪い事にセカンドのアルバムの No Other を先に手に入れて聞きこんでしまい、その豪華さあふれるアルバムに比べいかにも地味なこのアルバムは、どこが名盤なんだろう?と当初疑問に感じてしまいました。


しかし、ジェシ・エド・デェイビスがプロデュース、スライドギター前面に参加していますので何度も聞きこむと素晴らしさがわかってきます。


真っ暗な夕闇?の中ギターケースに腰かけギターを弾いている印象的なジャケ、左上にGene Clark とだけ表記されています、渋さの極致的なジャケですね。


d0335744_06304411.jpg

裏面にはクレジット、参加メンバーはジェシエドの他はあまりなじみのない人が多いですね(僕が知らないだけだと思いますが)

しかし、この作品も実に味わい深い、感動的です。

ジャケの印象とは対照的に1~2曲目の渋さ、本当にアルバムの出だしがこんな渋くていいのか?と思うくらいです、ジェシエドのスライドが脇を固めるというより、さりげなく後ろで流れます。A-3ははいかにもカントリーロック的なこの人らしい曲、ハープがいかしてます。そしてA面で一番素晴らしい4曲目。これまた地味に歌いあげてます。本当に最小のメンバーでこじんまりやっている感じですがそれがまた素晴らしい。
A面最後でジェシエドのスライドが爆発、というか本当にこの人のギター出しゃばることなく決めるところで決める!という感じでたまらん。ライクーダーと対極のギターですね。
d0335744_06422482.jpg
カンパニースリーブはA&Mの純正。リタクーリッジ、マッドドックスなんかが印刷されています。


B面は、出しから地味に歌い上げてます、B-2がこのアルバムのベストかな、くどいようですがジェシエドのギターとクラークのハープの掛け合いがもうたまらん。スライドのオブリガード、なんという素晴らしさなんだ。


d0335744_06495998.jpg

意味もなくもう一枚ジャケ写真。


3曲目はBob Dylan/Richard Manuelの名曲、ザバンドのファーストの1曲目のあの曲です。これだけが他人の曲、あとはすべてオリジナル。

最後の曲も最高です。本当にこの人は素晴らしいメロディーラインも持っていると思います。最後にふさわしい劇的なフィナーレです。この曲に関してはジェシエドのソロといっても過言でないでしょう、


曲目です。

A面
-1. The Virgin
-2. With Tomorrow
-3. White Light
-4. Because of You
-5. One in a Hundred
B面
-1. For a Spanish Guitar
-2. Where My Love Lies Asleep
-3. Tears of Rage" (Bob Dylan/Richard Manuel)
-4. 1975

この後、アサイラムの移籍し豪華絢爛のNo Other を発表しますが、これも名盤だと僕は思いますね、次回はこれを紹介するつもりです。


あっー、このアルバムを聴いているとロジャーティリソンとか聞きたくなりますね(持ってませんけど、今探し中)



d0335744_07032496.jpg


レーベルです、再発盤なんでいつ頃のかわかりませんが、たぶん70年代後期でしょう。このアルバムは大須の店でウエストコースト特集の時に見つけたのです。探していたので再発だろうがなんだろうが構いません。餌箱を漁っているときに見つけた「やったー」感。僕はそのために通販でなく足で探すことにしているのです。


今年はこういった渋い大名盤探しをやっていこうと思ってます


購入先   ファイハイ堂 レコード店
購入金額  英世2枚(少し高めかな?)


参照本   ウエストコーストロック  シンコーミュージック





[PR]
# by naruru-kato | 2016-01-08 06:29 | Gene Clark | Comments(0)

大好きな1965~76年くらいのアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31