アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Crosby, Stills, Nash & Young   その1  deja vu

ウエストコーストロックの金字塔、Crosby, Stills, Nash & Young のファーストアルバムである、deja vuです。何回目かの買い直し(笑)。今度買うときはオリジナルプレスを買おうと思っていたところ、夏のレコード市で発見。その時は日本盤1ST、US盤UK盤の再発が1枚づつありましたが、このUS盤のレコードジャケのエンボス加工があまりにでこぼこで他と全く違うイメージでしたので、これは間違いなくオリジナルだろうと決めつけ一番高価でしたが買ってきました。

d0335744_20231493.jpg

この、ゴールドレコードのステッカーが貼ってあるのでセカンドプレスくらいか?と思いますが、このアルバムは予約だけで100万枚売った、というとんでもない代物なので最初から貼ってあった可能性もあります。マトは両面ともCCとしてあります。これがマトかどうかは分かりませんけど。



d0335744_20355237.jpg


日本盤の初盤もこれと同じエンボス加工がされていますが、US、JPとも再発はただのブラウンの色のみになってしまいます。UK盤は最初からエンボス加工がしていない感じです。




なかなかこの肌触りがいかしてます、裏面はなにも記されていません。



d0335744_20365906.jpg

1970年のこの時期、ZEPに対抗できる唯一のアメリカンスーパーバンドと騒がれたようですが、日本的に例えると、卓郎と用水と泉谷にエンケンが加わったような感じか(笑)

CS&Nまでは解るのだけど、なぜバッファロースプリングフィールド時代に、スティルスと犬猿の仲になったヤングが参加したのかは今もって謎らしい、たぶんリードギターが自分以外にも欲しかったのだろう、という考えが一般的ですね。



そんなグループ上手くいくわけないです。当然このアルバムの後にライブが出て自然消滅、その後2~3度再結成しアルバムを出ました。その後は大きなイベントでは4人でステージに上がったりしてます。




ずーと昔、ライブエイドの生TV放送でこの4人がいきなり出てFind The Cost Of Freedom をうたった時の感激が忘れられません。初めて4人が動く映像を見たのもこの時です、確か司会の南こうせつが涙ぐんでたと思います(笑)





d0335744_20575584.jpg

ゲートフォールドジャケットの内側、メンバーの他にドラムのダラステイラー、ベースのグレッグリイビスも写ってます、ほぼメンバーといっていいでしょう。(しかし最初の再結成ライブには呼ばれてません)しかもゲストのガルシア、ジョンセバスチャンも写ってます、大サービスとしか言いようのない扱いです。


d0335744_21072435.jpg

スリーブはアトランテック純正、この中で右上の解るのはZEPだけです(汗)。




曲目

A面
-1 Carry On        (Stephen Stills)
-2 Teach Your Children   (Nash)
-3 Almost Cut My Hair   (Crosby)
-4 Helpless         (Young)
-5 Woodstock       (Joni Mitchell)
B面
-1 Deja Vu  (Crosby)
-2 Our House  (Nash)
-3 4 + 20  (Stills)
-4 Country Girl   (Young)
-5 Everybody I Love You (Stills, Young)


このアルバム全体ではスティルスが元気がなく、クロスビーの持ってきた歌が素晴らしいと思います、僕的にAlmost Cut My Hairは彼の最高傑作かなー。

ニールヤングの2曲はソロでやってる感じ、もちろんHelplessは超代表曲です。僕もよくギターで弾き語りしてますよ(笑)


それとジョニミッテェルのWoodstock。妖気ただよう彼女のバージョンとは全く違い4声コーラスが素晴らしいですが、やはり彼女のバージョンのほうが好きだな。



d0335744_21170473.jpg

カタログNOはSD7200、レッド&グリーンのブロードウェイの住居表示です。



1曲目のCarry Onで出てくるアコの音は感動的なくらい音抜けがいいです。


この後の再結成スタジオアルバムはあまりパッとしなかっただけに、このアルバムが最初で最後の傑作なんですね。


しかし、2年ほど前に出た、74年の再結成ライブの4枚組CDが出てしまい、僕としてはそちらの方が最高なんだな(笑)




d0335744_21333968.jpg


ジャケもカッコいいし、これはCDしか出ないと思うけど。




d0335744_21342988.jpg



この次から少しの間、メジャーな人ではないけど名盤と呼ばれる作品を作った人たちの特集をやろうかと考えてます。









[PR]
# by naruru-kato | 2015-12-12 20:26 | CSN&Y 関係 | Comments(2)

The Byrds その2   Sweetheart Of The Rodeo


アメリカの1960年代のロック名盤の一つに数えられるザバーズの6作目、Sweetheart Of The Rodeo(ロデオの恋人)を取り上げます。このアルバム、ずーと中古レコ屋で探していたのです、CDのレガシーエディションは持っていたのですがジャケの説明文があまりに小さすぎて解らないのでレコードが欲しかったのです。

d0335744_21355850.jpg


大須のレコ屋で偶然「ウエストコースト大放出祭」なるものをやっていて、どれどれと餌箱をあさっていると「ジーンクラークのホワイトライトはあるは、これはあるは、他にアンタイトル、ロジャーマッギンのソロ、その他いろいろバーズ関係が沢山あり、ひとまずこれ(シュリンク付き)とホワイトライトを購入してきました。

Sweetheart Of The Rodeoは中古で見かけたことはほとんどなく(通販含めて)、見つけたら国内盤だろうが、再発だろうが購入することにしていたのです。



バーズのアルバムでは異色なイラストのジャケです。あとはすべてメンバーの写真が使われていますので(バードマニアも一応顔写真ということで)やはりこのジャケからもこのアルバムだけは違うぞ感が醸し出されますね。




d0335744_21411594.jpg


これはUSの再発物、360レーベルならベストですが、いつ出会えるかわかないしねー、オレンジ6アイレーベルですので1970年~90年くらいまで使われているのでこの盤はいつ頃のかは全く解りません。


カントリーロックの幕開け、のような形容もされる名盤ですが、はたしてそうなんだろうか?これ以前のバーズはフォークロックを確立しその後さらにサイケデリック、ラーガロックというように進化していたのですが、メンバーが変わったとたんにカントリーになってしまうなんてあり得んと思うのです。


そのメンバーとは、もちろんグランパーソンズ。クリスヒルマンの紹介で入ったらしいのですが、ヒルマンももともとブルーグラスの人だし、パーソンズと結託しロジャーマッギンをだましてナッシュビルに行きこのアルバムを制作したのですね(笑)

d0335744_21504912.jpg

たぶん、発売当初のバーズファンは戸惑ったでしょうねー。しかも当初はほとんどパーソンズがヴォーカルをとっていたらしいのですが、契約の関係でだいぶ差し替えられロジャーと半々のリードボーカルになっています。さらーっ、と聞くとほとんど同じ人が歌ってるように聞こえるんですけど(汗)


ただ、このアルバム単体で聞くと、やはり素晴らしいアルバムです、カントリーロックと言うよりは、ドカントリーに近い感覚です。お約束のディランのカバーの1曲目の見事な乾いたクラレンスホワイトのテレキャスターの音、幕開けにふさわしい曲です。この後、最後までカントリーロック寄りのカントリーを一気に聴かせてくれます。


d0335744_21593761.jpg

ジャケの両サイドにたぶんカントリーファッションの説明が書かれていると思いますが、この文がCDでは待ったく読めなくてどうしてもレコードが欲しかったのです。




d0335744_22214086.jpg



ここには、ネバタタイプとかアーリーウエストコーストタイプ、トロピカルタイプなどカントリースタイルの絵の説明文が載っているようです、そのうち誰かに訳してもらいます(汗)



d0335744_22010432.jpg



これでは文が小さすぎて何が書いてあるかさっぱりです。


でもこのCDは正規レコードで差し替えられたパーソンズのリードボーカルなんかも入っていて大変貴重なお宝ものになっております。


でもコーやって並べると。



d0335744_22031393.jpg



やはりレコードが必要なことはおわかりですよね。


グラムパーソンズはわずかに5カ月しか在籍しなくて、ヒルマンを道ずれに脱退しフライング バリット ブラザーズを結成し完璧なまでにカントリーロックのアルバムを作ります。マッギンはクラレンスホワイトを正式にメンバーにし大幅にメンバーを入れ替えカントリーロックをさらに発展させたDr byrds & Mr Hydeそしてウエストコーストロックの金字塔 Untitledを完成させバーズの終焉まで頑張るのですねー。








[PR]
# by naruru-kato | 2015-12-06 21:54 | The Byrds | Comments(0)

The Beatles その1   Meet The Beatles

今までアメリカンロックばかりの記事でしたので、今回はイギリス物にすることにしました。やはり、初回はビートルズですね。

しかし、ビートルズに関しては星の数ほどブログが存在しますから、僕はこのアルバムで思ったことだけ書きます。

実は先日あるレコ屋さんで「プリーズプリーズミー」のUK初回盤「ゴールドパーラフォン、マト1/1」 というのを視聴させていただいたのです。噂には聞いていましたが、あまりの音のぶっとさに驚きました。これが本当の音なんですねー、しかし他の盤との聞き比べはできませんでしたので、どのくらい凄いのかよくわかりませんでした。ちなみにその盤の値段は¥175.000-円でした、たぶん買う人いるんだろーなー。

ということで家にあるビートルズの Meet The Beatlesです。大須のレコ屋で何気にビートルズの餌箱を見ていたら800円の表示に手が止まりました。なにかの間違いだろうと店の人に聞いたら、傷だらけだし、帯ないし、歌詞カードもないので800円、とのこと。一応、お店でA面すべて聞き、なんとか聞ける状態なので買ってきたのです。カタログ番号はOR-7041、ジャケはペラペラなのでしわも凄いことに(汗)


d0335744_14423475.jpg

本国イギリスでは2枚目のカバーとなった有名なハーフシャドー。かつての仲間のスチェの恋人のアストリッドの写真を参考にロバート・フリーマンが撮った有名な写真、古今東西、ロックのアルバムカバーで最高なもの1枚あげよ、と無人島レコード的な質問をされれば、僕はやはりこれをあげますね。

しかし初期のビートルズはUS、JPとも本国とは関係なくジャケ、曲も勝手に選んでます。このアルバムカバーも本国では1963年11月のsecond「With The Beatles」が本物でアメリカでは翌64年の2月に同じジャケで曲は全く違うものがデビュー作で出ました。しかも日本盤はUSとも全く違う選曲。US盤が12曲入りに対して日本盤は14曲も入っています。

d0335744_14523739.jpg

その後64年4月(11月かも)にようやく日本でこのアルバムがデビュー作として出たのです。日本では1976年にWith The Beatlesもその後発売され同じジャケで題目が違うものが発売されたことになり非常にややこしい。


曲目です
A
-1 抱きしめたい
-2 シーラブズユー
-3 フロムミートゥーユー
-4 ツイスト&シャウト
-5 ラブミードゥー
-6 ベイビーイッツユー
-7 ドントバザーミー
B
-1 プリーズプリーズミー
-2 アイソーハースタンディングゼア
-3 PS アイラブユー
-4 リトル チャイルド
-5 オールマイラビィング
-6 ホールドミータイト
-7 プリーズミスターポストマン

なんと大盤振る舞いな選曲なんだ(笑) ファーストとセカンドをたして2で割り、さらにシングルA面を追加したような見事な並び。笑えてきます。日本でも必ず大人気にさせるぞ!という意気込みが伝わってきそうな選曲です。


d0335744_15041222.jpg
解説はDJの高崎一郎という人、ビートルズの今までの歴史が書かれています。ブライアン・エプスタインがビートルズに出会ったところは「洞窟」という名のクラブでした、というところがかなり笑えます。定価は1500円です。ファーストプレスの証である、LONG PLAYINGの文字がレーベルに記されています。


d0335744_15054922.jpg


当然の赤盤、傷だらけですが針飛びは無く「なんとか聞ける」状態でした。これが初めて日本に登場したレコードなんですねー。今から51年前です、なんか信じられません。もちろんこの盤も帯着き、歌詞カード付きの完璧な状態なら諭吉1~2枚はいるでしょうね。

ビートルズに関して再発のアップルの盤なら1000円くらいで売ってますから急いで集める気もそれほどなく、さらにUS盤もジャケがいろいろあって面白いですが今のところそれほど躍起になって買う気もなく。たぶん今後も安くて珍しいのがあれば記念に買う。というスタンスです。


d0335744_15125148.jpg

ちなみに、持っていたWith The Beatles MONOのCD、赤盤ステレオのCDでプリーズプリーズミーを聞き比べしましたがこの盤に関してはCDのほうがやはりきれいな音でした。この盤はドラムの音なんかコモってしまい上手く聞こえてきません、でもこの中の音が初めて当時の日本のステレオのから音が出たという事実だけで買った価値はあると思ってます。


参考HP  Wikipedia

その他、沢山のいろんな人のブログ。

      





[PR]
# by naruru-kato | 2015-12-05 15:28 | The Beatles & Solo | Comments(0)

The Byrds その1    Mr. Tambourine Man 

日ごろからアメリカンロックが大好き!と言っておきながら実はビーチボーイズとバーズは、ほとんど聞いてきませんでした。双方ともCDのベストアルバムくらいしか持っていなかったので、アナログレコード収集復活を期に改めて聞いてみたいと思っていたのです。

今は、バーズに関してひとまず集めています。当然60年代中期にデビューしたバンドですからUS盤の初回なんてそう簡単にはお目にかかれません、しかもかなり高価であると予想されます。購入する基準としてはもちろんUS盤が一番ですが、再発盤、日本盤の初期の物が購入基準です。除外するのはUS盤でもリィシュー物の裏にバーコードが印刷されているのは僕の基準に満たしていないのでやめます。(音がデジタルなんで)


d0335744_11265941.jpg

今回購入したのは日本盤の68年の再発の見本盤です。日本ではこのアルバムは1965年に初回が出ているはずなんですが、それから4年後の再発物ですがSX-68シリーズなので音もいいかも?


購入額は英世1枚でした。


d0335744_12071457.jpg


日本でのバーズの人気というのはビートルズと比べても天と地くらいの差があると思うのですが、やっている音楽は十分ビートルズと対抗できうると思います。


ディランの楽曲をバンドで演奏し、フォークロックという新たなジャンルを作り出しその後、サイケデリックロック、カントリーロックなどを次々に生み出し、70年代初頭までしぶとく活躍し、トムペティ、デッド、ジェファーソン、そしてイーグルスなど多くのフォロワーを作り出してます。


ビートルズと違う点は、メンバーが入れ替わり立ち替わりしその都度音楽性が変化していったことでしょうか。



d0335744_11490224.jpg


曲目です、ディランの曲を4曲もやっています。


[A]
-1 Mr. Tambourine Man
-2 I'll Feel a Whole Lot Better
-3 Spanish Harlem Incident
-4 You Won't Have to Cry
-5 Here Without You
-6 The Bells of Rhymney
[B]
-1 All I Really Want to Do
-2 I Knew I'd Want You
-3 It's No Use
-4 Don't Doubt Yourself, Babe
-5 Chimes of Freedom
-6 We'll Meet Again


メンバーはリーダーのロジャーマッギン、ジムクラーク、デビッドクロスビー、クリスヒルマン、マイケルクラーク。



d0335744_12015615.jpg

1曲目のあまりに有名なロジャーの12弦リッケンバッカーの素晴らしい音、しかし夜聞くと子供たちからギターの音がキンキンして眠れないとクレームが来るくらいです(笑)

2曲目はジーンクラークのボーカル、僕的にバーズの歌はこの人の声、という感じです(すでにこの人のソロアルバムは3枚買いました)


クロスビーもカッコいいリズムギターを刻んでます。これがこのアルバムのベストテイクかな、僕は初めてこの曲を聞いたのはトムペティのソロアルバムだったのですが、トムペティは完コピでやっていることが後から解りました(汗)

d0335744_12103946.jpg


ところでこのアルバムの「SX68サウンド」というのは、当時ソニーがドイツのノイマンSX-68という最高のカッティングマシンを使ってカッティングしたレコードのみについているマークで鮮鋭な音の解像力、ゆとりのあるダイナミックレンジ、などが特徴である。と記してあります。



すべての曲において、3声コーラスが本当に素晴らしいアルバムです。オリジナル曲はマッギンークラークで固めていますが、ビートルズの影響も受けつつもウエストコーストのバンドらしいさわやかな楽曲が並べてあり何度聞いても飽きません。


ただし、一日中聞くと、ギターのキーンキーン音で耳がおかしくなりますね(笑)




[PR]
# by naruru-kato | 2015-11-29 11:29 | The Byrds | Comments(0)

Ry Cooder その3   Boomer's Story


ライのサードアルバムを入手しました。サンオブスリーサウンズさんで店頭の餌箱には無かったので、サードアルバム探しているのですよ、と相談したところ「実はあります」とオーナーさんが奥から出してきてくれました(笑)

もちろんUS盤で、Wマークが無いオリジナルです。


d0335744_13352413.jpg



驚いたことに、このジャケには一切曲目、クレジット その他情報が載っていませんでした。わずかに初回盤の一部のみ歌詞カード、クレジットが入っている盤も有るらしいのですが,それを探しだすには奇跡に近いことである,と何かに書いてありました。ということでこのアルバムの曲名はかなり破れたシュリンクに貼ってあるこのステッカーだけです。




d0335744_13385792.jpg

シュリンクがボロボロで取ってしまいたいのですが、このステッカーがあるため剥がせません、まあ剥がしてジャケットにボンドで再度貼ってもいいのですが、それはもう少し考えてからにします(笑)



裏ジャケは漆黒の印刷だけでなにも書いてありません、しかしこの意味は何度もこのアルバムを聴いていると分かる気がしてきます。ライは「なにも語ることはない、ただ何も考えずに聞いてくれ」と言いたいのではないのでしょうか?



d0335744_13410265.jpg


曲目です。
A - 1. Boomer's Story
- 2. Cherry Ball Blues
- 3. Crow Black Chicken
- 4. Ax Sweet Mama
- 5. Maria Elena

B -1. The Dark End of the Street
-2. Rally 'Round the Flag
-3. Comin' in on a Wing and a Prayer
-4. President Kennedy
-5. Good Morning Mr. Railroad Man


しかし、なんという味わい深い作品なんだろう。全二作はバンドの音圧が多かったのですが、このアルバムは音数は少なく、エレキ、アコのスライド&マンドリン、ジムケルトナーのドラムで固めれれています。

一般的に初期の3部作はアメリカ音楽の旅、という感じで1920~30年代のブルース、トラデショナルの再発見という形の作品ですが、この3作目は特にアメリカ南部の音楽を再演しています、そして伝説のブルースマン、スリーピージョンエスティスを招いて一緒にやっています、B-4はエスティスがボーカルをとっています。

関係ないけど、優歌団も一緒にツアーやってましたね。

d0335744_13564448.jpg
カタログNOはMS2117  マトはA、B面とも1です。たぶんファーストプレスでしょう。




ワーナーのカンパニースリーブにレコードが入っていました。


d0335744_14504088.jpg





A面の最後の曲からB面1インスト~2、3に続くあたりは本当に素晴らしい、ちなみにB-2は南北戦争のときに北軍の愛唱歌なんだそうな。

secondの「Into The Purple Valley(紫の渓谷)」も本当に素晴らしいアルバムですが、この「Boomer's Story(放浪者の物語)」も一生聞いていける素晴らしいアルバムです。夜、一人でバーボンを飲みながらしんみり聞きたいものです。

ライの初期3部作の旅はこれで終わり、この後メキシカン~ハワイアンへと続いていくのですがそのアルバムはまたの機会に。


参考文献  レコードコレクター1990年6月号



購入レコ屋   サンオブスリーカンパニー
購入金額    3800円


[PR]
# by naruru-kato | 2015-11-22 13:44 | Ry Cooder | Comments(0)

大好きな1970年代のアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru-kato
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31