アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Fairport Convention その3 Unhalfbricking

フェアポートコンベンションのサードアルバムアンハーフブリッキングです。ここからフェアポートのUKトラッドとロックの融合が始まるアルバムです、この中のA-4のセイラーズライフという英国伝承歌を電化しロックの解釈で演奏したのが始まりである。という事なのです。

ちなみにこの盤のオリジナルは、諭吉1.5枚~2.5枚程なければ入手できませんので安いUS盤で良いから取り寄せてもらったのがこれです

d0335744_09172094.jpg


「なんじゃこれ?」知ってはいたのですがやはり現物を「はい これです」と差し出されて「うーん素晴らしいジャケだ」と思う訳が無く。「へんてこりんな写真ですよねー」と言う以外は言葉が見当たりませんでした。


いったいあの物語がきちんとできているオリジナルから大西洋を横断するとなぜこのような訳のわからんジャケになるのでしょう?
A&Mはまったくこのバンドを売る気が無いのか?
(しかしUSファースト盤は素晴らしいのですけどねー)

裏ジャケも何も語る事はありません。もー情けなくなります。


d0335744_09173905.jpg

このサーカスの像乗り(だと思うけど)の写真を使おうとしたA&Mの担当者はいったいどーいう神経してるんだか?またはこれはこれで奥深い物語があるのだろうか?


このままでは引き下がれん(笑)。もうこうなったら是が非でもオリジとは言いません、再発で十分なんでUK物が欲しくなりました。



そして一昨日、覚王山のレコ屋に遊びに行った時、80年代の再発盤を発見!
オーナーが言うには「今日、新入荷の餌箱に入れたばかり」という事で速攻で買います!という事でUK盤のあの素晴らしい写真のジャケを入手



d0335744_09180094.jpg

オリジは右上にislandのマークが入ります。これはこれで「なんじゃこれ」というジャケかもしれませんけど(汗)



音的にはUS盤 UK再発盤の音はほとんど変わりません。UKオリジは中音域の押し出しがもっと強いとのことです。



1969年にサンディーデニーを迎い入れ、その後セカンドアルバムを発表しますが、この作品を発表まじかにドラムのMartin Lambleを交通事故で亡くしてしまいます。しかしバンドはそのまま突き進み次のリッジ&リーフを発表。
僅か1年で3枚の素晴らしいアルバムを発表するのです。まさにフェアポートの黄金期といえます。(僕が興味あるのはここまでと、サンディー復帰の一時期のみですけど)ちなみにイアンマシューズはこのアルバムで1曲のみ参加し脱退しています。トラッドに方向転換していくバンドになじめなくなったのでしょう。



そしてこのアルバムからフィドルにデイブスワブリックがゲストで迎い入れられここからリチャードとデイブのギターVSフィドルの大バトル大会が始まっていきます。




d0335744_09183435.jpg


裏ジャケ、表ジャケの老夫婦(サンディーの両親らしい)の家の中で食事しているシーン。だそうです。
US盤にも同じ場所でのメンバーの写真が使われていますが、UK盤と微妙にポーズが違います、相変わらず真中のリチャードトンプソンの不気味具合が凄い。まぁどーでもいい事ですけど。



一応メンバーは左からサンディー、サイモンニコル、リチャード、マーティンランブル、アシュレーハッチングスの順だと思う(笑)
ゲストにイアン、デイブ、サンデーの恋人でのちの旦那トレバールーカスがトライアングル(爆)その後のドラマーになるデイブマタックス達です。



US盤


d0335744_09190876.jpg

UK盤

d0335744_09185153.jpg



この作品の特徴として、ディランのナンバーが3曲も取り上げられています。
しかもこの3曲は当時はディランの未発表曲でもあったのです。
あとはリチャードトンプソン、サンディーデニーのオリジナル、そしてトラッドという内容です。

曲順です

A面
Genesis Hall (Richard Thompson) Si Tu Dois Partir (Bob Dylan)
Autopsy (Sandy Denny)
A Sailor's Life

B面
Cajun Woman (Thompson)
Who Knows Where the Time Goes? (Denny)
Percy's Song (Dylan)
Million Dollar Bash (Dylan)


A-1印象的なイントロのリフ、それに続くサンディー の凛としたボーカル。
  リチャードのギターの音も非常に特色のある音です。リチャード作
  なぜかリズムがWaltzです。
  
-2 ディランの曲。この曲ディランは正式には発表されていなくて、ブート
  レッグシリーズの中に入っています。

-3 サンディー作。途中で変調したりしてます。中間部のギターソロの
  素晴らしき事よ。感動的な非常に地味なソロです。

-4 そして問題の曲、もちろんこのトラッドの原曲など知りませんが、いき 
  なりサンディーの歌から始まる部分が原曲に近いアレンジだと勝手に   
  思っております。歌のバースが終わるとそこから変態ギターが炸裂、そ
  れに呼応するようにスワブリックのフィドルが絡み壮大なスケールとな
  って物語は進んでいきます。この曲から電化トラッドが始まった、と
  言われる凄い曲です。
B-1 A-4の興奮でB面に裏返せなくなりますが、根性で裏返します(笑)
  いきなりファーストアルバムの頃の(LPでは聴いたこと無いけど)フェ
  アポートのフォークロック風。しかし変なギターとフィドルがここでも
  絡み合います。

-2 サンディーの代表曲。まさにこの人しか作れない素晴らしい曲。
  邦題は「時の流れを誰が知る」この邦題も素晴らしい。アマチュア時代
  からのレパートリーです。僕的にサンディーの作品のベスト3です。
  ここでのリチャードのバックで流れるオブリガード風ソロが素晴らしい

-3 ディラン作、ここではイアンマシューズがコーラスに入っています。
  この路線でバンドが進んでいたらもっと沢山のサンディー+マシューズ
  のツインボーカルが聴けたのでしょうかね?

-4 これもディラン、邦題「100万ドル騒ぎ」交代でボーカルを取ってます
  なんかサンディーってディランの曲をこんな感じで崩して歌うの好きだ
  なぁー(堤防決壊とか)



レーベルです。


US盤はA&M  一応USオリジです。

d0335744_19594773.jpg

UK盤(表)アイランドの1980年代の再発


d0335744_20001837.jpg

この頃のアイランドは表が昼間、裏面が夜になっています。

d0335744_20010316.jpg


意外とお洒落ですねー。


英国電化トラッドと微妙にフォークロックが入り混じった不思議なアルバムです。これが最高傑作なのか次作がそうなのか、判断に迷うところです。

僕的には甲乙つけがたい。というのが正直な感想でしょうか(笑)






購入レコ屋
US盤   ナカシマレコード  
UK盤   SORC

購入金額
US盤   2500円程
UK盤   2300円


[PR]
by naruru-kato | 2017-08-26 21:30 | Fairport Convention | Comments(0)

Bonnie Raittその1      Give It Up

ボニーレイットの最高傑作であるセカンドアルバム「Give It Up 」です。ブラックホーク99選にも選ばれる激シブのアルバムです。


一般的に「歌を作って唄ってギターも弾けてさらに上手い」という女性はなかなか稀有ですが、ボニーの場合、上手いどころではなくスライドの名手でもあります。こんな人はそのほかにジョニミッチェルくらいしか思い浮かびません(ジョニの場合オープンチューニングの名手ですが)。


まだあどけなさが残るジャケ、この娘がメチャ泥臭いスライド弾くなんて想像つかないようなポートレイト風写真と色合い(笑)


d0335744_14522652.jpg

ちなみにファーストアルバムも同じようなイメージのジャケです、しかしファーストもこのアルバムも売れません、サードアルバムくらいでようやくらしいジャケになってきますが、それでも売れません。これはもうワーナーの戦略ミスとしか言いようがないです。(っーかスライドギター弾く女性SSWなんて売れる訳ないかもねー)


結局ワーナーで9枚のアルバムを出しますが売れなくて契約解除、その後キャピトルに1989年に移籍し大ヒットを飛ばしグラミーまで取っていまではスライドギターの大御所おばはん(笑)という感じになっていくのです。



d0335744_15070864.jpg


印刷ミスでクレジットが2重になってしまい非常に読みにくくなっている裏ジャケです。


自作は3曲、残りはカバーですが、友達のジャクソンブラウン、エリックカズ、激シブアーティストのクリススミザーなどの楽曲を選曲。メチャセンスがいいと思います。




d0335744_15101341.jpg


ゲイトフォールドの内側、レコーディング風景の写真が多数、こーいうのは嬉しいですよねー。


ざっと、ベースのフリーボ、ピアノのエリックカズ、ギターのジョンホールなどが写っています。


ジャケに載せてもらえなくてアルバムに参加している他の人たちはエイモスギャレット、ドラムでオーリアンズのウェルズケリー、クリスパーカー、ポールバタフィールドがハープ(当たり前だ)コーラスでジャッキーロマックスなんてのも書いてあります。見事なウッドストック系音楽家の集まりです。



d0335744_15203028.jpg


一枚だけUP画像にしました。こんな感じでレコーディングしたのでしょう。
楽しそうです。スライドがメチャ上手い若い娘、これだけでおっさんのミュージシャン達に可愛がられるのは間違いなかったでしょう。

レコーディングは勿論ウッドストックのベアーズビルスタジオです。


曲順です
A面

-1 Give It Up or Let Me Go
-2 Nothing Seems to Matter
-3 I Know
-4 If You Gotta Make a Fool of Somebody
-5 Love Me Like a Man

B面

-1 Stayed Too Long at the Fair
-2 Under the Falling Sky
-3 You Got to Know How
-4 You Told Me Baby
-5 Love Has No Pride



A-1 いきなりアコーステックスライド全開で始まるナンバー、「あんたはライクーダーか?」ってくらいぶっ飛びます。いきなり若い娘がこんなの弾いたら普通の人は気絶しますね。ギターはナショナルのリゾネイト、ボトルネックでやってます。エイモスがなぜかトロンボーンで参加(笑) ギター弾いよーって感じ。

-2 1曲目でぶっ飛んだ頭をクールダウンさせる自作バラード。良い出来です

-3 カバー曲です、いかにもウッドストック的なアーシーなアレンジです
(原曲知らんけど)

-4 これもカバー、ピアノのイントロから歌いあげます。

-5 クリススミザーのブルースです、古典的なブルースに仕上げられています、この人を取り上げる所がシブすぎる、中間のギターソロ、かっこよすぎ。


B-1 アコのアルペジオ風がイイ感じのカバー曲。ジョンホールのさりげないギターがカッコいい。

-2 ジャクソンのファーストに入っている曲、JBのオリジナルに忠実にカバーしています。

-3 Drジョン風のピアノから入るホンキートンクナンバー。ボニーの歌はのびのび、改めて歌上手いなーと思います。

-4 このアルバムで一番バンドアンサンブルがしっかりしている最高にカッコいオリジナルソング。ここでもジョンホールが爆発、彼にしか出せないストラトのカッティング。後半のギターソロを聞くとオーリアンズを聞いているような錯覚に陥ります。
うーん、ジョンホールのストラトの鈴鳴り、最高です。

-5 エリックカズのアメリカンフライヤーの時の名曲。ここでは彼は参加していません。ここではフリーボと二人でやっています、リンダなんかもやっています。しかし最後にこの曲持ってくる所にセンスの良さを感じます。


レーベルです。

d0335744_16094560.jpg

ワーナーのWマーク入りの1975年以降の再発盤。特にどーってことないです。


こんなカッコいいアルバムを出すもセールス的には惨敗が続くボニーです。
なぜ売れなかったのか考えると、SSW全盛の70年初期に、いくら上手くてもブルースが基本のちょとかすれ声のスライドギター娘、なんて売れる訳ありません(汗)



今でも現役バリバリのスライドギターを弾くボニーですが彼女がブレイクするには時代が合わなかったのでしょうねー




購入レコ屋   ハイファイ堂

購入金額    1000円程


[PR]
by naruru-kato | 2017-08-20 14:52 | Bonnie Raitt | Comments(0)

Ry Cooder その4      Paradise And Lunch

ライのパラダイス&ランチのオリジナルが入手できましたので報告します。

ライの最高傑作は何か?と考えると間違いなくこのアルバム、またはセカンドのInto The Purple Valley、または次作のChicken Skin Music の3枚から選ばれると思います。もうこれは動かし難い事実です。決して駄作を作らないライですがこの3作の完成度は素晴らしです。
(自分的には最高傑作はInto~で一番聴くのは前作のBoomer's Storyですけど)


実はこのアルバム、非常に興味があって以前から日本盤、USオリジをどうしても比べたかったのです。なぜかというと日本ワーナー盤とUSオリジは位相が違うのです。月間アナログ誌のアナログ塾で和久井先生らが発見し大騒ぎしているのです。USオリジではパーカションが右のスピーカーから出てくるのにワーナー盤は左から出てきます。ということで紙上でこれはヤバッと大騒ぎしているのです。

d0335744_09205379.jpg

ライの奥さんのスーザンがデザインしたPOPなデザインのジャケ。
聞き比べましたが確かに位相が違います、でも僕的には「そんなこと別にどーでいいじゃん」といった感想になりますね(笑)ワーナP8000盤台の日本初盤の音はオリジとそん色なくいい音です。


d0335744_09214618.jpg


ジャケもほぼ同じ。日本盤負けていません(笑)



d0335744_09212068.jpg


裏ジャケも同じイメージです、ライのトレードマークでもあるアロハのデザインがおしゃれです。今回の日本盤の中川五郎さんの解説にありましたが、ライのアロハはハワイ在住のスミコさんという人がすべてセレクトしているとのことです。確かにイントーザパープルバレイのクレジットにはSUMIKOと記載がありました。



d0335744_09230270.jpg

さて不況時代のアメリカ音楽の旅をデビュー盤から前作で終えたライは今回からメキシコ、ハワイなどの人たちとアルバム制作に乗り出します。今回は男性コーラスを取り入れてみようという内容で(普通コーラスは女だろう)最初聴いたときは全く僕は受け入れれませんでしたが、やはり何度も聞き込むと、これはこれでアリだな。という感じに思えてきました。



とにかくBoomer's Storyでのかなり暗い印象から今回は明るい曲が多くてしんみりと聞くよりはビール飲みながら聞くのにいいですよー。





d0335744_09233601.jpg




曲目です
A面
-1 Tamp 'Em Up Solid (Traditional)
-2 Tattler (Washington Phillips, Ry Cooder, Russ Titelman)
-3 Married Man's a Fool (Blind Willie McTell)
-4 Jesus on the Mainline (Traditional)
-5 It's All Over Now (Bobby Womack, Shirley Womack)
B面
-1 Fool for a Cigarette/Feelin' Good (Sidney Bailey, J. B. Lenoir, Jim Dickinson)
-2 If Walls Could Talk (Bobby Miller)
-3 Mexican Divorce (Burt Bacharach, Bob Hilliard)
-4 Ditty Wah Ditty (Arthur Blake)


A-1 トラディショナルです、アコのスライドが最高です。本当にギターうまいですよねー
(当たり前ですけど)

-2 ここから男性3声のコーラスが入ってきます。たぶんストラトのスライドもいいですね。
  中間のさりげないギターソロも最高。

-3 ブルースの巨人、ブラインドウィリーマクテルの曲。 原曲は知りませんが(汗)完璧にライの世界、ってい感じです。ここでのエレクトリックスライドも最高。

-4 これも古典、A面では抜群の出来、男性コーラスも素晴らしい。実は初めて聞いたとき「なんじゃこれ?」と思ったのですが聞けば聞くほどハマりました。

-5 ストーンズ、フェイセスで有名な曲です。ライがやるとこんなレゲエな感じになるのですねー。

B-1 アコとマンドリンの絡み、途中からエレクトリックスライド、最高!

-2 Jesus on the Mainline と同じような曲です。ここでも男性コーラスが効いてます。

-3 味わい深い作品。こーいう作品ライの独断場です。ブルースのようでフォークっぽいところが彼のギターにすごく合うのです。

-4 続くアルバム最後の曲もアコのフィンガーピッキングによる弾き語り。ラグタイムブルースのようです。途中のホンキートンク風ピアノも素晴らしい。


メンバーはドラムがジムケルトナー、ベースはクリスエスリッジ、ラスタイトルマン。ボビーキングらのコーラス隊です。


まさに間昼間にビール飲みながら酔っぱらって聞くのに非常に都合の良いアルバムと言えます。

レーベルです。

Wマーク無しのoriginalのリプリーズ、レコ屋によってはWマーク入りでもオリジとしていますが
やはりオリジはこれです。



d0335744_09241662.jpg

カタログNoはMS 2179   マトは1A   1Bでした。


この後、ハワイの重鎮、ギャビー・パヒヌイらとChicken Skin Music を作りライの音楽は最高潮を迎えます。その後もジァズ、ビーバップ、沖縄民謡、映画音楽などなんでも取り入れまさにカメレオンのような音楽家です。


僕的にはデビューからジャズまでを常に聞きますので残りはライブ入れて3枚です。




購入レコ屋   ナカシマレコード

購入金額    1200円


[PR]
by naruru-kato | 2017-08-11 11:20 | Ry Cooder | Comments(2)

Jackson Browne その3  Late For The Sky

とうとうこの拙いブログも3年目に突入です。よくぞ毎週毎週記事をUPできたものだ、何度も何度も挫折しそうになりながらもかろうじて続ける事ができ、自分を褒めていますが(汗)ネタは当分尽きないのでまだまだ頑張ろうと思ってます。

毎年8月の第一週はジャクソンブラウンで行こうと思ってます。(2年前の初回がJBだったのでねー)

ちなみに今回のサードアルバムのタイトルは僕のメインブログのタイトルでもあり、この「アナログレコード巡礼の旅」の副題もこのアルバムからの1曲、ロード&スカイです。


どんだけこのアルバムが好きやねん(笑)。と思われるでしょうが、確かに一番好きかもしれませんが、一番聴くのはセカンドとプリテンダーです。JB本人もこのアルバムが人気あるのは分かっているが、最高傑作とは思っていない。と語ってます。



d0335744_11335101.jpg




青い空と雲と、薄暗い風景が見事にマッチしている素晴らしいジャケ。今でも現存するLAの街のどこかです。




日本ではJB好きの浜田省吾が「愛の世代の前に」というアルバムでこのジャケをパクってます。


d0335744_11341932.jpg



この盤はワーナーP-8000番台の日本盤です、実はUSアサイラムのオリジナルも持っていましたが、何回聴いても日本盤の方が音が良くオリジは売却してしまいました。



この頃のアサイラムはなぜかあまりイイ音ではないようで、その後のプリテンダー、ランニングフォーエンプティーもオリジより日本盤の方が音が良くて売ってしまったのです。という事でJBに関しては凝ったジャケ以外は日本盤でイイや。と思ってます。


d0335744_11343848.jpg



日本盤なんで解説、歌詞カードもあります、歌詞カードの翻訳を眺め「そーか、そーいう事を歌っているのか」と思いたいのですが、翻訳も難しすぎて何を言いたいのか凡人の僕では理解できません(涙)

d0335744_11361637.jpg


日本びいきで何度も来日してくれるJB、今年も秋にソロのアコツアーでやってきます。


僕はいままで5回見ることができました、昨年の公演も素晴らしかったのですが、一番の公演は学生の頃見たホールドオンツアーかな。


ところでJBの魅力は何だろう?と考えると、いかにもSSWにふさわしいメロディーなのか?非常に分かりづらい歌詞なのか?僕的には彼の声であると思っています。高音、低音のどちらでもないごく普通の中音域。これがJDサウザーとか、ドンヘンリーのようなビターボイスでもないのですが少しだけかすれた声。でもなぜか凄く安心して聴ける歌声。そこが魅力です。


d0335744_11441497.jpg

我が家にあるLate For The Skyです。LPは両方ともワーナー初盤ですが、左のは聴きすぎて傷だらけになり壁レコとして第二の人生(盤生)を送っております。CDは数年前にリミックスして発売されたものです、US盤ですが歌詞も印刷されています。


メンバーはデビッドリンドレー、ダグヘイウッドら、コーラスにドンヘンリー、JD、ダンフォーゲルバークら。



曲順です
A面
-1 Late for the Sky
-2 Fountain of Sorrow
-3 Farther On
-4 The Late Show

B面
-1 The Road and the Sky
-2 For a Dancer
-3 Walking Slow
-4 Before the Deluge


A-1 あまりにも唐突とリンドレーのギターから始まるタイトル曲。今まで何度このイントロ  を聞いたことか?。あまりにも地味に歌い上げるJB。恋の終わりを歌にしていますが単純なも のではなく、やはり凡人の僕にはわからない世界です。オブリガード的に随所に入るリンドレーの素晴らしさ、このギターの良さは歳を取らないと分からないかも。JBの超代表曲です。

-2 邦題は「悲しみの泉」先の来日公演の前半最後にやってくれました。
コーラスにドンとJD、いかにもJBの一番得意そうなミディアムメロディー。過去の恋人に捧げられたこの曲は1曲目とシンクロしているのかもしれません。サビと後半のコーラス。イーグルスっぽくもあり、イーグルスでは出せない侘びしさもあり最高ですよ。ここでのリンドレーのソロも最高です。

-3 タイトル曲と同じようにいきなりリンドレーのスライド爆発。ほとんどJBの歌と対等にスライドが随所に入ります。

-4 この曲もコーラスはドンとJD。こーしてA面を通して聴くと、ほとんど同じ曲のように思えてしまう。JBをしっかり聴こうとするとやはり歌詞をじっくり検証していかないといけないよ思うのですが、いかんせん自分の性分ではそれは無理なんで(汗)
こうして劇的な展開を迎えることも無くA面は終わってしまいます。最後で車のドアを開け、そして締めてエンジンをかける効果音が入ります。これは何を意味するのでしょう?

しかし、聴き終わった後はいつもボッーとしてしまう完璧なA面でした。

B-1 エルトンジョン風のピアノが効いているロックナンバー。ちなみに浜省さんの事務所、ファンクラブの会報もこの曲の題名です。

-2 なぜ生きなければならないのか?という壮大なテーマの曲です。そんなこといわれてもなぁーという感じ(笑) ここではリンドレーのフィドルが素晴らしい。

-3 とりとめのない曲ですが、このアルバムの中に入ると結構効いてきます。

-4 最後を飾るにあまりにもふさわしい代表曲。この後に発表されるアルバムのラスト曲の盛り上がりはどれも素晴らしいですが(プリテンダー、ホールドオンホールドアウトのように)そのその中でもひときわ際立つ曲です。

ただし先の名古屋公演では悔しい思いをしました、アンコールの最後でやるのは判っていたのですがコンサート中盤で客からリクエストが入り(コールイットアローン、これはこれで良かった)それをやったのでラストのこの曲が削れらてしまったのです(涙)後でその事が判りリクエストした人を恨んでます(爆)

久しぶりに全曲通して3回も聞いてしまいました。SSWの金字塔であることはやはり間違いないですが、劇的に印象に残こる曲もあるか?と問えば。「うーん」と言わざる得ない所がこのアルバムにはあります。しかしすべてを聞き終えると「よーし頑張るぞー」と意味もなく思えてくるアルバムです。僕は何度もこのアルバムに助けられました(そーいうアルバムが数枚あります)。



まさに人生における教科書のような作品なのかな。


レーベルです。


d0335744_12573977.jpg


ワーナーパイオニアP-8527です。特にどうっことないですがこの盤は10000番台まで出ていますので日本でも売れてるという事でしょうね。


久しぶりに過去のコンサートパンフを引っ張りだしてみました。


d0335744_12592986.jpg



やはりこの時のメンバーが一番好きです、リンドレーにビルペイン、グレッグドージ、ボブグラブ、ラスカンケルの鉄壁にリズム隊、コーラスにローズマリーバトラー、ダグヘイウッド。

d0335744_05262356.jpg


昨年のコンサートではボブグラブだけがここから来ていましたが相変わらずのノリで楽しかったです。


ジャクソンブラウンは一生追いかけていくアーティストなので最新のアルバムも勿論買っています。80年代の作品はNGなのが多いですが最近も凄くいいですよー。


購入レコ屋   ハイファイ堂レコード店

購入金額    500円くらい
 
  



[PR]
by naruru-kato | 2017-08-05 20:43 | Jackson Browne | Comments(0)

大好きな1965~76年くらいのアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31