アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Eric Clapton その2   461 Ocean Boulevard

クラプトン(以下EC)の1974年2枚目のソロアルバム、ジャンキー生活から脱出してここからが本当のソロのスタートと言えるアルバムです。
EC好きには沢山の種類があって(僕が思うに)ヤードバーズ~ブルースブレイカーズ時代(これは少数かな)クリーム時代のみ聞けばイイ。という人もあればスワンプ時代、70年代の枯れたボーカル時代、80年代お洒落時代、アンプラグドで初めてレイラ聞いた人、90年代~現在のブルース回顧時代が好き、などいろいろな人種がいると思うのですが、僕は断然70年代の枯れた歌物ECが大好きで、その次にスワンプ時代、あとはどーでもエエ(笑)という人間です。しいて言うならば80年代は嫌いです(キッパリ)。っーか80年代のロックすべて嫌いなんだけど(もちろん当時は好きでしたよ)。

このジャケ好きなんだよなー


d0335744_22184875.jpg

マイアミのクライテリアスタジオをバックに撮った写真です(だと思う)。ちなみに461Ocean Boulevardとはクライテリアの住所です。


イギリスを離れ、フロリダでレイドバックした雰囲気の中、ギターはあんまり弾かずに歌で勝負したのでしょうか。正直、ECのギターはそれほど好きでもないので僕的にはこのアルバムはソロの中ではベスト3に入りますね。

d0335744_22222890.jpg

ちなみにこの盤はUS再発盤です、ひょんなことからもらったのです。今まではCDで死ぬほど聞いたアルバムでJP盤のレコも家に昔からあります。


d0335744_22233866.jpg


  1. 左が日本盤、右がUS再発盤。USのほうが芝生が沢山写っていて雰囲気がイイです。


    ところで、先日入手したUS盤で、とんでもない事を発見したのです。
    1曲目、日本盤より明らかに録音がイイ,Motherless Childrenをソファに寝そべって聞き終わり次のGive Me Strengthがかかるのを数秒待っているとかかった2曲目はなんと次のアルバムの「Theres One in Every Crowd」の中の一曲であるBetter Make It Through Todayがかかるではありませんか?
    いきなりソファから落っこちました。
    なんでー  あれほど耳になじんだMotherless ~Give の流れが・・・
    これはいったいどういう事なんだ?

    クレジットに目をやるとやはり曲が違ってます。


    d0335744_22325508.jpg
    これが本来の流れ(日本盤です)

    そして問題のUS盤です。

    d0335744_22334451.jpg
    早速調べてみるとすぐに分かりました、US盤は1974年に発売され、当初はUKオリジ(日本盤と同じ)と同じ曲なのですが、1年後の出た再発で2曲目が差し替えられBetter Make It Through Todayになったとの事です(でも、実はこの曲も好きなんだな)

    そんなこと勝手にしてイイんかぁー(怒) ECは承諾したのか?いろんな疑問がわいてきます。まさに暴挙としか言いようがありません。
    もしかしたら、その後に出たアルバムで元に戻っている可能性もありますね。
    そーなっていたとしたら、逆にこのアルバムはレアかもしれません(笑)

    しかも、日本盤とこのUS再発盤は位相が逆なんです、イントロのECのギター(ジョージテリーかも)が日本盤では右チャンネルから出ますがUS再発では左からです、これはもうどうしてもUKオリジを聞いてみないと分かりません。

    所で日本盤はSAL74という当時最新のカッティングマシーンを使っています。これが結構音がイイのです。SORCさんでスローハンドのUKとJPを聞き比べた事があるのですが、JP盤のほうが音が良かったのです。


    d0335744_22401144.jpg
    しかし今回のUS盤はさらにJP盤より解像度が増していてドラムのスネア、シンバルの音が凄く気持ちよく聞こえてくるのです。US盤はデッドワックス部分にSTARINGという刻印があります、実はこの刻印はスターリングというカッティング会社が仕事を行った証拠で、ここでカッティングされた盤は本当に爆音なんですねー。という事でECのレコはオリジが一番音が悪く日本~USと音が良くなっていくのかもしれませんねー。

    もうどうにも、こうにも、461 Ocean Boulevardの謎は解かなくては気が済まなくなりました。


    これは日本盤のライナー。


    d0335744_22451460.jpg

    ブラッキーを抱えております。


    d0335744_22455461.jpg
    これがメンバー、70年代はずーとこのメンバーが基本です。次からコーラスにマーシーレビィも加わります。スワンプ時代の仲間のカールレイドルがメンバーを集めたらしい。


    曲順です。
    A面
    -1 Motherless Children
    -2 Give Me Strength( ori ) -2 Better Make It Through Today(us re)
    -3 Willie and the Hand Jive
    -4 Get Ready
    -5 I Shot the Sheriff
    B面
    -1 I Can't Hold Out
    -2 Please Be With Me
    -3 Let It Grow
    -4 Steady Rollin' Man
    -5 Mainline Florida

    発売当時A-1のギターバトルに往年のファンは「おっー」となったのでしょうが、-2でクールダウンしその後もギターあんまり弾かないで最後はボブマーレー-5で締める渋い選曲。B面の-2~3にかけての渋すぎる声、本当にこのころのECは好きだなー

    レーベルです。まずは問題のUS再発

    d0335744_22555032.jpg

    RSOの赤ベコマーク。次にJP盤


    d0335744_22564510.jpg
    赤ベコがだいぶ大きくなってます。どーでもいいですけど


    謎が深まるばかりの461 Ocean Boulevardです、しかしたぶん音が悪いと思われるUKオリジをわざわざ買う気にもなれないので、今度レコ屋さんでこのUS盤を持って行って聞き比べさせてもらおうかなー、なんて思ってます。



    今週もおまけ


    d0335744_22593656.jpg

    1977年のEC日本公演のプログラムです、名古屋市公会堂で見ました。
    実はこのコンサートは僕の記念すべき外タレ初ライブだったのです、ちなみに2回目はリッチーのレインボー(笑)。ECはこれが3回目の来日でした。


    d0335744_23012659.jpg

    3階席だったので3000円でした。この後ECは数回見に行きましたが、やはりこの時の印象が一番良かったなー


    最近は「また来るのか、あんたはベンチャーズか」  こんな感じです。
    ずーとクラプトン追いかけている人  ゴメンなさいねー(笑)

    US再発盤
    購入レコ屋     不明
    購入金額      タダ(友人からもらいました)

    JP盤
    購入レコ屋     不明
    購入金額      不明



[PR]
by naruru-kato | 2016-09-24 22:25 | Eric Clapton | Comments(0)

Bob Dylan その1     Desire

とうとうボブさんを取り上げることにします。この人はほとんどCDで持っているのですが、アナログは昔買った日本盤が少々しかありませんでした。60年代のオリジナル集めるとどれだけお金がかかるかわかりませんので,ひとまず止めにして、70年代だけオリジナルに関係なくUS盤のみ購入することにしました。(予算内に収まればオリジも買いますよ)

高校時代にリアルタイムで聞いたブラックホーク99選にも選ばれているDesireです。(なぜこのアルバムが選ばれ前作、自分的に最高傑作のBlood On The Tracksが選ばれていないのか最大の不思議)
このアルバムは新品で買ったのですが、その時の他の候補はなぜかPink Floyd / Wish You Were Here。Neil Young / American Stars 'n Barsだったような気がします。ニールヤングは分かるけど、なぜフロイドだったのだろう?(笑)


しかし、この日本盤はCD移行期に売って通常盤CDを買いさらにその後、紙ジャケまで買いました。まさにレコード業界に嵌められたいいお客状態でした。そして今回、初回ではありませんが1978年頃の再発を安く手に入れたのです(本当はオリジと思って買ったのですが家に帰って調べたら再発でした トホホ)

d0335744_19345757.jpg


向かって右向きのボブさんの笑顔写真。

ここで興味深い文献があります、レココレのボブディランディスクガイドの中の漫画で浦沢直樹さんという方が描いた「ボブディランの右側」というのがあります。


d0335744_19372518.jpg

ディランのアルバムジャケで顔が左を向いているものと、右向きの物があり検証されています。
40枚以上のアルバムを出しているボブさんですが向かって右を向いているのはたったの6枚ほどなんです。で、右向きの顔の写真は笑っているのが多くて左側のは渋い表情が多い。とのこと。

コレクター以外はどーでもいい検証ですがかなり面白い内容です。


このアルバムもかすかに笑っていますね(笑)。


d0335744_19413654.jpg

裏ジャケです、参加メンバーのランダム写真。鎌倉の大仏は意味不明。エミルーが若い!



d0335744_19425911.jpg

アレンギンズバークのライナーが付きますが、書いてあることは分かりません(汗)


CDの日本盤にも訳はなかったよーな気がします。


高校時代に出たこのアルバム、結構普段洋楽聞かないような連中も話題にしてました。ハリケーンが話題でしたからねー。僕はど素人の連中がこのアルバムの事を話しているのを聞いて「お前らにディランが分かるか?」と怒ってましたが、僕もそんなには分かっていなかったですけどね。その後に出たニールヤングのライクアハリケーンと、どっちが凄いかが通の話題でした(笑)


曲順です
A面
-1 Hurricane
-2 Isis
-3 Mozambique
-4 One More Cup of Coffee
-5 Oh, Sister
[B]
-1 Joey
-2 Romance in Durango
-3 Black Diamond Bay
-4 Sara

ほぼ全曲で道端でスカウトされた(いろんな説があるみたいですが)スカーレットリベラのジプシーバイオリンが炸裂してます。A1の疾風感は勿論ですが、他でも印象的なフレーズ満載。
そしてエミルーハリスも沢山の曲でコーラスを付けてます。バイオリンとエミルーの声はよくマッチしてますね。他にはこの後しばらく行動を共にするベースのロブストナー、ギターのクレジットはありません、リベラのバイオリンがそれに相当するのでしょうね。
A面では-5のエミルーとのデュエットが白眉かなー
B面はいきなり長尺の-1 さらに最後は奥さんの事を歌った-4で幕を閉じます

関係ない話ですが僕の7歳の娘はこのSaraから名前を取ったのです。娘にこの曲を聞かせて、この曲の名前がお前の名前なのだ。と偉そうに言ったところ「ふーん 変な曲」と言われました。
フリートウッドマックの同名の曲にしとけばよかった(汗)


レーベルです


d0335744_20030190.jpg

JC33893のレーベル番号。オリジはPC33893なんですわ。  カタログ番号はAL33893。
これにより1976年が初盤の年ですが、77年~79年の再発であることが判明。コロンビア盤は分かりにくいです。


ここからローリングサンダーレビューのツアー。そしてこの2年後には初来日するボブさんです。日本でもディラン熱が一番熱かった時代なんではないだろうか?


おまけです。



86年のトムペティーとの共演ライブのパンフに貼られているチケです。
このコンサートは愛知県体育館で見ました、トムの方が人気があったです(キッパリ)


そして、今と比べるとチケット代の安い事。S席で4500なんて今では日本人でもありえません。

d0335744_20183944.jpg



右が初来日のチケ。これは学校が期末テストで行けなかったのですが、テストをすっぽかしてまで行った同級生のMが見に行ったチケ。ロック喫茶でコーヒーをMにおごって交換条件の半チケを入手したのです(笑)



d0335744_20185382.jpg



今となってはコーヒー一杯以上の価値はあると思いますので彼は後悔していると思います(爆)




購入レコ屋  グレイテストヒッツ

購入金額   1500円くらい


参考文献   レコードコレクターズ増刊 BOB DYLAN DiscGuide











[PR]
by naruru-kato | 2016-09-17 15:28 | Bob Dylan | Comments(0)

The Allman Brothers Bandその3 Idlewild South

オールマンブラザーズバンド(以下ABB)のセカンドアルバムであるアイドルワイルドサウスです。本作よりディキーベッツの楽曲も取り上げられるようになりました。
ちなみに、日本の神戸出身のサザンロックバンドがこのアルバムのタイトルをグループ名にしています。バンド解散後ツイストのギタリストとして加入したギターとヴォーカルの松浦善博さんのバンドです。これも70年代の日本ではかなり最高なバンドでした。レイナードスキナードの前座もやってました。

話がかなり外れましたので本題。まずはジャケから。


d0335744_12174659.jpg

ファーストは見開きでしたが今回はスリーブ。なかなかカッコいいジャケです。まだグレッグがあどけなさが残ってますねー、ジェイモーは少し怖いけど(笑)。

一応キャプリコーンレコードの所属なんですが、このころはまだアトコ傘下ですのでジャケのレーベルもATCO Capricorn Records Seriesと但し書きが付いています。


裏ジャケはシンプルに曲目、クレジットなどなど。


d0335744_12225463.jpg

特にコメントすることもないのですが、ファーストはアトランテックスタジオで録音されていましたが、いよいよここから地元メイコン ジョージアのキャプリコーンスタジオに移動しての録音になり、プロデュースもトムダウトです。(クライテリアスタジオ、その他でも録られていますがどの曲かは不明)


d0335744_12260080.jpg


アトコのオリジはメチャ音がイイです。爆音と書いても差し支えないです。

インナーもカンパニースリーブ。



d0335744_12273304.jpg


この時期のアトランティク系のアーティストで固められ見ていて気持ちいいですね。

曲順です
A面
-1 Revival
-2 Dont Keep Me Wonderin
-3 Midnight Rider
-4 In Memory of Elizabeth Reed
B面
-1 Hoochie Coochie Man
-2 Please Call Home
-3 Leave My Blues at Home

この後ライブの定番となっていくA-1,3,4がやはり素晴らしい。特にA-1と4はデッキー作。A-1は後半のコーラスが最初右Chから出てだんだん左Chに移り最後は中央に移る、という意味不明の録音(爆)-4はフィルモアライブ、その他のライブでも定番中の定番ですが、ライブでは長尺になりダレてしまうところを、このスタジオでは一気に6分55秒で終わらせまさに疾風の如くという表現がふさわしい出来。今回改めてこのスタジオ盤を聞いてエリザベスリードはスタジオに限る。という結論に達しました。

B-1はベリーオークレイのボーカル。その後の-2,3はグレッグのボーカルです。
B面の最後の2曲は地味ですがグレッグの好きなソウル系のボーカルがかなりイイですよ。


レーベルです。

d0335744_12384960.jpg


この次があのフィルモアライブです。そこから人気が爆発したABBですが、人気が出る以前の初期の2作もなかなか外せないアルバムと言えますねー



購入レコ屋  バナナレコード大須店

購入金額   2800円


[PR]
by naruru-kato | 2016-09-11 11:35 | The Allman Brothers | Comments(0)

Roger Tillison    Roger Tillison's Album

木と土のにおいがするアルバム、スワンプの名作、ロジャーティリスンの1971年のファーストアルバムです。この後セカンドは2003年に作られました。やる気あるのか?または誰も作ろうとしなかったのか判りませんが、一体この人はどうやって生計を立てていたのか凄く気になります。レコ1枚で30年近く弾き語りで生きてきたのでしょうか、もしそうだとしたらあまりにも渋すぎる!奇跡の来日公演も行ったあと2013年に亡くなった人です。(ちなみに名古屋公演は得三で行われた)

プロデュースはジィシエドディビス。まさにスワンプロックそのものといえる1971年のアルバムです。


d0335744_11253868.jpg




無骨であっても、なんかアメリカ人っぽくないこのジャケ顔。以前から凄く気になっていました。なかなかめぐら会えないので謎のレコ屋で聞いてみたら「すぐに取り寄せます」ということで一月後にジャケはVGくらいですが盤はEくらいの良盤をアメリカから取り寄せてもらいました、しかも予算の半分くらいの値段でした。

全面にジェシエドが参加、彼のセカンドのウルルとほぼ同じメンバーで脇を固めており、ほぼ兄弟アルバムと言えます。


d0335744_12015564.jpg
鼻をすすり少しかわいい感を出している裏ジャケであります。
ちなみにジャケ上がすべて剥がれていましたので木工ボンドで修正しました。


オクラホマ出身、そのうちLAに流れてきてリオンラッセルと深い関係を持ちLAコネクション総動員で作られたこのアルバム、一般的にアワンプ、SSWなどの紹介では必ず紹介されるアルバムですが売り上げは全く伸びず日本でも名盤発掘シリーズでようやく発売されたそうです。

自作曲は5曲、あとはディラン、ドンニックス、ザバンド、スティービーワンダーなどの曲です、しかし他作の曲もすべてこの人流の骨太アレンジがなされほぼオリジナルという感じで聴けます。


ジェシエドの参加ではこれが一番ベストなんでは?。とにかくギターのドロドロ感とティリソンの男を感じさせる不器用なボーカルは最高ですよ。


曲順です
-1 Down in the Flood
-2 Old Cracked Looking Glass
-3 Good Time Gal
-4 Just Before the Break of Day
-5 Yazoo City Jail
B面
-1 Let 'Em Roll Johnny
-2 One Good Friend
-3 Lonesome Louie
-4 Old Santa Fe
-5 Get Up Jake
-6 Loving You Is Sweeter Than Ever Hunter

A-1は勿論ディランの「堤防決壊」この曲をカバーする人は結構いますねー。なぜだろう?もともとそんなに名曲だとは思わないのですが?ただこの人が歌うとハマってます(笑)

2~4はオリジナル。ディランに全然負けていません!-5はドンニックス。まさにぴったり。


B面は-4までがオリジナル、すべて木を切り倒すような凄みがありますねー
-5はザバンドの名曲、最後のスティービーワンダーのカバーのみ少しお洒落系なアレンジで浮いているような感じがします。


しかし全曲通して聴くとこれがドンニックス同様にスワンプだなーという感じがしますねー。


レーベルです


d0335744_12201640.jpg
アトコのオリジナルなんで音はかなりいい音です。余談ですがレコードクリーナーの液体をレーベルにかかるとこの黄色い色が剥げてくるのでアトコは要注意!



真夏の暑い日に冷房をかけずに汗をタラタラ流しながら聴くには最高のアルバムです。


あっー 熱い 熱い。


購入レコ屋   ナカシマレコード

購入金額    2200円




[PR]
by naruru-kato | 2016-09-03 11:26 | Roger Tillison | Comments(0)

大好きな1965~76年くらいのアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31