アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

George Harrison その1   All Things Must Pass & Bangla Desh 


スワンプロックのジャンルに入れるのはどうか?とも思いますが、ジョージハリソンの有名な2枚です。最初は実質上の初ソロの3枚組大作All Things Must Passです。


スワンプに入れるのは?と書きましたが実際イギリスにスワンプ(デラボニ)とザバンドのファーストを紹介したのはまぎれもなくジョージですし、この二つのアルバムにはLAスワンプ勢が大挙押し寄せてますのでスワンプ色が非常に強いアルバムと言えます。


d0335744_08563846.jpg

ジョージの自宅、フライヤーパークでの有名なジャケです。

これは日本盤の1975年頃の再発ですが、異常に安く売っていたので買ってしまいました。解説はミュージュクライフの東郷かおる子さんです。非常に簡素に今までのジョージの歩みをまとめていますが、パティボイドとの馴れ初め~決別~クラプトンに取られ。が全体の文章の比率から考えると大きく記されています(笑)


d0335744_08582651.jpg

レコードスリーブは専用のもの、色が3枚とも別々の色でしゃれてます、3枚目のアップルジャムはそれなりのデザインです


d0335744_09022212.jpg


参加ミュージシャンはジョージ人脈からリンゴスター、クラウスボァマン、ビリープレストン、アランホワイト他 LAスワンプからはジムゴードン、ボビーウィットロック、カールレイドルのその後ドミノス組、ボビーキーズ、ギターはジョージの他クラプトン、デイブメイスンです。そこにプロデュースのフィルスぺクターの大げさなウォールオブサウンズが加わり壮大なロック絵巻となりロック史上の金字塔となっているのですね(笑)


d0335744_09103916.jpg

レーベルも通常の緑リンゴではなく、赤玉リンゴになってます。ボックスジャケはシミがありますが、なぜかレコードは全くカビも傷もなく、針落として無いんじゃねーか?と嬉しい疑いがかかる代物でした。

曲目です
A面
-1 I'd Have You Anytime
-2 My Sweet Lord
-3 Wah-Wah
-4 Isn't It A Pity
B面
-1 What Is Life
-2 If Not for You
-3 Behind That Locked Door
-4 Let It Down
-5 Run Of The Mill
C面
-1 Beware of Darkness
-2 Apple Scruffs
-3 Ballad Of Sir Frankie Crisp (Let It Roll)
-4 Awaiting On You All
D面
-1 All Things Must Pass
-2 I Dig Love
-3 Art Of Dying
-4 Isn't It A Pity (Version Two)

E,F面 apple Jam   割愛

A-1はディランと共作、-2はやはり名作だよなー(盗作はさておき)イントロのアコのF#m B F#m Bのコード進行はカッコいい。後半は大コーラス大会になりそのまま-3でスワンプ全開ですわー。白眉は-4、クラプトンも絶賛してますがジョージ作品の中でも隠れた名作でしょう。
B-1もスワンプ全開!続いてディランのジョージのへたうまなスライドがさえます。全体にスぺクターのオーバープロデュースの壁サウンドが耳障りでもあるのですが、分厚いコーラス、ホーンなどスワンプの基本形も多々あり、やはりこのアルバムはスワンプとして扱いのほうがいいでしょうね、残念なのは3枚目のアップルジャム。これいらないんだけど。大概こーいうのはやってる人たちだけが楽しいのであって、1回聴けば僕はもう聴かないですね。


久しぶりにレコスケネタです。
d0335744_20441617.jpg

ジョージを愛してやまないレコスケくんですが、2000年センチュリーバージョンが出た時、さらにシングルCDに全曲このアルバムを詰め込めないか検討しています。
実にくだらん漫画ですが、そこがまた面白いのです。最後はレコガールがこのアルバムは大げさすぎて好きではない事を伝えると、激怒して家から追い返してしまうのです。

d0335744_21573489.jpg



どーでもいいネタでした。ついでに2000年センチュリーバージョンのCDです。





d0335744_20450785.jpg

ここには新バージョンのMy Sweet Lordが入っているのですが、やはり最初のほうが全然いいです。ジャケも色付けしていますがモノトーンのほうが神秘性があり,断然いいですね。


ここからはおまけのコーナー。ジョージ&スワンプ路線でついでにこれも。


d0335744_20472144.jpg

僕の家にある最古参のレコです、高校の時に新品で買ったあの有名なバングラデシュのコンサート「The Concert for Bangla Desh」です。高校の頃この映像を映画館で見てリオンラッセルの凄さにドキモを抜かれました。


ラビシャンカール、ディラン以外は「 All Things Must Pass」のメンバー、そしてリオン、ジェシエド、ジムケルトナーらスワンプ全開、コーラスもバッドフィンガー以外はすべてリオンの関係の人ばかりです。
ここでのジョージ、ラビ以外のポイントは3つ「リオンの怪物さ」「クラプトンの参加」「ディラン復活」こんな感じでしょう。


d0335744_20533246.jpg

レーベルは「はらぺこクン」の特別レーベル。

d0335744_20541988.jpg

非常に豪華な写真集。白のスーツと白のストラトのマッチングのカッコよさ。


d0335744_20551297.jpg


真中のコーラス隊の端に以前紹介したドンニックス、そして左から3番目はその奥さんのクローディア・レニア もいます。クラプトンはギブソンのセミアコですが午前のショーではストラトのブラッキーを使ってます。



d0335744_21011413.jpg

ずいぶん前にDVDが出ました、ここではリハ風景、インタビュー、など盛り沢山で楽しめます。今思うとジェシエドがもっと写って欲しかった、My Sweet Lordで間違いなくクラプトンとツインスライドやってると思うのに一回も写らん(涙)

他に気になる映像はジムケルトナーのカッコいい叩き方。まるでロボットのように上半身微動だにしない動き、いやいや叩いているように見えるリンゴとは大違いのカッコよさです。


ところで、リオンはステージで怪人大暴れという感じでかなり自由にやらせてもらってますねー。初めてこの人の声を聞いたのはこの映画でしたが、 Beware of Darknessの2番を歌った時の声にショックを受けました。こんなドロドロの声だったのか?



主演「ジョージ」 助演「ラビ  ディラン」 監督  リオンラッセルこんな感じか?



僕もレコスケ程ではないですがビートルズの中ではジョージが一番好きです。
しかし All Things Must Pass & Bangla Desh 以降のジョージにスワンプ色が消え、その後の作品もそれほど好きではないのは、やはり僕がスワンプを知らない間に好きになっていたのでしょう。

d0335744_21332335.jpg


ジョージが鬼籍に入って15の年の時がたちました、先に行くであろうと思っていた、親友のクラプトンがいまだ現役バリバリなのが非常に不思議なんですが、その二人がステージに立ったコンサートを生で見れた日本人は非常に幸せですね。

d0335744_21334509.jpg
ジョージが米粒くらいにしか見えなかったあのライブを今でも思い出します。生のジョージを見れた事は僕の宝物の思い出です。


さて2カ月頑張った(笑)スワンプ特集ですが来週で終わりにしたいと思います。最後はやっぱあの人取り上げないといけないだろうなー(笑)



All Things Must Pass
購入レコ屋  バナナレコード金山店
購入金額   1800円


The Concert for Bangla Desh
購入レコ屋   不明
新品で購入のため定価


参考文献  レコードコレクターズ2005 12月号
      The Concert for Bangla Desh特集






[PR]
by naruru-kato | 2016-04-23 09:03 | The Beatles & Solo | Comments(0)

Delaney & Bonnie その1    Accept No Substitute

スワンプ特集も今月でひとまず終了です、という事で佳境に入ってきました。スワンプを語る上でどうしても避けては通れないデラニー&ボニー(以下デラボニ)です。
この1969年作のセカンドアルバムが実質的にスワンプロックの始まりだと言えます、Accept No Substitute です。本来なら一番最初にこのアルバムを取り上げないといけないのですが、どーも僕はこの夫婦デュエットが苦手だったのです(理由は特に無く個人的な趣味というのかな)


このアルバムの正式な名前はDelaney & Bonnie (The Original) Accept No Substitute というのです。 オリジナルというのは何がオリジナルなのかは今のところ判りません(汗)



d0335744_10150562.jpg

有名な家族写真風のジャケです、間違いなく二人の子供でしょうが、このうち一人(たぶんデラニーが抱えている赤ちゃん)はベッカブラムレットで1993年にフリートウッドマックに参加するのです。ちなみにその時のギタリストはあのデイブメイスンだったんですねー。マックの歴史上一番評判が悪かった時期ですが一度聞いてみたいです(あくまで僕の想像です、間違っていたらごめんなさい)

d0335744_10275393.jpg

スワンプの記念碑的なこのアルバムは、まさに黒人音楽と白人音楽が混ざり合ったもので、カントリー、ゴスペル、R&B、ソウルの影響が強く感じられます。

それにしてもこの時まだ25~6くらいであろうボニーブラムレットの歌唱力の凄さよ。こんな若い娘がこんな迫力ある歌を歌うなんて凄すぎます。


バックはもちろんフレンズの面々。ジャケ裏にメンバーの写真が、これは当時の」トレンドですね。



d0335744_10273716.jpg

なぜフレンズというかというと、デラニーのインタビューによると毎回誰が演奏に来るかわからなかったのでフレンズとした。と語ってます。もちろんフレンズの主役はリオンラッセルです。


ざーとメンバーを見ていくと。リオンの他カールレイドル、ボビーウィトロック、ジムゴードン、ジムケルトナー、ジムプライス、ジェリーマギー、リタクーリッジ。とお決まりのメンバー。このメンバーでツアーに出てそこにクラプトン、ディブメイスン、はてはジョージまで加わってあの名作ライブが作られたのですねー。



メンバー写真の中ですごく気になる写真が。


d0335744_10344211.jpg

リオンとリタの写真です、どー見ても手をつないでるように見える、この頃二人は付き合っていたそーなんで、別にいいじゃねーか という事なんですけど。


僕はリタはボーカリストとして成功するために付き合ってたんじぁないかなー なんて思ってます。無事にソロデビューしてからはジムゴードンと付き合い、いろんなミュージシャンとも付き合いまさにジョニミッチェルのように音楽家からいろいろ吸収しアメリカを代表するボーカリストとなっていくのです。


すこし話がそれました(笑)


曲目です
A面
-1 Get Ourselves Together
-2 Someday
-3 Ghetto
-4 When the Battle is Over
-5 Dirty Old Man
B面
-1 Love Me a Little Longer
-2 I Can't Take It Much Longer
-3 Do Right Woman, Do Right Man
-4 Soldiers of the Cross
-5 Gift of Love


デラニーだけの歌だとそんなに感じないのですが、ここにボニーが入ってくるといきなりゴスペル全開になりますねー。どすの利いた声です。

ファーストは黒人専用レーベルのスタックスから出ましたので当初はコンサートでも黒人ばかりでブーイングを浴びたそうで、逆人種差別を受けたとデラニーは言ってます。一時ギターがいなくなってしまった時はジミヘンが代わりに弾いたとも話してます。

レーベルは80年代エレクトラの再発で、とくにどうという事は無い代物です。



d0335744_10510837.jpg

このアルバムのあとライブを発表しバックのフレンズ(ボビーウィットロック以外)はジョーコッカーのもとに行ってしまいバックバンドを失ったデラボニは今度はディアンオールマンと接近しさらに名作の To Bonnie from Delaneyを作ります。


スワンプロックはここから始まったといわれるのにふさわしい名盤だとおもいます。が、スワンプロックを一番上手く利用し手柄を立て、その後も一線で活躍したのはやはりリオンラッセルなんだろーなー。



購入レコ屋  確か  ファイハイ堂

購入金額       1500円くらい



参考文献    ウエストコーストロック
        レコードコレクターズ1998年8月 スワンプ特集号




[PR]
by naruru-kato | 2016-04-17 10:22 | Delaney & Bonnie | Comments(0)

Rita Coolidge その1   Rita Coolidge 

スワンプの歌姫、デルタレディの称号が与えられている、リタ・クーリッジの1971年のデビューアルバムです。実際はこれより前にLAスワンプ関係では何度もコーラスでそこら中のアーティストのアルバムに参加しており、さらにジョーコッカー+マッドドック&イングリッシュマンのライブでソロでリオンのスーパースターを歌い上げ注目されていた中、満を持してのファーストソロという感じで出たアルバムですね。

d0335744_18124114.jpg

しかし、スワンプ関係のアルバムでのコーラスの多さよ。デラボニは言わずもがな、リオン、マークベノ、ドンニックス、その他大勢さらにクラプトン、ジョージ、デイブメイスンとそこらじゅうで顔出してます。リタの参加がないスワンプはスワンプであってスワンプでなし。こんな格言が出来そうです(笑)


なぜ、彼女はこんなにひっぱりだこだったのだろう?歌がメチャ上手いとも思えないし、でもインディアンの血を引く顔立ちは美人だし、そこらへんか?
でもじっくり聞くと低音域の安定感は抜群です。


d0335744_18175232.jpg


ジャケ裏は参加ミュージッシャンの詳細が明確に書かれています。もちろんスワンプ人脈総出演です。

ドラムはジムケルトナー、ベースにクリスエスリッジを核とし、キーボードはリオン、ブッカーT、ギターはスティーブンスティルス、クラレンスホワイト、ライクーダー、ジェリーマギーら。ホーンはボビーキースと仲間、コーラスに姉のプリシア(ブッカーTの奥さんでもある)グラハムナッシュなどが参加。なんという贅沢なデビュー盤なんだ。


d0335744_18230580.jpg

ところでリタは自作自演歌手ではありません。他人の曲を歌うインタプリダー(解釈歌手)です。という事は選曲がすべてなわけです。アメリカで有名なのはもちろんリンダロンシュタット。彼女の選曲はウエストコーストにふさわしい見事な選曲でアメリカで一番の歌手であることは間違いないですが、南部テネシー出身のリタの選曲もその土地にふさわしい見事な曲選びだと思います。


曲目です

A面
-1  That Man Is My Weakness (Donna Weiss/Craig Doerge)
-2  Second Story Window (Marc Benno)
-3  Crazy Love (Van Morrison)
-4   The Happy Song (Otis Redding/Steve Cropper)
-5   Seven Bridges Road (Steve Young)
B面
-1   Born Under A Bad Sign (Booker T. Jones/William Bell)
-2   Ain’t That Peculiar (W.Robinson/ W.Moore/Rogers)
-3   Mountains (Marc Benno)
-4   Mud Island (Donna Weiss/Mary Unobsky)
-5.  I Believe In You (Neil Young)


初期のアルバムではマークベノ、ニールヤングの作品は必ず取り上げています。そしてスティーブヤングのA-5 これは沢山の人が取り上げてます、イアンマシューズそしてイーグルスの演奏で超有名になった曲です。


リタは70年代のスワンプ期はそれほど売れなかったのですが、80年代にコンテンポラリー歌手としてアメリカを代表する歌手に成長します。でも僕はその頃よりもサードアルバムくらいまでのスワンプ路線のほうが断然好きなんですよねー。



d0335744_18461109.jpg

A&Mのカンパニースリーブ。左上にはリタのサードアルバムその反対はリタと結婚したクリス・クリストファーソンとのデュエットアルバムの宣伝も載っています。



d0335744_18470738.jpg


レーベルです、これは再発のA&Mのマークです、たぶん70年代後期頃でしょう。


リタ・クーリッジはLAスワンプを語るには必要不可欠の歌手です。なぜか他の人のアルバムにリタの参加文字が見られると非常に安心して聞けてしまうのです。



この後にセカンド(入手)サード(探し中)はマークベノを中心とした固定メンバーで固められ、少し豪華さがない代わりに、しっとりとしたイメージが強いのですが、なかなか素晴らしいアルバムです。70年後期からはAOR的な選曲になり僕は好きじゃ無くなりましたが、やはりアメリカを代表する歌手であることは間違いないですよね。



購入レコ屋   忘れました

購入金額    たぶん1000円くらい


参考文献    ウエストコーストロック
        レコードコレクターズ2010 7号









[PR]
by naruru-kato | 2016-04-09 18:22 | Rita Coolidge | Comments(0)

Don Nix その1   Hobos, Heroes And Street Clowns

スワンプの中でもかなりの重要度の高いドンニックスのサードアルバムです。一連のスワンプミュージックの中でもドンニックスは楽曲の良さ、歌のうまさで完璧に頭一つ抜けてると思うのです。

実はこの人、お恥ずかしい話ですが、つい最近知りました。でもスワンプの文献を見てみると必ず紹介してあるし、沢山のアーティストが彼の作品を取り上げています。



d0335744_10024227.jpg

この人、すべての写真でこのテンガロンハットをかぶってます。実はこれもつい最近知ったのですが、ジョージハリソンのあのバングラコンサートにもコーラスで参加していました。写真集の中で2枚程写っています。この時もこの帽子をかぶってます。(この時の奥さんもコーラスで参加)

メンフェス出身でステーブクロッパー ドナルドダックダンと同級生であり、一緒にバンドもしていたようです、その後ブッカーTのMGズに入りプロデュース能力にもたけていていろんな人にアルバム制作にかかわっています。




d0335744_10171637.jpg


このアルバムはロンドン、マッスルショーズ、フランスと意味なく3カ国で録音されています。

スワンプ&ゴスペル音楽の王道のアルバムですが、ソウルフルバラードが数曲ありすべてが切なくてたまらんです。


このアルバムを初めて聞く前にすでに2曲はよく知っていました。

なんとジェフベックがBBAでやっていたのです。しかもプロデュースまで行っています。

d0335744_10211428.jpg

イギリス人のベックがこの人の歌をやるのはおかしいなー。きっとボガード&アピスが勧めての事だろう。と思っていたのですが、結構ベックはモータウンとかも好きでこのアルバムではスティービーワンダーもやってるしと思って調べてみると、


d0335744_10224083.jpg


じつはやはり違っていて、ベックは第2期ジェフベックグループでドンニックスの「ゴーイングダウン」をやっています、ドンとは面識もありBBAのアルバムではジェフの判断で2曲も彼の作品を取り上げたようです。BBAライブのインナーに書いてありました。プロデュースもべックが頼んだようです。



d0335744_10255858.jpg


意味がよくわからんゲートフォールドジャケの内側の写真です。

レーベルはスタックスの内部レーベルであると思われる Enterprise レコード1975年の作品です。ファーストはリオンラッセルで有名なシェルターから、セカンドはエレクトラからそして今度はこのレーベルです。この次のアルバムはクリームというレーベルから出ています。毎回1枚だけの契約だったのでしょうかね?


d0335744_10334227.jpg


ちなみにこのレーベルは、この前ヤフオクで入手したレーベルガイドブックには載っていません。かなりマイナーなレコード会社ですね。

インナーバックもスタックスのオリジナルでしょうか? 黒人の人のアルバムばかりです
d0335744_10432677.jpg
曲目です
A面
-1. She's A Friend Of Mine
-2. The Train Don't Stop Here No More
-3. Black Cat Moan
-4. Rainy Night In Paris (Memphis Reject)
-5. When I Lay My Burden Down
B面
-1. Sweet Sweet Surrender
-2. We Gotta Move (Keep On Rolling)
-3. Miss Eleana
-4. I Need You
-5. Look What The Years Have Done

A-1,2ですでにノックアウト、ロッカバラードが素晴らしい。

A-3とB-1はBBAがやっています。当然こちらのオリジナルをあとから聞きましたがどうやらジェフベックはオリジナルに忠実に演奏しています。

-5ではトラデショナルのカントリーをやっています。この人のアルバムはこれがお約束のようです。

B-3~5も素晴らしいバラードです。このアルバムも捨て曲は無しです。

ちなみにセカンドも持っていますが、これもまた素晴らしいです。いずれ紹介したいですね。



今月いっぱいはスワンプ特集を続ける予定です。



購入レコ屋   サンオブスリーサウンズ

購入金額    たしか1500円くらい


参考文献    BBA LIVE の解説



[PR]
by naruru-kato | 2016-04-03 10:05 | Don Nix | Comments(0)

大好きな1965~76年くらいのアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30