アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

The Byrds その1    Mr. Tambourine Man 

日ごろからアメリカンロックが大好き!と言っておきながら実はビーチボーイズとバーズは、ほとんど聞いてきませんでした。双方ともCDのベストアルバムくらいしか持っていなかったので、アナログレコード収集復活を期に改めて聞いてみたいと思っていたのです。

今は、バーズに関してひとまず集めています。当然60年代中期にデビューしたバンドですからUS盤の初回なんてそう簡単にはお目にかかれません、しかもかなり高価であると予想されます。購入する基準としてはもちろんUS盤が一番ですが、再発盤、日本盤の初期の物が購入基準です。除外するのはUS盤でもリィシュー物の裏にバーコードが印刷されているのは僕の基準に満たしていないのでやめます。(音がデジタルなんで)


d0335744_11265941.jpg

今回購入したのは日本盤の68年の再発の見本盤です。日本ではこのアルバムは1965年に初回が出ているはずなんですが、それから4年後の再発物ですがSX-68シリーズなので音もいいかも?


購入額は英世1枚でした。


d0335744_12071457.jpg


日本でのバーズの人気というのはビートルズと比べても天と地くらいの差があると思うのですが、やっている音楽は十分ビートルズと対抗できうると思います。


ディランの楽曲をバンドで演奏し、フォークロックという新たなジャンルを作り出しその後、サイケデリックロック、カントリーロックなどを次々に生み出し、70年代初頭までしぶとく活躍し、トムペティ、デッド、ジェファーソン、そしてイーグルスなど多くのフォロワーを作り出してます。


ビートルズと違う点は、メンバーが入れ替わり立ち替わりしその都度音楽性が変化していったことでしょうか。



d0335744_11490224.jpg


曲目です、ディランの曲を4曲もやっています。


[A]
-1 Mr. Tambourine Man
-2 I'll Feel a Whole Lot Better
-3 Spanish Harlem Incident
-4 You Won't Have to Cry
-5 Here Without You
-6 The Bells of Rhymney
[B]
-1 All I Really Want to Do
-2 I Knew I'd Want You
-3 It's No Use
-4 Don't Doubt Yourself, Babe
-5 Chimes of Freedom
-6 We'll Meet Again


メンバーはリーダーのロジャーマッギン、ジムクラーク、デビッドクロスビー、クリスヒルマン、マイケルクラーク。



d0335744_12015615.jpg

1曲目のあまりに有名なロジャーの12弦リッケンバッカーの素晴らしい音、しかし夜聞くと子供たちからギターの音がキンキンして眠れないとクレームが来るくらいです(笑)

2曲目はジーンクラークのボーカル、僕的にバーズの歌はこの人の声、という感じです(すでにこの人のソロアルバムは3枚買いました)


クロスビーもカッコいいリズムギターを刻んでます。これがこのアルバムのベストテイクかな、僕は初めてこの曲を聞いたのはトムペティのソロアルバムだったのですが、トムペティは完コピでやっていることが後から解りました(汗)

d0335744_12103946.jpg


ところでこのアルバムの「SX68サウンド」というのは、当時ソニーがドイツのノイマンSX-68という最高のカッティングマシンを使ってカッティングしたレコードのみについているマークで鮮鋭な音の解像力、ゆとりのあるダイナミックレンジ、などが特徴である。と記してあります。



すべての曲において、3声コーラスが本当に素晴らしいアルバムです。オリジナル曲はマッギンークラークで固めていますが、ビートルズの影響も受けつつもウエストコーストのバンドらしいさわやかな楽曲が並べてあり何度聞いても飽きません。


ただし、一日中聞くと、ギターのキーンキーン音で耳がおかしくなりますね(笑)




[PR]
by naruru-kato | 2015-11-29 11:29 | The Byrds | Comments(0)

Ry Cooder その3   Boomer's Story


ライのサードアルバムを入手しました。サンオブスリーサウンズさんで店頭の餌箱には無かったので、サードアルバム探しているのですよ、と相談したところ「実はあります」とオーナーさんが奥から出してきてくれました(笑)

もちろんUS盤で、Wマークが無いオリジナルです。


d0335744_13352413.jpg



驚いたことに、このジャケには一切曲目、クレジット その他情報が載っていませんでした。わずかに初回盤の一部のみ歌詞カード、クレジットが入っている盤も有るらしいのですが,それを探しだすには奇跡に近いことである,と何かに書いてありました。ということでこのアルバムの曲名はかなり破れたシュリンクに貼ってあるこのステッカーだけです。




d0335744_13385792.jpg

シュリンクがボロボロで取ってしまいたいのですが、このステッカーがあるため剥がせません、まあ剥がしてジャケットにボンドで再度貼ってもいいのですが、それはもう少し考えてからにします(笑)



裏ジャケは漆黒の印刷だけでなにも書いてありません、しかしこの意味は何度もこのアルバムを聴いていると分かる気がしてきます。ライは「なにも語ることはない、ただ何も考えずに聞いてくれ」と言いたいのではないのでしょうか?



d0335744_13410265.jpg


曲目です。
A - 1. Boomer's Story
- 2. Cherry Ball Blues
- 3. Crow Black Chicken
- 4. Ax Sweet Mama
- 5. Maria Elena

B -1. The Dark End of the Street
-2. Rally 'Round the Flag
-3. Comin' in on a Wing and a Prayer
-4. President Kennedy
-5. Good Morning Mr. Railroad Man


しかし、なんという味わい深い作品なんだろう。全二作はバンドの音圧が多かったのですが、このアルバムは音数は少なく、エレキ、アコのスライド&マンドリン、ジムケルトナーのドラムで固めれれています。

一般的に初期の3部作はアメリカ音楽の旅、という感じで1920~30年代のブルース、トラデショナルの再発見という形の作品ですが、この3作目は特にアメリカ南部の音楽を再演しています、そして伝説のブルースマン、スリーピージョンエスティスを招いて一緒にやっています、B-4はエスティスがボーカルをとっています。

関係ないけど、優歌団も一緒にツアーやってましたね。

d0335744_13564448.jpg
カタログNOはMS2117  マトはA、B面とも1です。たぶんファーストプレスでしょう。




ワーナーのカンパニースリーブにレコードが入っていました。


d0335744_14504088.jpg





A面の最後の曲からB面1インスト~2、3に続くあたりは本当に素晴らしい、ちなみにB-2は南北戦争のときに北軍の愛唱歌なんだそうな。

secondの「Into The Purple Valley(紫の渓谷)」も本当に素晴らしいアルバムですが、この「Boomer's Story(放浪者の物語)」も一生聞いていける素晴らしいアルバムです。夜、一人でバーボンを飲みながらしんみり聞きたいものです。

ライの初期3部作の旅はこれで終わり、この後メキシカン~ハワイアンへと続いていくのですがそのアルバムはまたの機会に。


参考文献  レコードコレクター1990年6月号



購入レコ屋   サンオブスリーカンパニー
購入金額    3800円


[PR]
by naruru-kato | 2015-11-22 13:44 | Ry Cooder | Comments(0)

The Band その2 Cahoots

アラントゥーサンさんが亡くなりましたね。特に思い入れがあるわけではありませんが、この人で思い浮かぶのは
The Bandのカフーツ、ロックオブエイジズです。それから全然関係ないですが、バンドやってた頃たまにステージに立たせていただいた名古屋市緑区のライブハウス「アランプーサン」くらいが思い出します(汗)


そーいうことで、今回は4枚目のアルバム「Cahoots  カフーツ」です。

UK盤は初体験、UK独特のペラペラジャケです。もっというと「ペランペラン」そんな感じ。



d0335744_10194256.jpg

カフーツはザバンドの中でもラストアルバムの「Islands」とともに一般的に人気がないアルバムです。


ふつうのファンはファーストの「Music From Big Pink」または次の「The Band」という事になるのでしょうが、僕はこの地味なジャケの地味な音楽が詰まったカフーツが最高に好きです。


d0335744_10202229.jpg


僕的にこのアルバムの位置づけをすると、スタジオ録音の最終アルバムがカフーツだと思ってます、後期の傑作アルバム「Northern Lights - Southern Cross」はロビーのソロに近いし、本当のラストの「Islands」はすでにバンドの存在は無いに等しい状況だし。(でも双方ともよく聞くんですが)こんな風に感じているのはいささか危険でしょうが、やはりこのカフーツがバンドとしては最後のアルバムであったと思ってます。


収録曲は11曲です。


A-1 Life Is a Carnival
-2 When I Paint My Masterpiece
-3 Last of the Blacksmiths
-4 Where Do We Go from Here?
-5 4% Pantomime
B-1 Shoot Out in Chinatown
-2 The Moon Struck One
-3 Thinkin' Out Loud
-4 Smoke Signal
-5 Volcano
-6 The River Hymn


A面1曲目のLife Is A Carnivalでアラントゥーサンがホーンアレンジしています。ザバンドとしては初の本格的なホーン導入です。2曲目のディラン作のMasterpieceと続き、今度はヴァンモリソンが客演する4%Pantomime、これを聞くとあのラストワルツでのキャラバンの名演が思い出されます、何度も何度も短い脚を蹴って歌う姿は感動的でした。ここではリチャードとボーカルを掛け合いながら気だるく促すように歌っています。この曲でようやくロビーの渋いギターソロがいかにもという感じでバックに流れます。

B面の2曲目、The Moon Struck One、リチャードの切ない歌声。この曲が一番しっくりときます、最後はレボンが歌うRiver Hymnで終わります。このB面はかなり地味です。でもその地味さがこのバンドの魅力であると僕は思っているのでこのアルバムを一番よく聞くんですね。



d0335744_10240626.jpg


ゲイトフォールド・カヴァーの内ジャケです、このようにシワシワになるほど薄い紙質、ピンク色の何かの後も見られます、もしかしたらウォーターダメージかもしれません。


d0335744_10253380.jpg

エンボス加工のような紙質です、以前持っていたUS盤は縦の絹目でしたから感じがかなり違います。



d0335744_10264733.jpg

ジャケット印刷、作成はGarrod&Lofthouse Ltd パテントNOも記載されています。





d0335744_10274418.jpg


よくビートルズのアルバムなど作っている会社ですね。







d0335744_10380511.jpg



レーベルはUK初回プレスのグリーンキャピトルです。



d0335744_10392222.jpg

ファーストプレスのUK盤は初めてですが、やはり素晴らし音です、全体に霧に包まれたような奥深い音、とでもいいましょうか。音と音の隙間をガースの鍵盤が埋めていく感じが多いザバンドのようなグループはUK盤のがいいのですかね?


ザバンド的アメリカンロックの旅が終わってしまいメンバーの意思統一もあまりなく現状打破のため仕方なく外部(アラントゥーサン)にホーンアレンジしてもらったがアルバム全体の統一感もなく失敗作であった。というのがこのアルバムの一般的な見解ですが、むしろ傑作もなく印象が薄いのが魅力的、というのはおかしいでしょうか?




[PR]
by naruru-kato | 2015-11-13 19:43 | The Band | Comments(0)

Neil Young その1   Live Rust   


やっと大御所のニールヤングを取り上げます、最近ライブアルバムづいてますので、自分的には御大の最高ライブである、ライブラストです,日本語にすると「錆つくライブ」という感じでしょうか?発売は1979年。アルバムの表紙はCrazy Horseとの連名になってます。

初期の名作、After The Gold Rush,Harvestと続きその後も名作を作り続け問題作ともいわれるRust Never Sleepsを作ったあとにツアーに出たときのアルバム、当然ビデオも出てます。

d0335744_08260102.jpg
2枚組のファーストサイドはアコ、ピアノの弾き語りで一人で演奏、ここから始まる怒涛の1時間半。聞く側に有無を言わせない存在感。

「今から始めるからなー心して聞け」そんな自信に満ち溢れた弾き語りです。

この10年後に来日公演があったのですが、名古屋市公会堂のステージで同じように一人で出てきて、ハーモニカホルダーにマイクを仕込み、マイクスタンド無しでギター弾きながらステージを動き回り歌った衝撃は忘れられません、ある意味不気味でした。この時もMCなしで「俺は勝手にやるから勝手に聞けー」という雰囲気でした。後にも先にもあんな凄い弾き語りは初めて見ました。

d0335744_08314507.jpg

カンパニースリーブはなくてすべてライブの模様が写っているレコードスリーブです。

ニールが弾く12弦ギルドギターの抜けのいいこと、マーチンとはかなり違うドンシャリの音です。マーチンよりも低音もよく出て、ギブソンと中間のような音。

残りのレコードスリーブです。


d0335744_08351532.jpg
このツアーではローディーがすべてスタウォーズに出てくる小人の恰好をしています。ギターアンプは当然フェイクの大型のものがステージに並びます。


d0335744_08373369.jpg
なぜか、ゴジラっぽい表情のニール先生です。


d0335744_08382396.jpg

1枚目のSecond Sideからエレクトリックステージとなり、バックのクレイジーホースとの爆音演奏が始まります。


I can Lealy Loveから始める爆音コーナーですが、3曲目にはThe Needle and the Damage Done、Lotta Loveとスタジオ録音ではアコで演奏されていた名曲を緩急つけて織り込み、その後僕の大好きなPowder Finger、さらにとどめのLike A Hurricaneになだれ込みます。まさに怒涛のライブ、スピーカーの前から離れることができなくなります(笑)

この曲を聞くと、2003年の武道館公演最終日をアリーナの前から10列目くらいで見たとき、ステージ終盤ニールが天井に指をさして、上からこの曲専用のオルガンが降りてきてそのままこの曲を演奏した時の興奮を思い出します。涙が出ると思いましたが実際は震えが止まらなくなったのを思い出します。


d0335744_08564797.jpg


ジャケの内側です、この写真では結構ステージを広く使ってるように見えますが、ビデオを見ても、武道館のステージでも真中にみんな集まってライブハウスのステージくらいの範囲で演奏してます(笑)


d0335744_08590521.jpg

USリプリーズのオリジナル盤ですが、初盤ではないです。でも本当にライブの臨場感が伝わる素晴らしいカッティングです。CDよりも音は断然レコードのほうがいいですね。


d0335744_09015476.jpg

ジャケ裏のジミヘンバッチが泣かせます、僕はこのギターストラップが欲しくて欲しくて、どこに売ってるのだろう?


ニールヤング先生に関してはこのブログで沢山取り上げるつもりです。(この人あまりにもネタが多すぎるんで)


この後にさらに「お前ら聞けー」的なWeldという途中下車不可能の猛烈爆音列車的なライブも発表しますが、ひとまず最初はやはりLive Rust これでしょう。







[PR]
by naruru-kato | 2015-11-03 08:35 | Neil Young | Comments(0)

大好きな1970年代のアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru-kato
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30