アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Bonnie Raitt( 1 )

Bonnie Raittその1      Give It Up

ボニーレイットの最高傑作であるセカンドアルバム「Give It Up 」です。ブラックホーク99選にも選ばれる激シブのアルバムです。


一般的に「歌を作って唄ってギターも弾けてさらに上手い」という女性はなかなか稀有ですが、ボニーの場合、上手いどころではなくスライドの名手でもあります。こんな人はそのほかにジョニミッチェルくらいしか思い浮かびません(ジョニの場合オープンチューニングの名手ですが)。


まだあどけなさが残るジャケ、この娘がメチャ泥臭いスライド弾くなんて想像つかないようなポートレイト風写真と色合い(笑)


d0335744_14522652.jpg

ちなみにファーストアルバムも同じようなイメージのジャケです、しかしファーストもこのアルバムも売れません、サードアルバムくらいでようやくらしいジャケになってきますが、それでも売れません。これはもうワーナーの戦略ミスとしか言いようがないです。(っーかスライドギター弾く女性SSWなんて売れる訳ないかもねー)


結局ワーナーで9枚のアルバムを出しますが売れなくて契約解除、その後キャピトルに1989年に移籍し大ヒットを飛ばしグラミーまで取っていまではスライドギターの大御所おばはん(笑)という感じになっていくのです。



d0335744_15070864.jpg


印刷ミスでクレジットが2重になってしまい非常に読みにくくなっている裏ジャケです。


自作は3曲、残りはカバーですが、友達のジャクソンブラウン、エリックカズ、激シブアーティストのクリススミザーなどの楽曲を選曲。メチャセンスがいいと思います。




d0335744_15101341.jpg


ゲイトフォールドの内側、レコーディング風景の写真が多数、こーいうのは嬉しいですよねー。


ざっと、ベースのフリーボ、ピアノのエリックカズ、ギターのジョンホールなどが写っています。


ジャケに載せてもらえなくてアルバムに参加している他の人たちはエイモスギャレット、ドラムでオーリアンズのウェルズケリー、クリスパーカー、ポールバタフィールドがハープ(当たり前だ)コーラスでジャッキーロマックスなんてのも書いてあります。見事なウッドストック系音楽家の集まりです。



d0335744_15203028.jpg


一枚だけUP画像にしました。こんな感じでレコーディングしたのでしょう。
楽しそうです。スライドがメチャ上手い若い娘、これだけでおっさんのミュージシャン達に可愛がられるのは間違いなかったでしょう。

レコーディングは勿論ウッドストックのベアーズビルスタジオです。


曲順です
A面

-1 Give It Up or Let Me Go
-2 Nothing Seems to Matter
-3 I Know
-4 If You Gotta Make a Fool of Somebody
-5 Love Me Like a Man

B面

-1 Stayed Too Long at the Fair
-2 Under the Falling Sky
-3 You Got to Know How
-4 You Told Me Baby
-5 Love Has No Pride



A-1 いきなりアコーステックスライド全開で始まるナンバー、「あんたはライクーダーか?」ってくらいぶっ飛びます。いきなり若い娘がこんなの弾いたら普通の人は気絶しますね。ギターはナショナルのリゾネイト、ボトルネックでやってます。エイモスがなぜかトロンボーンで参加(笑) ギター弾いよーって感じ。

-2 1曲目でぶっ飛んだ頭をクールダウンさせる自作バラード。良い出来です

-3 カバー曲です、いかにもウッドストック的なアーシーなアレンジです
(原曲知らんけど)

-4 これもカバー、ピアノのイントロから歌いあげます。

-5 クリススミザーのブルースです、古典的なブルースに仕上げられています、この人を取り上げる所がシブすぎる、中間のギターソロ、かっこよすぎ。


B-1 アコのアルペジオ風がイイ感じのカバー曲。ジョンホールのさりげないギターがカッコいい。

-2 ジャクソンのファーストに入っている曲、JBのオリジナルに忠実にカバーしています。

-3 Drジョン風のピアノから入るホンキートンクナンバー。ボニーの歌はのびのび、改めて歌上手いなーと思います。

-4 このアルバムで一番バンドアンサンブルがしっかりしている最高にカッコいオリジナルソング。ここでもジョンホールが爆発、彼にしか出せないストラトのカッティング。後半のギターソロを聞くとオーリアンズを聞いているような錯覚に陥ります。
うーん、ジョンホールのストラトの鈴鳴り、最高です。

-5 エリックカズのアメリカンフライヤーの時の名曲。ここでは彼は参加していません。ここではフリーボと二人でやっています、リンダなんかもやっています。しかし最後にこの曲持ってくる所にセンスの良さを感じます。


レーベルです。

d0335744_16094560.jpg

ワーナーのWマーク入りの1975年以降の再発盤。特にどーってことないです。


こんなカッコいいアルバムを出すもセールス的には惨敗が続くボニーです。
なぜ売れなかったのか考えると、SSW全盛の70年初期に、いくら上手くてもブルースが基本のちょとかすれ声のスライドギター娘、なんて売れる訳ありません(汗)



今でも現役バリバリのスライドギターを弾くボニーですが彼女がブレイクするには時代が合わなかったのでしょうねー




購入レコ屋   ハイファイ堂

購入金額    1000円程


[PR]
by naruru-kato | 2017-08-20 14:52 | Bonnie Raitt | Comments(0)

大好きな1970年代のアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru-kato
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30