アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Little Feat( 1 )

Little Feat その1 Sailin Shoes 


大好きなリトルフィートの2枚目のアルバム、Sailin Shoesです。

フィートのアルバムとは切っても切れない関係のネオンパークという画家が最初に手掛けたジャケ。


 
d0335744_10534111.jpg


足と目がついたケーキがブランコに乗って、それをカタツムリが眺めている、衝撃的な絵です。



d0335744_10551206.jpg


木にも目玉がついていて、蹄まであります。これがウエストコーストのロックバンドのジャケとは到底思えません、初めて見たときいいったいどんな音が入ってるのか想像がつきませんでした。


d0335744_10571318.jpg

ネオンパークのサイン、これ以降どもアルバムにもこのサインが入ってます。




全体を眺めると、やはりぶったまげます(笑)




d0335744_10575574.jpg


やはり、このアルバムはこうして見ないといけません。




ウエストコーストといってもフィートはニューオリンズ、リズム&ソウル、ファンクの要素がかなり強く、大ヒットはしませんでしたが同業のミュージシャンに愛されました、日本でも桑田さんや、矢野顕子らが影響を受けてます(矢野さんのファーストにはフィートのメンバーも参加、桑田さんはトリビュートアルバムに参加)


このアルバムから名曲も沢山生まれています、最高傑作の次のアルバムより僕はこちらのほうが好きです。


まだ、キーボードのビルペインらの存在が薄く、リーダ件ボーカル件ギターの故ローウェルジョージの独檀場、天高く舞い上がるフェイザーをかけまくったスライドギターがたまりません。


ファーストアルバムからの再演であるWillin、Easy to slip 、Cold cold coldなどがキラーチューンでしょうね。




d0335744_11082089.jpg


これは日本盤ですが、白レーベルの見本盤ですが、ワーナーのP-10000番台という事は、再発の見本盤という事なんでしょうか?


でもアコの抜けた音が最高に気持いいです。いずれUSオリジナル盤で買い直しするつもり。




d0335744_11093266.jpg


フィートのアルバムは音とともにジャケも語る要素が多いのでいずれすべて取り上げます、



昔はウエストコーストならイーグルス、ドゥービィーの王道が一番と思ったましたが、つい最近になってやっとフィートのよさがわかってきました。




参考文献    レココレ増刊  ウエストコーストサウンド。








[PR]
by naruru-kato | 2015-09-17 11:22 | Little Feat | Comments(0)

大好きな1965~76年くらいのアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31