アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Ian Matthews( 2 )

Ian Matthews その2 PLAINSONG/In Search of Amelia Earhart

イアンマシューズがソロ2作発表したあと、アンディーロバーツ達と結成したプレインソングの72年に発表されたIn Search of Amelia Earhartです。ひとまずカテゴリー的にはイアンマシューズの中に入れました。邦題は「処女飛行 女性飛行士アメリア・エアハートを称えて」という長いタイトルのようです。

この1枚でこのグループは解散(90年代に一度再結成されています)しますが、このアルバムはイアンマシューズ関係ではかなりの出来の良さ、ブラックホークの99選にも選ばれているのです。アルバムの内容は世界で初めて飛行機で大西洋横断した女性パイロット。アメリア・エアハートに捧げられています。日本では全く無名ですがアメリカではリンドバークと同じくらい有名で、誰でも知っている国民的ヒロインであるアメリアですが、1937年に世界一周にチャレンジし太平洋上で消息を絶ち帰らぬ人となったという事です。


d0335744_19264017.jpg



いかにもそれらしきジャケです。ジャケ及び背にはPlainsongの文字だけ、アメリア・エアハートのいかにも空軍っぽい頭文字のマークが輝いています。ロッキードL-10エレクトラがいかにも遭難しそうな高度で書かれています。



d0335744_19404715.jpg


この人がアメリア・エアハートです。なぜイアンがこの女性の事をテーマにこのアルバムを作ったのかというと、Amelia Earhart’s Last Flight という曲を知ってこの物語をステージでやってみたい。と語っています。


プレインソングのメンバーはイアンマシューズ ; g, vo アンディーロバーツ ; g, vo
デイブリチャーズ ; g, vo ボブロンガ ; b, vo ここにドラムがゲストに入っています。フェアポート組のマタックスも参加しています。最初はリチャードトンプソンも一緒にやっていたようです。



d0335744_19550861.jpg



ゲイトフォールドの内ジャケ、ひ左にアメリア、そしてロッキード、さらにメンバーの写真。かなりカッコいいジャケです。


このバンドは何も前情報無しに聞くとどう聞いてもアメリカの少しカントリー好きな人たちのフォークロックバンド。としか聞こえません。イアンマシューズもアンディーロバーツも本当にアメリカが大好きなんでしょうねー。



僕的にプレインソングの位置付けは、この前のサザンコンフォートはいまいちだったのですが、このバンドは多少トラッドの香りがするし、カントリーの風味も満載だし。そこら辺りをユラユラあっちにいったりこっちにきたりしているような浮遊感があり凄く気にいった1枚です。



歌詞カードです。

d0335744_20015581.jpg



イアンの話では実はこのアルバムにはアメリアの事を歌ったのは2曲しか入っていない。との事なんですが、歌詞の内容を見ているともっと沢山あるような気がしますが英語判らないんで(汗) 日本盤も見てみたいですね。




d0335744_20073180.jpg


そしてこれが歌詞カードの表紙ですがアメリアの生涯が書かれているのですが(これはネットで翻訳されているのを見つけました)実は海に落ちたのではなく日本軍が占領していたマーシャル諸島に不時着し日本軍に捕えられその後サイパンに身柄を拘束されそこでアメリアは赤痢で死亡した。など興味深い事が書かれていてどれが本当か判らなくなりました。少し調べてみようと思います。


曲目です
A面
-1. For The Second Time
-2. Yo Yo Man
-3. Louise
-4. Call The Tune
-5. Diesel On My Tail
-6. Amelia Earhart’s Last Flight
B面
-1. I’ll Fly Away
-2. True Story Of Amelia Earhart’s
-3. Even The Guiding Light
-4, Side Roads
-5. Raider

今回は1曲ごとの感想は割愛しますがA面では-1 -6がいかにも英国風ですがあとは結構カントリータッチの曲が多いです。
B面ではやり-2が白眉でしょうか。-4、-5もイイですよー。アンディーとイアンの声が凄くに似ていてよくわからん所がまたいいです。たぶんその内判ると思います。

レーベルです。



d0335744_20281096.jpg

USエレクトラのプロモ白盤。


この後バンドはセカンドを作成にかかりますが途中で分解。イアンはアメリカに渡りソロになるのですが、UKでのソロの2枚、アメリカでの最初の2枚しか僕は持っていませんが、このプレインソングはその中でもベストな1枚です。USに渡ってからはヒットを狙ってのカバー曲のセンスの良さは認めますが、ロッド同様にあまりピンとこないんですよねー


購入レコ屋   ナカシマレコード

購入金額    2500円













[PR]
by naruru-kato | 2017-06-12 07:37 | Ian Matthews | Comments(2)

Ian Matthews その1   Tigers Will Surviver

UKトラッド&フォークということで特集しているのですが、はたしてイアンマシューズは該当するのか?という疑問を抱きながら今回は取り上げました。
(ネタがつきそうなんですよねー)
ひとまずはフェアポートコンベンションのオリジナルメンバーという事でフェアポート周辺のSSWというのが一番この人らしいジャンルでしょうか(アメリカに渡ってからはイメージ変わりますが)

この人はファアポート脱退後にサザンコンフォートというソロともバンドとも取れるアルバムを3枚ほど発表していますが、そちらはカントリーロックという感じでした。
実際のソロファーストはIf You Saw Thro’ My Eyesというアルバムだと思うのですが
(これはそのうち取り上げます)セカンドの今回のアルバムが一番である。という文献を見かけましたのでセカンドから始めます。


d0335744_11253216.jpg

よくわからないジャケなんですが、結構有名ですよねーこれ。僕も誰のアルバムか知らなかった頃からこのジャケは知ってました(笑)

僕の感想は、この人はトラッド&フォークには向いていない甘い声、やはりアメリカのSSWっぽい感じが凄くします。サンディーとのハーモニーは最高でしたがフェアポートがエレクトリックトラッドに移行していく中でアメリカのSSW、フォークっぽいのをやりたくなったんで辞めたのでしょうね。


実際アメリカに渡ってからの選曲のセンスは素晴らしく、トムウェイツ、ジャクソンブラウン、ダニーウィットン、ランディーニッーマン、スティーブヤングなどのヒットしたナンバーを取り上げています。

d0335744_11321825.jpg


ゲイトフォールドの全開写真。縦型になってます(1STも同じ仕様)ネイティブインディアンの女性の写真でしょうか。



内ジャケです。


d0335744_11335444.jpg

全体にテクスチャード加工された渋い色合いのジャケですね。


ところでこの盤は当初安いUSオリジを購入したのですが聴いてみるとミスプレスがあり針が途中で止まってしまう怪奇現象が起き、お店で交渉し少し追金を出してUKオリジと交換してもらいました。その時凄い事実が判明。

なんとUK盤とUS盤ではA面B面が逆になっていたのです、これはお店のオーナーも知らなくて「こんなこともあるのですねー」という事になったのです。



d0335744_11382291.jpg

つまり、UK盤の1曲目 Never AgainがUS盤ではB面1曲目なのです。
どーいう意図だったのか解りませんが、例えばビートルズのSGPがA、B面逆だったなんて考えられませんからねー(笑)


アルバムの印象は、全体に霧のかかったSSWという感じで、まだイギリスの情緒有る風景を思わせるような傑曲がそろってます、ただし、これはという印象を残す曲が少ないかなー あくまで私的意見ですけど。


この人は声質はなよなよしてるところが凄くイイのですが、ヒット曲作る才能には恵まれなかったのかなー。



曲順です
A面
-1 Never Again
-2 Close The Door Lightly
-3 House of Unamerican Blues Activity Dream
-4 Morning Song
-5 The Only Dancer
B面
-1 Tigers Will Survive
-2 Midnight on the Water
-3 Right Before My Eyes
-4 Da Doo Ron Ron
-5 Hope You Know
-6 Please be My Friend


白眉はやはりA-1、B-1かなー。その他はというと。
A-2 フェアポートでも取り上げたエリックアンダーソンの曲です。よっぽアンダーソンが好きなのか?
B-6のアメリカを凄く意識した曲が好きですねー


レーベルです。

d0335744_11571479.jpg


レーベルのブランド品といわれる「バァーティゴ」の小渦のオリジナルです(笑)


このレーベルは表と裏が違っていて



d0335744_12002232.jpg

こちらがA面です、これをターンテーブルで回すとどーいう事になるかと言うと



d0335744_12012009.jpg

こんな感じになります。まさに洗濯機をずーと見ているのと同じ感覚になります(爆)

この人の作品はUKソロ&USソロの2枚づつ持っていますが、PLAINSONGというブラックホーク99選に選ばれているレコだけはほしいと思ってます。



イアンマシューズはUSに渡ってさらにアメリカナイズされアメリカン西海岸のような音楽を発表していきますが、イギリスにいた頃のアメリカを思って作ったアルバムのほうが、断然僕は好きですねー、どことなくイギリスの香りがしているからね。




AOR全盛時にはStialin HomeというアルバムからShake Itなんかのヒットを飛ばしますが、あまりにもこの人の声はAORにピッタリ過ぎて(例えばボビーコールド、クリストファークロスなんかと同じ感覚)今の僕にはNGでした。


さーて次回で2カ月に渡ったUKフォーク&トラッド特集も次回で終わりにします。

最後はやっぱあの人のアルバムかな(笑)



購入レコ屋  サンオブスリーサウンズ

購入金額   4500円くらい












[PR]
by naruru-kato | 2016-12-18 11:27 | Ian Matthews | Comments(2)

大好きな1970年代のアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru-kato
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30