アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Steve Young( 1 )

Steve Youngその1  Rock Salt & Nails / Seven Bridges Road

ステーブヤングの2枚を取り上げます、凄く気になる名前の人ですが知ったのはイーグルスがこの人の「Seven Bridges Road」をライブ取り上げていてるからです、当初ずーとイーグルスの曲だと思っていたのですが、実はステーブヤングの曲だと知ったのは最近です。
ところでこの人の名前は日本語読みだとステーブンスティルスとニールヤングをたして2で割った名前ですが、スティルスの場合Stephen ですので僕は日本語表記はスティファンとしていますが、この人は Steveですのでやはりステーブでイイと思います。特に文章にすることでも無いですけど(汗)


d0335744_11325671.jpg

少し異様な写真、または自信に満ちた写真。「俺を聞け!」と眼が訴えているようです(笑)
このアルバムはブラックホーク99にも選出されております。ジャンルとしてはカントリーロック系のSSWという標記の仕方でほぼ間違いないと思います、どことなくグランパーソンズにも通じる曲調も多いのですが、この人は南部ジョージアの出身。カントリーロックの中にもゴスペル、ブルース、ソウルなどの要素が詰まっている感じです。


d0335744_11430413.jpg

ジャケ裏です、表の写真に比べてだいぶまろやかな顔です、ステージ写真とかも見たことがありますが、もっと太っていてアメリカならどこにでもいるおっさんという感じでした。


d0335744_11450315.jpg


日本盤ですので解説です、なんとブラックホークの店長の故、松平維秋さんが文章を書いております、なかなか興味深い内容です。
このアルバムは1969年に本国でデビューアルバムとして出ていますが、日本では発売されず、マニアックな人たちが輸入盤を探していたと書いてあります。そして1977年に名盤発掘シリーズでようやく日本デビューしたのです。ちょうどイーグルスがライブ盤を出したころでしょうか。あとで知りましたがリタ・クーリッジ、イアンマシューズもSeven Bridges Roadをカバーしています。イーグルスはイアンのバージョンで歌っている気がします。
d0335744_11504611.jpg
一応レーベルですが日本盤なんでどーでもいいのですが。

曲目です
A面
-1 That's How Strong My Love Is
-2 Rock Salt And Nails
-3 I'm A One Woman Man
-4 Coyote
-5 Gonna Find Me A Bluebird
-6 Love In My Time
B面
-1 Seven Bridges Road
-2 Kenny's Song
-3 Holler In The Swamp
-4 Hoboin'
-5 My Sweet Love Ain't Around

満を持してLAに行きデビューアルバムを出し、ギターにジェームスバートンを起用しています。がたいして本国では売れなかったようです。
そしてSeven Bridges Roadでもう一度勝負しようと思ったのでしょうねー

サードアルバムはそのままSeven Bridges Roadというタイトルにして再演しています。

d0335744_12071915.jpg


アレンジも女性コーラス、ストリングスを導入し「これでどうだ!」という感じです。このアルバムが売れたかどうかはわかりませんが、他の曲はやはり同じようにカントリーロック系SSWです。


d0335744_12102031.jpg


ジャケ裏、歌詞カードになっています、真中の家族写真が夜逃げしているようで侘びしいです(笑) この盤はプロモーションコピーでプロモシートも付いている激レア盤です。

d0335744_12121797.jpg


レーベルです、A&Mからリプリーズに変わっています


d0335744_12124099.jpg


曲目です。
A面
-1 Seven Bridges Road
-2 My Oklahoma
-3 The White Trash Song
-4 I Can't Hold Myself in Line
-5 I Begin to See Design
-6 Long Way to Hollywood
B面
-1 Many Rivers
-2 Lonesome, On'ry and Mean
-3 Come Sit By My Side
-4 True Note
-5 Ragtime Blue Guitar
-6 Montgomery in the Rain

A-4はマル・ハガードの曲ですが、あとはすべて本人の曲です。

スティーブヤングはものすごく不器用な人なんでしょう、イイ曲は作れるのに自分ではヒット出来ない。上手くプロモートも出来なくてアルバムも売れない。インタビューを読んだ事がありますが、バックバンドを使ってライブやりたいのですが金銭的に苦しいと話してます。
そーいうところで彼の控えめな(予想ですが)性格が人となりに出ていて、味わい深い作品になっていると思うのですが、どーでしょうか。

Rock Salt & Nails
購入レコ屋  ミュージックファースト
購入金額   1000円くらい


Seven Bridges Road
購入レコ屋  SORC
購入金額   3500円くらい


参考文献   Rock Salt & Nails(日本盤)ライナーノート


[PR]
by naruru-kato | 2016-05-08 11:34 | Steve Young | Comments(0)

大好きな1970年代のアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru-kato
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31