アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Bobby Whitlock( 1 )

Bobby Whitlock その1    Bobby Whitlock

ボビー・ウィットロックのデビュー作です、誰だそいつは?という人に超簡単に説明すると、デラニー&ボニーらに見出されデラボニ&フレンズの一員となってクラプトンらと共演しその後クラプトンと二人で作品を作り出し、カールレイドル、ジムゴードンを仲間に入れてデレク&ドミノスを結成。デレクとはもちろんクラプトンの事です。そしてロックの金字塔 Layla を発表するもその後すぐ解散。そしてこのソロアルバムが発売されたのです。



d0335744_19204702.jpg


ドミノスではキーボードでしたが、このアルバムではアコを弾いている写真が多く使われています。なかなかシンプルでカッコいいジャケですねー。


この人、幼いころからゴスペルやったりして、ソウルフィーリングもあふれる歌は、クラプトンよりはるかに歌は上手いと思うし、ソングライティングも素晴らしいと思うのです、レイラでは、I Looked Away、Keep on Growing、Tell the Truth、Anyday、Why Does Love Got to Be So Sad?、をクラプトンと共作し、しかもほとんどの曲でクラプトンが主旋、ボビーが高音のパートのコーラスという感じになっています。そしてアルバムの最後のThorn Tree in the Garden(庭の木)は完全にボビーの曲で彼が歌っています。

(ちなみにこの曲はメンバー全員とディアンオールマンで、せーの で一発録りしたそうです。カッコエーなー。)



このようにほぼクラプトンと対等レベルでレイラを作ったのですが、なぜか脇役的な扱いを受け、解散後はあまりパッとしなかったようですが、このソロは本当にイイです。




d0335744_19210632.jpg

裏ジャケです。本当にこのアルバムはレイラの延長線上にあるアルバムだと思うのです。ただしボーカルはクラプトンもうらやむスワンプ全開の気性の激しそうなスタイルなんですが、スローな曲はもうほとんどレイラの「庭の木」と同じレベルの素晴らしさ。


じつは僕はレイラではこの「庭の木」が一番好きな曲なんです。

d0335744_19265349.jpg


ゲイトフォールドジャケの内側、アコの弾き語り写真です。そして左には恋人か奥さんでしょうか、ツーショット写真です。


d0335744_19282408.jpg
基本的にLAスワンプの主要メンバー全開で作られているようですが、ジョージとクラプトンも沢山の曲に参加しています。

ただしジョージっぽいギターの音はあまり聞こえてこないのですけどねー


曲目です
A面
-1 Where There's a Will
-2 Song for Paula
-3 A Game Called Life
-4 Country Life
-5 A Day Without Jesus

1曲目はジョージとクラプトンがギターを弾いてます、2曲目もジョージが、ベースはクラウスボァマン。 4曲目はブラムレット、ボニーレイトが共演。

B面
-1  Back in My Life Again"
-2  The Scenery Has Slowly Changed
-3  I'd Rather Live the Straight Life
-4  The Dreams of a Hobo
-5   Back Home in England

2曲目のクラプトンのソロは最高です、ハーフトーンのストラトが満喫できます。

とにかく激しい曲調はスワンプ爆発大会、ソローな楽曲はすべて「庭の木」と同じ感じ、捨て曲は1曲もありません!

少し気になる文を見つけました。A-2のSong for Paulaなんですが、この曲はなんとパティーボイドの妹であるポーラボイドにささげる、という文献を見つけたのです。Written for Paula Boyd, the sister of models Pattie Boyd and Jenny Boyd.

もちろんパティーボイドとはジョージの嫁でクラプトンが恋してレイラを作ったのは言うまでもありません。



しかし、いったいこれはどーいう事なんだろう?


 
d0335744_19551024.jpg

この女性がポーラなのだろうか?謎は深まるばかりです。


しかしかわいいなぁ  (爆)



レーベルはダンヒルです。


d0335744_19561086.jpg


実はドミノスのメンバーはクラプトン以外はレイラ以降あまりパッとしないです。

カールレイドルは5年ほどクラプトンとともに活動しますが30代半ばでガンで死んでしまいます、ジムゴードンは実の母親を殺してしまい無期懲役に、そしてボビーは4枚程アルバムを出しますが、そのうち忘れられた存在に。ついでにいうと客演したディアンオールマンはバイク事故で死んじゃうし・・・


しかし、2008年頃にクラプトンと共演したビデオがUPされました、ベルボトムブルースをボビーが歌っています。

https://www.youtube.com/watch?v=fZNL0wvIj78#t=20

感慨深いです。

やはりレイラの共作された楽曲はボビーにとっては勲賞なんでしょうねー



この次にセカンドも凄くいいですよー


購入レコ屋   ナカシマレレコード

購入金額    3000円


      
 








[PR]
by naruru-kato | 2016-03-26 17:54 | Bobby Whitlock | Comments(0)

大好きな1970年代のアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru-kato
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30