アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Cass Elliot( 2 )

Cass Elliot(mama cass) その2 ..... Cass Elliot

ママキャスはダンヒルを離れRCAと契約します、ダンヒルがもっとポップなアルバムを要求するのに対してママキャスは大人の歌、ポピュラーソングを歌いたいという意思があり決別したのです。

そして新規一転タイトルもCass Elliotだけです、僕の予想ではもうママキャスという通称名はNGにしたいと思ったのではないでしょうか?本名がエレン・ナオミ・コーエンなんでどうしてキャスエリオットなのか?調べたらWikkに書いてありましたので割愛。

d0335744_20555762.jpg

非常に残念ですが、プロモステッカーがアルバムタイトルにかぶっております。(涙)
もう少し気を使って欲しいですよ、せめて左下とか。ママキャスにしては非常に美しいこのジャケが台無しですわ。


d0335744_20561118.jpg

大体この人のアルバムジャケはろくなのが無い(笑)。さらにいえばママス&パパスのジャケもたいしたのが無い。と僕は思っているのですがどーでしょう?


d0335744_20563274.jpg


裏ジャケです、こちらは貫録十分。思わず「どちらの部屋(相撲)の方ですか」と言いたくなるような全体写真。まぁこの人はこの体形も武器にしていたようだから(バラエティ&トーク番組とかにも出ていたそうだし)いかにもアメリカ人受けしそうな人ですね、しかも歌は抜群にうまいし。


ゲイトフォールドの内ジャケです。


d0335744_20565056.jpg

参加メンバー、歌詞などが親切丁寧に印刷されています、バックの写真は意味不明。バック陣はものすごく多くの人が協力しています。有名どころではギターのラリーカールトン、キーボードにビーチボーイズのブルースジョンストン。その他はあまり知らない人ばかりですが総勢30人は居ます。

d0335744_20571431.jpg



全体の印象はまさに上質な大人のポピュラーミュージック。フォークロックの域を超えてオールジャンルを歌えるただ単に歌手。という感じかな。


今のところママパパ、ソロ含めて全作品の中で一番落ち着いて聞くことができます(この次のアルバムは未入手)取り上げている曲がいいんですよー。


曲順です
A面
-1 I'll Be Home    (Randy Newman)
-2 Baby Im Yours (Van McCoy)-4 That Song (Bill Dean)
-5 When It Doesn't Work Out (Leah Kunkel)
B面
-1 Ill be there (Bobby Darin)
-2 Disney Girls (Bruce Johnston)
-3 I Think Its Going to Rain Today (Randy Newman)
-4 Cherries Jubilee (Marilyn Messina)
-5 All in The Game (Carl Sigman Chares Dawes)

A-1 ランディーニューマンの凄く美しい曲。メリーホポキンの為に作られた曲。後半にかけて見事に歌い上げています。ストリングスも盛り上がります。

-2 ハッスルでヒットを飛ばしたバンマッコイの曲。

-3 この曲、一発でノックアウト。ジョディーシルという人は名前だけは知っていましたが(なんといってもアサイラム第一号の配給ですから)曲は知らなかったのです。そしてシルの全曲をYouTubeで聞いてどーしてもアルバム欲しい!と思ってヤフオク、なじみのレコ屋で頼んでいますがなかな希望価格で手に入りません。
そこでもやはり欲しいNo1なのです。話が脱線しましたが、キャスのカバーも素晴らしいです。

-4 セカンドシングル。フランス映画に似合いそうな、そんな曲です。これも歌がいいです

-5 渋いピアノのイントロ、実の妹レアカンケルの曲をじっくり歌い上げます。
捨て曲は無し。 すべて素晴らしい。

B-1 いかにも上質なポップナンバー

-2 さすがビーチボーイズ、そんなコーラスから始まります。初夏の海辺で聞いていたい、気だるさ感も凄くイイです。

3 これもランディーニューマンの曲、ベースラインが非常に気持ちいい

-4 アコのイントロがこれまた気持ちいい。美しい曲です

-5 最後はアルバムを締めるのにふさわしい曲、映画のエンディングにも使われそうな曲で幕を閉じます。


レーベルです

RCAのDynaflex ペランペランの厚み。

d0335744_20582567.jpg
Dynaflexはどれもこれも薄く作られているそうです。


ロックのジャンルでは決してないと思うこのアルバムです。しかし、大人しか出せない見事な歌唱力。この人の作品はもっと沢山聞きたかったですね。



購入レコ屋  ナカシマレコード

購入金額    2000円くらい












[PR]
by naruru-kato | 2017-06-17 19:20 | Cass Elliot | Comments(0)

Cass Elliot(mama cass) その1 Dream A Little Dream

キャスエリオット(通称ママキャス)のファーストソロアルバム、Dream A Little Dream (邦題 私の小さな夢)です。ママキャスとはもちろんあの有名な1966年にデビューしたママス&パパスの女性の一人。「夢のカリフォルニア」を歌っていたグループですね。当初ジョンフィリップス、その妻のミッシェルフィリップス、デニーダハーティの3人でグループをつくりそこにママキャスが入り男2人、女2人のコーラスグループになったわけです。


ちなみに当初ママキャスが加入するのはジョンが反対したらしいのですがその理由が「あまりにもママキャスが太りすぎていたため」というのが笑えます。でも最終的にはママキャスが一番人気があったそうです。



66年から2年間は全米ヒットチャートに何曲もヒットを送り込みザバーズと並んでフォークロックのビックバンドであったと思います。




そのママス&パパスも1968年頃にはグループが崩壊してしまい、その中で一番の人気であったママキャスが最初に作成したのがこのアルバム。


d0335744_22590920.jpg


ジャケットにはノートンのバイクにまたがったママキャスと子供が、もしかしたらこの子は娘のオーエン・ヴァネッサ・エリオットかもしれません、ジャケ裏にはわざわざこのバイクのメーカー「NORTON 750cc COMMANDO 及び NORTON VILLIERS CORP」とモデル名まで表記してありますが、子供は誰か書いてありませんでした。


d0335744_23045121.jpg


プロデュースはジョンサイモン、のちにザバンドのプロデュースもします。

このアルバムは少し実験的な遊び感覚があり少し難解なところもあるのですが、そこをママキャスの穏やかで伸びのある声でカバーしていて非常に落ち着いて聞けるサウンドになってます。


参加ミュージシャンはママキャスの人柄か、有名どころばかり、ステーブンスティルス、ジョンセバスチャン、グラハムナッシュ、ジェームスバートン、ジムゴードン他 。そして彼女が選んだ曲がどれも素晴らしい。


d0335744_23104774.jpg


しかし、本当にこの人は歌が上手いですね、母性本能をくすぐるような聖母のような声とでもいいましょうか。発音も凄くわかりやすく本当に歌手という表現がピタリとはまる声の持ち主です、フランクシナトラ、ナットキングコールと同じレベルです。


曲順です
A面
-1. Dream a Little Dream of Me
-2. California Earthquake
-3. The Room Nobody Lives In
-4. Talkin’ to Your Toothbrush
-5. Blues For Breakfast
-6. You Know Who I Am
B面
-1. Rubber Band
-2. Long Time Loving You
-3. Jane, The Insane Dog Lady
-4. What Was I Thinking of
-5. Burn Your Hatred
-6. Sweet Believer


レーベルはルーアドラーが作った、USオリジナルのダンヒルですがマトはよくわからないです、が、初期盤であることは間違いないでしょう。盤の厚みが凄く厚い重量盤ですから。


d0335744_23200043.jpg


1974年、人気絶頂の時に突然心臓発作で亡くなってしまいわずか32歳の人生であったママキャスです。


この後ソロアルバムを6枚(内一枚は入手済み)デイブメイスンとのデュエットアルバムが1枚(入手済み)しか残されていませんが、ママス&パパスを含めて長い巡礼の旅が始まってます。なにせなかなか中古レコ屋でお目にかかることはないアーティストの一人ですからねー


通販でもなかかな探すのが大変なんですが、ママキャスのアルバムはすべて揃えたいと思ってます。一生飽きずに聞ける声の持ち主ですから。


購入レコ屋  サンオブスリーサウンズ
購入金額   英世 2枚くらい

参考文献   WEST COAST ROCK
参考HP    Wiki






[PR]
by naruru-kato | 2016-02-20 22:45 | Cass Elliot | Comments(0)

大好きな1965~76年くらいのアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31