アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Cass Elliot( 1 )

Cass Elliot(mama cass) その1 Dream A Little Dream

キャスエリオット(通称ママキャス)のファーストソロアルバム、Dream A Little Dream (邦題 私の小さな夢)です。ママキャスとはもちろんあの有名な1966年にデビューしたママス&パパスの女性の一人。「夢のカリフォルニア」を歌っていたグループですね。当初ジョンフィリップス、その妻のミッシェルフィリップス、デニーダハーティの3人でグループをつくりそこにママキャスが入り男2人、女2人のコーラスグループになったわけです。


ちなみに当初ママキャスが加入するのはジョンが反対したらしいのですがその理由が「あまりにもママキャスが太りすぎていたため」というのが笑えます。でも最終的にはママキャスが一番人気があったそうです。



66年から2年間は全米ヒットチャートに何曲もヒットを送り込みザバーズと並んでフォークロックのビックバンドであったと思います。




そのママス&パパスも1968年頃にはグループが崩壊してしまい、その中で一番の人気であったママキャスが最初に作成したのがこのアルバム。


d0335744_22590920.jpg


ジャケットにはノートンのバイクにまたがったママキャスと子供が、もしかしたらこの子は娘のオーエン・ヴァネッサ・エリオットかもしれません、ジャケ裏にはわざわざこのバイクのメーカー「NORTON 750cc COMMANDO 及び NORTON VILLIERS CORP」とモデル名まで表記してありますが、子供は誰か書いてありませんでした。


d0335744_23045121.jpg


プロデュースはジョンサイモン、のちにザバンドのプロデュースもします。

このアルバムは少し実験的な遊び感覚があり少し難解なところもあるのですが、そこをママキャスの穏やかで伸びのある声でカバーしていて非常に落ち着いて聞けるサウンドになってます。


参加ミュージシャンはママキャスの人柄か、有名どころばかり、ステーブンスティルス、ジョンセバスチャン、グラハムナッシュ、ジェームスバートン、ジムゴードン他 。そして彼女が選んだ曲がどれも素晴らしい。


d0335744_23104774.jpg


しかし、本当にこの人は歌が上手いですね、母性本能をくすぐるような聖母のような声とでもいいましょうか。発音も凄くわかりやすく本当に歌手という表現がピタリとはまる声の持ち主です、フランクシナトラ、ナットキングコールと同じレベルです。


曲順です
A面
-1. Dream a Little Dream of Me
-2. California Earthquake
-3. The Room Nobody Lives In
-4. Talkin’ to Your Toothbrush
-5. Blues For Breakfast
-6. You Know Who I Am
B面
-1. Rubber Band
-2. Long Time Loving You
-3. Jane, The Insane Dog Lady
-4. What Was I Thinking of
-5. Burn Your Hatred
-6. Sweet Believer


レーベルはルーアドラーが作った、USオリジナルのダンヒルですがマトはよくわからないです、が、初期盤であることは間違いないでしょう。盤の厚みが凄く厚い重量盤ですから。


d0335744_23200043.jpg


1974年、人気絶頂の時に突然心臓発作で亡くなってしまいわずか32歳の人生であったママキャスです。


この後ソロアルバムを6枚(内一枚は入手済み)デイブメイスンとのデュエットアルバムが1枚(入手済み)しか残されていませんが、ママス&パパスを含めて長い巡礼の旅が始まってます。なにせなかなか中古レコ屋でお目にかかることはないアーティストの一人ですからねー


通販でもなかかな探すのが大変なんですが、ママキャスのアルバムはすべて揃えたいと思ってます。一生飽きずに聞ける声の持ち主ですから。


購入レコ屋  サンオブスリーサウンズ
購入金額   英世 2枚くらい

参考文献   WEST COAST ROCK
参考HP    Wiki






[PR]
by naruru-kato | 2016-02-20 22:45 | Cass Elliot | Comments(0)

大好きな1970年代のアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru-kato
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30