アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Neil Young( 3 )

Neil Young その3   Harvest 

ニールヤングの大傑作、ハーベストです。人によってはベスト1に選ぶ人もいると思います、もちろん僕もこのアルバムがベストです。

今回は日本盤です、しかしパイオニアP-8120RのカタログNoを持つこの盤は本国のオリジナルよりも音が良い。と季刊アナログ紙の連載(すでに終了)アナログ塾にて和久井さんが語っているのです。

そんなことが本当にあるのだろうか?確かにP8000番台は音がイイのですが、オリジナルのセカンドプレスくらいの音。というのが一般的な見解なのでは?


無駄なお金使ってでも、いつかはオリジナルを手にして検証したいのですが、やはり御大の大傑作はかなりの高価で流通されていてなかなか手にできないのです。
ちなみにオリジの相場は4~5千円くらい、UK盤のファーストは7~8千円くらいです。

d0335744_08514387.jpg
話は変わりますが、このハーベスト、実は高校の頃に買ってずーと家にあったのです、和久井さんの記事を知ってから何度も聞き返しましたが、この盤そんなに音イイのか?という感じで全体にドラム、ボーカルもこもっていて前に出てこない感じでした、しかも歌詞カードが無い状態のダメ盤だったのでいずれ買い直したいとおもっていたのです。


今回ブログで取り上げたのはオリジナルが手に入ったからでなく、全く同じ日本盤ですが、ニアミントの新品同様の盤(もちろん歌詞付き)を購入し聴き比べたら音が全然違っていたので記事にしました。

2枚を並べてみます、両方とも帯はないです、有ったとしたら5千円はしますね。

d0335744_08542017.jpg

左が以前からあった盤(仮にA盤とする)右が今回購入のニアミント盤(同じくB盤とする)
です。
ジャケの具合、インナー、解説などすべて同じ材質のザラ紙です、ただしA盤は経年劣化でざらざら感が薄れてきています。

B盤に針を落として見ると、明らかにドラムの音が違います、1曲目イントロ、A盤のドラムは「トントンドン」というバスドラがB盤では「ドンドンバシッ」うーん上手く言葉で表現できない、すいません(汗)。しかしハープの音、そしてボーカル、すべてクリアーに前面に出てきているのです。これがオリジナルより優れた日本初盤の音なのだろうか?


カタログ番号も同じ盤ですが、何が違うかレコードをじっくり見てみました。


d0335744_09030119.jpg
こちらも左がA盤、右がB盤です。レーベルの色の濃さの違いは経年劣化によるものかな?



ますA盤ですが、デッドワックス部のマト記号がA盤はA面2-A-5、B面2-A-4.その他に3T9XZという記号も刻印してあります、すべての刻印が薄くて読みにくいです。

続いて今回購入したB盤、はA面1-A-8、B面1-A-7 2T12という記号があります、B盤は刻印も鮮明に打たれています。

一般的に8000番台がJPファーストプレス、P10000番台がセカンドプレススと呼ばれていますが、どうやらA盤はファーストプレス、B盤は超ファーストプレスなのかなーという感じがします。



d0335744_09143602.jpg

ここで一つある事実が判明しました、2枚並べてみてみるとデッドワックス部分の幅が違うのです、B盤のほうが両面とも4mmくらい幅が広い。ということは盤のカッティングが違うという事なのです!当然エンジニアも違うかもしれないし、もしかしたらBの超ファーストプレスはリプリーズ原盤スタンパーを使用、Aのファーストプレスは日本でのオリジナルスタンパーを使用、かもしれません。謎は深まるばかりです。


紙面が無くなってきたので(笑)、この後はサクサクっと行きます

d0335744_09211631.jpg

裏はおなじみのレコーディング風景。相変わらず狭いところでやってますねー(笑)


d0335744_09225335.jpg

これまたおなじみのゲイトフォールドの内側。


d0335744_09234578.jpg

これが歌詞カードです、オリジナル盤と同じです、忠実に再現していると思われます。



d0335744_09260548.jpg

解説は小倉エージさん。妥当な人選ですねー。

曲目です。
A面
-1. Out on the Weekend
-2. Harvest
-3. A Man Needs a Maid
-4. Heart of Gold
-5. Are You Ready for the Country?
B面
-1. Old Man
-2. There's a World
-3. Alabama
-4. The Needle and the Damage Done
-5. Words

Heart of Gold 、Alabama 、The Needle and the Damage Done。もちろんこの辺りの曲はニールの超代表曲ですが、他の曲も素晴らしい楽曲ばかり、このアルバムを聞いて何も感じない人はアメリカンロック聴く価値のない人です(キッパリ)。

コーラスで客演しているのは、ジェームステイラー、リンダ、スティルス、クロスビー
、ナッシュという非常に判り易く納得できる人たち。


オリジナルとの音の違いについては、入手しだいレポートするつもりですが、ヤフオクでもなかなか落とせないんでねー、でも前作のアフターザゴールドラッシュのオリジナルを先日1500円という破格値で落とせたので気長に機会を待ちますよ。


いままで一体何回この作品を聞いたかわかりません(CDも含む)それでもまた新たな謎が生まれるなんて、本当に素晴らしい作品であるといえますね。次回のニールは先ほどのアフターザゴールドラッシュの記事にします。(投稿予定は未定ですが)



A盤
購入レコ屋   金額    不明

B盤
購入レコ屋    ファイハイ堂レコード店
購入金額     1800円







[PR]
by naruru-kato | 2016-07-17 08:56 | Neil Young | Comments(0)

Neil Young その2   Rust Never Sleeps  

ニールヤング先生の79年の傑作アルバム、Rust Never Sleeps です。パンクロックが大ブームを巻き起こしている時にジョニーロットンへのアンサーソングでもある名曲を含み、A面がアコースティク、B面がエレクトリックサイドに分かれニールの両極を見ることが出来る作品です。

この作品のあと前回紹介した怒涛のライブを発表しその後古巣リプリーズを離れゲフィンに移籍後、迷走の80年代に突入していきます。僕的にはこのアルバムはニールの作品の中ではベスト5には入っています、まぁなかにはベスト1という人もいるでしょうねー


d0335744_19052401.jpg


このバカでかいフェイクな機材、後年この機材はいまだにニールの倉庫のようなところに置いてあることが分かりました、なんかのプロモビデオで写っていました。



しかし、この写真好きだなー。バカでかいステージの真ん中にクレージーホースとこじんまりした空間の中だけでライブしているショット。武道館でのグリーンデイルツアーの後半のステージを思い出します。


d0335744_19090096.jpg


ジャケ裏も同じような写真。インナーはカンパニースリーブでは無くこの作品の為の特別製なものですが、

d0335744_19103995.jpg


特にどーてことない写真です、ライブルーストの時も同じステージ写真でした。



d0335744_19100300.jpg

この頃のニールの髪型はパンクっぽくて好きだな。


ところでこの次のライブも前半はアコで弾き語り、その後怒涛の爆音サウンドです。このスタジオ盤と対をなしているように感じます。



A面のアコバージョンは前作のComes A Time の流れをそのまま汲んでいるかのように流れていきます。ニコレットラーソンも今回は1曲だけですが参加しています。
B面の怒涛のバージョンはこれ以降ライブの定番になっていく曲が多く一度針を落とすと微動だに出来なくなる音圧です。


曲目です


A面
-1 My My, Hey Hey
-2 Thrasher
-3 Ride My Llama
-4 Pocahontas
-5 Sail Away
B面
-1 Powderfinger
-2 Welfare Mothers
-3 Sedan Delivery
-4 Hey Hey, My My


d0335744_19275652.jpg

A面すべてに流れるアコの音はこのころ良く使っていた、ギルドの12弦でしょうか?
3~5曲目の流れるような美しい楽曲。たまりません

B面の1曲目、ニールの楽曲の中で間違いなく私的ベスト5に入ります、僕はかなり意見が出ると思いますがギタリストとしてのニールヤングはこれまた世界屈指のベスト5に入れています。情熱のヘタウマギター、どこで聞いてもそぐにニールだとわかる音色。これほど判りやすいギター弾きはロック界でオンリーワンな存在であると思ってます。

アルバムの冒頭とラストを飾るテーマ曲ももちろん素晴らしい事は言うまでもありません。



d0335744_19285666.jpg


レーベルはWマーク入りのリプリーズ カタログNoはHS-2295マトはA面4、B面が8です。


カメレオンのように次から次へといろんなアルバムを出すニール先生ですが、このアルバムのようにA面、B面きっかりと分けて聴けて、そのうえですべて素晴らしいというのはこの作品だけですね。


今回何十年ぶりに久しぶりに腰を据えてじっくり聞きましたが、やはりこれは名盤です。


購入レコ屋   不明

購入金額    不明




[PR]
by naruru-kato | 2016-06-27 19:18 | Neil Young | Comments(0)

Neil Young その1   Live Rust   


やっと大御所のニールヤングを取り上げます、最近ライブアルバムづいてますので、自分的には御大の最高ライブである、ライブラストです,日本語にすると「錆つくライブ」という感じでしょうか?発売は1979年。アルバムの表紙はCrazy Horseとの連名になってます。

初期の名作、After The Gold Rush,Harvestと続きその後も名作を作り続け問題作ともいわれるRust Never Sleepsを作ったあとにツアーに出たときのアルバム、当然ビデオも出てます。

d0335744_08260102.jpg
2枚組のファーストサイドはアコ、ピアノの弾き語りで一人で演奏、ここから始まる怒涛の1時間半。聞く側に有無を言わせない存在感。

「今から始めるからなー心して聞け」そんな自信に満ち溢れた弾き語りです。

この10年後に来日公演があったのですが、名古屋市公会堂のステージで同じように一人で出てきて、ハーモニカホルダーにマイクを仕込み、マイクスタンド無しでギター弾きながらステージを動き回り歌った衝撃は忘れられません、ある意味不気味でした。この時もMCなしで「俺は勝手にやるから勝手に聞けー」という雰囲気でした。後にも先にもあんな凄い弾き語りは初めて見ました。

d0335744_08314507.jpg

カンパニースリーブはなくてすべてライブの模様が写っているレコードスリーブです。

ニールが弾く12弦ギルドギターの抜けのいいこと、マーチンとはかなり違うドンシャリの音です。マーチンよりも低音もよく出て、ギブソンと中間のような音。

残りのレコードスリーブです。


d0335744_08351532.jpg
このツアーではローディーがすべてスタウォーズに出てくる小人の恰好をしています。ギターアンプは当然フェイクの大型のものがステージに並びます。


d0335744_08373369.jpg
なぜか、ゴジラっぽい表情のニール先生です。


d0335744_08382396.jpg

1枚目のSecond Sideからエレクトリックステージとなり、バックのクレイジーホースとの爆音演奏が始まります。


I can Lealy Loveから始める爆音コーナーですが、3曲目にはThe Needle and the Damage Done、Lotta Loveとスタジオ録音ではアコで演奏されていた名曲を緩急つけて織り込み、その後僕の大好きなPowder Finger、さらにとどめのLike A Hurricaneになだれ込みます。まさに怒涛のライブ、スピーカーの前から離れることができなくなります(笑)

この曲を聞くと、2003年の武道館公演最終日をアリーナの前から10列目くらいで見たとき、ステージ終盤ニールが天井に指をさして、上からこの曲専用のオルガンが降りてきてそのままこの曲を演奏した時の興奮を思い出します。涙が出ると思いましたが実際は震えが止まらなくなったのを思い出します。


d0335744_08564797.jpg


ジャケの内側です、この写真では結構ステージを広く使ってるように見えますが、ビデオを見ても、武道館のステージでも真中にみんな集まってライブハウスのステージくらいの範囲で演奏してます(笑)


d0335744_08590521.jpg

USリプリーズのオリジナル盤ですが、初盤ではないです。でも本当にライブの臨場感が伝わる素晴らしいカッティングです。CDよりも音は断然レコードのほうがいいですね。


d0335744_09015476.jpg

ジャケ裏のジミヘンバッチが泣かせます、僕はこのギターストラップが欲しくて欲しくて、どこに売ってるのだろう?


ニールヤング先生に関してはこのブログで沢山取り上げるつもりです。(この人あまりにもネタが多すぎるんで)


この後にさらに「お前ら聞けー」的なWeldという途中下車不可能の猛烈爆音列車的なライブも発表しますが、ひとまず最初はやはりLive Rust これでしょう。







[PR]
by naruru-kato | 2015-11-03 08:35 | Neil Young | Comments(0)

大好きな1970年代のアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru-kato
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30