アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Ry Cooder( 3 )

Ry Cooder その3   Boomer's Story


ライのサードアルバムを入手しました。サンオブスリーサウンズさんで店頭の餌箱には無かったので、サードアルバム探しているのですよ、と相談したところ「実はあります」とオーナーさんが奥から出してきてくれました(笑)

もちろんUS盤で、Wマークが無いオリジナルです。


d0335744_13352413.jpg



驚いたことに、このジャケには一切曲目、クレジット その他情報が載っていませんでした。わずかに初回盤の一部のみ歌詞カード、クレジットが入っている盤も有るらしいのですが,それを探しだすには奇跡に近いことである,と何かに書いてありました。ということでこのアルバムの曲名はかなり破れたシュリンクに貼ってあるこのステッカーだけです。




d0335744_13385792.jpg

シュリンクがボロボロで取ってしまいたいのですが、このステッカーがあるため剥がせません、まあ剥がしてジャケットにボンドで再度貼ってもいいのですが、それはもう少し考えてからにします(笑)



裏ジャケは漆黒の印刷だけでなにも書いてありません、しかしこの意味は何度もこのアルバムを聴いていると分かる気がしてきます。ライは「なにも語ることはない、ただ何も考えずに聞いてくれ」と言いたいのではないのでしょうか?


d0335744_13410265.jpg


曲目です。
A - 1. Boomer's Story
- 2. Cherry Ball Blues
- 3. Crow Black Chicken
- 4. Ax Sweet Mama
- 5. Maria Elena

B -1. The Dark End of the Street
-2. Rally 'Round the Flag
-3. Comin' in on a Wing and a Prayer
-4. President Kennedy
-5. Good Morning Mr. Railroad Man


しかし、なんという味わい深い作品なんだろう。全二作はバンドの音圧が多かったのですが、このアルバムは音数は少なく、エレキ、アコのスライド&マンドリン、ジムケルトナーのドラムで固めれれています。

一般的に初期の3部作はアメリカ音楽の旅、という感じで1920~30年代のブルース、トラデショナルの再発見という形の作品ですが、この3作目は特にアメリカ南部の音楽を再演しています、そして伝説のブルースマン、スリーピージョンエスティスを招いて一緒にやっています、B-4はエスティスがボーカルをとっています。

関係ないけど、優歌団も一緒にツアーやってましたね。

d0335744_13564448.jpg
カタログNOはMS2117  マトはA、B面とも1です。たぶんファーストプレスでしょう。




ワーナーのカンパニースリーブにレコードが入っていました。


d0335744_14504088.jpg





A面の最後の曲からB面1インスト~2、3に続くあたりは本当に素晴らしい、ちなみにB-2は南北戦争のときに北軍の愛唱歌なんだそうな。

secondの「Into The Purple Valley(紫の渓谷)」も本当に素晴らしいアルバムですが、この「Boomer's Story(放浪者の物語)」も一生聞いていける素晴らしいアルバムです。夜、一人でバーボンを飲みながらしんみり聞きたいものです。

ライの初期3部作の旅はこれで終わり、この後メキシカン~ハワイアンへと続いていくのですがそのアルバムはまたの機会に。


参考文献  レコードコレクター1990年6月号


[PR]
by naruru-kato | 2015-11-22 13:44 | Ry Cooder | Comments(0)

Ry Cooder その2   Ry Cooder 1st


ライクーダーの1971年に発表された、ファーストアルバムを入手しました。

日本語題名は「ライクーダー登場」 これしかないんか? 


しかし、なんという自信に満ちあふれた素晴らしいジャケットなんだろう。

d0335744_06532807.jpg

朝焼けのドライレイク エルミタージュにキャンピングカー。その車の横に立ってる主人公のライ。ジャケ上部にはネオン管で作ったような RY COODERの文字

調べたところ、この場所はLAから2時間くらいで着く干上がった湖とのこと。

ここでよくドラッグレースなど行うらしいです。

よく蜃気楼が見えるそうなんでエルミタージュ(蜃気楼)というそのままの名前がついたそうです。




まさに満を持してのデビューアルバムのカバーといえますね。

d0335744_07064019.jpg
今回は日本盤ですが、カタログ番号はP-4705R レコードに刻印してあるNOはP-8060R マトは両面とも1Aです。定価は1.500円となってます。

国内初盤はカタログNOがP-8060になっています、という事はこれはいつの盤なのだろう?

8000盤の後は10000台になっているようなので全くもってこの盤は謎です。

しかも定価は1500円、国内初盤は2000円のはず。

何年か後に出た原価盤ということなんだろうか?

今のところこれ以上分かりません、調べて分かったら追加随筆します。


※ 調べたところ、この盤はロック・フォーエヴァー1500という原価盤シリーズでした。 いずれUS初盤を手に入れたいと思います。

僕の予想としては、ロック・フォーエヴァー1500シリーズというのは初回盤のリリース時に売れ残った商品を集めて再度定価を下げて売りつくすための手段のシリーズであったのでは?と思います。

だからレコードに刻印してあるNOは初回盤のナンバーなのかな?

と考えてます、違っていたらすいません。



小倉エージさんのライナーにローリングストーンズとの逸話が記してあります。


d0335744_07070162.jpg



有名なレットイットブリードのセッションに参加したライですが、、ストーンズ側はスタジオに入っても遊んでばかりで録音する気が全くなく、ひと月ほど同じ状態が続き、その間にライは自分の得意のスライドギターのフレーズなんかを披露したいらしいのですが、

実はストーンズ側はすべてライの弾いていたフレーズを録音していたのです。

それをキースがこっそり練習してライのフレーズをパクって曲作りをしているところをライが目撃、ライは怒ってそのままイギリスを離れた云々・・・・

「あのスタジオで僕がやったことがレットイットブリードに化けたのさ」

「ホンキートンクウーマンは僕の持っていたフレーズだよ」


とライは言ってるのでした。


その後のキースのあのオープンGのカッティングは、実はライの影響だったのかも知れませんねー。そー考えるとライがいなかったら、ブラウンシュガーとかも生まれなかったのだろうか?

d0335744_07101323.jpg

楽曲は1曲のみ自作のインスト、あとはすべてカバーです。

ウッディーガースリー、ランディーニューマン、から戦前戦後のブルース、スリーピージョンエスティス、ブラインドウィリージョンソンなどの曲をやってます。

プロデューサーはアメリカ再発見、バーバンクサウンドの仕掛け人であるレニーワロンカーとヴァンタイクパークス。

先にセカンドを買ってしまったのですが、このデビューアルバムはアコとエレキを半分づつくらい使ってスライドで演奏してます。


はっきり言ってライのへたうま的なボーカルが、このアルバムではただ単に下手という感じですが、それも味わいがあってグッドですね。


ラスト2曲のブルースのカバーは本当に素晴らしいと思います。

今更ながらまたまたライクーダーにハマってしまいました。



[PR]
by naruru-kato | 2015-10-24 06:42 | Ry Cooder | Comments(0)

Ry Cooder その1   Into the Purple Valley


歴史的名盤、といってもよいライの1971年発表のセカンドアルバム、あまりにも有名なジャケです。

US盤 カタログNO MS2052  マトはA面が1AとB面が1Cです。



d0335744_07261040.jpg

まさに、アメリカンルーツミュージックの旅、とでも表現できそうなライの音楽。
SSW全盛期を迎えつつある70年初頭、スライドギターと1930年代のブルースやフォークソングをカバーしています。

これはメチャハマります。最近はこのアルバムに針を落とすいことが一番多いですね。デビュー盤からサードアルバムまでがアメリカンルーツミュージュクの探求する旅。その後メキシコ、ハワイ、ジャズ、R&B、はては沖縄民謡まで深く追求していきます



d0335744_07364163.jpg

アルバムの裏ジャケは見事な青空、表があまりに衝撃的すぎて僕も購入するまで知りませんでした。この写真は映画のセットの写真が使われたそうです。


ジャケの表面は、非コーティングの絹目加工、この作品は1974年がファーストプレスです、この盤は1975年の盤ですがこれより後の再販盤は明らかに音が細いです。

実はいろいろ訳があって1975年以降の盤も持っていますが、こちらはジャケの表面がテカテカの加工、制作会社が変わったのでしょうか?

ちなみに日本盤のパイオニアP-8000盤台も聴き比べましたが、日本製はさらにショボイ音でした。


ゲイトフォールドジャケの内側も徹底的にライと奥さんとこの車の写真です。

曲目は。
A面
1. How Can You Keep Moving
2. Billy the Kid
3. Money Honey
4. FDR in Trinidad
5. Teardrops Will Fall
6. Denomination Blues
B面
1. On a Monday
2. Hey Porter
3. Great Dream from Heaven
4. Taxes on the Farmer Feeds Us All
5. Vigilante Man

です、ジョニーキャシュ、ウッディーガースリー、などの作品とともにトラデショナルな曲も多く、オリジナル曲はありません。

ドラムはジムケルトナー。バンタイクパークスがキーボードなどで共演しています。




d0335744_07483140.jpg
今のところこの盤が一番いい音でしたが、いずれワーナーのWマークのないオリジナルを入手したいと思ってます。

d0335744_07542691.jpg
歌詞カードとインナースリーブ、僕が購入したレコ屋では今回聞いた3枚内、P-8000番の日本盤が一番高価でしたが、それは日本初盤で帯がついていたのですが3000円を超えていました。

帯があるため、さらに歌詞カード、解説がそろいに高価になってますが、僕はあくまで音質にこだわりたいのでUS盤の音がよいものを買いたいです。

ライクーダーはいままでスルーしてきた人なんで、自分でもなんで?だったのだろうと思いますが、単純に40年以上たって僕がやっと追い付いた。という事(または歳をとって解るようになってきた)ということなんでしょうね(汗)


今後もライクーダーは沢山取り上げていきます。


参考文献  レコードコレクター 1990年 No6号



[PR]
by naruru-kato | 2015-10-08 07:27 | Ry Cooder | Comments(0)

大好きな1970年代のアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru-kato
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30