アナログレコード巡礼の旅~The Road & The Sky

narurukato.exblog.jp ブログトップ

Eric Clapton その2   461 Ocean Boulevard

クラプトン(以下EC)の1974年2枚目のソロアルバム、ジャンキー生活から脱出してここからが本当のソロのスタートと言えるアルバムです。
EC好きには沢山の種類があって(僕が思うに)ヤードバーズ~ブルースブレイカーズ時代(これは少数かな)クリーム時代のみ聞けばイイ。という人もあればスワンプ時代、70年代の枯れたボーカル時代、80年代お洒落時代、アンプラグドで初めてレイラ聞いた人、90年代~現在のブルース回顧時代が好き、などいろいろな人種がいると思うのですが、僕は断然70年代の枯れた歌物ECが大好きで、その次にスワンプ時代、あとはどーでもエエ(笑)という人間です。しいて言うならば80年代は嫌いです(キッパリ)。っーか80年代のロックすべて嫌いなんだけど(もちろん当時は好きでしたよ)。

このジャケ好きなんだよなー


d0335744_22184875.jpg

マイアミのクライテリアスタジオをバックに撮った写真です(だと思う)。ちなみに461Ocean Boulevardとはクライテリアの住所です。


イギリスを離れ、フロリダでレイドバックした雰囲気の中、ギターはあんまり弾かずに歌で勝負したのでしょうか。正直、ECのギターはそれほど好きでもないので僕的にはこのアルバムはソロの中ではベスト3に入りますね。

d0335744_22222890.jpg

ちなみにこの盤はUS再発盤です、ひょんなことからもらったのです。今まではCDで死ぬほど聞いたアルバムでJP盤のレコも家に昔からあります。


d0335744_22233866.jpg


  1. 左が日本盤、右がUS再発盤。USのほうが芝生が沢山写っていて雰囲気がイイです。


    ところで、先日入手したUS盤で、とんでもない事を発見したのです。
    1曲目、日本盤より明らかに録音がイイ,Motherless Childrenをソファに寝そべって聞き終わり次のGive Me Strengthがかかるのを数秒待っているとかかった2曲目はなんと次のアルバムの「Theres One in Every Crowd」の中の一曲であるBetter Make It Through Todayがかかるではありませんか?
    いきなりソファから落っこちました。
    なんでー  あれほど耳になじんだMotherless ~Give の流れが・・・
    これはいったいどういう事なんだ?

    クレジットに目をやるとやはり曲が違ってます。


    d0335744_22325508.jpg
    これが本来の流れ(日本盤です)

    そして問題のUS盤です。

    d0335744_22334451.jpg
    早速調べてみるとすぐに分かりました、US盤は1974年に発売され、当初はUKオリジ(日本盤と同じ)と同じ曲なのですが、1年後の出た再発で2曲目が差し替えられBetter Make It Through Todayになったとの事です(でも、実はこの曲も好きなんだな)

    そんなこと勝手にしてイイんかぁー(怒) ECは承諾したのか?いろんな疑問がわいてきます。まさに暴挙としか言いようがありません。
    もしかしたら、その後に出たアルバムで元に戻っている可能性もありますね。
    そーなっていたとしたら、逆にこのアルバムはレアかもしれません(笑)

    しかも、日本盤とこのUS再発盤は位相が逆なんです、イントロのECのギター(ジョージテリーかも)が日本盤では右チャンネルから出ますがUS再発では左からです、これはもうどうしてもUKオリジを聞いてみないと分かりません。

    所で日本盤はSAL74という当時最新のカッティングマシーンを使っています。これが結構音がイイのです。SORCさんでスローハンドのUKとJPを聞き比べた事があるのですが、JP盤のほうが音が良かったのです。


    d0335744_22401144.jpg
    しかし今回のUS盤はさらにJP盤より解像度が増していてドラムのスネア、シンバルの音が凄く気持ちよく聞こえてくるのです。US盤はデッドワックス部分にSTARINGという刻印があります、実はこの刻印はスターリングというカッティング会社が仕事を行った証拠で、ここでカッティングされた盤は本当に爆音なんですねー。という事でECのレコはオリジが一番音が悪く日本~USと音が良くなっていくのかもしれませんねー。

    もうどうにも、こうにも、461 Ocean Boulevardの謎は解かなくては気が済まなくなりました。


    これは日本盤のライナー。


    d0335744_22451460.jpg

    ブラッキーを抱えております。


    d0335744_22455461.jpg
    これがメンバー、70年代はずーとこのメンバーが基本です。次からコーラスにマーシーレビィも加わります。スワンプ時代の仲間のカールレイドルがメンバーを集めたらしい。


    曲順です。
    A面
    -1 Motherless Children
    -2 Give Me Strength( ori ) -2 Better Make It Through Today(us re)
    -3 Willie and the Hand Jive
    -4 Get Ready
    -5 I Shot the Sheriff
    B面
    -1 I Can't Hold Out
    -2 Please Be With Me
    -3 Let It Grow
    -4 Steady Rollin' Man
    -5 Mainline Florida

    発売当時A-1のギターバトルに往年のファンは「おっー」となったのでしょうが、-2でクールダウンしその後もギターあんまり弾かないで最後はボブマーレー-5で締める渋い選曲。B面の-2~3にかけての渋すぎる声、本当にこのころのECは好きだなー

    レーベルです。まずは問題のUS再発

    d0335744_22555032.jpg

    RSOの赤ベコマーク。次にJP盤


    d0335744_22564510.jpg
    赤ベコがだいぶ大きくなってます。どーでもいいですけど


    謎が深まるばかりの461 Ocean Boulevardです、しかしたぶん音が悪いと思われるUKオリジをわざわざ買う気にもなれないので、今度レコ屋さんでこのUS盤を持って行って聞き比べさせてもらおうかなー、なんて思ってます。



    今週もおまけ


    d0335744_22593656.jpg

    1977年のEC日本公演のプログラムです、名古屋市公会堂で見ました。
    実はこのコンサートは僕の記念すべき外タレ初ライブだったのです、ちなみに2回目はリッチーのレインボー(笑)。ECはこれが3回目の来日でした。


    d0335744_23012659.jpg

    3階席だったので3000円でした。この後ECは数回見に行きましたが、やはりこの時の印象が一番良かったなー


    最近は「また来るのか、あんたはベンチャーズか」  こんな感じです。
    ずーとクラプトン追いかけている人  ゴメンなさいねー(笑)

    US再発盤
    購入レコ屋     不明
    購入金額      タダ(友人からもらいました)

    JP盤
    購入レコ屋     不明
    購入金額      不明



[PR]
by naruru-kato | 2016-09-24 22:25 | Eric Clapton | Comments(0)

大好きな1970年代のアメリカンロック、フォークなどのコレクションという程のものでもないですが、自分の持っているレコードを聴いておもむくままに感想を書いてます、が評論家ではありませんので難しいことは書きません。レコードジャケットもいろいろと楽しいので、自分で調べたことを書き添えてます。他には渓流のフライフィッシングが大好きです。


by naruru-kato
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31